2021年11月21日

迷ったら連続形を残す

@
三萬四萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒六索七索八索九索九索

A
二萬三萬四萬一筒二筒三筒三筒四筒四筒五筒六筒九索九索

@とAはピンフのテンパイで打点はいずれも同じ。

それでは、あなたはどちらの最終形を好むだろうか?



Aは当たり牌を自分の手牌で2枚使っている分待ちが少ない。

そこで大抵の人は@を選ぶだろう。


それでは、以下のイーシャンテンから何を切る?

B
三萬一筒二筒三筒三筒四筒五筒六筒五索六索七索八索九索九索


両面テンパイ以上になる受け入れを比較して、3mを切る人が多いだろう。

孤立3mは両面テンパイになる受け入れが2mと4mの2種8枚しかないのに対し、
ピンズは4種13枚、ソーズは4種12枚で両面以上のテンパイになる。

また、三面張になる可能性もそこそこある。


つまり、Aのような当たり牌を自分で使った弱い最終形になるのが嫌で複合形を嫌うというのは、
着眼点は面白いが、手順前後の疑問符がつき、
最大限受け入れを広げた結果としてそうなるのであればそれは甘受しなければならない


私も以前は複合形のアガリづらい感じが嫌で、できるだけ単純両面を作りたがったものだが、
牌効率に忠実に受け入れをMAXにしてリーチで攻める方が有利だと今は思っている。

場況にもよるが、Bのマンズのように自分にとって高い色は相手に厚く持たれている可能性が高く、
自分が固めている色は他家が不要としている可能性が高いため、
単純に見た目の枚数が待ちの良し悪しになっているとは限らないからだ。


また、複合形には入り目によってフリテンの懸念があったりするものだが、
超好形ならフリテンリーチでも十分な局収支を実現できることが多い。

このへんの見極めを短時間で的確にできるようになれば言うことはないが、
迷った場合は複合形を残すことを優先すれば間違いが少ないだろう


それでは実戦例をご覧いただきたい。


case1
44353.jpg

東4局、26000点持ち2着目の親番。

赤赤のチャンス手で9sをツモってきたところ。

さて、何を切る?





44354.jpg

7s切りでほぐした。

一通主眼で普通といえば普通。


44355.jpg

望外の2pが暗刻になった。

さて、ここから何を切る?





44356.jpg

1s切りとした。

ん?一通を見切っているがこれはどういうことか。

一瞬よぎったのが一通テンパイのうち、9sツモった場合に7sがフリテンになるということだった。

8sツモテンパイでも9sの敷居は高い。

それなら、単純両面を見越した方が潜在的に待ちはいいかなあ、と思ったのだった。


44357.jpg

まずは58s待ちのテンパイを逃す。


44358.jpg

9s暗刻でテンパイが入り、赤5pダマに受ける。

これはなんかヤラカシタ気がするぞ…


44359.jpg

完全なるド裏目の8sを引き込んだ。

さて、どうしよう?





44360.jpg

ここでフリテンリーチとしたで、お〜い!

確かに147258s待ちだけどさあ。

遅きに失した感が…?


44361.jpg

ワイのド高目が下家のポンによって流れてもうた(ノω・、) ウゥ・・


44362.jpg

直後ラス目に7700放銃…オワタ!

この半荘私がラスに沈んだのは言うまでもない。


44363.jpg

冷静に振り返ると、両面テンパイの受け入れが違い過ぎた。

6m残しは2種8枚に対し、
6m切りは4種13枚、うち2種が三面張。

フリテンになる9sツモでも4面張高目一通のフリテンリーチで十分。

仮に9sとのシャンポン待ちになったとしてもそれほど悪くない。

牌理に逆らった結果、当然の裏目引きであったと言える。


44364.jpg

本来なら8sツモで1000・2000だった。

フリテンがどうとか枝葉末節にこだわって本筋を見失った例。

連続形の強い形を重視する、手組みで迷った際に頭の片隅に入れておきたい。


case2
44907.jpg

南2局、19600点持ちラス目の西家。

イーシャンテンからソーズが厚くなった。

さて、何を切る?





44908.jpg

1p切りとした。

ピンズの受け入れにこだわっていると一瞬迷うが、雀頭ができたなら1pは不要であるとわかる。


44909.jpg

ベストなツモでテンパイ。

9pたのまい。


44910.jpg

一発ツモいただいて、2000・4000。

ラス抜けして2着で終わることができた。


case3
58038.jpg

開局の親番。

メンツをどこで作るかという単純だが永遠の難問。

さて、何を切る?





58039.jpg

強いマンズは伸ばす方針で5p切りとした。

対面が4pを持ってそうなので5pのくっつきはやや弱く、
上家が4sを持ってそうなので4sの方が急所と判断した。

赤5sがダイレクトに好形になるのも魅力。


58040.jpg

絶好の三面張となり即リーチ。

こいつぁ〜いただいたぜ。


58041.jpg

上家の宣言牌を捕らえて5800ゲット。


58042.jpg

上家4s、対面4pを持っている。

ツモを追ってみると5p、4sの孤立浮き牌からはなかなか上手くくっつかない

2種程度の差でもかなり好形テンパイのなりやすさは違ってくることがわかる。


case4
58264.jpg

東2局、26000点持ち3着目の北家。

待望の雀頭ができたが、問題は何を切るか。

2mは三色の種、5sはドラとなっている。

さて、何を切る?





58265.jpg

2m切りとした。

アガリやすさ並びに好形テンパイのなりやすさを重視した。

3mツモが三色確定というわけではないので。

ドライな選択だがどう出るか?


58266.jpg

上家のリーチが入った直後に、こちらもテンパイが入る。

さて、ドラを切る?





58267.jpg

上等じゃあ、の追っかけリーチ。

これが当たったら爆死ですが…


58268.jpg

無事に通って、一発ツモは1300・2600。

ペン3mなんかに負けるわきゃねぇだ!

ともかく無難な選択が功を奏した。


東2なら三色の打点も捨てがたいので、アガりづらいドラ切りもあるし、一周回って3p切りもありそうで、なかなか難しい選択だと思う。

ひとつ言えるのは、三面張含めた好形の保険があればめくり合いに強いというメリットがあるため、相手リーチにも押し返しやすいというのがある。

そういう意味でも迷ったらとりあえず連続形を残すことで、路頭に迷うことは少なくなるだろう。



ラベル:天鳳
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 成績UPに直結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月14日

シャンテン数の変わらない鳴き トイトイ編

一昔前よくでてきたフレーズに、「シャンテン数の変わらない鳴き」というのがある。

シャンテン数の変わらない鳴きはするもんじゃないという風潮が昭和時代には確かにあった。


ところが時代は変わり、鳴きの技術が洗練された昨今では、鳴きにおける「シャンテン数」という概念すらどこかに行ってしまった

自身が得をするためにどのように鳴くのが最善か、それが突き詰められた結果、シャンテン数を論じることが無意味だと皆が気づき始めたからだ。


僭越ながらメンゼン派として鳴らしている私の意見を述べさせてもらうならば、
シャンテン数の変わらない鳴きの中にも効果的な鳴きはたくさんあるし、
常識外の鳴きの中にも戦術的に可能性を秘めたものもある。

例えば、天鳳強者のzeRoさんの鳴きの発想にはハッとさせるものがある。


しかし、ただ単に目先の打点を追った仕掛けだったり、リスク回避に傾斜した鳴き、待ちを広げるための食い延ばしなど、
小手先の技術に頼った鳴きの中にはその効果に疑問符のつくものもたくさんある

むしろ、シャンテン数の変わらない鳴きが真に有効となる場面は思いの外少ないと私は考えている。

麻雀の道を究めんとした先人たちの教えには一定の真理が含まれていて、それを踏みにじるべきではないと思っている。

統計学は麻雀の技術に大きな貢献をもたらしたが、麻雀は数学ではないので、勝ち方というのは先人の思想に学べるところがある。


それは、勝つためには目先の利益を重んじるのではなくて、自身の感覚や感性を生かせという教えに通じるのではないだろうか


前置きが長くなったが、本題に移ろう。

皆様の中には時代の流れに沿って仕掛け派からメンゼン派に打ち筋を変えられた方もいると思う。

メンゼン派を自認していると、どこで鳴けばいいのかという鳴き所がなかなか見えなくなってくるのもまた事実。

例えば、チートイツのシャンテンだからと、トイトイを仕掛けないケースも増えてくる。

が、トイトイは全員の河を使える分、テンパイ率並びにアガリ率が全然違ってくる。


そこで、トイトイ含みの手で、シャンテン数の変わらない鳴きをすべき判断基準を以下にまとめてみた。


@ドラや赤、3〜7の中張牌など後からは出づらい牌が出た時

メンゼンで進めても待ちになったら出ない牌が先に出たら、トイトイ主眼で鳴く。


A1枚切れの字牌トイツが手中にある時

役牌か否かに関わらず、場枯れになったら機能しにくいトイツを活用する前提で仕掛けていく。


Bタンヤオなど他の手役の保険がある時

トイトイにならなくてもタンヤオになる、などといったトイトイ以外に付随する手役の可能性がある場合、仕掛ける。


これらいずれかの判断基準に適う際は、トイトイで仕掛けていくべきだと言える。

それでは、実戦例から見ていこう。


case1
50416.jpg

東3局、24600点持ち3着目の北家。

ドラドラのイーシャンのところ、唐突に上家からドラが出てきた。

さて、これを鳴く?





50417.jpg

ポンした。

現状役なしだが、このドラが待ちになったとしても出は期待できない。

見た目テンパイだが、実質イーシャンテンにつきシャンテン数の変わらない鳴きと言える。

手形から9sがかなりポンしやすそうなので、テンパイまで漕ぎつけられそう。

両面ターツに意味はないので、4s切りとした。


50419.jpg

9sがあっさり出てきてポンテンに。

北単騎に構える。

北は少し前に切られたばかりなので、今ならあっさり拾える可能性も?


50420.jpg

しかし、上家の1600に上手くかわされてしまった。

北は惜しくも山に沈んだ。


case2
70822.jpg

東4局2本場、31400点持ちトップ目の北家。

8mをツモってきて、ゴツゴツした手牌。

さて、何を切る?





70823.jpg

7p切りとした。

チートイツのイーシャンテンに取りつつ、ツモり三暗刻の可能性を残した。

受けが広くても、リーチのみではあまり意味がない。


70824.jpg

対面から4sが出てきた。

さて、これを鳴く?





70825.jpg

ポンした。

4sはこの手の急所につき。

ここをスルーしてしまうとコーツ系のアガリは厳しい。

ここから何を切る?





70826.jpg

9m切りとした。

この場合、手順でタンヤオに渡れることもメリットとなっている。

6mチーのチャンスも残る。

攻撃を受けると7mは切りづらいので、ここで7mを先処理するという手もある。

また、一瞬タンヤオの可能性を見ておいて次の安牌で7m切りというのも有力で本局の私の思考だ。


70828.jpg

6pがポンできて、2mでフィニッシュ。30符ぴったりの3900。

あっさりアガれたのは僥倖だった。

対面に47mの受けがあるように、7mは引っ張りすぎない方がいいかもしれない。


70829.jpg

この4sをスルーしたところで、メンタンのリーチがやっと。

2m場枯れだとリーチもかけづらく、ポンが正解だったことがわかる。


case3
74754.jpg

東2局、23000点持ちラス目の南家。

ゴツゴツした手牌から、7sを引いてきた。

さて、何を切る?





74755.jpg

5m切りとした。

前問と一緒で、トイツ系の手役は両面受けを迷わず嫌っていくのが基本となる。

ここからドラの9sを引いたら再度メンツ手に戻すことも考える。


74756.jpg

対面から7sが出た。

さて、これを鳴く?





74757.jpg

ポンした。

全員に急所の7sにつき、切り出すリスクを排除して使い切ってしまう。

場風の東が1枚切れにつき、どうせ仕掛けるのであればここは喜んで仕掛ける。


74758.jpg

むむっ、ツモが噛み合いテンパイが入る。

ツモり三暗刻となればこれはもう勝負手。

コーツ系にマッチした鳴きはツモが呼応することが多い。


74759.jpg

上家から安目が出て、3200。

感触の割に打点は安いが、アガれただけでも御の字だろう。


74760.jpg

ポンしてこの2pを抜かないとメンゼンでは厳しい。

4m東が生きていて、上家の仕掛けがなければ満貫ツモが濃厚だった。



いずれの例も、縦固定から一つ目の仕掛けによって活路を見出している。

決して難しくはないが、ひと声でテンパイ率のみならずアガリ率まで変わってくるため局収支に大きな差が生まれる。

闇雲に鳴くのではなくて、アガリを引き寄せるための鳴き。

仕掛けの入り方を工夫することで、成就率も大きく変わってくるだろう。



ラベル:天鳳 鳴き 対々
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月07日

ツモり四暗刻 リーチするかどうかの判断基準

今回はツモり四暗刻のリーチ判断について。

ツモスーはテンパイまでならそこそこの頻度でお目にかかれるが、
リーチをかけるかどうかやや迷う、という局面も割とあるのではないだろうか。


トイトイ三暗刻というとダマでも満貫あり、通常の加点としては十分なのだが、
役満との対比でその価値が軽視されやすい

出アガリなら無条件で満貫という、細かいことを考えなくていいのも魅力だ。


トイツ系雀士として四暗刻は私の得意な手役であるし、
その分たくさんのアガリとアガリ逃しを経験してきた

どこかの統計で、ツモり四暗刻は期待値的にもリーチをかけた方が得、というデータがあった。
これは私のみならずみなさんも概ね同意のことと思う。


しかし、私は長い経験の中で、これはダマでもいいんちゃう?と、
ツモスーでもダマに優位性がある局面というのをしばしばインプットしてきた

秘蔵ではあったのだが
今日はみなさんにその判断基準を特別に公開したいと思う(もったいぶりたいお年頃)。


@リアルなら全部リーチ

ご祝儀のあるリアルは役満の一撃がトップ何回分にもなるため、これは問答無用でリーチ。
ダマにするのは残りツモが1回という時ぐらい。


Aダマで倍満あるならダマ

これは三麻などでよくある状況だが、
ダマが明らかに有利な分岐は倍満からだと思う。
16000を得るために、アガリ率を上昇させるべきということ。


B相手がお固い(守備力の高い)打ち手ならダマ

守備力の高い打ち手を攻略するカギは満貫以上をいかにダマで討ち取るかということにある。
先制ならどうせ当たり牌を打ってくれないし、守備重視なだけに元々局面が長引きやすい

一人ぐらいからのリーチを待って、追っかけに踏み切るぐらいがバランスとしてはちょうどいい。
手役を大事にしすぎると、完封されてしまいやすいので少し工夫する。


Cダマでも出にくい待ちならリーチ

2筋にかかる中張牌とか、やたら場に高い色とかで張った場合はダマでも出ないのでリーチする。
チートイツの中張牌ドラでリーチに踏み切るのと同じ要領。


D将来スジにかかりやすい想定ができる時はリーチ

トイツ場によくある傾向として同じスジが場に出やすいというのがある。
この性質を利用して、例えば片筋を自身が既に切っている場合は将来スジにかかりやすいと想定してリーチする
自分の河が強ければ、相手のオリ打ちを誘う可能性が高まる。上級者向け。


E天鳳なら目先のラス回避ダマは重要

天鳳でオールオアナッシングではラスを押し付けられてカモになりがち。
目先のアガリ率を優先してひとまずラス抜けをしておくことも大事。

特に鳳凰卓では相手が固くBの条件も満たしているため、リーチが蛮勇ということにもなりかねない。
私も苦い経験からわかったことだが、リアルとは使い道を変えた方がいい



なんとなくみなさんも理解できる部分があると思う。

ツモスーはダマでツモっても役満の価値に変わりはないので、
それならばダマで満貫得るメリットの方をピックアップしてみて、
8000を得ることが大きい局面ならダマで拾う工夫をしてみてはいかがだろうか


もちろん、役満の価値に全振りする、という考え方も破壊力があって魅力的だと思う。

それでは、実戦例の方をご覧いただきたい。


case1
50856.jpg

東3局、14700点持ちラス目の南家。

上家の親と同点でラスを争っている。

こちらは絶好の赤引きでツモスーのテンパイ。

肝の北は場に1枚出ているが、さてどうしよう?





50857.jpg

リーチした。

悠長にダマにして、仕掛けの親を楽にさせたくないという意味合い。

親と真っ向勝負でよく、5sがスジにかかって出やすい。

この場合残り1枚の北がどこにいくかで結果が大きく変わりそう。


50858.jpg

トップ目の対面が全力で押してくる…はて?

何で北は出てこないの?


50859.jpg

結局三人テンパイで流局となった。

対面からも出アガリのチャンスがあったのに、なんという残念な結果。。。

この半荘はこれが響いて痛恨のラス終了となった。


50860.jpg

親のドラ単騎ゼンツを咎められない弱さよ。

対面からも押されて、オイラのリーチ、舐められてますやん!


50861.jpg

固い下家に北が流れたのが唯一にして最大の誤算。

下家ぐらいの手ならなんとなく押してもバチは当たらないのに(当たるんだけどね)。

ダマハネならこれを確実に捕らえるダマもありっちゃありか。

少し前のめりになった例かもしれない。


case2
53515.jpg

東4局24800点持ち2着目の北家。

首尾よくツモり四暗刻のテンパイとなった。

片割れはドラの中。

さて、リーチする?





53516.jpg

ダマにした。

3mが出やすそうだからリーチというのはやや軽率だ。

マンズの下が安く、3mはさらっと拾えそうだからこそのダマ。

この場合ドラの中が1枚切れというのも大きい。

引っ張っていた中が出てきそうなタイミングじゃない?


53517.jpg

ところが終盤になって、親がリーチと来た。

真っ向から立ち向かうのは当然として、追っかける?追っかけない?





53518.jpg

ダマにした。

ここは親の河にマンズが安いことに注目する。

マンズがパタパタと出れば最終的に3mを拾える可能性は十分にある。

それから、リーチによる打点効率だ。

安目ハネ満高目倍満の手をリーチして、一体いくらの手を目指すというのか。


53519.jpg

唐突に上家からドラが出てフィニッシュ。16000。

ご覧のとおり、親はトイツ落としリーチにつき、ドラ単騎もドラシャンポンも可能性は薄いとの判断。

私がリーチしていた場合、このドラは出ていただろうか?

注目を集めないというダマの優位性が思う存分発揮されている。

この半荘はトップを獲ることができた。


case3
66458.jpg

開局の北家。

親と西が仕掛けて、非常に美しいタンヤオ四暗刻のテンパイが入った。

さて、リーチする?





66459.jpg

リーチした。

仕掛けが入れたテンパイということもあり、流れは我にあり、といった感じで。

7pを切っているだけに、1pが通れば4pは警戒されずに出やすい。

感覚的にオリ打ちを誘いやすいという場況に見える。

ただし、6mが3枚見えているだけに、4mはカン4mで警戒されやすいというデメリットがある。


66460.jpg

ゼンツで応戦してきた上家の当たり牌を掴み、3900。

腹を括って攻め返されると待ちの少ないツモスーは分が悪い。


66461.jpg

惜しむらくはリーチ時4m4pが全山だったこと。

局面を長引かせることができれば十分にチャンスはあった。


66462.jpg

ダマなら親の4pを即拾えていた可能性が高い。

親の仕掛けは、ドラを早々に切りながら端絡みの仕掛けで1ミリも脅威がない。

脅威がないからこそダマにして確実に加点するという考えもある。

東1につきこれはリーチで良いと思うが、南場で順位戦略が必要な場面ではダマにするという手も考えたい。


case4
70099.jpg

東4局、28600点持ち2着目の親番。

トップ目の上家が45300点、3着目の下家が14600点、ラス目の対面が11500点となっている。

三暗刻出来合いのテンパイとなったが、1mがフリテンとなっているためひとまずダマに構えた。


70101.jpg

2mを引き込んでツモスーのテンパイとなった。

が、片割れの9mは2枚切れとなっている。

さて、どうしよう?





70102.jpg

3m切ってリーチした。

ダマで対面から2mを拾っても12000で飛び終了となってしまう。

親との差が16700点につき、ワンチャン親っパネでのトップ捲りに賭けた。


70103.jpg

これがまさかの一発で出て、さらにダブロンと来た。

望外オブ望外だが、果たしてどうなった?


70104.jpg

裏ドラまで乗って文句なしのトップ捲り。

うっかりダマだと上家を喜ばせるだけなのでこのチャレンジは大きかった。

まあこの河で2m待ちというのも考えにくいけれども、フラットならダマで確実に親満という方がいいかもしれない。

一見無理スジに見えてもツモスーのリーチは決着が早いイメージだ。



「ツモスーはリーチ」という固定観念から一歩踏み出して、
ツモスーのダマを有効に使える局面を探してみるのも面白いかもしれない。




ラベル:天鳳 役満
posted by はぐりん@ at 00:39 | Comment(0) | 最新戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする