2022年01月09日

チャンス手は後手でも手を緩めない

このタイトルを見て、「そんなの当り前だ」と思う人も多いことだろう。

しかし、巡目が深かったら?親じゃなかったら?相手がラス目だったら?

少しの状況の違いによって、途端に判断が変わってしまうこともある。


ある程度のリスクリワードを念頭に置いた上で重要なのは、

結果によって自分の打ち筋がブレないようにする、ということである。


今回は押して通らなかったから、同じような場面で次回は引く、というのではなく、

今回押したなら次回も押す、前回引いたなら今回も引く、という風に同じ状況なら同じ判断を繰り返した方がいい


これができないと自分の芯が定まらずに、あっちへフラフラこっちへフラフラしてしまう。

ある程度サンプルが集まって初めて雀風をどのようにしていくかの修正が可能になる。


オリを覚えた中級者がオリを知らない初心者に負ける、ということにならないように、押し引きの基準を明確にしておく必要がある。


以下は私が押して勝ちまくっていた時期のサンプルである。

相手の心理なども踏まえて参考にしていただけたらと思う。


case1
52732.jpg

東3局、33200点持ちトップ目の親番

イーシャンテンから選択の場面となった。

ここから何を切る?





52733.jpg

1sツモ切りとした。

1s1枚切れの上、3s切りなら最終的に切り出す3sが全体的に危険度高い

場況的には3s待ちもそれほど悪くない。


しかし、ラス目上家のリーチが入った後、ド裏目の1sを持ってきてしまった

さて、どうしよう?





52734.jpg

1s勝負した。

ラス目リーチに対して、しかも選択が裏目った後だけにここは「引き」がセオリーだ。


しかし、この手をオリたとしても、今後のトップが安泰となるリードではない。

さらに、このぐらいの好手が次にいつ訪れるかもわからない

赤2持っていてドラも見えているため、仮に打ってもそこまでひどいことにはならなそうだ。


52735.jpg

6pを持ってきてテンパイが入った。

ここは当然…


52736.jpg

5s切ってリーチだ。

1s切りで気配は脇に漏れている。

3sが山にいそうなので、これを拾いに行く。


52737.jpg

下家の一発消しが作用し、山に眠っていた東を掘り起こす。

一発はつかないが12000。

片割れの3sは持たれていて山にはいなかった。


52738.jpg

ご覧のように1sは紙一重の危険牌だった。

ここで安全に東落としでも最後に3s勝負でテンパイは維持できる。

ただ、そこで3sを勝負するのは割に合わないため、オリを選択する可能性が高い。

最初に押せないと、次々と妥協点を導いて結果的に局収支は下がりやすい。これが弱気の悪循環だ。

このアガリが効いて、トップを獲ることができた。


case2
52767.jpg

開局の親番。

下家からリーチが入っている。

カン8pが埋まって手牌が引き締まった。

さて、何を切る?





52768.jpg

4s切りとした。

赤5sを自身で持っているのでこの4sはやや押しやすい。

そもそもオリるにしても安牌が不足している。


52769.jpg

その後持ってきたのは、1個ずれて3m。

さて、何を切る?





52770.jpg

ここでドラ切りとした。

1mが4枚見えているため、3m切りでもいいが、3m自体が狙い目でもある場況。

オリ切るには微妙に安牌が足りないため、ここで決意の勝負とした。


52771.jpg

直後にテンパイがきた〜。

よく見ると58mは5枚見えていて、さらに下家の現物待ち。

さて、どうしよう?





52772.jpg

即リーチとした。

2900を拾うために押しているわけではないため、ここは当然のリーチ。

当たり牌は山に1枚いればいい。


52773.jpg

が、ダメ。下家がアガって700・1300となった。

下家もホッと胸をなでおろしたことだろう。


52774.jpg

中切りの根拠となった3mは山に2枚。

58mも山にいたため、押し引きの判断は間違いではなかった。

アガれなかったことよりも、下家に大きなプレッシャーを与えられたことが大きく、この後精神的に五分以上で戦える。

このわずかな差が後々ボディブローのように効いてくるものだ。

この半荘は2着で終了した。


case3
52832.jpg

東2局、26300点持ち2着目の親番。

こちらはチャンス手のイーシャンテンだが、上家リーチ一発目にまさかの赤5sを持ってきてしまった

さて、どうしよう?





52833.jpg

ツモ切りとした。

8sが通っていなかったら微妙だが、1スジならギリギリという感じ。

この5sが後々2s待ちの布石となる可能性もある。


ちなみに上家はご存知木原浩一プロ、下家は大和田頭取という強豪面子。

舐められてはいかん、と強気で押した。


52834.jpg

上家から4枚目の3mが出た。

これをチーすれば、4mを使い切ってテンパイが取れるが…余る2mはドラ。

さて、どうしよう?





52835.jpg

スルーした。

これを鳴いてしまうとバックの5800テンパイと、何だかイマイチだし、ドラが当たらないという保証もない。

結果持ってきた2p、これもぶった切る。


52836.jpg

待望の中を自力で引き寄せ、満を持して…


52837.jpg

4mを切り出すと、これが当たり。裏が3pで8000。

当たる云々はともかく、ここはリーチで決定打にすべき。

好配牌から東を引っ張ったのはホンイツの渡りだったようだ。


52838.jpg

さすがにここで2m切りとはできないので、この放銃は仕方ない。

47mはたっぷり山にあって、押さないとツモられていた。

親っかぶりの6000も8000も大差ない。こういう点から親は押し有利だ。

しっかり闘っている限りはそんなに負けないもので、この半荘は3位だった。


case4
57726.jpg

東4局、18400点持ちラス目の北家。

上家と熾烈なラス争いとなっている。

その上家から早いリーチで、しかも7m暗カンのおまけつき。

こちらの手も整ってはいるが…。

さて、何を切る?





57727.jpg

2s勝負とした。

この手がたちなら押したくはあるが、2スジ勝負はなかなかに勇気がいる。

2pを抑えつつアガリにかけるのであれば、ここは腹を括ってソーズ落としとした。

裏ドラもあるので放銃は致命傷になりやすいが…。


57729.jpg

2s被ってしまったが、リカバリーできた。

いざ尋常に!


57730.jpg

おっさん「そうだろうそうだろうわかっていた、一発ツモだ!ご無礼、なんつって(笑)」


裏は乗らなかったが3000・6000。

おっさんは2着を勝ち取ることに成功した。



ラベル:天鳳 押引 後手
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 攻守判断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: