2020年12月27日

史上最悪の大逆転 ラス転落

早いもので、激動の2020年も終わりを迎えようとしている。


今年はコロナウイルスの影響で、私自身リアル麻雀は年初の1回のみだった。

私のようなただの麻雀フリークは、このような事態において「打たない」ことを選択できるわけだが、
麻雀業界関係者、麻雀プロの方々は歩みを止めるわけにもいかず、非常に苦労されたのではないだろうか。

春〜夏のシーズンにかけて休止していた活動が再開され、今大変忙しい時期だとお聞きする。

投げ出したくなることもあっただろうに、継続して活動されている方に心から敬意を表したい。


不思議なもので私自身はリアルを打ちたいという衝動に駆られることがなかった。

コロナ感染の脅威がそうさせるのかは不明だが、元々フリーに積極的に出向くタチではなかったからかもしれない。

しょっちゅう雀荘に行っているという知り合いによれば、普通に稼働しているそうである。

雀荘がクラスタになっているという話も聞かないのは、健康リテラシーの高い日本人らしいといえばらしい。


実戦日記がなくなり、ネタに困るかなと思いながら、気づけば今年が終わっていた。

実戦日記はブログのアクセントにもなっていたので、見栄えがやや淡白になってしまったかもしれない。

過去の実戦日記についてはサイトポリシーの関係で一旦全部非公開としたが、形を変えて公開することも検討しています。


さて、私にとって2020年を語る上で欠かせない天鳳の一局がある。

一年の趨勢を決定づけたと言っても過言ではない一局だ。

早速、それをご覧いただきたい。



77207.jpg

南3局、55300点持ちダントツトップ目の南家。

上家の親さえ流すことができれば、トップは確約されている状況だ。

十分にアガリが見えるくらい配牌も整っている。


77208.jpg

5巡目に東をツモってきて、ここで自然に3s切りとした。

3sは親の現物ではあるが、相手リーチに放銃するためにわざわざ取っておくこともあるまい、と思ったからだ。

対面への7700放銃は次局ハネツモでトップ捲りが現実的となる。

こちらのターツ候補は揃っており、ソーズを伸ばす必要性もない。


77209.jpg

ピンズが好形になり、5sをツモってきたところ。

2着目の対面が2つ仕掛けを入れている。

さて、ここから何を切る?





77210.jpg

親の現物の5sを温存して東を切り出すと、親からロンの声が。

しまった、東を切り遅れた。

確かに親はノータイムのドラ切りだった。

シャンポンか、単騎か、いずれにせよダマなら親満クラスは覚悟しなければならないだろう。


77211.jpg

絶句した。こくし…だと?

頭が真っ白になった。

東をわざわざテンパイまで引っ張ったのであれば最悪だ。


77212.jpg

実際は、なんとこの時点で東が捕まっていた。

あろうことかわずか3巡目の親国士テンパイであった。


77213.jpg

配牌は11種11牌。

余る牌がばらけているのもプラス。


77214.jpg

48000の一撃で100点差のラスに転落した私は、その後挽回できずにラスで終わった。

既にテンパイを警戒して受けに回っているかのような3着目下家に対し、何とか流局まで持ち込めればという私の焦燥の中に激闘の様子がうかがえる。

勢いそのままに上家がアガり切っている。


77216.jpg

ちなみに、私が東を抑えた場合、下家に2pポンが入って対面が7sツモアガリになるか、動きがなければ親が7sを掴んで対面に放銃している可能性が高い。

いずれにせよ、ツモ山にもう1枚の東がさしかかる前に脇で決着がついたわけである。


これほどの大逆転を喰らった経験は私にとって初めてのことであった。

みなさんはこの一局を見てどのような感想を持っただろうか?



・基本的に親だけをケアすればいいのだから親に放銃するのはヌルい

・5巡目に放銃したのなら事故だが今放銃するのは事故ではない

・2フーロに対して切った親のドラ切りを軽視している


ごもっともである。

論理的に考えれば回避する要素がいくつもあったが、仮に打ったとしてもせいぜい親満ぐらいだと思っていた。

実戦では変化する状況に対して瞬間瞬間の判断が求められるため、もう少し感覚的なアプローチをしていることになる。


私が真に危惧したのは、感覚が研ぎ澄まされていない、という点だった。

言い換えれば危機回避に長けたところがない。

指運でも当たり牌の東を手元に置いたのであれば、通常はその流れで回避するのが強者の流儀である。

そうかと思えば似たような状況でテンパってもいない相手に牌を絞ったりする。


このゲームをきっかけに私の麻雀は噛み合わなくなり、この放銃が今年を占うものとなった。

気づけば私の身体はガッタガタになっており、天鳳を一時休止する運びとなったというわけだ。


人間万事塞翁が馬という言葉がある。

何が幸せで何が不幸せなのかは後になってみないとわからない、という意味である。

一つのことしかできない不器用な私に、神様は負けという形で私を気遣って下さったのではなかろうか、次第にそう思うようになった。

おかげで様々なことに気づけるようになり視野が広がった。

運動不足を解消して健康に気を使うようになったのは、単に歳を取っただけかもしれないが。


必ずや戦線に復帰し、また情熱を持って天鳳に取り組みたい。

そろそろ日本にも好景気がおとずれ、フラリと雀荘に傀が現れる頃かもしれない。

来年もブログは更新しますので、引き続きよろしくお願いします。

それではみなさま、良いお年を。



ラベル:天鳳 不調 逆転
posted by はぐりん@ at 23:00 | Comment(4) | 不調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

フリーフォールの過程

さて、前回記事では特上落ちの危機についてお伝えした。

今回はそれに至る過程について実戦例から見ていきたいと思う。


私が経験してきた中で、絶不調というのはこれまで何回かあったが、
本気の超絶不調時というのは、放銃率うんぬんよりまったくアガれない、アガリ率が激低となる印象が強い。


好調時もしくは通常時は、仮にリーチ負けなどで放銃しても1回ぐらいは失点挽回のチャンスが来るものだ。

そのチャンスをものにして失点を帳消しにするから、一方的に負ける展開にはならない、これが普通だ。

しかし、絶不調時はそのチャンスを生かせるどころか、とどめを刺されるなんてことも少なくない。

配牌が悪くて、先制リーチすらなかなか入れられないのに、たまに手が入って勝負にいくと放銃する。

これを繰り返しているうちに、気持ちが萎えてまったく勝てる気がしなくなってくる。


七段でポイントを減らす過程においては、そもそも先制リーチすらまともに入らない、ということが続いた。

ラスを引く過程においては、例えば、あそこで早目に形式テンパイを入れていれば、よもやラスにはならなかったかも、などと振り返ってミスを確認することもある。

ただし、限りなく100点満点の打ち方でなければラスを回避できない、麻雀というのはそういう性質のものではなく、95点ぐらいの打ち筋でもきちんと続けていれば極めてラスを防ぎやすくなるはずである。

些細なミスだと思っている部分は、好調時には気にならない、ほんの取るに足らない部分にすぎない。

しかし、その細かい部分を検証するしかないほど、自身の手が細っている、勝つチャンスがそれだけ少ないということを表しているわけだ。

天鳳の鳳凰卓のような上位のレベルが極めて高いところでは、その5%が勝敗を大きく分けるかもしれない。これは確かにそう思う。

しかし、あまりに高い次元でのミスに捉われすぎると、逆に大局的な視点、本当に重要な部分をおろそかにしてしまうということにもなりかねない。

不調時に重要なのは、自分のフォームを崩さないように、メンタル管理を怠らないことだと私は思う。

木を見て森を見ず、にならないように、森のぬかるみにはまらないように、自分自身気をつけて取り組んでいきたいと思う。


それでは、不調の実戦例、どうぞ。



case1
77542.jpg

不調から間をおいて、久々の実戦。

メンタルもやや回復したし、今日はがんばろうという日の初戦。

自身の最初の親番で、対面が発をポン。


77543.jpg

立て続けに白もポン。

ちょ、ちょっと待って…


77544.jpg

そしてツモの声。

役満までは半信半疑だったが…


77545.jpg

ジャーンと開けられたのは、大三元。

久々実戦の最初の親番で、役満の親っ被りってマジなのこれ?

お前の不調はまだまだこれからさ、悪魔がそう囁いた気がした。


77546.jpg

こんな配牌でも役満になるんだから、ツモと鳴けるタイミングが大事。



case2
77618.jpg

東2の親番。

絶好の入り目、絶好の待ち。北家の仕掛けで入ったこの最終形。

え?これリーチしない人いる?


77619.jpg

下家から追っかけが入る。


77620.jpg

3m掴んだ瞬間気が遠くなったが、案の定ロンの声。

裏ドラが5mで8000。

史上最大の加点チャンスを大量失点で潰してしまう、この体たらく。

何をツモっても6000オールで大体勝負ありなのに…。地味に裏1も痛い。

不調時だったけどさすがにこれはアガれるだろう、と思っていたさ。


77621.jpg

リーチ時山5は十分だが、想像よりもやや少ないか。

下家はドラが浮いてるこの形から、7pを完全に吸収しての追っかけ。

巡り合わせもあるが、これは下家の打ち回しが見事だったと言えるだろう。



case3
77641.jpg

自身ラス目で迎えた南1局の西家。

上家が3フーロ目にドラポン。

こちらの手も十分形の勝負手だが、これは嫌だ。


77642.jpg

テンパイだが、どうするか?


77643.jpg

当然ながら、リーチ。

上家から直撃するチャンスも十分だろう。


77644.jpg

ところが、即2pを掴んで8000の放銃(ダブ南が4符で点パネ)。

上家は長考からの南切りで回ったかと思いきや、ただの待ち選択だった。

この選択を間違えないあたりはさすがといった感じ。


77648.jpg

147mは山に何枚いるでしょうか?みなさん、数えてください。

麻雀は枚数じゃないですよ、みなさん。先に山にいる待ちを選ぶことが肝心ですよ、みなさん。

つーか、三面張リーチが大失点チャンスみたいになってるのがこの不調時の特徴。

自分に手が入ってる時の勝敗ってめちゃくちゃ大事だよね。

この後なすすべもなく飛ばされる。ポイントが残り5ptになったのもこの時。



case4
77532.jpg

オーラス19800点持ち、3着目の北家。

ラス目の上家が2800点持ちで、トップ目の親が48400点とダントツ。

つまり、上家には満貫まで打てる1局勝負。


77533.jpg

白を2枚ふかしているが、ここから何を切るか?


77534.jpg

安全牌候補の北を切った。

もちろん、完全に受け重視で2sを切ろうかとも思ったさ。

ただ、直対の上家は私からハネ直条件、かつ私は親満も放銃できる。

ここで日和りすぎるのは順位戦略的に正しくないと思った。

満貫ツモで対面を捲って2着になれるので、ギリギリまでタンヤオ変化を見てその可能性を追おう、と。

不調を意識しすぎるとこういう場面で安牌を持ち過ぎになるきらいがあるので、それを是正した。

そもそも、白2枚の完全安牌がありながら、ここから捲られるなんてことがあるのか?

いくらなんでも私はそこまでヘボじゃないぞ、そう思っていた。


77535.jpg

予想外にラス目からのリーチが入る。

上家と私の点差は17000ジャスト。

ということは、ハネ直倍ツモ条件。それを満たす手が入っているというわけで、このリーチには絶対に打てない。

ここからベタオリを開始する。


77536.jpg

リーチ者の河が一向に強いままで安全牌が増えない。

完全安牌は1枚もなくなったが、ここから何を切るか?





77537.jpg

中スジの5pに手をかけると、親からロンの声。

これは想定内で、3着終了は固い。これはこれでよし。


77538.jpg

開けられた手を見て飛び上がった。

タンピン赤赤ドラ???

そしてまさかの三色!!


77540.jpg

この18000放銃でラス目と同点になり、座順でラス落ちとなってしまう。

ダマでインパチなんて入るかよ、そう思っていた私はいかにも甘かった。

結果だけ見ると受け重視にしなかったのは大失敗だった。


77541.jpg

この局面、8s切りも考えたが、8sは縦があるので。

上家への放銃を最大限避ける局面につき、5p切りは妥当だろう。

そして、惜しむらくはあの北を取って置きさえすれば、親が次巡2pをツモって決着という事実があったということ。

上家は8sの暗刻が裏ドラとなり、7pツモなら大逆転の倍満ツモとなっていた。これもすごい。

親の押しは見ていたが、河が強すぎて、ケアすべきスジが明確ではなかった。

そもそもこれだけの河で二者に弩級の手が入っているというのは恐ろしい。


この半荘は私に多大なダメージを負わせるのには十分で、相当にショックを引きずったことは確かだ。

ただ、私はこの局面でのダマインパチはレアケースだとやはり考えるので、今後も安牌は最小限でいいと現在も考えている。

2着目との差が10000点以上あったなら、ベタオリ体勢、10000点以内ならきちんと手を組みたい。



case5
77609.jpg

このドラ、鳴くかどうか?

普通鳴くよね?そして基本ゼンツ。


77610.jpg

8s持ってきて、どうするか?





77611.jpg

危険度は高いと思ったが、これを押すと当たり。

裏1で7700。

いやこれ、3900ならいいんだけど7700だとダメ。裏1があまりにも痛すぎる。

ドラの見え方などから言っても、対面のリーチの打点が極端に高いとは考えにくいから。

むしろ期待値から言ったらこちらの手の方が高いまである。

テンパイからの捲り合いにどうしても勝てない、そういう状況が続く。見た目にもわかりやすいだろう。



case6
77591.jpg

南3局2本場、5000点持ちラス目の西家。

ラス目の下家と熾烈なラス争いで、3700点差。

下家、3フーロからドラターツ手出しで、待ちが極めて読みづらい状況。

この点棒状況ならアガリやすさを選んでいる可能性も十分にある。


77592.jpg

私は5m勝負から、手の伸びを生かして、三色テンパイにこぎつける。

この8sはド急所で、8pのアガリの感触も十分。


77593.jpg

トップ目の親リーチが入って一発目。

嫌な5sを掴まされたが、さてどうしよう?





77594.jpg

ここはラス目だしオリない。当然のゼンツも下家に当たり。

なんと赤5s単騎で、3900。

心を折らせるのに十分なこの最終形、そして掴み様。もちろん、そう受けた下家が見事なのだが。


77595.jpg

8pの位置も紙一重で、本当に僅差の勝負。

このように、自身でも上手く打ってるはずなのに、結果がどうしてもついてこないということが多い。

上手く打ってると思っているのは自分だけなので、慢心や驕りを捨てて、謙虚に望むことが肝要ということ。



case7
77604.jpg

開局の北家。

ここから何を切るか?





77605.jpg

さすがにドラなしなら三色を見て赤5mは残すのが普通だろう。

もちろん、受け入れ的には赤5m切りが最大なのだが。


77606.jpg

あいた〜。これは痛い裏目。

ソーズの三面張テンパイを逃した。


77607.jpg

ドラでアガってたやん。。。これはちょっとくる。

7s切りで一旦、赤単騎に。


77608.jpg

んでもって、4枚目の4pにカン4pで刺さって2600の放銃、と。

この1局見ただけで、この半荘はもうダメだな、とわかる。

ツモにもてあそばれてるし、感触だけじゃなく、結果が良くない。



case8
77600.jpg

オーラス、極めて僅差で迎えたラス目の南家。

親と3600点差、3着目の下家とは1100点差。

つまり、三つ巴で3人ともノーテンが許されない。

私はテンパイ必須なのに、ツモが効かないし、鳴けないしでこの巡目にしてまだリャンシャンテン。

残りツモわずかというところから、やっとイーシャンテンになる牌が出て、これを鳴く。


77601.jpg

なんと私のツモ番が無くなった直後に、下家から中が出てきてテンパイを取ることに成功。

下家もテンパイ必須の状況につき、これでテンパイだろう。

ということは…


77602.jpg

まさかの対面がテンパイしてねー!

二人テンパイということは、親は際どく残って、私がラスのままの終了となった。


77603.jpg

親の4m切り。親はテンパイがほぼないところから私に仕掛けを入れさせているため、この打牌は審議だろう。

この巡目なら私は100%鳴く、鳴かざるを得ない。

ところが、私のツモを見てもらえばわかるように、親が慎重に8pあたりを切っていると、私は残り2回のツモでなんと自力テンパイが入るのである(!)

かつ、自然に下家と対面にもテンパイが入ることがわかる。

つまり、4mを鳴いてしまったがゆえに、私は自らラスの道を選ぶことになった、ということになる。

親は残りツモ1回でリャンシャンテンなので、私に対する有効牌をここで切るのは少々ぬるいかもしれない。

けれども、その打牌の善悪が直接的な順位を決めているわけではない、というところに注目していただきたい。

様々なパラメータが複雑に絡み合って順位を決めているが、短期的なものは偶然に左右されやすい、ということがわかるだろう。



そういう意味で麻雀の成績は長期で見るのが大事、ということになる。

こういう巡り合わせ、展開の妙も麻雀には重要ということである。



ラベル:天鳳 不調
posted by はぐりん@ at 23:58 | Comment(7) | 不調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

【悲報】はぐりん、特上落ち寸前まで追い込まれる…

まずは、こちらをご覧いただきたい。


77580.png


今年に入ってからの不調は止まるところを知らず、鳳凰卓8500試合を越えて、初の特上卓降段戦を迎えることとなった。


特上鳳凰合わせて、私の最下限は七段800ポイント前後と記憶している。

つまり、降段戦はおろか特上落ちについては、プレッシャーを感じたことは今までまったくと言っていいほどなかった。

大体下限にタッチした後は安定して運気が戻っていき、自然とポイントが増えていく、そういう感じだったからだ。


今まで鳳凰卓で鎬を削ってきた猛者たちが特上落ちするたびに、そんなことがあるのかと驚いたり、ともすると優越感を感じたりして、他人事のように思っていた。

特上落ちが一度もないというのが私の誇りであり、ある種私の麻雀を支える自信の根源でもあったからだ。


ところが、今回その瞬間を目の当たりにした。

正直、震えた。

ある意味麻雀ぐらいしか取り柄のない私にして、その自我を崩壊させるべきクライシスに遭遇しているのだから当たり前と言えば当たり前だ。

困難に直面している人はその辛さは本人にしかわからない。

たかが麻雀。けれども、天鳳で闘っている者は己の存在をそこに賭けている。

人生の多大なエネルギーを投入して、負けたら人格を全否定されるレベルで落ち込む、そういう世界なのである。



140ptの段階でラスを引き、残り5ptになった時は、さすがに怖すぎて打てなかった。

なんせ5ptである。

トップ1回取ってもまだ降段戦、2着だと言うに及ばず。あと何戦このプレッシャーに晒されるというのか。

保存するレベルで打つのを拒絶しようかとも思ったが、麻雀から逃げることは私にとって良くない、そう思い覚悟を決めた。

落ちてもいいじゃない、また戻れば。なんて短絡的に考えられたらどんなに楽か。

みじめな気持ちはもう臨界点を越えている。たくさん鼻で笑ってもらおうじゃないか。

100日目に死んだワニと共に歩もうぞ!


77654.jpg

そして、私の特上降段戦が始まった。


77679.jpg

東4局の親番、配牌でトイツだったダブ東があっさり鳴け、わりと簡単な5800のアガリ。

うん、悪くない。ラスを引く感じじゃない。

ところが…


77649.jpg

手詰まりから5200の放銃(発のトイツ落とし)をした直後の南1局。

まあまあ上手に三面張テンパイまでこぎつけた。

これはそこそこ強そうだが…


77650.jpg

当然のようにラス目の追っかけが入る。


77651.jpg

ドラ。

もうここまで来るといちいち反応しない。まるで木偶みたいに感情は空っぽ。


77652.jpg

これがカンチャンに刺さって、5200。

この直撃で一気にラス転落。

喜怒哀楽も何もない、その時が近づいていることをひしひしと感じるのみ。


77580.jpg

ラス目で迎えた南3局の南家。

下家の放銃があり、3着目とは800点差。

ここにきて赤ドラドラの大チャンス手テンパイ。2p切りダマとする。


77581.jpg

5mをツモってどうするか?





77582.jpg

2mと振り替えると、対面にロンの声。3900。

さすがにこのロンで血の気が引いた。

オーラス親番、何もできる気がしない。いよいよか。


77583.jpg

オーラスの配牌がこれ。

形はいまいちだが、打点は悪くない。

精神面では極限状態だったが、この時私が意識していたのは、とにかく全力でこの一局のアガリに賭ける、ということ。

特上落ちのことは一旦忘れて、ただひたすらこの一局に集中する。

全てを無の感情に戻して、自分のできることをする。単純だが、麻雀において重要なのはこれだけなのかもしれない。


77584.jpg

比較的早い段階で南が鳴ける。


77585.jpg

そして、待望のテンパイ。

ドラそばのピンズは難しそうな待ちだが果たして…


77586.jpg

まだお前は終わってない、そういう声が聞こえるような、7pツモだった。

2600オールで値千金の3着浮上。これを値千金と言わずに何と言うのか。

喜びの感情も沸き上がらない。極限状態だからというより、まだ勝負は終わっていないから。


77587.jpg

次局、腹を括ってかけたリーチがツモアガれて裏1の3900オール。

これで突き抜け、一気にトップ争いに。

最終的には2着で終了した。

オーラスを迎えた時点で特上落ちの可能性は7割は下らなかったはず。

キワのキワで見た景色、そしてこの感情は言葉にはできないけれど、私は決して忘れることはないだろう。



77579.jpg


その後の降段戦を、2着・トップで凌ぎ、降段戦から抜け出ることに成功。

さらに、2着・トップ・トップと連対が続き、3ラスまで耐えられる状態に復活した。

さすがにこの日は小躍りしたよ。珍しく自分を褒めたかもしれない。俺、よくやった、と。


そして三連休最終日。今どうなっているかというと…


77681.jpg


自分でも信じられないが、原点まで戻ってきた。

あの降段戦以降、22戦ラスなし、13トップ。4連勝が2回。

こんなことあるの?ほんとに信じられん。


アガるということのハードルがあまりにも高すぎて辟易していた状態だったのが、あの半荘を境に180度変わった。

リーチが全部アガれる。裏ドラも乗る。丁寧に打ってるからミスもない。

短いスパンでは成績はブレるっていうけど、暴れっぷりが劇画チックで刺激的すぎた。


危機が去ったわけではないので、まだ私は油断していないが、今回の件で思ったことは、今までロングスパンで特上落ちの危険に晒されたことがないというのは、今まで私が「単についていた」だけではないのか、ということ。

それぐらい絶不調時に何もできずに落ちていくフリーフォールの無慈悲さを痛感した。

もちろん、メンタル的にミスをしやすいからその影響もあるんだけど、それを差し引いてもひどすぎたから。

思うに、試合数にかまけて1局1局を大事にすることを忘れていたため、神様が試練を与えてくれたのかもしれない。

久々に全身全霊で向き合って、初心を忘れないこと、一打一打に魂を込めること、これがいかに大事かを思い出させてくれた。


77682.jpg

私のRateの推移を見たら、直近のグラフが何かに似ている。

そう、コロナショックで暴落した株価のチャートにそっくりではないか!

これは、私の麻雀が、世界経済と連動している?

というか、私の方がいち早く下落トレンドを形成していたようだが(笑)

私の復調と共に、世界経済が底入れすることを願いつつ、日々奮闘していく所存であります。やるしかないんや!



posted by はぐりん@ at 21:39 | Comment(2) | 不調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

10戦8ラス あなたはこの現実を直視できるか?


65889.jpg


6連続ラス含む10戦8ラスを引いてしまった。

八段配分で一撃1200ptである。


直前まで昇段争いをしていた身であったため、
幸いにも原点を割らずに済んだが、それにしても、である。

長く打っていればこんな不調は当たり前のように起こるが、
6連ラス時はわりと丁寧に打っているのに対し、
それを取り返そうとして打数を重ねたその後の打牌が雑になることを身を持って知った。



不調ウィルスが蔓延する前に、
自身でそれに歯止めをかけるためのケアをすることは必要だ。

九段になかなか復帰できない焦りはあるが、
打牌に影響を与えないようにメンタルバランスを調整していきたい。


それでは、8タコを引いたポイントとなる局を紹介しよう。


1タコ目
65885.jpg

南2局、2着目の北家。

対面が2つ仕掛けているが、さて何を切る?





65886.jpg

生牌の8mは切りにくく、ここは13pターツ落としで一旦引きの構えとした。

対面の仕掛けはトイトイが濃厚だ。


65887.jpg

数巡後にテンパイが入り、中はまだ1枚生きている。

さて、どうしよう?





65888.jpg

テンパイなら押してみるかと、8m勝負するもアウト。ドラが暗刻で8000。

さすがにドラも赤も1枚も見えていない状態での生牌勝負はリスキーだった。

基本、出アガリの効くテンパイなら勝負しても間違いということは少ないが、
トップ目の仕掛けにつき、順位戦略的にはここは中のトイツ落としで回るところか。

この放銃でラス目と肉薄し、最終的には捲られることになる。



2タコ目
65890.jpg

東2局、2着目の南家。対面が60000点超えと、ダントツ。

トップ目の先制リーチに親が追っかけ。

そして自身にも絶好の赤3テンパイが入る。さて、どうしよう?





65891.jpg

7sはノーチャンス、これぐらいは押す。

共通安牌の3mが下家からこぼれないかなあ。


65892.jpg

自身のツモ番あと2回となって、危険牌の2mをツモったところ。

さて、どうしよう?





65893.jpg

押した、がこれがトップ目にアウト。見た目にも安い。

赤3枚、ドラ2枚(しかもポンラグあり)見えていて、放銃時の打点がかなり低そう。

場的には、4mのワンチャンスとはいえ危険度がかなり高そうな2mのため躊躇したが、
ノーテン罰符含めて期待値的には押しが優位と判断した。


65894.jpg

が、裏裏で5200。

1300ならしてやったりだったが、5200までいくとちょっと話が違う。

不調時はこんな感じで必ず裏ドラ的な不運というものがつきまとう。

この放銃によりきれいな三つ巴となり、そのまま沈没した。



3タコ目
65901.jpg

南3局、25000点持ち3着目の親番。

ラス目までは約10000点差でわりと僅差。

中盤の出口、3mをツモってさて、どうしよう?





65902.jpg

そろそろダマテンのケアが必要だと思いながら、3mツモ切りとした。

本局は自身は勝負する手ではなく、
オーラスに賭けるのがスジだと考えている。

そうはいっても、形式テンパイぐらい取れるに越したことはないので、
その間(はざま)で判断に苦しんでいる。


65903.jpg

次巡、3sをツモって、さてどうしよう?





65904.jpg

ヤバいと思いながらも手が止まらない。対面のチートイドラドラに刺さって6400。

赤もドラも自身からは1枚も見えていないため、
このへんで回るのがスジだったか。

テンパイ料欲しさに、要らぬ放銃をしてしまったと後悔した。

この後、ラス目の親にアガられて、まんまと捲られた。

天鳳の場合は終盤の淡白な放銃はできるだけ避けたいところだ。



4タコ目
65905.jpg

東3局、3着目の北家。

上手く南を重ねて、5巡目にしてピンフイーペーコー、高目チャンタのテンパイ。

さて、リーチする?





65906.jpg

こんなもんは高目ツモってハネ満狙いでリーチだ。

ダマで1sを拾えればいいが、4sが出てもツモっても味が悪すぎる。

1sがわりと拾えそうな場況というのもいい。


65907.jpg

が、親のダマ三色に刺さって12000。

よくまあ手が入っていて、難しそうなところを掴むもんだ。

自身がチャンス手だけに、こういう捲り合いに敗北するとそれはラスに直結するというのは皆さんご存知の通り。


65908.jpg

4pを1巡だけ我慢できれば、次巡4sツモだったのに!

牌山後悔機能発動。



5タコ目
65909.jpg

南3局、トップ目の北家。

競ってる親から3巡目の早いリーチが入る。


65910.jpg

むむ、4mカン。

このカン、少し違和感がある、何かがおかしい。


65911.jpg

完全手詰まりになったが、さて何を切るか?





65912.jpg

このリーチに字牌はかなり切りづらい。

なぜなら、ドラメンツよりも4m暗刻を優先している、つまりコーツ系手役絡みの可能性が高いからだ。

1134445mからなら53m切りはありそう、字牌も切れない、ということでスジを追ったがアウト。

3巡目ツモスーで、12000の放銃。

例えば、カン8s待ちならドラを生かして4mトイツ落としになるはずなので、シュンツ手には当たりにくい。

ただ、次巡も危険牌を切るリスクを負うので、ここは発のトイツ落としが良かったと思っている。

1mは牌理的にいかにも切りづらい。


65913.jpg

配牌ツモり四暗刻イーシャンテンの親の手。

かなりのレアケースだが、この4m暗カンは格好の読みの材料となっていて面白い。


65914.jpg

私がオリ切れていれば、親の四暗刻ツモが炸裂し、私は2着終了だった。

メンタルに響きまくる放銃で、この後ラスまで落ちることとなる。



6タコ目
65919.jpg

南2局、16500点持ちラス目の南家。

5mをツモって何を切るか?





65920.jpg

マンズで好形フォロー、両面固定の5s切りとした。

クイタンでかわすことも視野に。


65921.jpg

数巡後、最後の5sをツモ。

あちゃ〜裏目、しかも縦にも使えないラス5s、こりゃいらん。ポイっとな。


65922.jpg

手拍子でツモ切ると、親の12000に刺さる。

えっ、メンホン?マジかかかっ!


65923.jpg

実戦心理としては親にそこまでの危険臭はなく、自身はラス目につき、この5sはかなり止まりにくい。

それにしても、不調時はテンパイ即掴む、ということが多い。



7タコ目
65924.jpg

東2局、14900点持ちラス目の西家。

手役不明の南家の仕掛け、自風の南は私がトイツで反撃のチャンスと踏んでいる。


65925.jpg

1枚切れ中をツモってきて、さてどうしよう?





65926.jpg

47pが薄目で、縦フォローまたはオリ打ち狙いも視野に、中ツモ切りとすると、これがダブルバックでアウト。6400。


ヌルイと言えばヌルイ放銃だが、
単純南バックなら上家にアガリ目はなく、自身がラス目かつカンが入っている場況ということで、
上家の仕掛けを咎める絶好のチャンスだと判断していた。


巡目的な猶予としてはどうかというところだが、
いい時はこういう攻めが上手くはまるものだし、
悪い時は放銃に結びつくもの。

ただ、連ラスでメンタルに余裕がないと、攻め急ぐなど焦りの気持ちが生じやすい。

それが反映された一局かもしれない。



8タコ目
65928.jpg

東3局、3着目の北家。

上手くコーツ手に仕上がり、ツモり三暗刻テンパイ即リーチ。

2pは河的にも出アガリが十分に期待できる。

久々に感触の良いリーチにワクワクしている。


65929.jpg

ところが親の打牌が鬼強い。

一発目にドラまたぎの4s、二発目に6mだ。ドラが固まっていても不思議ではない切り。


65931.jpg

結果、対面が私の現物を追って、親に2900の放銃。

打点の割にめちゃくちゃ押された気がする。


65932.jpg

実は対面にリーチ後の白ポンで2pを食い取られ、スライドで出てきた5pだった。

これが上手い具合に親のアガリに結びついてしまうというのが不調時の牌運だ。

麻雀は4人でやるゲームであるがゆえに、他家の作用が自分にとって芳しくない結果を招くというのは日常茶飯事だ。

それが多い時は不調ということになろうし、逆に少ない時はストレスなく打てている時だろう。

他人の動きについては、自分にはコントロールできない領域であるため、
それに惑わされることなく、自分のできることを淡々と、粛々と積み重ねたいものである。



私の10戦8タコはこうして成った。

いつか私の元に10戦8エンジェルが降臨することを願って止まない。



ラベル:天鳳 不調
posted by はぐりん@ at 23:56 | Comment(4) | 不調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

まさかの5連タコ

十段になってからも比較的安定したRate推移を見せていた私だったが…




53757.jpg

やっちまいました〜(てへぺろ)


九段昇段以降初となる5連タコ(ラス)を引いてしまった。


十段のラスペナ180pt×5=900pt
私はたかだか2時間ほどの実戦で1000に近いポイントを失ってしまったことになる。

それまでは比較的穏やかな順位推移で、平均順位は2.38ぐらいだったが、
それでもさすがに十段だとポイント漸減となっていて、
5連タコの前は1500ptぐらい所持していたはずだ。


十段になってからは大きなミスもなく、そこそこ打てている実感があったので、
耐えていればチャンスも来るだろうと考えていたが、
まさかこんなにも早く降段の危機に瀕するとは思ってもみなかった。


九段時代も実は昇段直後に4連ラスというのがあったのだが、
それを楽に盛り返すぐらい順風の波があった。


今回のポイント状況は自身の経験から言っても、相当厳しい現状と言わざるを得ないが、
ポリシー通りわざ降段はせずに、自身の麻雀を貫きたいと思う。



さて、十段を瀕死の状態に追い込んだ5連タコはどのような過程で成ったのだろうか?
皆様には晩御飯のおかずとしていただければ幸いである。



1タコ目
53721.jpg

東2局の親番。

上家の加カンにより新ドラの1mが乗って、かなり勝負手のテンパイ。
当然ながら4mを切って即リーチ。

対面はマンズの染め模様だが、下家のマンズ切りに対する反応が薄いことと、
マンズ自体が私の目からかなり見えているので、ノーテンが濃厚と見ている。

むしろ、しれっと9mを押している下家の方が怖い。


53722.jpg

対面から1枚切れの発が出てきた。

対面からマークははずしていい、通常はそう思う場面だろう。


53723.jpg

ところが、突如5mを押された挙句、掴まされた白で8000の放銃となった。

実戦心理としては、かなり意外だった。

というのも、対面にすんなりテンパイが入るような雰囲気にはまるで見えなかったからだ。


53724.jpg

後から牌を開けて納得したのだが、なんと対面は私のリーチ後に中を2枚吸収してのアガリだった。

親リーチを受けた仕掛けの後手がこんなにきれいにアガりきれるなど、
なかなかあるものではない。私の感覚ではレアケースだ。


ともかく、勝負を決める決定打を打つべき局面で、
逆に致命傷を負ってしまっているようでは、ラスを引くのもやむを得ないと言えるだろう。




2タコ目
53725.jpg

東4局1本場、微差のラス目の西家。

上家からリーチが入るも、ズバッとカン4mを引いてこちらもテンパイ。

さて、どうしよう?





53726.jpg

9s切りダマとした。

先制ならリーチで問題なさそうだが、勝算がある待ちでもないので対応の余地を残したいというのがダマにした理由だ。

8s切りから好形模索という手もなくはないが、さすがにソーズの2スジを切るのは厳しい。


ところが、この9sにラグがかかる。

これは直観的にチーラグだろうな、というのがわかった。

なぜなら親が先に切っている9sにはラグがなかったからだ。

チーラグであるとすれば、私の待ちはほぼ絶望的になってしまう。


53727.jpg

親が中を仕掛けて、直後に7pを持ってきたところ。

さて、どうしよう?





53728.jpg

これは結構迷って2s切りとした。

自身のアガリが相当厳しい以上、この7pは止めて回るのが自然だ。

下家は78sというターツを持っている可能性が高いので、
8sは実質7sのワンチャンスということになるが、
8s連打で回れる可能性があるか?ということを考えていた。

私自身が9pを切っているのでピンズでアガリを拾うことも難しいと考え、粘らずにオリる選択とした。


53729.jpg

5mをツモって、何を切るか?





53730.jpg

これは切った瞬間、あっ、と思った。親も5pを押しているわけだし。

ここはきっちり3mを抜くべきだった。

時間に追われてボーンヘッド気味の5800献上。

この半荘だけはラス回避は可能だっただろう。


53731.jpg

7pは上家の当たりで、しかも裏3だった。

トラップ続きの局を凌ぎ切れるかどうか、これは不調を回避できるかどうかの一つの分水嶺だろう。



3タコ目
53732.jpg

東3局、ラス目の西家。

親が2つ仕掛けているが、さて、どうしよう?





53733.jpg

これが下家の確定三色ドラドラに刺さって、なんと12000。

こちらもチャンス手につきオリることはないが、1p3枚見えにつき2pの利用価値に乏しかった。

典型的な不調時の交通事故。


53734.jpg

親の中1枚目スルーに一つのアヤがあった。

スルーしたことで私にカン3s、下家にテンパイとなる8sが入った。

私はこのスルー自体は悪くない打ち筋だと思う。

一昔前の鳳凰卓の戦術からは大きな変容を遂げている、そんな感じのスルーだ。

この半荘は次局できれいに飛ばされ終了。



4タコ目
53735.jpg

南2の親番。会心の手順でラス目下家から7700を打ち取る。

通常こういう抜けた一人沈みがいる場合、自分のラスはなさそうと思うところ。


53736.jpg

ところが次局、ラス目の4巡目リーチをあっさりツモられ、裏裏のハネマン親っかぶり。

私自身はまだ2着目なので落ち着いて打てば問題ないところだが、
放銃がないにもかかわらず、オーラスを微差の3着目で迎えてしまうことになる。


53737.jpg

オーラス。恐れていたラス目のリーチが入って一発目。

2900点差の下家がリーチ棒を出して、現状3900点差。

親が27500点、トップ目の上家が30000点ジャスト。

ここは順位戦略の巧拙が問われそうだが、さて、どうしよう?





53738.jpg

ここは実はまっすぐに行かなくてもいい局面だ。

親はラス目の直撃だけは避けたい点差だし、
上家は30000点の権利を簡単には放棄しないだろう。
上位2人はかなり攻め返しにくい前提がある。

上家がノーテンなら流局にさえ持ち込めば西入するし、
仮に上家がテンパイでも下家のリーチ棒の影響で2人テンパイなら私がラスにならない。

さらに、下家がツモアガったとしても、南家が30000点を割るのでこれも西入となる。

つまり、私が下家に直撃を打つことが現状最もラスになりやすいシナリオなのだ。

私が放銃することで大喜びする3人、それだけは避けなければならない。


53739.jpg

ところが、最後の最後になって安全牌が尽きた。

完全な手詰まり状態。

究極の選択、あなたは何を切るか?





実戦心理としては、25mと6m、そして69pだけは切るつもりがなかった。

それ以外の牌から何を選ぶかを必死に探していた。


53740.jpg

振り絞って河に置いた8mに無情にもロンの声がかかる。

ピンズが選びにくかったので、マンズの7mと8mのどちらを切るか考えた末の結論だった。

仮に9pと2mを押しても海底でテンパイを取ると8mが飛び出る形となる。

マンズもピンズも切れないので、3pツモ時にほぼ確実に78sのターツ落としを選択するからだ。


53741.jpg

この放銃がグラグラッとくるのは、河底の1ハンがなければ捲られていない、ということ。

点棒状況が少し違っていたとしても8mを先に切る順はなさそうだが、
それにしても悔しすぎる一局となった。

私自身、本局の打牌選択に後悔はない。



5タコ目
53742.jpg

東2局の南家。

よだれが出そうな6mツモでテンパイ即リーチ。


53743.jpg

しかし、対面の仕掛けに放銃し、3900。

リーチの河が仕掛けに利するという悪循環。

36pの固まりを捕らえられなかったのはあまりに痛すぎた。


53744.jpg

東4局1本場の北家。

上家先制リーチで供託が3本に。こちらも追いついて追っかけ。

この47sはアガれる感触がある。


53745.jpg

しかし3件目に追っかけられてやはりこうなる。

47s山4、58m山3、25p山4とほぼ同等の勝負だった。

裏が1枚乗って3900となったが、この裏が地味に痛く、その点差でラスを食ってしまった。



あわや6タコ
53749.jpg

南3局、3着目の南家。ラス目下家とは6600点差。

ピンズをリャンカンにした結果、親リーチ宣言牌の5mをポンテンに取れないという間の悪さもあったため、
ここでは対応の5m切りとした。

こちらも高い手だが、3着目という立場からはかなり押しにくい。


53750.jpg

私は通常このような回りながらの仕掛けはまずしないのだが、
3p5pがいずれも完全な危険牌につき、使い切る意味でも渋々鳴いた。

そして、何を切るかというと…


53751.jpg

赤5mを切ると、これに対面のロンの声。

対面は1s切りで回っているようにしか見えない、しかも高い。

なんとこの7700でラス転落してオーラス親番を迎えることとなる。

打っている最中は茫然自失だ。そんなに変なことはしていないつもりだが…


53752.jpg

仮に4pをスルーして、3mをツモったところで切るのは赤5m以外にない。

強いて言えば仕掛け自体が良くなかったということだろう。


53753.jpg

件のオーラス、好手からあっという間に親満のテンパイ。

さすがにテンパイまで辿り着けば簡単には負けないだろう。


53754.jpg

一向に58mが出てこないまま、47pスジの選択。

さて、どちらを切るか?





53755.jpg

結構迷ったが、これは7pを切った。

仕掛け者は打点が必要ないのでカン7p固定は考えにくい。

生牌の4pはポンされるかもしれないし、カン4pはともかく、対面のペン4pがある。

しかし、意外にも下家にポンの声。ここを捌かせてしまった時点でラスを覚悟した。


53756.jpg

最後の最後に下家から出てきて、18000飛ばして終了。

上家のチーがなければ6000オールだとかそんなことはどうでもよく、ただただアガれたことに感謝した。

こうして私のタコは5で止まった。

次の半荘もラスだったから実質7タコみたいなもんだったけど。



ラベル:天鳳 不調
posted by はぐりん@ at 12:06 | Comment(13) | 不調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする