2015年02月01日

四暗刻の作り方

今回はコーツ手の王者、四暗刻について解説していく。

四暗刻を目指す上で最も重要なのは、フィニッシュ牌が山にいるかどうかだ。

相手に持たれているところが待ちになると、あがりの確率がぐんと下がるのが四暗刻の難点だ。

つまり、イーシャンテンの時点で3トイツのうち2トイツが強い待ちである必要がある

逆に言うと、3トイツのうち2トイツが弱い待ちである場合、仕掛けてトイトイに行くべきだと言える。


それから、四暗刻を目指す場合は、くっつきの中張牌よりも重なりやすい牌を残すことが重要で、
下手にメンツ手の保険をかけるとあがり逃しになることが多い。

字牌の場合は、1枚切れよりも生牌を残すことがコーツ手のコツで、
ここがチートイツとの大きな差だ。

コーツ手、トイツ手はとにかくメンツ手との天秤にかけるのが一番よくない。


中途半端に保険をかけると、極端にあがり確率が下がると心得ておくべきである。
縦場か横場かを的確に見極め、その手の方針に邁進するのが期待値を高める方法だ。
縦場においては下手な牌効率やデジタルは、損を少なくするように見えて実際は損を大きくする打ち方だ。


そして、コーツ手の基本はリーチだ
なぜかというと、相手に対応させた方がコーツ手はあがりやすいからだ。

相手に対応させて、紛れを増やした方が局が長引いて自分がツモあがる確率が高まるし、
トイツ場なら自分のコーツは相手のメンツ手の急所になっていることが多く、
攻め返されてもそれほどひどいことにはならない。

さらに、トイツ場は安全そうに見える牌が放銃につながったりして、
意外とオリきるのは難しい。

シャンポン待ちは後スジやノーチャンスなどで長引くほど出あがりのチャンスも大きくなるし、
相手に対応させることでチャンスが増幅する。

だから、四暗刻でも臆せずにリーチなのである


最低限これらの項目を押さえておけば、四暗刻の成就確率はかなりUPするはずだ。
それでは、実戦例を見ていこう。



tenhou.1698.jpg

開局。北家の自分。
ドラにくっついたが、さて何を切る?





tenhou.1699.jpg

ここで明確に手をかけてはいけないのは、6m、2p、3pの3牌だ。

自分の手は発の暗刻に23pの並びトイツではっきりとコーツ手が見えている。

他家の捨て牌にもかぶりが多く、トイツ場の様相を呈している。
こういう場面ではトイツに手をかけず、単純ターツを払っていくのがコーツ手の基本だ。


tenhou.1700.jpg

6mが暗刻になり、この2pですかさず三暗刻のテンパイ。

このツモの感触ならMAXまでいけそうな予感だ。


tenhou.1701.jpg

ドラをツモっていよいよテンパイ。
ダマでも12000確定だが、さてリーチする?





tenhou.1702.jpg

コーツ手の基本はリーチ。
ここはシステムに従ってリーチだ。

こういうドラ待ちのような難しい待ちになったら、ダマでもどうせ出てこないため、
リーチして相手の手を止めるのがいい。

紛れを起こして局が長引いた方が四暗刻は成就確率が高い。

本局はご覧のように純カラで、結局一人テンパイで流局した。


tenhou.2163.jpg

別の半荘。東2局の親番。

4sが暗刻になって、勝負手になってきた。
さて、何を切る?






tenhou.2164.jpg

ここではホンイツだけでなく、コーツ手も見て重なりやすい牌を残したい。
そこで7m切りだ。

上家と対面の1pが比較的早いので、2pが山にいそうだというのはわかるだろう。
この場合、2pのスジの5pも山にいることが経験上多い

1pの早切りは4pを持っていることが多いが、
だからといって5pを持っていないということにはならない。

しかし、ピンズの中ほどを厚く持っているような手ならば
1pも簡単に出てくるとは思えない。

こういう比較的ピンズの安い場での早切り牌の裏スジは、
その家の必要牌になっていることが多いものだ。

これはおそらくデータ的にも実証できるだろう。

下家の9p切りが早いのも同様だ。
序盤に切った裏スジは山に濃いと覚えておくといい。

これは俺が山読みに用いている重要な情報のひとつだ。
例えば、こういう場況でのカン5pは即リーチでもそこそこあがれる感触がある。
多岐に応用可能で、覚えておいて損はないだろう。


tenhou.2165.jpg

狙い通り、5pが重なった。
これでホンイツよりもコーツ手が本線となった。
9s切り。


tenhou.2166.jpg

なんと南が暗刻になってスッタンも見えるイーシャンテンになった。

ここは当然字牌を残して6s切りだ。

100歩譲って6sを残すとしたら、ここは生牌の東を温存して1枚切れの発を切るのがコーツ手の基本だ。
チートイツなら逆だ。生牌の東を切って、1枚切れの発を残す。


tenhou.2167.jpg

ツモが効かずに下家からリーチが入って、終盤にやっとテンパイ。
対面の発が間一髪間に合っているのがなんとも惜しい。


tenhou.2168.jpg

流局。三人テンパイ。

なんと5pは2枚とも山にいた。
下家の捨て牌に東が並んでいるのを見ても、
相当チャンスのあった局だったことがわかる。


tenhou.1968.jpg

別の半荘。東4局、トップ目の親番。

発が暗刻にスジトイツだらけのちょっとびっくりするような配牌。
稀にある配牌トイツ場だ。


tenhou.1969.jpg

次巡、369pのスジトイツが完成して、あっさりチートイツテンパイ。

さて、どうしよう?






tenhou.1970.jpg

こんな楽しみな手に蓋をするのはいかにももったいない。
ここはひとまず7s切りでコーツ手の可能性を残す。

待ち頃の牌を持ってきたら渋々チートイツでリーチだ。


tenhou.1971.jpg

次々巡、あっさり9sが暗刻になって構想通り四暗刻に移行。
さて、何を切る?





tenhou.1972.jpg

4sと6pの比較だが、ここは6p切りだ。

上家の2sが早いのと、何より下家の5s切りが4s残しの根拠だ。
早出の5切りの裏スジ、特に4と6は当人がかなりの確率で持っていない。
これもかなり使える手牌読みのひとつだ。

そして、このぐらい感触のあるトイツ残りなら、鳴き無しだ。
フィニッシュの効く最終形なので、仕掛けてトイトイにする必要はない。


同巡、対面の切った中を下家がポン。
このツモの流れで、このポンははっきり言って最悪の感触だ。
できることならツモ巡が変わらずにツモの流れを見たかった。


tenhou.1973.jpg

上家にツモ切られる9p。
うーむ、やはりそうなったかという感じ。

鳴き無しのままなのでラグはかかっていない。
ラグをかけても上家からは鳴きたくないというのが心情だ。


tenhou.1974.jpg

受け気味に打っているように見える対面から9pが出た。

さすがにこれは鳴く。
これを鳴かないと、巡目的にもかなり厳しい。


tenhou.1976.jpg

この動きで、上家にリーチが入ってしまう。

下家の鳴きや俺の鳴きが上家に利する展開となっている。

この4mをツモって、さてどうしよう?





下家の鳴きから一貫して感触が良くない。
マンズは上家のみならず、下家にも切りたくない色だ。
ここは一歩退くべきと判断して、3pを切った。

3pは安全ではないが、変則場風味なので発は単騎待ちがあるかもしれない。
マンズを引けばテンパイ復活があるので少しひねった打牌選択だ。


tenhou.1978.jpg

4mは当たりで、撤退は正解だった。
ギリギリまでテンパイを目指すも、ノーテンで親流れとなった。


tenhou.1979.jpg

4巡目の時点の牌オープン。

36pが1枚ずつ持たれている以外は全山。
鳴き無しにするほどの感触は間違いではなかった。
が、下家の中ポンが威勢を削ぐ格好となってしまった。


tenhou.1570.jpg

別の半荘。南3局1本場の親番。23800点持ちの3着目。

スジトイツ含みの難しい形。
ここから何を切る?





場況的にはピンズがかなり高く、
対面も下家もピンズに染めているように見える。

ピンズの処理と自分の手との兼ね合いでどうするのか、
かなり広い選択肢のある局面だ。


tenhou.1571.jpg

ここはコーツ手のツモの流れに沿って赤5mを切ってみた。
カン4mは悪くないように見えるため、異論もあるだろう。


6mが暗刻になったことにより、345の可能性がなくなった。
ピンズは45pどちらを切っても仕掛けられる可能性が高いのと、
高いピンズで裏目を引くと取り返しがつかなくなるため、
ピンズの選択はなるべく後回しにしたい。

ソーズ切りも十分あるが、リャンシャンテンに戻して果たしてあがりがあるかどうか?

そのように考えていくと、ポンテンやコーツ手の可能性を消さない赤5m切りは十分にある。
何より、36mと58pのスジを固めて持っている。
この形を重視して手を進めるのはコーツ手を捌くひとつのコツだ


tenhou.1572.jpg

次々巡、望外の4p重なりで、こうなったら手順のソーズ落としだ。

ここでは赤5sの重なりを見て3sを切った。


tenhou.1573.jpg

間髪入れずに5pツモ。
この場況でピンズが山に濃いのが意外すぎるが、
とにもかくにも四暗刻のテンパイ。

さて、リーチする?





tenhou.1574.jpg

コーツ手の基本はリーチだが、ここではダマにした。

まず、4pが悪すぎる。
マンズはただで取れそうだが、3mは残り1枚。
赤5mが迷彩になっているとはいえ、リーチをかけて万が一止められたら絵に描いた餅に終わってしまう。


ダマならただ取り、かつ残りが1枚のようなケースではこのようにダマにするのもありだ。


tenhou.1575.jpg

トップ目の上家から出て、18000の直撃。
この一撃で楽にトップで終えられた。


ちなみに下家は123の食い三色で、ペン3mとペン3sの必要な手牌だった。
3mを中盤のタイミングで切っていたらかなりの確率で食われ、このコーツ手は成就していなかった。
あの赤5m切りによって、俺の気配を感じた下家は引き気味になった。

この結果はたまたまだが、コーツ手の捌きが上手くいったケースであり、
すなわち場況に合った捌きだったということだ。


tenhou.2170.jpg

別の半荘。東2局、南家。

この6pをツモって何を切る?





ここではトイツ手の意識はない。
メンツ手を見て手広く白を切った。


tenhou.2171.jpg

2pを立て続けにツモり、コーツ手が少し見えてきた。
素直に3mを切る。


tenhou.2172.jpg

1pが暗刻になって、はっきりコーツ手が見えてきた。

ここでドラ受けを見切って6sを切る。


tenhou.2173.jpg

上下に仕掛けが入って、無駄ヅモなく四暗刻のテンパイ。

さて、リーチする?






tenhou.2174.jpg

ここは迷わずにリーチだ。

仕掛けでテンパイが入って、待ちの2pも8mも絶好。
上下の仕掛けを咎める上でもこれ以上のリーチのタイミングはない。

何度も言うが、コーツ手の基本はリーチだ。


tenhou.2175.jpg

一発ツモ!
あまりにもあっさりあがれて拍子抜けだ。

これが好調時の手なり四暗刻だ。

選択の余地がなく、仕掛けによってあがれたような四暗刻で、
成就しなかった上記4例の方がよっぽど手応えがあるのだが、
あがれるときはこんなものなのだろう。


tenhou.2176.jpg

こんな時に限って、裏3。

まあ、贅沢は言わないでおこう。



ラベル:天鳳 手役
posted by はぐりん@ at 19:26 | Comment(2) | 手役の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・!?

R2081・・・す、凄い回復力ですね
Posted by ポテチ at 2015年02月05日 23:37
>>ポテチさん
おかげさまで、なんとか立て直せました(^o^)
Posted by はぐりん@ at 2015年02月06日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: