2015年08月02日

ラグの活用 攻撃基本編

ラグの基本について、今回は攻撃編をやっていく。

ポイントは2つ。

@相手のラグから持たれている牌を推測し、自分の手をあがりやすい方に寄せる

すべてのラグは相手の手を読む材料と言っても過言ではないが、
重要なのは、自分の攻守において必要なものと不必要なものを取捨選択することだ。

ラグ情報をすべて記憶しておいたところで、情報が多すぎてむしろ混乱してしまう。
天鳳の場合は偽ラグもあるため、ノイズの情報も多くなる。
ノイズに惑わされることなく、真に重要な情報のみをインプットすることが効率よく勝つための方法だ。

これは麻雀に限らず、すべての勝負ごとにおいて言えることであり、
過度に氾濫する情報社会を勝ち抜くための術だ。


A相手のラグをより確実に見抜くためにできるだけ鳴き無しにする

これは文字通りだが、具体的には自分のチーラグによって相手のポンラグがわかりにくくなったり、
自分のポンラグによって相手のチーラグがわかりにくくなる、ということだ。

そして、相手の手を見抜くための鳴き無しは、自分の手を見抜かれないための鳴き無しでもある。

鳴き無しにするメリットは、相手のラグを活用することよりも、
自分の手の読み材料を与えないということの方がむしろ大きい
かもしれない。

なぜなら、鳴きありである限り、自分の関連牌には100%ラグがかかるという真理があるからだ。


このことを考えると無駄にラグをかけることがいかに損なことかというのがわかるだろう。
俺の場合、配牌をもらったらほとんどの場合、即鳴き無しにする。


それでは、実戦例から見ていこう。


tenhou.5761.jpg

東4局1本場、ラス目と競っている3着目の親番。

7sをツモって、カンチャンの選択となったが、
何を切るか?





tenhou.5762.jpg

三色とタンヤオ、ピンフの変化を見ての、3p切りとした。


この形は、何がなんでも即リーチといくなら5s切りの方が優っているが、
5788というソーズの形は58s引きでのピンフ変化が大きい。

47p引きでカンチャンテンパイになった時に、
456、567の三色、タンヤオ、そしてピンフの変化を見られるため、
即リーチにいけなくても十分な形と見ての3p切りだ。


鳴き無しでいたところ、
上家が切った6sにラグがかかる


tenhou.5763.jpg

再び3pを引き戻したが、何を切るか?



さすがに6sが薄いとなれば、ソーズの最終形が厳しく、変化が嬉しくない。

ここでは6s受けを嫌って、カン2pの方に手を戻す、5s切りとした。


tenhou.5764.jpg

次巡、上手いことテンパイして、これなら即リーチ。

6sのラグがなければ構想通り変化待ちのダマとなっていたはずだ。


tenhou.5765.jpg

しかし、上家のタンヤオに放銃となってしまった。


ご覧のように6sはおそらく対面のポンラグで、
山には2pの方が多かったため、あがりに寄せる選択としては間違っていなかった。


tenhou.7583.jpg

別の半荘。
鳴き無しでいたところ、上家の4sにラグがかかる。


tenhou.7584.jpg

さらに、上家の7sにもラグ

これで56sのターツは死にメンツ(死にターツ)である可能性が高くなった


tenhou.7585.jpg

次巡、6sが上手いこと重なった。

本来なら選択となる場面で、
タンヤオがあるため1m切りが優位とも思われる牌姿だが、
ここでは迷わずに47sの受けを嫌っていける
。5s切り。


tenhou.7586.jpg

感触MAXの赤5mツモ。

この流れでここを引いたら勝ち確定と言ってもいいだろう。
3m切りリーチ。


tenhou.7587.jpg

3件目の親リーチ宣言牌を捕えて、裏裏の8000ゲット。


ラグが導いてくれた手順がすんなりとあがりまで結びついた。
何気ないが大きいラグの恩恵だ。


tenhou.7588.jpg

ご覧のように、47sともにポンラグ。

ここで6mチーを考えて鳴きありの場合、7sのポンラグが曖昧になってしまう。

雀風により、ここでの判断はどちらもあるが、
メンゼン重視の鳴き無しが、時としてこのようなメリットを生むこともある。


tenhou.6014.jpg

別の半荘。
東3局、微差のラス目の西家。

上家が赤5mを仕掛けていて、河も煮詰まっている。

上家のこの3sにラグがかかる。


tenhou.6015.jpg

件の36s待ちでピンフテンパイとなった。

さて、どうしよう?





tenhou.6016.jpg

ダマにした。

3sは捨て牌から見ると、下家のポンラグが濃厚だが、
ここで考えるのは上家のテンパイ気配だけでなく、赤5mを切っている親の気配だ


親の捨て牌には比較的脂っこい牌が並んでいて、
赤5mを切っていることからもテンパイが近いことは明らかだ。

3sは仕掛けの上家のみならずその親の現物でもある

トップ目の下家は無理する必要はなく、
親からリーチが入ったら確実に現物を抜いてくるはずだし、
あるいは上家の危険牌ですら切らずに回る可能性もある。


つまり、2手先を読んだ場合、下家の3sは発射台にいると見ることもできる

ここでリーチをかけて下家の3sをロックしてしまうのは、
順位戦略的に損となる可能性が高いのだ。



tenhou.6017.jpg

結局、上家から6sが出て2000のあがり。

上家はおそらく9s手出しによるバックの匂いを嫌ってのツモ切りだが、それが裏目に出た。

36sはかなり薄く、実は下家が本手だったが、
ラグによるダマ判断が結果的には生きた格好だ。

この半荘は3着で凌いだ。


tenhou.5993.jpg

別の半荘。
南3局4本場、微差のトップ目の北家。

鳴き無しでいたところ、上家の2sにラグ


tenhou.5994.jpg

1sをツモって何を切るか?





tenhou.5995.jpg

本来なら34sのダブルターツをはずしたいところだが、
ここでは1sをツモ切りした。


2sのポンラグを見ているので、できるだけ2s受けに寄せたくない。

1sを雀頭にしてしまうと、どうしても2sに比重の高い手組になってしまう。


ここでの狙いはマンズにくっつけて34sいずれかを雀頭にするか、
あるいはタンヤオにして34sをコーツにして使おうという目論見だ。


tenhou.5996.jpg

次巡、4pツモったが、ここでも1s切り。

2sに寄せない手組にしているので、これは当然の構えだ。


tenhou.5997.jpg

次巡、ズバッと4sを引き込み、文句なしの即リーチに踏み切る。


tenhou.5998.jpg

すぐに親から出て、裏1で2600のあがり。
このあがりが大きく、この半荘はトップで終了した。


2sのポンラグひとつで手組というのはこれほどまでに変わるのである。

ラグを機敏に活用にすることで通常ない手順のあがりが生まれることもある。


tenhou.7180.jpg

別の半荘。東2局の親番。

対面の4sにラグがかかる。


tenhou.7181.jpg

上家から4sが出てきた。

上家は4sの周辺を持っている可能性が高いが、
4sはポンラグの可能性もある。


俺自身はここでは鳴き無しで、
この4sにはラグがなかったので、
下家のポンラグではなさそうだ。


tenhou.7182.jpg

次巡、対面の3sにもラグがかかる。

これによって、上家が4sを持っている可能性がかなり高いとわかる。

上家は第一打1s切りなので、下に絡んだチーラグではないだろう。


tenhou.7183.jpg

嬉しい7sをツモってイーシャンテンに。


上家が4sをもう1枚持っている可能性が高いので、
ここは当然の3s切りとなる。

その情報がなくても普通に3s切りとなるところだが、
ここではもう一手先を読む。

対面の4s&3sラグによって上家は5sも持っている可能性が高いので、
カン7pが入ってテンパイした場合、最終形をシャンポンに取らない。


カン7pが先に入ったら、カン7m待ちでテンパイに取ろうと考えている。


形だけで見たらシャンポンに取っても何ら問題ないが、
5待ちのシャンポンは赤が出にくいため、1枚在りかがわかるとかなり出あがりが難しいと考えられるからだ。


tenhou.7184.jpg

7mが入って、選択のないテンパイ。

手変わりが少ないし、打点的にもリーチといってみた。


tenhou.7185.jpg

これがまさかの一発で12000。


tenhou.7186.jpg

対面の4sラグ時。
この時点では4sはポンラグだった。

その後の対面の3sラグによって、
上家が45s持っているという読みは正しかった。


このように、ラグ読みは細かい推測を積み重ねて手牌を導き出す作業だ。

ラグの情報を的確に活用できれば、
ラグが自然にあがりまでの手順を導いてくれることも少なくない。

偽ラグもあるため、過信は禁物だが、
天鳳の場合は、場況よりもラグ情報を優先するケースが往々にしてあるということだ。


この場合は、自分のあがりにかかわる部分なので必死に読んでいたわけで、
待ちの選択に影響を与えるようなラグは積極的に拾うべき情報であると言えるだろう。



ラベル:天鳳 ラグ
posted by はぐりん@ at 17:45 | Comment(0) | ラグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: