2022年01月23日

ラス目の親はさらっと流す連帯意識 リーチで仕掛けを降ろさない

中級者と上級者の差に、どれだけ同卓者と連帯意識が持てるか、というのがある。


ラス目が親の時は、特に局回しを重視しなければならない。

しかし、自分のことしか考えていない人は自分の手だけを見てリーチをかけ、親と真っ向勝負を挑んでしまう。

あっさりと流せそうだった他家の手までこのリーチによって潰されてしまう。


鳳凰卓と特上卓ではこの連帯意識に顕著な差がある。

鳳凰卓では阿吽の呼吸でチームプレーができる場面でも、特上卓ではなすべきことがわかっていなかったり、あるいはあまりに控えめすぎたりする。


もちろん、麻雀は自分が何をやろうが自由であるため、その連帯意識を押しつけたり、非難したりすることはあってはならない。

自分が上の順位を狙う兼ね合いでその判断が難しいことも往々にしてある。


しかし、天鳳では局回しの価値が遙かに高い局面というのが通常よりも多い。

連帯意識に自分が加担することで、局収支の最大化を追求するよりも、長期的に成績が良くなる場面というのは確実に存在する。

このへんをいかに的確に見極めていくかが、天鳳を攻略する一つの鍵であるとも言えるだろう。


わかりやすく言うと、「瀬戸熊さんが親の時は逆らうな」ということ。

それでは、実戦例から見ていこう。


case1
46903.jpg

南3局、24300点持ち2着目の南家。

上家が9100点持ちラス目の親となっている。

テンパイしたが、さてどうしよう?





46904.jpg

ダマにした。

ドラもないこの手で手に蓋をする必要はない。


46905.jpg

その後、ドラを持ってきてスライドできる形に。

さて、リーチする?


46906.jpg

ダマ続行とした。

自身がリーチするとトップ目は来ないし、仕掛けている下家も降りてしまうかも。

ラス目の親と直対のリスクを負ってしまうし、それに見合う待ちではないと判断した。


46907.jpg

結果、トップ目の対面が親からアガって1300。

私がリーチをかけていると対面は4sが切れずにこのアガリは生まれていないだろう。

リーチをかけずに伸び伸び打ってもらうことでこのような局回しに期待できる。

仮に下家に一旦捲られたとしても、オーラスに十分チャンスはある。


上家の親の手はドラドラ赤とチャンス手で、リーチをかけていたらどうなっていたかはわからない。

こういう場面では自分の行為が子方にどのような影響を与えるかを考えたい。


case2
57586.jpg

南3局、35300点持ちトップ目の西家。

2着目下家とは1200点差の僅差、対面が9400点持ちラス目の親となっている。

テンパイが入ったが、さてどうしよう?





57587.jpg

8m切ってダマにした。

7mはいかにも狙い目の場況でリーチしたくなるが、ここでダマにするのは明確な理由がある。


3着目の上家が親を落としに来ているので、その邪魔をしないため。

それから、親が手役不明の仕掛けにつき、ケアがしやすい場況になっているためだ。


57588.jpg

7mが親から打ち出された。

が、これも想定内のこと。

目先のアガリよりも大事なテーマが本局にはある。


57589.jpg

結果、私と上家の二人テンパイで流局。

目論み通りノーテン親流れとなった。

全員の手牌を見ると、最後の最後まで親にテンパイを入れさせない工夫を三者がしていたことが見て取れるだろう。


57590.jpg

親は無理のないトイトイだったが、山に眠っていたのもあってテンパイが遠かった。

この仕掛けなら生牌の発と中を止めるだけでも大分抑え込める。

ダマに構えたのにはそれらをケアする狙いもあった。


意図を共有する連帯意識が表れた一局ではないだろうか。

優しく接する相手と厳しく接する相手にメリハリをつける、ツンデレが必要だとおっさんは思った。



ラベル:天鳳 ダマ
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 順位戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月16日

ドラ含み両面ターツ落としに要注意!

今回は、ドラ含み両面ターツ落としのパターンについて。

さすがにかなり目立つので、目を凝らさなくても気づきやすい。


大トップ目の着手以外は例外なく高打点の手牌となっているので、仮にリーチが入っていなくても警戒を要する。

主要となる手役は以下の通りとなる。


@染め手

頻度的には最も多いのがこれ。

満貫に持っていくためにドラターツを払って一色手に持っていく。

仕掛けが入ればさらにわかりやすい。

メンゼンならチンイツを警戒する必要がある。


Aメンツ手の高打点

ドラ周辺を厚く持っていて、結果的に両面ターツ落としに見えるパターンがある。

赤やドラをたくさん持っていてターツ選択の優劣からドラターツが出てくることも稀にある。

いずれにせよ放銃したら高い。


Bチートイツ

トイトイやメンツ手をギリギリまで保留していると、チートイツテンパイ時にドラ暗刻から1枚切り出し、かつ両面ターツ落としに見えることがある

このパターンはドラが先に出てきて違和感があるが、ふたを開けてみると高い。


C役満

九蓮や緑一色などの全体手役はもちろんだが、
大三元や小四喜などの部分手役の際にも、わざわざドラ周辺で待つのは損なため、ターツ選択で嫌われやすい。

ドラを大事にする必要はないので。やはり注意が必要。



中盤以降は守備の観点からも、単純なドラ含み両面ターツは払われにくい傾向にあるため、
それが表にあらわれる時はれっきとした理由がある場合が多い。

みなさんも心当たりがあることと思うが、警戒しすぎてもしすぎるということはない河状況のひとつと言えるだろう


それでは実戦例をご覧いただきたい。



case1
49712.jpg

他家視点。

トップ目の下家がドラターツを手出しで落としてきた。

河も脂っこいし、これは警戒が必要か。

下家は一体どんな手なのだろうか?


49713.jpg

上家の切った2sを合わせ打ち。

このへんはダマテンなら本命の待ちにも見えるが…。


49714.jpg

下家がおもむろにツモ。

ダマテンの効くドラドラ赤は2000・4000。

わかりやすく待ちはマンズの間4ケンとなっていた。


49715.jpg

私視点。

ドラをツモってここから3s切り、仕掛けて良しの盤石の構えに。


49716.jpg

次巡で5sをツモった結果、両面ターツ落としのように見えたというわけだ。

入り目は25s、対面がしれっと切ったが実はかなり危険だった。

こんな手が毎回入ればいいのに。


case2
tenhou.27959.jpg

東3局、21000点持ち3着目の北家。

対面からおもむろにドラが切り出された。

下家の789にも危険なドラだ。


tenhou.27960.jpg

おや〜?ドラより後に6pが出てきた。

これはかなり違和感のある手順。

対面は一体どんな手が想定できるだろうか?


tenhou.27961.jpg

この逆順からドラトイツのチートイツが頭に浮かんだ人は鋭い。

実際は想像以上のメンホンチートイドラドラテンパイだった。きょわい!


tenhou.27962.jpg

ここではすでにテンパイだった。

これは下手に手出しよりもツモ切りの方が目立たなくて良いような気がする。

なぜかドラ表示牌待ちにしてアガリを逃してますが…。


tenhou.27963.jpg

チートイツを想定できていれば、1枚切れの字牌を切るのはリスクが高い。

私は発や西を切っているが、これはたまたま当たらなかったというだけ。

甘い、俺。


case3
54003.jpg

東2局、19800点持ちラス目の親番。

上家が白をポンして、ドラ手出し。

完全に両面ターツ落としを見せてきた。


54004.jpg

直後に発ポンから手出しが中。

ドラターツよりも孤立の中を大事にしていたことがわかる。

もう見えてきましたね?


54005.jpg

何を切るか?





54006.jpg

もうピンズは切れない。

ある程度整っていないとこの手順にはならないからだ。

打点が伴っているのも一目瞭然につき、対応は比較的しやすい。


54007.jpg

結果は下家が仕掛けて3900のアガリ。

上家のターツ落としが逆手に取られているのがまた面白い。


54008.jpg

上家はここからのドラターツ落としだった。

方針が定まっているため、これは思い切りのある好手だ。

満貫を見てのホンイツ狙いは、ドラターツ落としが頻出するパターンと言える。


case4
55416.jpg

南2局1本場、24800点持ち2着目の西家。

上家リーチ一発目にラス目の下家が押してくる。

ドラソバの6mって見間違えじゃないよね?


55417.jpg

さらに次巡、下家から出てきたのはドラそのもの。

おっさんは逡巡しつつもこれをポンテンに取った。


おっさん「チャンスなのはチミたちだけだと思うなよ!」


55418.jpg

結果、上家がツモって1000・2000。

件の下家の手は…ごくり。


55419.jpg

見事なチンイツテンパイ。

さすがにドラ切りはテンパイと読むべきで、2件リーチと同じ。

尋常じゃない押しには理由があるが、メンゼンならチンイツもあるとわかる。


55420.jpg

ドラターツ落とし後の下家の手出しに注目。

この1sは確実に手牌に関連がある。

この1sが手牌にあって高い手といえば何だろう?と考えると朧げながら見えてくるものがある。


下家のこの執念が最終的には実り、おっさんはラスに沈んだ。



ラベル:天鳳 ドラ
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月09日

チャンス手は後手でも手を緩めない

このタイトルを見て、「そんなの当り前だ」と思う人も多いことだろう。

しかし、巡目が深かったら?親じゃなかったら?相手がラス目だったら?

少しの状況の違いによって、途端に判断が変わってしまうこともある。


ある程度のリスクリワードを念頭に置いた上で重要なのは、

結果によって自分の打ち筋がブレないようにする、ということである。


今回は押して通らなかったから、同じような場面で次回は引く、というのではなく、

今回押したなら次回も押す、前回引いたなら今回も引く、という風に同じ状況なら同じ判断を繰り返した方がいい


これができないと自分の芯が定まらずに、あっちへフラフラこっちへフラフラしてしまう。

ある程度サンプルが集まって初めて雀風をどのようにしていくかの修正が可能になる。


オリを覚えた中級者がオリを知らない初心者に負ける、ということにならないように、押し引きの基準を明確にしておく必要がある。


以下は私が押して勝ちまくっていた時期のサンプルである。

相手の心理なども踏まえて参考にしていただけたらと思う。


case1
52732.jpg

東3局、33200点持ちトップ目の親番

イーシャンテンから選択の場面となった。

ここから何を切る?





52733.jpg

1sツモ切りとした。

1s1枚切れの上、3s切りなら最終的に切り出す3sが全体的に危険度高い

場況的には3s待ちもそれほど悪くない。


しかし、ラス目上家のリーチが入った後、ド裏目の1sを持ってきてしまった

さて、どうしよう?





52734.jpg

1s勝負した。

ラス目リーチに対して、しかも選択が裏目った後だけにここは「引き」がセオリーだ。


しかし、この手をオリたとしても、今後のトップが安泰となるリードではない。

さらに、このぐらいの好手が次にいつ訪れるかもわからない

赤2持っていてドラも見えているため、仮に打ってもそこまでひどいことにはならなそうだ。


52735.jpg

6pを持ってきてテンパイが入った。

ここは当然…


52736.jpg

5s切ってリーチだ。

1s切りで気配は脇に漏れている。

3sが山にいそうなので、これを拾いに行く。


52737.jpg

下家の一発消しが作用し、山に眠っていた東を掘り起こす。

一発はつかないが12000。

片割れの3sは持たれていて山にはいなかった。


52738.jpg

ご覧のように1sは紙一重の危険牌だった。

ここで安全に東落としでも最後に3s勝負でテンパイは維持できる。

ただ、そこで3sを勝負するのは割に合わないため、オリを選択する可能性が高い。

最初に押せないと、次々と妥協点を導いて結果的に局収支は下がりやすい。これが弱気の悪循環だ。

このアガリが効いて、トップを獲ることができた。


case2
52767.jpg

開局の親番。

下家からリーチが入っている。

カン8pが埋まって手牌が引き締まった。

さて、何を切る?





52768.jpg

4s切りとした。

赤5sを自身で持っているのでこの4sはやや押しやすい。

そもそもオリるにしても安牌が不足している。


52769.jpg

その後持ってきたのは、1個ずれて3m。

さて、何を切る?





52770.jpg

ここでドラ切りとした。

1mが4枚見えているため、3m切りでもいいが、3m自体が狙い目でもある場況。

オリ切るには微妙に安牌が足りないため、ここで決意の勝負とした。


52771.jpg

直後にテンパイがきた〜。

よく見ると58mは5枚見えていて、さらに下家の現物待ち。

さて、どうしよう?





52772.jpg

即リーチとした。

2900を拾うために押しているわけではないため、ここは当然のリーチ。

当たり牌は山に1枚いればいい。


52773.jpg

が、ダメ。下家がアガって700・1300となった。

下家もホッと胸をなでおろしたことだろう。


52774.jpg

中切りの根拠となった3mは山に2枚。

58mも山にいたため、押し引きの判断は間違いではなかった。

アガれなかったことよりも、下家に大きなプレッシャーを与えられたことが大きく、この後精神的に五分以上で戦える。

このわずかな差が後々ボディブローのように効いてくるものだ。

この半荘は2着で終了した。


case3
52832.jpg

東2局、26300点持ち2着目の親番。

こちらはチャンス手のイーシャンテンだが、上家リーチ一発目にまさかの赤5sを持ってきてしまった

さて、どうしよう?





52833.jpg

ツモ切りとした。

8sが通っていなかったら微妙だが、1スジならギリギリという感じ。

この5sが後々2s待ちの布石となる可能性もある。


ちなみに上家はご存知木原浩一プロ、下家は大和田頭取という強豪面子。

舐められてはいかん、と強気で押した。


52834.jpg

上家から4枚目の3mが出た。

これをチーすれば、4mを使い切ってテンパイが取れるが…余る2mはドラ。

さて、どうしよう?





52835.jpg

スルーした。

これを鳴いてしまうとバックの5800テンパイと、何だかイマイチだし、ドラが当たらないという保証もない。

結果持ってきた2p、これもぶった切る。


52836.jpg

待望の中を自力で引き寄せ、満を持して…


52837.jpg

4mを切り出すと、これが当たり。裏が3pで8000。

当たる云々はともかく、ここはリーチで決定打にすべき。

好配牌から東を引っ張ったのはホンイツの渡りだったようだ。


52838.jpg

さすがにここで2m切りとはできないので、この放銃は仕方ない。

47mはたっぷり山にあって、押さないとツモられていた。

親っかぶりの6000も8000も大差ない。こういう点から親は押し有利だ。

しっかり闘っている限りはそんなに負けないもので、この半荘は3位だった。


case4
57726.jpg

東4局、18400点持ちラス目の北家。

上家と熾烈なラス争いとなっている。

その上家から早いリーチで、しかも7m暗カンのおまけつき。

こちらの手も整ってはいるが…。

さて、何を切る?





57727.jpg

2s勝負とした。

この手がたちなら押したくはあるが、2スジ勝負はなかなかに勇気がいる。

2pを抑えつつアガリにかけるのであれば、ここは腹を括ってソーズ落としとした。

裏ドラもあるので放銃は致命傷になりやすいが…。


57729.jpg

2s被ってしまったが、リカバリーできた。

いざ尋常に!


57730.jpg

おっさん「そうだろうそうだろうわかっていた、一発ツモだ!ご無礼、なんつって(笑)」


裏は乗らなかったが3000・6000。

おっさんは2着を勝ち取ることに成功した。



ラベル:天鳳 押引 後手
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 攻守判断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月02日

レアケース色々

あけましておめでとうございます。

今年もこのブログをよろしくお願いします。

密かに人気が復活している当ブログですが、眠れない夜に気軽に読んでいただけたらと思います(ますます眠れなくなったりして)。

いつもご覧いただきありがとうございます。



さて、新年一発目はエンタメ的な内容がいいかと思い、様々なレアケースを集めてみました。

よくあるものからめったにないものまで、バラエティー豊かに取り揃えました。

それでは、じっくりとご覧ください。


case1
52205.jpg

東4局、対面と6700点差2着目の親番。

絶好の先制テンパイ即リーチ。

下家を飛ばしてトップじゃ〜。


52206.jpg

なぬぅ?赤5mを切って追っかけ…だと?

よかろうよかろう。一騎打ちで決着をつけましょう。


52207.jpg

ほどなく下家がツモ。

よく見ると、自分で3枚切ってるフリテンリーチやんか!

しかも裏ドラが5pで2000・3900。


52208.jpg

回っている間に6p7pと引いてしまったパターン。

ここは素直に下家の健闘を称えたい。

諦めなければチャンスはあるということ。

私がトップだったのは覚えているが、下家がラス回避できたかは…定かではない。


case2
53992.jpg

南1局、37200点持ちトップ目の北家。

ろく、しち、はち、きゅう種確定の配牌。

ダブリーカモン!


53993.jpg

と思ったら、先客がいた。

親が九種で流して終了。

二人とも配牌がバラバラすぎて涙。


53994.jpg

配牌にこれぐらいヤオチュー牌が集まっているとさすがに山は中張牌だらけ。

私が国士を狙っていると、ヤオチューを最初にツモるのが8巡目。

自分が九種もどきの時は他家にチャンス手がいきやすいことがわかる。


case3
76615.jpg

オーラス、24000点持ち3着目の西家。

いつ、むー、なな、やー、ここのつ揃っている配牌。


76616.jpg

親が先んじて…ってまたこのパターン?


76618.jpg

さらに、2局連続九種で流す親…。

確率的にはどのくらいなんだろうか。

しかもよく見ると十種だし。


76619.jpg

十種で安易に流す人を見たらこちらにチャンスが来ていると思っていい。

裏3いただいて3着→トップ捲り。

一瞬の隙を見逃さなかった私に勝利の女神は微笑んだ。


case4
61175.jpg

南3局、29800点持ち2着目の北家。

トップ目の親からリーチが入る。


61176.jpg

カンチャンをツモられ…


61177.jpg

裏3で6000オール、これはトップ決まったか。


61178.jpg

さらに次局、親から先制リーチが入る。


61179.jpg

攻め返してきたラス目が放銃し…


61180.jpg

またも裏3で18000、上家ぶっ飛びで終了。

親の裏3二連発とかやられると心折れますよね?

だからどうしたって話ですが…。


case5
77548.jpg

南3局1本場、22100点持ち3着目の北家。

2着目の上家からわずか3巡目にしてリーチが入る。

こちらはドラ暗刻だが他の形が厳しい。


77549.jpg

親の河が不気味なので、ドラ暗刻を理由にこちらも攻める。

上家に満貫程度放銃しても、まだラスには余裕がある。


77550.jpg

7mが暗刻になり、さらに2pが重なった。

こうなったら当然…





77551.jpg

マンズを払っていったところ、あっさり四暗刻テンパイ。

1mよ通っておくれ。


77552.jpg

が、ダメ。裏なしは2000の軽傷で済んだ。

怖かったのは親の3s勝負だが、なんと親は国士無双を張っていた


77553.jpg

9pはリーチの現物だけに長引くと危なすぎた。

親からすれば「なに放銃してんだよ!」と言ったところだが、

「開けてみな」と言って手牌を見せることが許されそうなシーン(ノーマーク爆牌党の鉄壁保)。


77554.jpg

親は配牌九種だった。

一撃大逆転のテンパイだっただけに、これは痺れただろう。


77555.jpg

対面の9pが1巡間に合っている。

一歩間違えば大惨事となっていただけに、何気ない場面での切り順もあなどれない。

先制リーチに対して2件役満テンパイという事例もさることながら、ダントツとダンラスの紙一重の攻防も見所があった。



ラベル:天鳳 レア
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする