2014年07月23日

トイツ場の兆候

麻雀には、頻度は多くないが、
牌が縦に重なり、シュンツ手が構成しづらい場というものが存在する。
俺はこれを「トイツ場」と呼んでいる。

シュンツ手は牌理に従って手なりで進めていけば完成するケースが多く、
打ち手の技量が反映されないことも多い。

一方で、トイツ手はその手に向かう過程で効率を犠牲にすることが多く、
打ち手の読みや感覚といった、個々人の雀力によってその成否が問われやすい。


麻雀には7〜8局に1局、牌効率に従って打つだけでは絶対にあがれないが、トイツ手ならばあがれる局が存在する。

その兆候をいち早く見極め、本来あがりのなかった局にあがりを生む工夫というのは、
常勝を歩む上で避けては通れない道のような気がする。

相手の大物手をつぶすのみならず、トイツ手はその性質上、
非常に大きな手に化ける可能性がある。

勘で打てと言っているわけではなく、あくまで確率論をベースにしながら、
時としてアナログ的な思考でトイツ手をものにしていこうということである。


「トイツ手(コーツ手)を制する者は麻雀を制す!」
最近、より鮮明になった俺の麻雀観である。


tenhou.183.jpg

チートイツに向かうのに最適なのは、こういう配牌である。


イーペーコー形のような並びトイツがあり、
1や2などの横機能の低いトイツがあり、
数牌に愚形があってメンツ手が難しそうな上、
この場合字牌がドラであるためトイツ手にはもってこいである。


こういう手牌の場合、一直線にトイツ手に向かうのも経験上効果的な場合が多い。
少々迷ったが、第一打は7pを選ぶ。


tenhou.184.jpg

絶好の北単騎でチートイドラドラのテンパイになったが、
不運にも5m単騎に放銃。
ヒヤッとしたが、ギリギリ3着で幕引きとなった。

下家の手牌が三暗刻というのもトイツ場模様の証左であろう。

配牌自体がトイツ場を示唆する珍しいケースである。


tenhou.189.jpg

4トイツの配牌から9pを切ったら2巡目に痛恨の9pかぶり。

この、第1打牌に切った牌を2巡目にかぶるというのは、トイツ場の兆候である
字牌でもその傾向はあるが、数牌の方が信頼性は高い。
自分だけでなく、他家でも同様である。

また、既に1sが3枚切れているように、
同一数牌が場に多く切られるのもトイツ場のひとつの兆候である

1つの数牌が数多く切られることで、シュンツの機能が低下することがその要因と思われる。


tenhou.190.jpg

さて、ここで何を切る?





tenhou.191.jpg

俺が選択したのは打6sだった。
9pかぶりに過敏に反応してのトイツ手決め打ちだ。

場況から対面の9s切りを見て6sが一番弱いという感覚での6s切り。
実際は6sは全山だった。


tenhou.192.jpg

ざくざくと牌が重なって、8巡目にテンパイ。

難しいチョイスだが、中切りでリーチした。

対面と下家はほぼ確実に9sを持っていない。
中はトイツで持たれているのが嫌だ。


tenhou.194.jpg

これが望外の一発ツモで3000・6000。

手なりなら残しにくい9sを生かしてのあがりだけに、
トイツ系雀士冥利の瞬間である。


tenhou.198.jpg

別の半荘。上家から1sが切られたところ。

鳴き無しでいたところ、この1sにラグがかかる。

トイツ場を見極める上で、ポンラグは非常に重要な要素だ。

この1sポンラグでシュンツ手の機能は低下し、具体的にトイツ手を志向することになる。


tenhou.199.jpg

11巡目に赤5mをツモってこの牌姿。

14s待ちの両面ターツはかなり弱そうだが、
23sを払っても2mが飛んでいてあがりやすい手恰好になっているとはいいがたい。


トイツ場の兆候が出ている場合は、弱いターツは未練を残さず払っていくことをおすすめする。
シュンツが出来にくいからトイツ場なのであり、
難しいターツよりトイツを残した方が柔軟に構えられる可能性が高い。

そこで23s切り。
ここでは危険度を考えて2sを選択した。


tenhou.200.jpg

難しいところをツモってテンパイ。
変化の効くなかなか面白い手牌になった。


tenhou.201.jpg

結局、対面に放銃。

実際には14sはまだ3枚も山に眠っており、
全体的にはそれほどトイツ場の様相ではなかった。


tenhou.202.jpg

別の半荘。
2巡目に1pのポンラグの後、この3pツモ。

トイツマスターはこの3pでビビッとこなくてはならない。

14pの機能低下+3pツモで4トイツ目。
こういう場合は、トイツに手をかけず、単純ターツを払っていくのがトイツ手の基本だ。
間違っても3pツモ切りなどしてはいけない。

つまり、12sのペンターを払っていく。
この場合タンヤオの含みもあるため、比較的選びやすいだろう。


tenhou.205.jpg

11巡目にテンパイ。
まずまず感触のある8s単騎に。


tenhou.208.jpg

ドラ単騎に振り替わって、運よくあがることができた。


序盤に西のトイツ落としから入ったが、
ツモと場況によってはチートイツに組みなおすこともあるという例。

トイツ場の兆候が現れたら、両面ターツに未練を残さず、山にありそうな牌を残すことがチートイツ作りのコツだ。


tenhou.209.jpg

別の半荘。
メンツが出来ているところにいかにもな4m重なりで完全にトイツ手の様相。

他家の捨て牌を見ても、同じ数牌がかぶせられていて、はっきりトイツ場の兆候だ。

こういう場合、やはりメンツ手に未練を残さず、重なりやすい牌を残した方がいい。
つまり、持たれていそうな56mを積極的に切っていくのだ。


tenhou.210.jpg

狙い通り、チートイツでかわすことに成功。

こういうメンツ手ではどうやってもあがりに結びつかない手で、
親の大物手をかわすというのが、トイツ場読みの真骨頂であり、
手に入る点棒以上に大きな手応えを感じる瞬間である。


tenhou.186.jpg

最後に、失敗例を。

この3mが重なる感触をなんとなく大事にしなくてはならない。
いかにも縦に牌が伸びるような雰囲気のツモである。


tenhou.187.jpg

チートイイーシャンテンから、白をポンしてドラ受け入れターツを固定する。

まずまず自然な仕掛けにも見えるが、トイツ手からメンツ手に逆流するような、
少し流れに逆らった仕掛けでもある。

こういう捌きは細心の注意を払わないと、大事故につながりかねない。


tenhou.188.jpg

下家のリーチを受けて、この3mが刺さる。

7m切りリーチの36mはそれほど可能性は高くないし、
ペン3m、カン3mの愚形リーチには見えない。
36mで打ってもドラが絡まないから安いだろう、という意味での3m切りだったが、
開けてびっくりドラ3裏3のハネ満放銃とあいなった。


仕掛けての3m切りは、トイツ手に逆流しての3m切りだ。
これはどういうことかというと、本来自分から出るはずのない3mであり、
自分がアンコにしているはずの牌である。

トイツ場でシュンツ手があがれないのは、スジが固まって入るからであり、
自分に重なる牌というのは他家の必要牌であるのは自明の理


トイツ手の兆候を自分で感じていながら、それに逆らった捌きをしたがために、
他家のシュンツ手に対して大物手を打ち上げてしまう。


トイツ系雀士としてはあるまじき譜であり、
トイツの神様の怒りに触れた裏3であることは間違いない。


このように、トイツ手の捌きは、一歩間違うと諸刃の剣となってしまうところも、
なかなか奥深くて面白いのである。



ラベル:天鳳 対子
posted by はぐりん@ at 02:05 | Comment(8) | トイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

回線落ち物語

tenhou.174.jpg

ドラ爆弾の轟配牌をもらった開局の親番。

上家の様子がおかしいと思ったら、開局早々に落ちてしまった。


麻雀というゲームは欲深くあればあるほど勝てなくなるゲームである。

回線落ち者がいるからといって自分のフォームを崩してはいけない。

自然な牌の流れに沿ってツモあがりを狙うのが麻雀の基本である。
回線落ちからのスケベなあがりを狙うのはもってのほかなのだ。


tenhou.175.jpg

では、リーチ(^o^)!





tenhou.176.jpg

・・・。





tenhou.177.jpg

他家には優しすぎませんこと?





tenhou.178.jpg

赤5mなんて贅沢なことはいいません、リーチ(^o^)!





tenhou.179.jpg

・・・・・。





tenhou.182.jpg

決して上家に期待してるわけじゃ…げふんげふん(>_<)





もう、こうなったら奥の手を使うしかない。

tenhou.180.jpg

回線落ち様に合わせ打ち!





tenhou.181.jpg

(涙)


よこしま打ちは大体こうなる。



ラベル:天鳳 ネタ
posted by はぐりん@ at 18:46 | Comment(2) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

不調時の放銃

tenhou.163.jpg

ノーホーラで迎えた東4局の親番。
どうにも展開が悪く、少し離されたラス目に立たされている。

何とかしたい親番だが、対面から先制リーチが入っている。
引かされたのは危険牌の6p。
さて何を切る?





tenhou.164.jpg

はっきりいってこの6p引きは最悪である。

リーチ者の河が強くまともな安牌がない上、
こちらもそこそこの手のイーシャンテンになっているため、
まっすぐいきたいのはやまやまだが、
いかにもこの6pは危険すぎる

ドラまたぎで放銃時の失点が大きくなるというのももちろんあるのだが、
リーチの直前に処理している6pである上、
手元に残しておけばテンパイに取れている裏目の牌であるという点で、
感触が悪すぎるのだ。


しかし、ここで6sを抜いてしまうとこの手は完全に死んでしまうため、
ギリギリまで粘る意味で9m切りをチョイスした。

6pを使い切って復活するのもなかなか難しいのだが、
6pを切るからにはこちらもかなりの十分形でなければならない。

ズバリカン6mツモのようなテンパイでなければ押し返す価値はない。
9m切りにはあえて手狭に構えて、6pがなるべく出ないような牌組にするという意味がある。
ちぐはぐなツモならそこでスパッとオリてしまえばいい。


tenhou.165.jpg

スーパーネックと思われたカン6mを次巡あっさりツモ。

こうなった以上は目をつぶって6pを勝負するしかないだろう。


tenhou.166.jpg

高らかに響き渡る「ロン」の声。

予想より1ランク高い12000の放銃となった。


このように、不調時の放銃には次のような傾向がある。

@相手のテンパイ直前で処理している牌を引き戻す
自分が切っている牌というのは引き戻しても使えないケースが大半で、
数巡手元に留めておいたところで、結局飛び出てしまうことが多い。
逆に、好調時は直前に処理した牌を引き戻さないし、
残しておいたあたり牌が重なったりくっついたりして自然と出ていかない牌組になるものだ。


A牌の巡り合わせが悪い
この例で言えば、カン6mさえ入らなければ、6pが出ていくことはなかった。
また、6mの前に赤5mなどの危険牌をツモれば放銃することはなかったはずだ。
わざわざ手狭に受けているのに危険牌を誘うように、勝負手が入ってしまう。
なまじ自分に手が入ってしまうがゆえに勝負せざるをえなくなっての放銃がこれにあたる。
いわゆる「半ヅキ」というやつである。


この局面は、勝負手のテンパイ打牌での放銃であるため、
決して悪い放銃ではないが、不調時に起こりやすい放銃である。

良い放銃・悪い放銃と不調時の放銃は別に分けて考える必要がある。


tenhou.167.jpg

別の半荘の南3局1本場、親番。
上家のラス目とは4400点差の3着目。
まずまずの配牌をもらったが、ツモが効かずに焦れている。

8巡目に8mをツモって何を切る?





tenhou.168.jpg

3トイツにしてクイタンという考え方もあるが、
ここはドラを使い切るつもりで8mをツモ切りした。

6mが出た場合のみ食い仕掛ける算段だ。


tenhou.169.jpg

上家の仕掛けが入って、再度8mツモ。

ラス目の仕掛けだけに気になるが、ここは8mを切るより仕方がない。


tenhou.170.jpg

これがドンピシャ間に合ってしまう。

3900くらいかと思ったら、ド高め三色で7700点。

ラス目の仕掛けだけに警戒もするべきなのだが、
テンパイだとしても待ちが絞り切れない。
中途半端に8mを残しても、後々危険度が増すだけだし、
前巡に切っているだけに、なかなかこの8mを止めるのは難しい。

この放銃が決め手となり、この半荘はラスだった。


不調時の放銃には、次のような傾向がある。

Bタイミングが悪い
8mを引き戻すタイミングが早すぎる。
例えば、これが3〜4巡後ならば警戒する可能性も高まるのだが、
自分の手の可能性を追求できる巡目というタイミングの悪さがある。
前例でいえば、カン6mを引くタイミングが悪いということになる。


C自分が親である
自分が親の場合は、被ツモ失点が増えるため、ある程度つっぱる価値は高まる。
それ故に、手を崩さずにできるだけ粘るという状態になりやすいのだが、
子だったらオリに徹して出ることのない牌が、
親であるがために放銃してしまうケースは、不調時にありがちなパターンである。


tenhou.171.jpg

さらに別の半荘、東3局の親番。
現在、21000点持ちの3着目。
下家からダブリーが入る。


tenhou.172.jpg

赤赤を引きこんで、まずまずの手牌に。

現状で安牌が1mと7sの2牌のみで、もう少し粘ろうと考えている。

第一打、ラグなしの北。これぐらいは押す。


tenhou.173.jpg

これがなんとびっくりメンホンの12000。

下家は北が重なってのテンパイであった。


この放銃がまさに不調時の典型で、
@第一打に間に合っている北で、
A赤赤を引きこみ、ある程度勝負になる牌の巡り合わせで、
Bギリギリ勝負になる9巡目というタイミングで、
C親番につき粘っているがゆえの、

放銃である。


こういう放銃が増えてきたら、
部屋の掃除をするなり、メロンソーダを飲むなり、ダンスの練習をするなり、
気分転換をすることをおすすめする

不調を意識したところで、メンタル的にはあまりいいことがないからだ。



ラベル:天鳳 不調
posted by はぐりん@ at 09:20 | Comment(0) | 不調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

アンカンの是非

3枚目はのどから手が出るほどほしいが、
4枚になると対処が難しい、麻雀にはよくある光景である。


tenhou.157.jpg

前局、満貫を放銃して迎えた東4局。
下家の親とは僅差の3着目。
その親から先制リーチが入っている。

そこに持ってきたのは4枚目のドラ9p。

世が世なら4枚チートイのテンパイだが、
そんな洒落たことを考えてる余裕がないほど切迫した状況に追い込まれている。

さて、どうする?





tenhou.158.jpg

俺が選択したのは9pのツモ切りだった。


ここで考えるのは、9pをカンした場合の自分のあがり確率である。

9pをカンした場合、当然親との全面戦争になるわけだが、
残った形がゴツゴツしていて、あがりまでが遠すぎる。

例えばこれが愚形残りでもメンツ手のイーシャンテン程度の手なら、
9pカンの比重は高まるだろう。

また、カンした以上は基本的に全ツッパなのだが、
仮に方針転換を余儀なくされ、オリなければならなくなった場合、
受けがまったく効かない牌姿なのである。

つまり、この時点で9pをカンしてしまうと、
攻撃の面ではさほどメリットがないだけでなく、
守備の面ではリスクばかりが高まってしまう。


そしてもう一つ重要なポイントは、リーチの出どころである。

天鳳三大怖いものと言えば、親のリーチラス目のリーチ怖くないおさん、である。

このリーチはその3つのうち2要件を満たしている「非常に怖い」リーチなのである。
このリーチを高打点で成就させてしまうと、自分は離されたラス目かつ、
上位三つ巴という天鳳的には最悪の状況が生まれてしまう。


自分のあがりが見込めないならなるべく大人しくしておくというのは、
麻雀の基本であり、ラス回避にとって最も重要な要素である。

そしてアンカンしないという選択肢に至ったとき、
何を切ったら居心地がいいかと考えると、9p切りが浮かんでくる。

9pを一枚はずすだけで、チートイツイーシャンテンを維持しながら、
コーツ手よし、メンツ手よし、場合によってはオリよしの全方位選択肢が生まれる。

ドラの9pは確かに怖いが、端っこであり放銃確率自体はさほど高くない。
勇気を持って1牌押すだけで、手牌の風通しがよくなり、
9pカンに比べて圧倒的に視界が開けるのである。


tenhou.159.jpg

258s要塞のバトルシティだ!


牌運よく下家からトイトイを召し取る。

トイツ系雀士はこういうスジを固めたあがりを大変好む。
あがり点は8000点だが精神的にはハネ満・倍満級のあがりである。
芸術点の高さに気分も乗っていけるあがりの典型だろう。


tenhou.160.jpg

別の半荘の東4局1本場の親番。
ラス目のリーチが入った直後に1sがカンツった。

さてどうする?





tenhou.161.jpg

一発目にこの1sは非常に怖いが、
やはりここは1s切りの一手だろう。

親番赤赤のチャンス手であり、
先ほどと違うのは、あがりが十分に見込める牌姿であるということ。

ここでの1s切りは防御の含みではなくて、
受け入れを最大限にしてあがり確率を高める攻撃の意味合いである。

1sが怖いからとアンカンしてしまうと、
手狭になって仕掛けがしづらくなり、あがり率が低くなる結果、
放銃のリスクが高まる。

防御の意味合いでカンしたつもりが、
逆に失点期待値が高まるというあべこべな状況になりやすいため、
煮詰まった状態でのカンは慎重を期すべきだろう。


tenhou.162.jpg

なんとかあがり切ることに成功。3900点。

結果的には14sが使い切れた上に、赤5sが飛び出てのあがりということで、
うーんという感触なのだが、あがれただけでも満足するべきか。


こういう少し引っかかるあがりというのは、
道中の凶兆を暗示している可能性があるので留意しておくといいだろう。

ちなみに、先の半荘はオーラスツモ裏条件をクリアしてのトップ、
この半荘はオーラスデバサイ大逆転のラスを引いてしまった。

これを結果論と割り切るのは簡単だが、
カンツから1枚はずしての似たようなあがりにも、
牌の来かたからこれだけの感触の差があったことは事実であり、
意外とこういうところに勝負の趨勢があるものなのである。



ラベル:天鳳
posted by はぐりん@ at 18:17 | Comment(5) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

オーラスの戦い方

tenhou.153.jpg

前局に親がインパチをあがって迎えたオーラス1本場。
もつれにもつれてはいるが、辛うじて3着目を維持している。

点棒状況は自分から順に、20900、20200、29200、29700。

ラス目との差は700点と予断を許さないところ、
4巡目に対面から中が出た。さてどうする?





tenhou.154.jpg

ラス回避の観点からはこの中は圧倒的にスルー推奨である。


実はこの状況というのは見た目以上にラス落ちの可能性が低い

その一番の理由は、上位2者と下位2者の点差にある。

上位2者は何をあがってもトップになれるのだが、
下位2者に対して満貫を打ってもラスにならない絶妙な点差なのだ。

そのため、下位者のリーチに対しても危険をかえりみずに攻めてくることが予想できる。

かつあがり点に条件がないため、今局はかなりの確率で上位2者の決着が期待できるというわけだ。


さらに、仮にラス目の下家にあがられても、満貫までなら30000点に満たないため、
今局で終局する可能性は低い。

それはこちら側も同じことで、安上がりに意味がない状況なのに、
中ポンで放銃のリスクを高めるのは愚の骨頂ということになる。


つまり、今局のテーマは亀のように固く守って、
「他家のあがりを見守る」ということになる。



tenhou.154.jpg

こういうツモはとても嬉しい。
安全を確保しながら手を進めることができるからだ。


ちなみに、守備重視の局なのに字牌をはらっているのはなぜかというと、
ラス目の下家に重ねられる前に処理しておきたいからだ。

今局一番あがられたくないのは下家なので、特急券の目を摘んでおくことで対処がしやすくなる。

また、上位2人はファン牌を確実に1鳴きする状況であるため、
生牌のファン牌は積極的に切っていって局面をわかりやすくしたいという意図がある。


tenhou.155.jpg

亀になって守るときは、モニター越しに相手の息遣いを感じる時である。

誰の手が早そうかを、打牌の速さや雰囲気で推測する。

リャンシャンテンぐらいの手だと大体考える余地があるものであり、
ノータイムで中張牌が打ち出される時は、簡明なイーシャンテンかテンパイであることが多い。

また、2枚切れ3枚切れの字牌がすっと打ち出されるときも注意が必要だ。

ツモ切りの速度も、ノータイムであればあるほどテンパイに近いケースが多い。


今局の場合、マークは完全に上家だった。
6m切りに澱みがなく、かなり速そうな手だと思っていた。

ここでは上家をケアして、2巡前に通っている1mを切った。


tenhou.156.jpg

直後に上家のロンの声。

「やっぱりな」ととりあえずドヤるも、完全なる結果論である。

テンパイの確証はなかったものの、一応入り目は9pであった。


こういう気配読みは早すぎても遅すぎてもいい結果に結び付かないのが難しいところ。

俺の場合は鋭敏さを気取って早目にオリすぎてしまい、
安牌に窮するということがしょっちゅうあるので、
リアルならともかく、ネット麻雀では鈍感ぐらいがちょうどいいのかもしれない。



ラベル:天鳳 戦略
posted by はぐりん@ at 21:00 | Comment(9) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする