2022年01月02日

レアケース色々

あけましておめでとうございます。

今年もこのブログをよろしくお願いします。

密かに人気が復活している当ブログですが、眠れない夜に気軽に読んでいただけたらと思います(ますます眠れなくなったりして)。

いつもご覧いただきありがとうございます。



さて、新年一発目はエンタメ的な内容がいいかと思い、様々なレアケースを集めてみました。

よくあるものからめったにないものまで、バラエティー豊かに取り揃えました。

それでは、じっくりとご覧ください。


case1
52205.jpg

東4局、対面と6700点差2着目の親番。

絶好の先制テンパイ即リーチ。

下家を飛ばしてトップじゃ〜。


52206.jpg

なぬぅ?赤5mを切って追っかけ…だと?

よかろうよかろう。一騎打ちで決着をつけましょう。


52207.jpg

ほどなく下家がツモ。

よく見ると、自分で3枚切ってるフリテンリーチやんか!

しかも裏ドラが5pで2000・3900。


52208.jpg

回っている間に6p7pと引いてしまったパターン。

ここは素直に下家の健闘を称えたい。

諦めなければチャンスはあるということ。

私がトップだったのは覚えているが、下家がラス回避できたかは…定かではない。


case2
53992.jpg

南1局、37200点持ちトップ目の北家。

ろく、しち、はち、きゅう種確定の配牌。

ダブリーカモン!


53993.jpg

と思ったら、先客がいた。

親が九種で流して終了。

二人とも配牌がバラバラすぎて涙。


53994.jpg

配牌にこれぐらいヤオチュー牌が集まっているとさすがに山は中張牌だらけ。

私が国士を狙っていると、ヤオチューを最初にツモるのが8巡目。

自分が九種もどきの時は他家にチャンス手がいきやすいことがわかる。


case3
76615.jpg

オーラス、24000点持ち3着目の西家。

いつ、むー、なな、やー、ここのつ揃っている配牌。


76616.jpg

親が先んじて…ってまたこのパターン?


76618.jpg

さらに、2局連続九種で流す親…。

確率的にはどのくらいなんだろうか。

しかもよく見ると十種だし。


76619.jpg

十種で安易に流す人を見たらこちらにチャンスが来ていると思っていい。

裏3いただいて3着→トップ捲り。

一瞬の隙を見逃さなかった私に勝利の女神は微笑んだ。


case4
61175.jpg

南3局、29800点持ち2着目の北家。

トップ目の親からリーチが入る。


61176.jpg

カンチャンをツモられ…


61177.jpg

裏3で6000オール、これはトップ決まったか。


61178.jpg

さらに次局、親から先制リーチが入る。


61179.jpg

攻め返してきたラス目が放銃し…


61180.jpg

またも裏3で18000、上家ぶっ飛びで終了。

親の裏3二連発とかやられると心折れますよね?

だからどうしたって話ですが…。


case5
77548.jpg

南3局1本場、22100点持ち3着目の北家。

2着目の上家からわずか3巡目にしてリーチが入る。

こちらはドラ暗刻だが他の形が厳しい。


77549.jpg

親の河が不気味なので、ドラ暗刻を理由にこちらも攻める。

上家に満貫程度放銃しても、まだラスには余裕がある。


77550.jpg

7mが暗刻になり、さらに2pが重なった。

こうなったら当然…





77551.jpg

マンズを払っていったところ、あっさり四暗刻テンパイ。

1mよ通っておくれ。


77552.jpg

が、ダメ。裏なしは2000の軽傷で済んだ。

怖かったのは親の3s勝負だが、なんと親は国士無双を張っていた


77553.jpg

9pはリーチの現物だけに長引くと危なすぎた。

親からすれば「なに放銃してんだよ!」と言ったところだが、

「開けてみな」と言って手牌を見せることが許されそうなシーン(ノーマーク爆牌党の鉄壁保)。


77554.jpg

親は配牌九種だった。

一撃大逆転のテンパイだっただけに、これは痺れただろう。


77555.jpg

対面の9pが1巡間に合っている。

一歩間違えば大惨事となっていただけに、何気ない場面での切り順もあなどれない。

先制リーチに対して2件役満テンパイという事例もさることながら、ダントツとダンラスの紙一重の攻防も見所があった。



ラベル:天鳳 レア
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: