2015年05月31日

チートイイーシャンテンからの仕掛けは大体上手くいかない

さて、今回はみなさんお待ちかねの失敗例だ。

スルースキル「暗刻がひとつもない手は基本チートイ」について、
暗刻がない手から仕掛けた場合にどういう結末が待っているのか
実戦例から見ていこう。


tenhou.4248.jpg

15400点持ちラス目で迎えた、南1局北家の自分。
3着目の上家とは5900点差。


トイツの目立つ配牌から2巡目に中が重なり、
チートイのイーシャンテンになった。


tenhou.4249.jpg

すぐに上家から中が出たが、さてどうしよう?





tenhou.4250.jpg

これは喜んでポンした。

現状ラス目で点棒が必要な状況なので、
トイトイなら打点が伴う。

北や1pは鳴きやすい牌だし、
67sの並びトイツはいずれかがポンできれば機能的にもう一方も出やすい

トイトイに向かうためには、
点棒状況、打点、手牌の形、すべて満たしているといえる。


tenhou.4251.jpg

この局の結末。

ツモが効かないばかりか何も鳴けずに、中ポンから形が変わっていない。
イライラしながら切った6mが3着目の7700にヒット。

上家の捨て牌にはドラがしれっと切られていて、明確に危険を告げている。
3巡目にはチャンス手でも12巡目には単なるリャンシャンテンにすぎない

少々冷静さを欠いた放銃で、反省の一局となった。
言うまでもなく、この半荘はラスを甘受した。


鳴きやすい北や1pはどこにあったのか?
国士をやっている対面の手中だ。

通常なら鳴きやすいはずの端牌や字牌だが、
相手が国士に向かっていればそれは紛れもなく有効牌となって出てこない。


トイトイが自分の都合で決まらないのはこういう部分だ。
トイトイは仕掛ける牌種が早々に決まってしまうため、
相手の手牌の都合が自分の成就率に大きくかかわってくる


ただでさえ、受け入れ枚数が少ないのに、
それが有効牌として相手の手に組み込まれると、
このケースのように何も出てこないということも往々にして起こる。


これがトイトイの柔軟性に欠ける部分であり、
トイトイの成就率が低い理由でもある。

チートイツなら場況に応じて重なりやすい牌を選べるので、
国士がいるなら字牌は嫌っていくという選択も可能となる。


tenhou.3331.jpg

別の半荘。
8100点持ちラス目で迎えたオーラス北家の自分。
3着目対面との差は5700点。
下家の親が大トップ目のため、実質この局がラストチャンスだ。


ドラドラ赤のチャンス手から急所の6pが埋まった。
これはかなり見込みがでてきた。


tenhou.3332.jpg

対面から3sが出たが、どうしよう?





tenhou.3333.jpg

何を血迷ったのか、これをポン。


鳴いてから気づいのだが、逆転条件を満たすためにはド急所の6pが必要不可欠だ。

鳴く前の形と比較すればわかりやすいが、
3sポンは速いように見えて実は速くなっていない。

3900なら直撃条件だし、鳴いてしまうと6pの依存度が高すぎる。
それならば、鳴かずに69mツモ期待で十分だし、
4pツモやピンズの伸びに期待してもいい。


tenhou.3334.jpg

このクソ鳴きが生んだ結果が、この9m流しだ。

メンツ手でもチートイツでもテンパイになる絶好の牌を自ら流してしまった。

この場況なら、おそらく6p切りで3p単騎からのチートイツに受けている可能性が高い。


tenhou.3335.jpg

そして切らざるをえない3pで親に放銃。

何から何まで最悪の結果で、この半荘のラスは後に引きずることを自覚した


親の手を見る限り、結果は変わらなかった可能性が高いが、
負けるにしてもきちんと形を作ってその上で負けることが重要であり、
この局は単に焦って自滅しただけだ。


受け入れの狭い手はついつい仕掛けたくなるが、
チートイイーシャンテンからはぐっとこらえてメンゼンで手組みした方が好結果を招きやすい
本局のようにメンツ手も見れるならなおさらだ。


tenhou.3974.jpg

別の半荘。
開局の北家。

ドラドラ赤のチャンス手ながら、チートイイーシャンテンでもある。

上家から8pが出たが、どうしよう?





tenhou.3975.jpg

できれば7pから鳴きたいところだが、これはポンした。

白がたった今見えて、チートイの受け入れが減ったし、
チートイには赤5mが攻守ともに肝となって成就しづらいと判断した。

それならばマンズを伸ばすつもりでメンツを作っていこうという構想だ。


tenhou.3976.jpg

理に適っているようにも見えるが、
こういう仕掛けがなかなか上手くいかないのはみなさんも経験済みだろう。

場況的には急所ではないピンズから仕掛けて、
不安定な形が残っている。
打点が伴っているというのが唯一の救いだが、ドラが飛び出す可能性もそれなりにある。


この仕掛けによって、まず下家に8sを流した。


tenhou.3977.jpg

さらに次巡、4mが流れた。

鳴かなければおそらく、
四萬赤五萬六萬六萬七萬七筒七筒八筒六索六索八索八索八索
この形のイーシャンテンとなっている。


tenhou.3978.jpg

上家のリーチを誘発した上、
間髪入れずに下家に流れたのが6s。

メンゼンで進めていれば何ら迷うことのない8000のテンパイが手順で入っている。


tenhou.3979.jpg

そして待っていたのはオリ打ちという無残な結末だった。

裏は乗らずの2600だったのがせめてもの救いか。


非常にありがちで、わかりやすい顛末だ。

ここで失敗だったのは、急所ではない8pから仕掛け始めたことだ。
8pをスルーする余裕さえあれば、結果は180度違っていた可能性がある。


下家に流れたのが有効牌だったのはたまたまだし、
上家のリーチにかなり安全そうな8sで放銃したのも結果論という考え方もある。

それはそれで正しいが、
チートイイーシャンテンからの迷いある鳴きはいい結果に結びつかないことが多いし、
仕掛けるにしてももう一手進んでからでいい

この確かな傾向を覚えておいて損なことはない。


オリ打ちからさかのぼって牌の流れを見るに、
8pからの仕掛けはこの手の本懐ではなかったということだろう。

微妙な仕掛けに微妙な結果あり、だ。


この半荘は運良く3着で終了した。


tenhou.4468.jpg

別の半荘。
東4局、29100点持ち2着目の西家。

ファン牌が2組トイツにドラ含みのチャンス手をもらっている。

上家から1枚目の西が出たが、どうしよう?





tenhou.4469.jpg

内心迷いながらこれをポン。

自分の手には尖張牌(3・7)が2組トイツで微妙にトイツ場が匂う牌形だ。

7pは他家にとって超急所で778pの捌きはかなり難しい。
マンズの形も難しく、すんなりあがれるかといったら微妙なところ。


こういう急所が多く迷いの残る形はとりあえずスルーしてツモの様子を眺めるのがいい。


tenhou.4470.jpg

やはりというかなんというか、あっさりと下家に急所の6mを流した。


tenhou.4471.jpg

その上、親リーチを誘発してしまった。

自分の手はまったく進んでいない。


tenhou.4472.jpg

ほうほうの体で逃げ回って流局。


本局はチートイリャンシャンテンからの仕掛けだが、
急所が多く仕掛けてもあがりが見えにくい場合は、
とりあえずスルーしてツモに答えを聞いてみるのも一つの手だ。


微妙な形から仕掛けて好牌を流してしまうことは往々にしてあるし、
一牌の急所を流してしまうと手牌がうっ血して滞ってしまい、
鳴きで入った他家リーチへの対応を余儀なくされる


ファン牌が複数あったら、鳴かなきゃという義務感みたいなものが生まれがちだが、
鳴いたところであがれるか不安だったら、
勇気を持ってスルーすることで生まれる結果は意外と悪いものになりにくい



その手が本当に鳴いてもあがりにくいかどうかという見極めは、
経験や勝負勘から導き出されることも多く、
スルーは麻雀のセンスが問われる部分であるともいえよう



ラベル:天鳳 鳴き 失敗
posted by はぐりん@ at 17:27 | Comment(4) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、こんばんは!

最初のケースで二三のターツがトイトイのリスク軽減のためだとすれば、点数的には嫌ですけど3枚目の一をチーして、ソウズに絞って打@で損切りする方がいいのかも?と思いました。

そうでなければ三は先に切って、思い切って対面の使ってい無さそうなAと入れ替える方が一貫性があるかなぁ?と・・・

トイトイはどこまでも心中するか、躊躇なく妥協するかのような気がしてきました!

Gポンはマンズうんぬんで仕方ない気もします><;
仕方ないと自分に言い聞かせて鳴いても、ダメだろうなと思った時は、まずいい方に出ませんよね・・・w
Posted by チャンタ at 2015年05月31日 21:38
>>チャンタさん
そうですね、3枚目の1mチーはあったと思います。
しかし、中途半端にソーズを持ちたくないという感覚からチーしませんでした。

23mは重なりを見てるんですよ。
早い1m切りが2人いるので、メンツ手の保険というよりは、そちらの方に意識があります。

しかし、終盤では形テンも視野なのでその形を残さざるをえないという感じですかね。

いつも丁寧にみていただいて、ありがとうございますw
Posted by はぐりん@ at 2015年05月31日 21:57
なるほど!

自分の中では二は一うんぬんで残したいんですけど、三までは効果があるのかあんまり自信が無くて・・

麻雀の勝敗は最後は細かい所を見逃さないところで決まると思います!(キリッ
麻雀の少牌は大まかなところの見逃しで決まるんですけどね!

あ、オヤジが出たw
Posted by チャンタ at 2015年05月31日 22:13
>>チャンタさん
麻雀の勝敗は結局、アタックチャ〜〜〜ンスで決まりますもんね!

盛り上がってまいりましたw
Posted by はぐりん@ at 2015年05月31日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: