2015年02月22日

押すことで得られるもの

tenhou.2482.jpg

南2局2本場、西家の自分。
ラス目の下家と約10000点差の3着目。

トップ目の親と下家がそれぞれ2副露でまだドラの発が見えていない。
かなり煮詰まっているが、ここから何を切る?





tenhou.2483.jpg

こちらはあがり目が薄いし、よっぽど3m切ってベタオリしようかと思ったが、
少し勇気を出して1mを切ってみた。

意外にも親の方からポンの声がかかる。
さすがに親はテンパイだろう。


tenhou.2484.jpg

6pツモの後、急所でしかも赤い方の5pをツモった。
さて、どうしよう?





tenhou.2485.jpg

こうなったら、リーチで真っ向勝負だ。

1mを押したことによってこちらの手は一気に勝負手に成り上がった。
点棒状況的には少し押しにくい状況だったが、
ドラが見えていないことを補って余りある入り目だ。


赤でなければかわし手とみてダマテンに構えるところか。


tenhou.2486.jpg

あっさりツモって裏は乗らずの2000・4000。

ぼんやりと1mをトイツ落とししたことが奏功した。
攻守におけるメリハリは重要だが、
ギリギリまで自分のあがりを捨てないことがこのような好結果につながることもある。

このあがりが大きく、この半荘はトップで終えることができた。


tenhou.2727.jpg

別の半荘。
南2局、28600点持ち微差の2着目で迎えた親番。

トップ目の下家からリーチが入った一発目。
ドラの白が浮いたピンフのイーシャンテンだが、さてどうしよう?





tenhou.2728.jpg

ここは強く2pを押した。

現状で8sと8pが安牌で、ドラが切れないなら本来あまり行きたくないのだが、
こちらも両面両面のイーシャンテンで打点も悪くない。

トップ目からのリーチなので、まだ押しやすいというのもある。


tenhou.2729.jpg

次巡、7mツモ。
さて、何を切る?





tenhou.2730.jpg

テンパイになる隣の牌で、スジトイツ持ちになる7mツモはかなり感触が悪い。

ここで一歩引いて、8s切りを選択した。


tenhou.2731.jpg

次巡、ドラの白が重なって、一気に見違える手となった。

こうなったら一転、どこまでも押しだ。7s切り。


tenhou.2732.jpg

終盤、リーチの下家からドラがポンでき、7m勝負。

これが通って、後はめくり合いだ。
精神的には圧倒的に有利といったところだろうか。


tenhou.2733.jpg

流局間際にこれを引きあがって、4000オール。
決定打を手にして悠々とトップで終えた。


一発目に2pを一牌勝負できるかがこのあがりの分岐点だった。
一発目の2pでとりあえず回っていると、次巡の7mツモでベタオリになってしまう。

イーシャンテンからの勝負は基本的には損だが、
一牌、勇気を出して勝負することでこのようなあがりが生まれることもある。


tenhou.2943.jpg

別の半荘。
同卓者が、mygold 千ンポコ 木もちいい という怪しい卓に迷い込んでしまった。

3着目で迎えたオーラス1本場、供託2本。
南家の自分は19700点持ち、ラス目の下家は11700点。


この局の自分のテーマは、西を仕掛けた下家を絞ることだ。
ドラの発が場に見え、下家は大体ホンイツなので、
一牌もおろさなければそれほど逆転の目はないだろうと考えている。

ここでは4mを切った。


tenhou.2944.jpg

下家はソーズのホンイツが濃厚となり、
ただ絞りに専念するはずだったが、この4pでピンフのテンパイとなった。

8sが余ったが、さてどうしよう?





tenhou.2945.jpg

直撃条件もある点差のため、ソーズを切るのはかなり怖いが、
出あがりの効く好形テンパイなら勝負に値する。

8sを切ったところ、仕掛けたのは対面でとりあえずホッ。


tenhou.2946.jpg

次巡にツモ切った2pが対面に刺さって、無事に3着終了。

テンパイ臭がさほどなかった下家だが、
なんと北単騎で逆転条件を満たすテンパイを入れていた。

ソーズは一牌も切らないぞと完全にこちらが死んでいたら、
対面のテンパイも入らず、むしろ逆転される可能性が高かったわけだ。


本局はこちらも好形テンパイなので押すには押すのだが、
役あり愚形テンパイだと押すかどうかは微妙なところ。

大体一局勝負だからと、完全に引き気味に構えたからといって、
それがいい結果に結びつくとは限らないのが麻雀の難しいところだ



tenhou.2805.jpg

別の半荘。
南2局、19400点持ち3着目の北家の自分。
下3者が僅差で拮抗している。

親リーチが入って、ドラが切れずにベタオリの構えだったが、
ドラが重なって少し望みが出た。1s切り。


tenhou.2806.jpg

1sを落としている間に、ピンズが好形になり、この4mツモ。
さて、何を切る?





tenhou.2807.jpg

巡目的にも、常識的にはソーズを落としてオリだが、
ここでは7mを勝負してみた。

親リーチにノーテンから無スジ押し、しかも終盤ともなれば、
とてもとてもおすすめできる打牌ではない。

しかし、ドラの1m重なりから、ピンズの好形変化、さらにはマンズの好形変化と、
ツモの流れが行けといっているように感じられたのだ。


この辺はおそらく、打っている時の気分や感覚で打牌は変わってくるだろう
どちらかというと、こういう牌を押せるときの方が自分としては打てている感触がある


tenhou.2808.jpg

結局テンパイせず、親の一人テンパイで流局。

親は47m入り目の69p待ちで、打点も十分だった。

自分のテンパイが入れば8p勝負となるわけだが、
これが当たり牌になっていたわけでもなく、
また、最後まで残したピンズの上が親の当たり牌ということでピントが合っている。

親の開かれた手を見て俺が思ったのは、
ノーテンだったがっかり感よりもむしろ、
いい感覚で打てているなあという感触の良さ
だった。


損得の勘定抜きにして、
ギリギリまで押し返すことは、戦う姿勢を卓上に乗せることができる。


何気ない7mの勝負一牌は、
結果的には無意味となってしまったわけだが、
次局の気持ちがまるで違う

7m押しなら次局も余裕を持って攻めれるのに対し、
ベタオリなら次局も日和気味にならざるをえない、これが勝負感覚だ。


この半荘はそのまま3着で終了した。



ラベル:天鳳
posted by はぐりん@ at 17:31 | Comment(4) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

トイトイの作り方

トイトイを目指す上で重要なポイントは以下の通りだ。

@トイトイは暗刻が出来てから仕掛けると成功率が跳ね上がる

3フーロまでいくと狙いがばれて警戒されやすいので、
トイトイに行く場合は暗刻が出来てからがいい。


Aトイツしかない牌姿なら基本的にはチートイツの方がいい

チートイはリーチによる打点力があるし、トイトイとの差は圧倒的な守備力だ。
トイトイはテンパイしたら基本ゼンツだが、チートイは柔軟にトイツ落としで回れる。
攻守に優れているし、トイツのみの手なら残す牌を正しく選択できれば速度的にもチートイの方が速い


Bドラがたくさんあっても、トイツ4組以下からの仕掛けはやめた方がいい

手牌を短くしてから牌を重ねるのは、牌効率的にロスが大きい。
それならポンせずにチートイに向かった方が速くて高い。


C横受けに未練を残さず早期にトイツ固定した方が成就率が上がる

最終手出しのソバが待ちになったら出あがりは期待できない。
縦の場での縦受けは横受けとあがり率は遜色ないので、
低打点の保険はさっさと捨てて待ちを見抜かれにくくした方が期待値的にも正しい。


Dシャンテン数の変わらないトイトイ仕掛けは基本的にはしない方がいい

三色同刻のように打点が跳ね上がるケースなら別だが、
その仕掛けが本当に必要であるか、場況に合った仕掛けであるかを吟味する必要がある。
場況にそぐわない仕掛けは確実に自分以外の他家に利する。
これは今後、鳴きの項目で触れていくが、鳴きというのは本当に繊細なアプローチが必要な技術だ。


チートイとトイトイの使い分けが確実にできるようになるだけでも、
無駄な仕掛けをかなり減らすことができるだろう。

それでは、実戦例をみていこう。


tenhou.2746.jpg

東2局、西家の自分。
3mがトイツになったが、さて何を切る?





tenhou.2747.jpg

これは迷わずに23pターツ落としだ。

第一打1m切りが3人いる23mの並びトイツは鉄板のポン材だ。
4pのドラ受けが残ってもあがりやすいとは言えないし、
あがりやすさで遜色ないのに打点がダンチとなれば、トイトイに取らない理由がない。


tenhou.2748.jpg

ほどなく2mをポンしてテンパイ。


tenhou.2751.jpg

下家のリーチがかかるも、現物の9sが出て5200のあがり。

横受けなら待ちになる1pと4mがどちらもポンされているあたりが、
いかにもトイツ場といった印象で、残りの3mも山にいた。


1sをカンしていないのは、自分の打点が十分なので、
他家の仕掛けに余計なドラを乗せないためだ。
1sが危険な場況なら、カンした方がいい。


tenhou.1953.jpg

別の半荘。開局の親番。

単独トイツ4組で、メンツ手は厳しい牌組か。

ここからポッと西が出たら鳴きたくなるが、トイトイにするにはトイツ不足だ。
こういうところから後重なりを期待して鳴いていくのは、損な戦略だと考えている。
せめて、あと一組重なりが出来てから仕掛けた方があがりやすいのは間違いない。


この局面ではファン牌のトイツがなく、仕掛けても安いので、配牌即鳴き無しにした。
即座に仕掛けるつもりがないならラグをかけない方が後々得になるだろう。


tenhou.1954.jpg

9pが暗刻になり、発が重なって一気に手牌がグレードアップした。

さて、何を切る?





tenhou.1955.jpg

これはまあ、普通だろうか。

7sの受け入れにまったく意味がないし、
9sを残しても無駄に8sを警戒させるだけだ。
こういう9sはとっとと切って最終形に傷を残さないのがトイトイのあがり率を高めるコツだ。

この場合は、チートイになっても1枚切れの白中が超優秀なので、
機能的にも9sは不要だ。


tenhou.1956.jpg

西を仕掛けた後、ツモ切りが続いて、10巡目に3mツモ。
さてどうしよう?





tenhou.1957.jpg

これも同様だ。

こういう3mを残しても、あがりやすくならないばかりか、
後々危険になるだけだ。

発をポンできてもどうせ3mを切るのだから、
嬉しくない25m受けを残す必要はないだろう。


tenhou.1958.jpg

次巡4mツモって、あっさり8sツモで4000オール。
発なしで親満だとかなり得した気分。

他家は4m9pがスーパーネックになっているし、縦の場の縦受けはこのように強い。


tenhou.2882.jpg

別の半荘。東3局、3着目の西家。

あれよあれよと牌が重なって、チャンス手のイーシャンテン。
下家から3pが出たが、これを鳴く?





tenhou.2883.jpg

こういうメンゼンをぶっ壊してまで、
シャンテン数の変わらないトイトイ仕掛けは基本的にはしない方がいい。

場況的にはそこそこ煮詰まっていて4pがかなり切りづらい牌であるし、
自分の手はメンツ手だけじゃなくチートイのイーシャンテンでもある。
場況からは特に2pが重なりやすそうで、鳴かなくても十分なテンパイが入りそうだ。


ご覧のように、2p4pはどちらも対面の当たり牌で結果的にはスルーが正解だったが、
これは結局3pポンが必然性のない鳴きだという証左だ。

たとえ2p4pが放銃につながらなかったとしても、長い目で見たら鳴かない方が得だろう。

くだらない鳴き、必然性のない鳴きは、自分以外の誰かに必ず利する。

これは麻雀の絶対法則だと俺は考えている。
これは今後、鳴きの項目で触れよう。


tenhou.2884.jpg

スルーの同巡、対面から3sが出た。
さて、どうしよう?





tenhou.2885.jpg

これはポンの一手だ。

先ほどの3pポンとは違って、自然な手順でテンパイに取れる上、
2sが使いにくくなって、あがりやすくなるからだ。


tenhou.2886.jpg

下家からリーチが入って、結局3人テンパイで流局。

2sは2枚とも山で、あがり目は十分にあった。


不必要な3pポンで放銃に回るか、
自然な3sポンであがりの側に回るか、
得失点の大小以上にその差は大差だ。



tenhou.2501.jpg

別の半荘。南2局、微差の3着目の親番。

両面ターツがない、かなり厳しい配牌だ。


tenhou.2502.jpg

東が重なったが、依然として厳しい。
ソーズが高いので1sを切った。


tenhou.2503.jpg

上家から3枚目の6mが出たが、さてどうしよう?





tenhou.2504.jpg

あがりを見るならチーする手もあるが、少し無理スジだ。
そして、上家の6mの被り方が、なんとなく縦の場を感じさせる。

トイツ場の雰囲気を感じたら、なるべくチーをしない。
これは、トイツ手、コーツ手においてかなり重要な感覚だ。

スルーしたところ2pが重なり、はっきりトイツ手を意識した。


tenhou.2505.jpg

7mが重なって、チートイのイーシャンテンに。

ピンズはどれも絶好に見えるが、ここでは6pを切った。


tenhou.2506.jpg

次巡、赤5mツモ。
さて、何を切る?





tenhou.2507.jpg

ここではチートイに決めずに、5mを暗刻で残す。

残りのトイツは出切っている牌がなく、
3s以外はかなり鳴きやすそうだ。


トイツ手とコーツ手の分岐は、このように暗刻が一組出来た際におとずれるが、
残りのトイツがどれだけコーツになりやすいかを的確に判断することが重要だ。

例えばこの場合、一組でも場に出切っているトイツがあったら、
5mを切ってチートイツに決め打つのが間違いのない方法
だ。

本局はピンズが良さそうなので一見迷うが、
総合的にはコーツになりやすいトイツが多いのでコーツ手も見るのが正解だ。


tenhou.2508.jpg

2p、7mと立て続けに鳴け、
電光石火のトイトイテンパイ。

これでゼンツ確定だ。


tenhou.2509.jpg

下家からリーチが入るが、首尾よく東を打ち取って12000。

あの配牌がトイトイに仕上がるのだから麻雀はわからないものだ。

迷ったらツモに聞けとはよく言ったものだが、
上家の暗刻被りからトイツ場の兆候を感じ取れるかどうか、
本局はそれがすべてだった。


リーチの下家には負けようがない最終形だったが、
上家にしろ対面にしろメンツ手なら永遠に埋まらないネックをかかえていて、
トイツ場の特徴をよく表している場況であると言えるだろう。



ラベル:天鳳 手役
posted by はぐりん@ at 12:42 | Comment(0) | 手役の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

好調時の放銃回避

不調時の放銃では、不調時に起こるメカニズムについて書いたが、
それでは好調時にはどのような牌の巡り合わせがあるのだろうか?



tenhou.571.jpg

東4局、2着目で迎えた北家の自分。

36pのくっつきを見ていると、6pが重なった。さて、何を切る?





tenhou.572.jpg

三暗刻はあるものの、ここでドラを切るのはいまいち気が進まない。

7mが1枚切れていることもあり、678を見ながらドラを使った手組にするか、
もしくはかなり良さそうな69m受けになったら勝負と考え、
ここでは7mを切り出した。


tenhou.573.jpg

親のツモ切りを挟んで、対面のリーチ宣言牌に親のロンの声。
なんとびっくり確定三色イーペーコー形の12000。

自分の牌姿からは、6pの重なり以外は大体何をツモっても36pが出ていく。
ドラにくっついたら当然6p切りだし、
678に関連するピンズやマンズが伸びれば、ドラとはいえ3pは出ていく可能性が高い。

さらに、ここから北が出たらポンテンの構えだが、
その瞬間に3pはアウトだ。

6pは自分の手にはそれほど有効牌ではなかったが、
この結果を受けて俺の感覚としては、とにかく助かったという印象しかない


このように、好調時は不要牌が重なったりくっついたりして、
本人は意図せずにギリギリのところで放銃を回避するケースが多い。

偶然たまたま放銃を回避できただけだが、
ここで12000を振り込んでラス争いを繰り広げるのと、
悠々自適の2着生活を満喫するのとでは大違いだ。


tenhou.584.jpg

この半荘、トップ戦線に浮上した上、親番でこの簡単な一発ツモ。

裏なし4000オールだが、楽にトップで終了した。

好不調の因果は、何気ないあの6p重なりにあったことは言うまでもない。
麻雀の勝敗はこうした本当に何気ないところに潜んでいるものだ。


tenhou.1813.jpg

別の半荘。東4局、2着目南家の自分。

4sがポンされ、前巡の5s切りはカン2sの布石だ。
上手いこと3pが重なり、好感触の即リーチ。

下手な両面よりあがりやすそうだ。


tenhou.1812.jpg

これがまさかの一発ツモで、裏は乗らずの3000・6000。

良さそうに見える2sだったが、下家が一発で掴んで、ご覧のようにラス牌だった。


tenhou.1814.jpg

テンパイ時の牌オープン。

なんと3pは親への放銃牌だった。
雀頭のない手牌なら、3pは重ならない限りいずれ出る可能性が非常に高い。

例えば、2sツモなら確実に3pは出るし、
2sチーでも中単騎で十分だ。
3pが残り1枚ということからも、中の方が重なる可能性が高い。


いつ出てもおかしくない3pがたまたま重なったことによって、
放銃を回避できたばかりかハネ満のツモあがり。

これが好調時の牌運だ。


この場合、3pは放銃牌ということは実戦時は知る由がない。
1例目のように、放銃を回避できたとわかることもあるが、
実戦ではわからないまま進むことの方が多い。

不調時の放銃があれば、これらのような好調時の放銃回避もある。
これらは均せばイーブンだ。

つまり、不調か好調かは単なる結果でしかない。
このことをしっかりと理解しておく必要がある。


それでは、上記の前提を理解した上で、
好不調の感覚を打牌に反映してもいいのだろうか?


答えはYESだ。


麻雀はメンタルなゲームなのだから、
メンタルで優位に立っているものが勝つ。

好調だと実感したなら勢いに乗じて、攻め駒を増やしてドンドン攻める。
気分が乗っているから打牌選択にも迷いがなく、すいすいと手が進む。
たとえ手が高くなくても、相手はあなたの気配に押されてなんとなくミスをしてしまうかもしれない。

逆に不調だと感じているなら、少し受け駒を増やして守ってみる。
メンタルがやられているからこれ以上の放銃は自分を見失ってしまう。
これは一種の予防だ。
局を凌いでいくうちに自分を取り戻し、手牌も蘇ってくるかもしれない。


そもそも、最大25%しかあがれないゲームなのだから、
気分がいい時ぐらい攻めてもいいではないか。

麻雀は気分で打つのを許してくれないほど、狭量なゲームではない。

基本的には好不調を打牌に反映させても、直ちに勝敗に影響することはない。


重要なのは、気分で打っていい遊びの範囲を認識することだ。

気分で打っていいのは、自動車のハンドル操作の遊びの部分と一緒だ。
一定の水準までなら安全だが、遊びが過ぎると事故につながってしまう。

つまり、最終順位に影響するような、真に重要な局面では好不調の感覚に流されず、
基本に忠実な打牌選択を心掛けるべき
だ。

事故らない程度に気分で運転していいのは、麻雀も車も一緒なのである。


tenhou.2087.jpg

別の半荘。南2局5本場、2着目で迎えた親番。
点棒状況は自分から順に、32800、15700、7600、43900。

ここからどういう構想で何を切っていくか?





tenhou.2088.jpg

上家と11100点差で、対面が7600点しかない。
ファン牌が2組あるので、ここは親満を作って対面を飛ばしにいくのが最善だ。

そこでホンイツをにらむわけだが、
ツモによってはマンズに伸びる可能性もある。
そこで一番枚数の少ないピンズを払ってみた。


tenhou.2089.jpg

肝のファン牌が叩けて、ソーズに決定。
徐々に形になってきた。


tenhou.2090.jpg

西ポンで9s単騎を考えていたところ、この6s重なりでテンパイ。

西が狙い目のため、意外と悪くない最終形だ。


tenhou.2091.jpg

即座に下家が6sをツモ切り、これがなんとダブロン。
7700と11600のダブルパンチで、昇天したのは対面ではなく、下家だった。

5本場はかっさらわれたが、ギリギリ上家を捲ってトップ終了。

西が先に出ていたり、ツモっていたら間違いなく6s切りで9s単騎に受けるため、
対面に放銃していたら地獄のラス争いに巻き込まれるところだった。

これはまさに、好調時の牌運だ。


この局面、牌運が少し違うだけで、
自分、下家、対面、誰もが地獄に落ちる可能性があったわけだ。
麻雀の怖さとともに面白さを感じずにはいられない。



ラベル:好調 天鳳
posted by はぐりん@ at 21:11 | Comment(0) | 好調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

四暗刻の作り方

今回はコーツ手の王者、四暗刻について解説していく。

四暗刻を目指す上で最も重要なのは、フィニッシュ牌が山にいるかどうかだ。

相手に持たれているところが待ちになると、あがりの確率がぐんと下がるのが四暗刻の難点だ。

つまり、イーシャンテンの時点で3トイツのうち2トイツが強い待ちである必要がある

逆に言うと、3トイツのうち2トイツが弱い待ちである場合、仕掛けてトイトイに行くべきだと言える。


それから、四暗刻を目指す場合は、くっつきの中張牌よりも重なりやすい牌を残すことが重要で、
下手にメンツ手の保険をかけるとあがり逃しになることが多い。

字牌の場合は、1枚切れよりも生牌を残すことがコーツ手のコツで、
ここがチートイツとの大きな差だ。

コーツ手、トイツ手はとにかくメンツ手との天秤にかけるのが一番よくない。


中途半端に保険をかけると、極端にあがり確率が下がると心得ておくべきである。
縦場か横場かを的確に見極め、その手の方針に邁進するのが期待値を高める方法だ。
縦場においては下手な牌効率やデジタルは、損を少なくするように見えて実際は損を大きくする打ち方だ。


そして、コーツ手の基本はリーチだ
なぜかというと、相手に対応させた方がコーツ手はあがりやすいからだ。

相手に対応させて、紛れを増やした方が局が長引いて自分がツモあがる確率が高まるし、
トイツ場なら自分のコーツは相手のメンツ手の急所になっていることが多く、
攻め返されてもそれほどひどいことにはならない。

さらに、トイツ場は安全そうに見える牌が放銃につながったりして、
意外とオリきるのは難しい。

シャンポン待ちは後スジやノーチャンスなどで長引くほど出あがりのチャンスも大きくなるし、
相手に対応させることでチャンスが増幅する。

だから、四暗刻でも臆せずにリーチなのである


最低限これらの項目を押さえておけば、四暗刻の成就確率はかなりUPするはずだ。
それでは、実戦例を見ていこう。



tenhou.1698.jpg

開局。北家の自分。
ドラにくっついたが、さて何を切る?





tenhou.1699.jpg

ここで明確に手をかけてはいけないのは、6m、2p、3pの3牌だ。

自分の手は発の暗刻に23pの並びトイツではっきりとコーツ手が見えている。

他家の捨て牌にもかぶりが多く、トイツ場の様相を呈している。
こういう場面ではトイツに手をかけず、単純ターツを払っていくのがコーツ手の基本だ。


tenhou.1700.jpg

6mが暗刻になり、この2pですかさず三暗刻のテンパイ。

このツモの感触ならMAXまでいけそうな予感だ。


tenhou.1701.jpg

ドラをツモっていよいよテンパイ。
ダマでも12000確定だが、さてリーチする?





tenhou.1702.jpg

コーツ手の基本はリーチ。
ここはシステムに従ってリーチだ。

こういうドラ待ちのような難しい待ちになったら、ダマでもどうせ出てこないため、
リーチして相手の手を止めるのがいい。

紛れを起こして局が長引いた方が四暗刻は成就確率が高い。

本局はご覧のように純カラで、結局一人テンパイで流局した。


tenhou.2163.jpg

別の半荘。東2局の親番。

4sが暗刻になって、勝負手になってきた。
さて、何を切る?






tenhou.2164.jpg

ここではホンイツだけでなく、コーツ手も見て重なりやすい牌を残したい。
そこで7m切りだ。

上家と対面の1pが比較的早いので、2pが山にいそうだというのはわかるだろう。
この場合、2pのスジの5pも山にいることが経験上多い

1pの早切りは4pを持っていることが多いが、
だからといって5pを持っていないということにはならない。

しかし、ピンズの中ほどを厚く持っているような手ならば
1pも簡単に出てくるとは思えない。

こういう比較的ピンズの安い場での早切り牌の裏スジは、
その家の必要牌になっていることが多いものだ。

これはおそらくデータ的にも実証できるだろう。

下家の9p切りが早いのも同様だ。
序盤に切った裏スジは山に濃いと覚えておくといい。

これは俺が山読みに用いている重要な情報のひとつだ。
例えば、こういう場況でのカン5pは即リーチでもそこそこあがれる感触がある。
多岐に応用可能で、覚えておいて損はないだろう。


tenhou.2165.jpg

狙い通り、5pが重なった。
これでホンイツよりもコーツ手が本線となった。
9s切り。


tenhou.2166.jpg

なんと南が暗刻になってスッタンも見えるイーシャンテンになった。

ここは当然字牌を残して6s切りだ。

100歩譲って6sを残すとしたら、ここは生牌の東を温存して1枚切れの発を切るのがコーツ手の基本だ。
チートイツなら逆だ。生牌の東を切って、1枚切れの発を残す。


tenhou.2167.jpg

ツモが効かずに下家からリーチが入って、終盤にやっとテンパイ。
対面の発が間一髪間に合っているのがなんとも惜しい。


tenhou.2168.jpg

流局。三人テンパイ。

なんと5pは2枚とも山にいた。
下家の捨て牌に東が並んでいるのを見ても、
相当チャンスのあった局だったことがわかる。


tenhou.1968.jpg

別の半荘。東4局、トップ目の親番。

発が暗刻にスジトイツだらけのちょっとびっくりするような配牌。
稀にある配牌トイツ場だ。


tenhou.1969.jpg

次巡、369pのスジトイツが完成して、あっさりチートイツテンパイ。

さて、どうしよう?






tenhou.1970.jpg

こんな楽しみな手に蓋をするのはいかにももったいない。
ここはひとまず7s切りでコーツ手の可能性を残す。

待ち頃の牌を持ってきたら渋々チートイツでリーチだ。


tenhou.1971.jpg

次々巡、あっさり9sが暗刻になって構想通り四暗刻に移行。
さて、何を切る?





tenhou.1972.jpg

4sと6pの比較だが、ここは6p切りだ。

上家の2sが早いのと、何より下家の5s切りが4s残しの根拠だ。
早出の5切りの裏スジ、特に4と6は当人がかなりの確率で持っていない。
これもかなり使える手牌読みのひとつだ。

そして、このぐらい感触のあるトイツ残りなら、鳴き無しだ。
フィニッシュの効く最終形なので、仕掛けてトイトイにする必要はない。


同巡、対面の切った中を下家がポン。
このツモの流れで、このポンははっきり言って最悪の感触だ。
できることならツモ巡が変わらずにツモの流れを見たかった。


tenhou.1973.jpg

上家にツモ切られる9p。
うーむ、やはりそうなったかという感じ。

鳴き無しのままなのでラグはかかっていない。
ラグをかけても上家からは鳴きたくないというのが心情だ。


tenhou.1974.jpg

受け気味に打っているように見える対面から9pが出た。

さすがにこれは鳴く。
これを鳴かないと、巡目的にもかなり厳しい。


tenhou.1976.jpg

この動きで、上家にリーチが入ってしまう。

下家の鳴きや俺の鳴きが上家に利する展開となっている。

この4mをツモって、さてどうしよう?





下家の鳴きから一貫して感触が良くない。
マンズは上家のみならず、下家にも切りたくない色だ。
ここは一歩退くべきと判断して、3pを切った。

3pは安全ではないが、変則場風味なので発は単騎待ちがあるかもしれない。
マンズを引けばテンパイ復活があるので少しひねった打牌選択だ。


tenhou.1978.jpg

4mは当たりで、撤退は正解だった。
ギリギリまでテンパイを目指すも、ノーテンで親流れとなった。


tenhou.1979.jpg

4巡目の時点の牌オープン。

36pが1枚ずつ持たれている以外は全山。
鳴き無しにするほどの感触は間違いではなかった。
が、下家の中ポンが威勢を削ぐ格好となってしまった。


tenhou.1570.jpg

別の半荘。南3局1本場の親番。23800点持ちの3着目。

スジトイツ含みの難しい形。
ここから何を切る?





場況的にはピンズがかなり高く、
対面も下家もピンズに染めているように見える。

ピンズの処理と自分の手との兼ね合いでどうするのか、
かなり広い選択肢のある局面だ。


tenhou.1571.jpg

ここはコーツ手のツモの流れに沿って赤5mを切ってみた。
カン4mは悪くないように見えるため、異論もあるだろう。


6mが暗刻になったことにより、345の可能性がなくなった。
ピンズは45pどちらを切っても仕掛けられる可能性が高いのと、
高いピンズで裏目を引くと取り返しがつかなくなるため、
ピンズの選択はなるべく後回しにしたい。

ソーズ切りも十分あるが、リャンシャンテンに戻して果たしてあがりがあるかどうか?

そのように考えていくと、ポンテンやコーツ手の可能性を消さない赤5m切りは十分にある。
何より、36mと58pのスジを固めて持っている。
この形を重視して手を進めるのはコーツ手を捌くひとつのコツだ


tenhou.1572.jpg

次々巡、望外の4p重なりで、こうなったら手順のソーズ落としだ。

ここでは赤5sの重なりを見て3sを切った。


tenhou.1573.jpg

間髪入れずに5pツモ。
この場況でピンズが山に濃いのが意外すぎるが、
とにもかくにも四暗刻のテンパイ。

さて、リーチする?





tenhou.1574.jpg

コーツ手の基本はリーチだが、ここではダマにした。

まず、4pが悪すぎる。
マンズはただで取れそうだが、3mは残り1枚。
赤5mが迷彩になっているとはいえ、リーチをかけて万が一止められたら絵に描いた餅に終わってしまう。


ダマならただ取り、かつ残りが1枚のようなケースではこのようにダマにするのもありだ。


tenhou.1575.jpg

トップ目の上家から出て、18000の直撃。
この一撃で楽にトップで終えられた。


ちなみに下家は123の食い三色で、ペン3mとペン3sの必要な手牌だった。
3mを中盤のタイミングで切っていたらかなりの確率で食われ、このコーツ手は成就していなかった。
あの赤5m切りによって、俺の気配を感じた下家は引き気味になった。

この結果はたまたまだが、コーツ手の捌きが上手くいったケースであり、
すなわち場況に合った捌きだったということだ。


tenhou.2170.jpg

別の半荘。東2局、南家。

この6pをツモって何を切る?





ここではトイツ手の意識はない。
メンツ手を見て手広く白を切った。


tenhou.2171.jpg

2pを立て続けにツモり、コーツ手が少し見えてきた。
素直に3mを切る。


tenhou.2172.jpg

1pが暗刻になって、はっきりコーツ手が見えてきた。

ここでドラ受けを見切って6sを切る。


tenhou.2173.jpg

上下に仕掛けが入って、無駄ヅモなく四暗刻のテンパイ。

さて、リーチする?






tenhou.2174.jpg

ここは迷わずにリーチだ。

仕掛けでテンパイが入って、待ちの2pも8mも絶好。
上下の仕掛けを咎める上でもこれ以上のリーチのタイミングはない。

何度も言うが、コーツ手の基本はリーチだ。


tenhou.2175.jpg

一発ツモ!
あまりにもあっさりあがれて拍子抜けだ。

これが好調時の手なり四暗刻だ。

選択の余地がなく、仕掛けによってあがれたような四暗刻で、
成就しなかった上記4例の方がよっぽど手応えがあるのだが、
あがれるときはこんなものなのだろう。


tenhou.2176.jpg

こんな時に限って、裏3。

まあ、贅沢は言わないでおこう。



ラベル:天鳳 手役
posted by はぐりん@ at 19:26 | Comment(2) | 手役の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする