2016年06月12日

不調は忘れた頃にやってくる

先月あたりから天鳳を精力的に打っているのだが、
今月いよいよやってきたのが、誰もが避けては通れない道「不調」だ。


そもそも、先月は好調で九段まであとワントップの八段3140ptまで到達し、
九段は時間の問題だと思っていたのだが、そこからずるずると転落し、
今月は焼き鳥3連ラスを皮切りにラスを量産、
七段まであとワンラスの八段100ptまで落ち込んだ。

その後はギリギリ切り返したものの、降段まで余談を許さない状況となっている。


「降段?何それ?俺には関係ないよ」と思っている人も多いことだろう。
しかし、これは対岸の火事ではない、天鳳を打ち続ける以上明日は我が身だ

なぜかというと先月までは私も同じように思っていたからだ。
上を見るばかりで、下などあり得ないと思っていた。
しかし、それはなんの前触れもなく訪れた。


天鳳の段位戦はしばしば「坂」に例えられるが、それは非常に的を得ている。
登るのはえっちらおっちらだが、
下りに入るとジェットコースターのように急降下する。
どれだけのGがかかっているのかと思うほど、人の気持ちなど無関係に落ちる。


昇段の喜びがえもいわれぬものであるのは、
降段の苦悩が大きいからだ。
これは実際に体感したことのある者ならわかるだろう。
しかし、降段直前のあの絶望感というのはいったいなんなのだろう。
この状況になって初めてそれを感じるというのもまた確かだ。


ちなみに、今月の成績は、特南喰い赤100戦打って、
23−26−22−29 平均順位2.57 安定段位 3.759 となっている。


今までなら昇段のチャンスを2度も3度も逃すことはなかった。
やる時はビシッとズバッとやる男だったのだが、
どうもここ一番に弱くなっている。
私も歳を取ったということなのだろう。



それでは、このラスラッシュにはどのような背景があったのだろうか?

実戦を振り返り、原因を紐解いてみよう。


★選択が噛み合わない
tenhou.19110.jpg

東4局、21500点持ち2着目で迎えた親番。

4sツモってイーシャンテンとなったが何を切る?





tenhou.19111.jpg

ここでは5m切りとした。

ラス目の2フーロに対して愚形残りでドラを切り出したくないという考えだ。
ドラはツモによっては自分で使い切ることもできる。


tenhou.19112.jpg

次巡、絶好の6pが入り、即リーチに踏み切ったがこれがアウト。

5200の放銃となった。


tenhou.19113.jpg

たった今変わったばかりのドラを温存して放銃している。

これぐらいドンピシャだとラスも致し方ないところだ。


tenhou.19220.jpg

別の半荘。
南1局、36700点持ちトップ目の西家。

下家のリーチを受けているが、こちらもチートイツでテンパイしている。
さて、どうしよう?





tenhou.19221.jpg

7pもリーチに対しては出やすい待ちだが、より使いにくい南単騎を選択した。


tenhou.19222.jpg

ところが、直後にツモ切られる7p。

実際にはラス牌の7pで、南は山に2枚残っていた。


tenhou.19223.jpg

結局、南は出ないまま、リーチに対して受けることに。

このあがり逃しが何を生んだかというと、なかったはずの親の連荘だ。


tenhou.19224.jpg

3本場まで親に粘り込まれた挙句、デバサイの親満放銃。

「ない」展開でチャンスを得た者が利する非常にわかりやすい顛末。

この半荘はなんとか2着で終えたが、選択が噛み合わないとこうなるという典型だ。


tenhou.19257.jpg

別の半荘。開局の親番。

上家がドラポンで場に緊張が走っている。

7sを鳴けばテンパイだが、さてどうしよう?





tenhou.19258.jpg

ラグありでスルーした。

さすがにカン7mでは勝負しづらいので、スルーして好形を求めた。

上手くピンズがくっつきこれなら勝負になりそう。

ここでは危険度の高い6mを先処理した。


tenhou.19259.jpg

次巡、さらに上家が仕掛けて、再び7sが出てきた。

25p待ちなら勝負になる。これは仕掛けてかわしにいくところだろう。


tenhou.19260.jpg

ところが、8mで7700の放銃。

より安全な方を残したつもりの8mがまんまと当たり牌になっている。

やるべきチョイスとしては何も間違ってはいないと思うのだが、
この7700放銃という結果、これがすべてだ。

この半荘はラスで終わった。


tenhou.19266.jpg

別の半荘。東2局の親番。

下家のピンズ染めに対し、上家がツモ切りリーチ。

こちらもテンパイで選択となったが、さて何を切る?





tenhou.19267.jpg

第一感は現物待ちに取る47s受けだったが、
ドラツモが寒すぎるし対処に困るので、36s受けとした。

ソーズはいずれにしろ受けとしては悪くない。


tenhou.19268.jpg

しかし、直後にツモ切られる7s。
どこかで見た光景だ。


tenhou.19269.jpg

あがり逃しの後に待っているのはこういう結果だ。

36sは山に5枚に対し、47sは山に4枚なので、
選択としては間違いではない。

しかし、このラス牌の7pを先に掴まされるのはあがり逃しの因果としては妥当だろう。


tenhou.19270.jpg

もちろん、裏も乗る。

この局が響き、この半荘もラスとなった。


★致命的な掴み
tenhou.19041.jpg

南2局、16700点持ち、対面と同点のラス。

ここから中を切らずに2m切りでギリギリ粘り込む。


tenhou.19042.jpg

北ポンでテンパイ。

中はギリギリでかわすことに成功していた。


tenhou.19043.jpg

しかし、海底でこの5sを掴んでしまう。

親の5s切り直後の手出し6sだけに、この5sは盲点ともなっている。

この8000は心を折るに十分の支出だろう。


tenhou.19249.jpg

別の半荘。
東3局1本場、18500点持ちラス目の北家。

北を自然に仕掛けて、親リーチが入るも、4mを仕掛けてこちらもテンパイ。
ゼンツのつもりで当分は押す。


tenhou.19250.jpg

しかし、あっさり掴んで12000の放銃。

掴むの早すぎじゃね?と思わずにはいられない。


tenhou.18953.jpg

別の半荘。
オーラス2本場、23300点持ち3着目の西家。

ラス目の上家には満貫ツモで捲られるが、この手恰好なら2着浮上を見たいと思っている。

ただ、この6pは危険すぎるため先に処理しておきたい。ツモ切り。


tenhou.18954.jpg

次巡、3pツモってこれをツモ切ると…


tenhou.18955.jpg

これが親の9600に刺さり、ギリギリ上家を下回ってラス転落となった。

この3pがぬるいと言われればそれまでだが、
前巡との兼ね合いからなかなか止めるのは難しい。


★展開が悪い
tenhou.19273.jpg

南2局1本場、供託リーチ棒2本。
20400点持ち僅差のラス目。

上家から出た2mを歯を食いしばってスルー。
供託2本なので是が非でも拾いに行きたいところなのだが、
このスルーは親の第一打のドラを咎めるためのスルーだ。

親に脅威がないので、メンゼンで仕上げるべき局面だと思っている。


tenhou.19253.jpg

これを上手く仕上げて、会心かつ渾身のリーチ

しかし、一回もツモ番が来ないまま上家にかわされる。

我慢して構想通りの仕上がりだっただけに、がっかり感も大きい。


tenhou.19254.jpg

次局、5200テンパイから親に2900の放銃。

チャンス手を次々と潰されている。


tenhou.19255.jpg

こういう展開が続くと徐々にジリ貧となっていくものだ。

点棒状況的に手を広げざるをえず、リーチに対して満貫の放銃。

オリ打ちではないが、それに近い感じの、冷えた放銃という印象だ。


tenhou.19256.jpg

そして、親番が2秒で終わる。

良いところが何一つ出せないまま終わった。


★超勝負所で負ける
tenhou.19179.jpg

南3局2本場、20500点持ち3着目。
ラス目のリーチが入っている。
超勝負所で上家が放銃。5200。

上家の当たり牌36pを掴んでもいいのに、上手くいかないもんだ。

しかもドラの7mチーによって、下家に2s、白と流していた。


tenhou.19252.jpg

別の半荘。
南1の超勝負所。

競っている3着目のリーチに対して追っかけるも、競り負ける。
1600・3200でこうなってしまうと三つ巴となりラス包囲網が敷かれる。


★事故が発生する
tenhou.19171.jpg

東1局2本場の南家。

チートイツテンパイとなったが、回線落ちがドラを2枚切っている。

ここではとりあえずドラ単騎に受け、リャンペーコーの変化を待つところか。


tenhou.19172.jpg

手変わりしないまま、そろそろドラの危険度が高くなると考え、ここでドラを放した。

すると…


tenhou.19173.jpg

まさかの親の9600に放銃。オナテンだったはずのチートイドラドラだ。

親はメンツ手との天秤にしていたため、3枚切れの5s切りは必然。

根比べではなく労せずしてあがりを得たことになる。

ドラを離すのが遅かった?6p単騎ならすぐにあがっていた?などと自問自答を繰り返すことになる。

しかも、直後に回線落ちが戻ってきて、私がラスを引くこととなった。




このように、些細な選択のアヤからあがり逃しをし、ジリ貧になっていく。
そして展開にも恵まれずラスをポツポツと引き始める。

これらが何をもたらすかというと、メンタルの消耗だ。

メンタルが消耗すると視野が狭くなり、ミスをしやすくなる。
焦りから鳴き急ぎ、ミスをミスと認識できなくなっていく。

そしてドツボにはまっていく。これが不調時の負のスパイラルだ。


★細かいミスが増えていく
tenhou.19195.jpg

東4局1本場、23800点持ち2着目の北家。

上家がたった今東をポンして赤5pを切ったところ。

さて、何を切る?





tenhou.19196.jpg

上家の手が読み切れずに、5pを合わせてしまう。

これによって親にチーテンを入れられてしまった。

丁寧に読めば6p切りがベスト、発切りでも別段問題なかっただろう。


tenhou.19197.jpg

3人テンパイで流局。

この半荘は運良くトップを捲り切ったが、内容は20点だ。


★視野が狭くなる
tenhou.19261.jpg

南2局、8500点持ちラス目の北家。

白をツモって何を切る?





tenhou.19262.jpg

手広く北を切った。

なんとかしてこの手をあがりきりたい。


tenhou.19263.jpg

白をツモって大物手のイーシャンテンに。

ここでは危険な5mを合わせた。


tenhou.19264.jpg

親リーチが入るも、発をポンしてテンパイ。

これを見て何かに気づいただろうか?





そう、捨て牌の北が泣いている

最初の選択の場面で、2mか5mを切る余裕があれば、
手順で成立している字一色なのだ。

焦りから大局を、そして大役を見失ってしまっていた。


東1局、上家のドラポンに8mで放銃したのを覚えているだろうか?
ドラを鳴かせた対面との因果を考えれば、
この発で役満を打ち取れる可能性は十分にあった。

焦燥が見失わせた役満だった。


tenhou.19265.jpg

これによって親が4000オールのツモあがり。
これは当然の流れだ。

次局も6000オールをツモられ、飛び終了となった。


麻雀は自分の心が鏡のように反映されるゲームだ。

悪循環の流れを断ち切ることが第一。
メンタルを補給しながらまたじっくりと打っていきたいと思う。



ラベル:天鳳 不調
posted by はぐりん@ at 21:21 | Comment(24) | 不調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、これは100回くらい打っただけじゃ、
本当の実力は分からないっていう良い例かも知れません。
麻雀って何でこんな大変なゲームなのかと思えます。

微妙な問題になるとやはり選択肢が割れるみたいです。

Q1、
萬子ぽいですが、筒子も通るか分からないので9s8sと落として、
降りながら断ヤオに向かいそうですね。

Q2、
7p単騎でダマにするかな。手順は同じぽいですね。

Q3、
7sはスルーで両方スルーですね。4p通ってるんで萬子も切らない気もします。

Q4、
これはシンプルに7s切って追っかけますね。
カン7sも嫌ですが、8s先に切ってるのと、東単騎も若干匂うので、
安全度もそう変わらないかな。問題は対面がどうかって所ですかね。
降りてるように見えますけど。
この振り込みはいくらラス回避でも仕方ないでしょう。

Q5、
北を鳴くかどうかはかなり迷いますね。
個人的に3mが一枚見えててあまり部の良い待ちではないってのが、
何か嫌な感じがします、どっちでも良さそうですが、私的にはスルー寄りか。
ポンしたとして5sを打つかどうかですが、6mはどうですかね。
降りる牌もないなら仕方なく5sか。

Q6、
2sは私も放銃ですね。

Q7、
フラットなら6m切りですが、私も6p切りそうだな。
鳴いてアガれば良いですからね。

Q8、
どっちでもよさげですが、
鳴いて両面両面なら安定した形なので、2mはポンですね。
ただ、鳴いてると2p喰い取ってるんで2p放銃してそうですけど。

Q9、
待ちがキツそうなので打4pとしそうですね。
Posted by spacemj at 2016年06月12日 23:14
>>spacemjさん
回答ありがとうございます。
本人が常識のように思っている選択は人によって千差万別だということ、改めて思い知らされました。
もちろん平面の何切ると実際に打っているのでは感覚の差は大分あるでしょうけどね。

回答見てるとmjさんはかなり守備寄りの雀風ですね。

Q1、親番のこの場面でオリを見込むというのは辛抱強い打ち方ですね。

Q3、なるほど、これはそういう人も多いかもしれませんね。少し長引いたら私もオリると思いますが、直後のチーテンなので取りました。

Q4、追っかけですか、なるほど。2件なら下家はオリる可能性があるのでダマにしました。1件なら下家はドラでも切りそうじゃないですか。

Q5、高い手なら中勝負も割に合うかなという感じで北ポンしました。ここはノーテン罰符も惜しいですからね。

Q7、ということは上家の7mチーするんですかね。2000点の仕掛けは状況的にいまいちのような気もするんですけど、それだとまた展開が変わってきましたね。

Q8、2mポンということは対面の1枚目を鳴くということですね。それならまた展開も変わってきますね。

Q9、巡目的にテンパイは維持しました。変化も多いですしね。
Posted by はぐりん@ at 2016年06月12日 23:49
少し前にはぐりん@さんの観戦していて、ちょっときつそうだなぁと思ってました。(余計なお世話

流れで何切る答えようっとw

Q1.小心者だから打4s。6mなんとかなった時だけ前かなぁ・・・

Q2.打南。チートイツの決め事でどっちでもいいと思った時は数字に取るようにしているんです。ほら、南止められるの悔しいじゃないですかw

Q3.スルーからの7sチーで打ち込み。ツモられても4000取られるし、形が良ければやむなし勝負。

Q4.3s気持ち悪いんで7sは拾えませんけど、7pはやめます。勝負手なんですけど、下の56pの枚数考えてもここだけはって感じ。

Q5.5sは打ってから「はいはい。(怒)」w

Q6.親の6sが気になって北家なのもあって北をスルーしそうですね。

Q7.ラス目が満ツモ圏内なんで、あがりに行けば6p→3pやむなしでしょうねぇ・・・

Q8.スルーです。同じく親のドラ切り見てですね。

Q9.上家78p払ってるんで最終手出し5sの赤5sもち47s本命に思えます。泣く泣く4p切って・・・展開的に親に走ってもらってって感じで引きますね。小心者なので(2度目

新設Q10.回線落ちがいると、すっごく乱されるんですよねぇw数字なら2枚切れのドラの方先打ちます。結局いい待ちにしてリーチだと思うんで・・・

Q11.正解は6pですけど、なかなか時間制限で難しいですねぇ。

Q12.ズバリ!あの点数持っててあの巡目に發打っちゃダメでしょう!w
というのは置いておいて、北は仕方ない気もするなぁ・・・あの点数状況ならとりあえず満ツモで3着に上がりたいと思いますもんね。
ほんと状況で余裕があれば完成する字一色なんですよねぇ。

こう比べて見ると、小心者ですね(3回目w
ほんといろいろな選択があって参考になりますね。
Posted by ちゃんた at 2016年06月13日 01:12
>>ちゃんたさん
ちゃんたさんが最も守備的な雀風だと思うので、参考になります。回答ありがとうございます。
最近の私の雀風は天鳳的というより麻雀として理に適った打ち方を目指している気がしています。
昔より放銃率やラス率は上がっているかもしれないけど、それでいいんだという気はしているんですよね。

Q1、赤5m受けを見て、ドラ切り全力とか言われると思ってました。特上民ならそういう人も多そうな気がします。

Q2、7pは親の現物でもあるので迷いますよね。ただ、7pはメンツに組み込まれてたら出ないじゃないですか。ほら上家の手にも…。

Q3、これは一致なんですね。ちょっと意外かも。

Q4、7pヤメですか、なるほどそれもありますね。ただ、ツモ切りリーチなら当たってみろという感じで切ってもいい気はしますね。下家のチンイツに当たったらすいませんって感じですけど。3sが気持ち悪いとは一切思いませんでした。

Q6、親の6sが出る前の2巡目ポンだったんですよね。鳴いて両面両面の赤1なら自然に仕掛けると思います。

Q7、これ配牌はかなり良いんですけどツモがまったく効いてないんですよね。かといってベタオリするような手でもないですし。正直難しいです。

Q8、着眼点が一緒とは嬉しいですね。

Q9、ここからオリはさすがにないんじゃないですか?この局面でははっきりいって親の仕掛けは無視してますね。ドラ持ってなさそうな仕掛けじゃないですか。自分が全力であがることしか考えてません。あと、ドラはチーだな、とか。

Q10、回線落ちじゃなかったら間に合ってるドラ合わせなんですけどね。7pツモなどは考えてませんけど、とりあえずドラ単騎でも悪くない気はします。

Q11、そうですね、時間があれば読み切れますね。

Q12、そういってもらえるとちょっと救われますね。手役派なら見落としちゃいけない字一色のような気もするんですよね。
Posted by はぐりん@ at 2016年06月13日 01:50
おっしゃる通り。
天鳳に合わせると麻雀が弱くなって、麻雀に合わせると天鳳が弱くなりますね!

特上卓で打ってて思うのは、勝手に打ち合ってくれることが多いから、ただただ勝負を絞って逃げてるだけでポイントが上がっていくんじゃないかと。
立派に天鳳に毒されて今の回答になってるんだと思います。

Q4ですけど、下は4pポンで6p切りだと56p多くはもってなさそうなんですよね。じゃあどこにいるのかと考えると上に怖い。
3sの気持ち悪さは、持ってなさそうな2家があるのになぜか1枚も見えないところですね。
対面に固まっているなら、相対的に上家に怖くなるって感じですね。

Q9はもちろん形が良くなれば勝負するんですけど、このままで突っ張らないという感じですね。直接のあがり逃しは痛いんですけど、それより7s避けられたらなという気持ちです。マンズに比べてソウズの上は悪くないですしね。

何切るやっていつも思うんですけど、基本勝負になるかどうかで先に狭く受けることが多いので、その手にはなってないけど、そうなったならこれ切りっていう答えばっかりで・・・実際に打つことのない回答をしゃべってるのが大半ですw

つまるところ参考にしないでくださいw
Posted by ちゃんた at 2016年06月13日 02:51
>>ちゃんたさん
Q4、確かに7pは最上級の危険牌ではありますね。7p押すなら放銃するまでゼンツということになりそうです。
まあこれは悔いのない放銃です。

Q9、オリるとは書いてなかったですね、失礼しました。ここからのシャンテン戻しは緩手にも見えてしまうんですよね。まあ確かに現状はかなりあがりにくそうですが。

十分参考になってますよw
ありがとうございます。
Posted by はぐりん@ at 2016年06月13日 03:28
皆さん結構違いますね。だから麻雀は面白いってのがよくわかります。

Q1:同じ手順で放銃してます。Q2:同じく南単騎にしてます。Q4:実際は放銃してそうですが、天鳳ということを考えると7pを止める選択はありそう。下家は44668pからの打6pもありますし。Q7:8pを切ってなければ自分は8mを切る手牌です。8pを切ってるので微妙ですがそれでも8mを切ると思います。メンツが足らないので4p引き時の36p受けなど、横伸びの受けを残したい。上家と対面に対してはパンパンに構えてもなんとか対応できそうなのと、下家にマンガン打っても問題はないため。Q12:こういうのが一番苦手です。北、2m、5m全部に裏目があるわけなので。字一色を見たからマンガン(または5200)の和了を逃して、そのせいでラスったときにOKとも言い切れないかな、天鳳の場合は。リアルなら役満逃しは痛すぎますけどね。
Posted by S at 2016年06月13日 10:26
>>Sさん
回答ありがとうございます。
Q4、勢いがついて止まらなかったというのはありますね。
Q7、ピンズだけは最後に余る形にしたくなかったのでスリムに構えました。
Q12、記事として映えるというのもありますが字牌切りがロスが少ないのは確かですよね。ただ、字一色がまったく思考の外だったのがいけなかったな、と。
Posted by はぐりん@ at 2016年06月13日 16:19
続きというか不調に関する雑感を。

ラスを引くときというのは、必ずといっていいほど、自分にとって都合の悪いイベントが起きていますよね。勝負手が放銃で終わる、回避不能な当たり牌を持ってくる、微妙な選択ばかりが続いた上に裏目る、他家の和了が自分の着順に不利に働くなど。逆にトップを取れるときは、この真逆の動きになってることが多いです。

ラスを引いた対局に大きなミスがなかったかを振り返ることはとても重要ですが、基本的には自分にとって意地悪な展開になっていることも多いので、最近は必要以上に考えこまないようになりました。

むしろ知らないうちに「細かいミスが増えていく」「視野が狭くなる」ことの方が問題ですかね。月並みですがラスを引いたら一旦牌を置き、頭のモヤモヤや引っ掛かりがなくなってから予約を押すのが一番被害を最小限に留める方法でしょうか。ですがこれが案外できないのが罠なんですよねw。

最後に余談w。天鳳は一度昇段チャンスを逃してしまうと、このように酷く転げ落ちてしまうことがあります。昇段を目標としたゲーム性であることは事実なので、3140Pで残り60Pのときは上南でやった方が合理的かもw。邪道と言われればそれまでなんですが、わざ降段よりは許容し得る卓外戦術なのかな〜と。
Posted by S at 2016年06月13日 16:40
>>Sさん
負けが込んでいる時って自分でもわかるんですけど表情に余裕がなくなっているんですよね。
脳に乳酸がたまっているというか。

ブログに記事をまとめたりしているうちに冷静になったりもできるんで、いい気分転換になってる気はします。

Sさんに言われるまであまり考えなかったんですけど、昇段のために様々な有利な選択肢があるんですよね。
邪道とは思いませんけど、僕は不器用なんでやらないかもしれませんねw
Posted by はぐりん@ at 2016年06月13日 16:52
脳に乳酸w。まさにそんな感じですね。

あと、はぐりんさんに一度聞いてみようと思ってたんですよ。特南100戦単位で負け越すことってどのくらいあります?って。平均順位2.30くらいを叩ける卓じゃないと負け越しも時折あるよな〜と思っていたんで、これに関してはちょっと安心しました。はぐりんさんも人間だなとw
Posted by S at 2016年06月13日 17:06
>>Sさん
特南を100戦単位で負け越すっていうと感覚的には20%ぐらいですかね。
1000戦打ったら2回は負け越しになる、と。
ただ、そのうち1回は3着が多い負け越しで降段危機にはならないので、ラスの多い不調で降段危機を迎えるぐらいとなると、10%以下でしょうね。
あくまで感覚的に、ですがw
Posted by はぐりん@ at 2016年06月13日 17:17
負け越しの定義が曖昧でしたね。ざっくり平均順位2.5以上って意味でした。余程3着が多くてラスが少ない2.5でないと、高段位であればポイント的にもマイナスしてると思いますんで。
Posted by S at 2016年06月13日 17:38
>>Sさん
平均順位2.5より下ということでしたら、
同様に20〜25%ぐらいですかね。
3回に1回はさすがにないので、多くとも4回に1回だと思います。
Posted by はぐりん@ at 2016年06月13日 17:51
はぐりんさんでも思っていたよりもあるんですね。10%とかもっとレアなのかと思っていました。参考になります!
Posted by S at 2016年06月13日 18:36
>>Sさん
トップ率があまり高くないので、意外と負け越しやすいと思います!
Posted by はぐりん@ at 2016年06月13日 18:56
いや、このサイトのルールならってこともかなりありますけどね。
ただ、普通の人より守備寄りなのは間違いないですけど、
王道の守備型でもないんですよ。
リーチが多い変わった守備型麻雀なんです。

Q1はどっちでも良いと思うんですけど、案外キツくないですか。
上家ポンポンで萬子臭いし5m7mと落としてようやく聴牌、
筒子落とすにしても対々、ドラも見えてないんで、
何か中途半端な気がしてならないですね。
普通のルールでも、おそらくそう打ちますね。

Q4は現物待ちでもないので、
対面からの出和了考えてなかったですけど、
ダマでもリーチでもそう変わらない気がしますね。
基本的に現物待ちでない待ちは勝ち目があるなら、
値段関係なく、全部追っかけるスタイルです。
7p掴んでますけど、長い目で見て当り牌だけを止めて得する
ケースってのはあまりない気がします。

Q5なんかは普通のルールならほぼ鳴きます。
ただ、スルーも守備型を貫いてるならありに思えます。

Q7本当だ、鳴いてないですね。
その牌姿、このルールなら絶対チーしますね。

Q8そうです、対面から一鳴きします。

いや、改めてみたらQ2で7p単騎に受けるとか答えてるなw
一順目で南切りで、結構巡目進んでるから南も切り辛い気もする。
鉄壁でいくなら、東發打ってベタオリもありに思えますね。
ま、私は南単騎に受けるだろうけど。
ただ、これだけ勝ってると追っかけたくはないですね。
普通のルールなら南単騎で追っかけますけど。
Posted by spacemj at 2016年06月13日 19:51
>>spacemjさん
Q1、実戦でもかなり悩んだんですよ。上家の河がもう少し脂っこかったら行かないんですけど、ここからオリっていうのもどうなの?と。しかし、ここから放銃するのもバカらしいですよね。

Q4、同意です。

Q7、ラス回避を兼ねて3着確定でも構わないということですね。7mは確かに急所なんですが、鳴いてそこまであがりやすくなってるか?って感じるんですよね。

Q2、改めて見ると答え変わってたりしますよねw
それだけチョイスの難しい選択だったのだとわかるだけでも価値があります。
この局面はラス目の親を流す目的があるので、上家からの出あがりの可能性を低くしたくないというのはありました。
Posted by はぐりん@ at 2016年06月13日 21:48
こんにちわ!不調と聞いて駆けつけました笑
と言うのも成績閲覧、観戦で不調は存知てましたが
先月終わりくらいにR的にはぐりんさん9段なるなー先越されたなーなんて思ってた矢先のコレはちょっと嬉しいです!

なーんて思ってたらこっちも不調なりました。
ぽんじろうさんの六段落ち含め他人の不調喜ぶとろくな事ないと気付きました(´;ω;`)
Posted by 空気を変えよう at 2016年06月14日 13:20
>>空気を変えようさん
空気さん、いらっしゃいませ♪

あのね、知ってます?
天鳳って打たなきゃ降段しないんですよ。
だから私、もう打ちませんから、絶対。

あと、「流れを変えよう♪」に改名しようかと思ってまーす(つω`*)テヘ
Posted by はぐりん@ at 2016年06月14日 15:50
不調の人がいれば好調の人もいる!ずばり、それは私ですw。Q1なんか単純牌理に従ってさくっドラから切ります。そしてこれが刺さらないんですねー。
これが好不調の分かれ目なんでしょうか。
Posted by アクスケ at 2016年06月14日 22:31
>>アクスケさん
刺さってるから不調で、刺さらないから好調なんでしょうね。
私の運を持ってかないでください…。
Posted by はぐりん@ at 2016年06月14日 22:48
はぐりん@ さんはじめまして あなたと同じく特上サンマヨンマファイターのt.s と申します
今の自分の天鳳サンマがあなたと似たような状態かな? 八段を長く維持していたのですが 今は六段まで転落して苦戦中です
ヨンマは特上七段で最近はフリーでしか打ってないのですが こちらは好調で半年間で場代込み700Kのプラスです
結局は好不調のバランスは自分的には取れているのですが はぐりん@ さんも何か他のコトが好調だったりしませんか?
初コメなのに長々とすみません はぐりん@ さんファンの特上おっさん雀士t.s でした
Posted by t.s at 2016年06月15日 06:21
>>t.sさん
t.sさんはじめまして♪コメントありがとうございます。
フリーでの成績素晴らしいですね。
天鳳が不調でもフリーが好調なら実入りある分、まいっか!ってなりますよね。

確かに好不調のバランスは私も意識していますが、
最近は投資も停滞気味、天鳳以外でも良いことがまるでないですね(;^ω^)
Posted by はぐりん@ at 2016年06月15日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: