2016年03月27日

スルースキル トップ目の親は余裕を持って【ラス前編】

前回に引き続き、トップ目・親番の打ち方がテーマ。

今回はラス前(南3局)に題材を絞った。


ラス前に限った話ではないが、トップ目の親番でまず考えることは、
「仕掛けてあがることにどれだけ意味があるか」ということだ。


高い手なら決定打になりうるため、問題はないが、
仕掛けの安手で連荘することは、
見方を変えれば下位者に対していたずらに挽回のチャンスを与えているとも考えられ、
順位戦略として得とは言えないケースも多いからだ。

ましてや、局回しの重要なラス前ともなればなおさらだ。


仕掛けること自体、手狭にして守備力を低くする行為であるのに、
その目的であるあがりを得ても、相手が喜んでしまうというのでは、
リスクとリターンが見合わず、そもそも仕掛けない方がいいというのは少し考えればわかる。


あがることが勝つための必要条件なのに、
あがることが常に勝つために必要なわけではない
というところは、
何とも不思議な命題を内包しているが、
結局のところ、順位戦略としてその仕掛けは最適ではないということである。


天鳳ではあがりを取りに行くより放銃を回避することの方が重要な場面が多く、
一見、普通に見える仕掛けが最適解ではないことも多いと私は認識している。


ともかく、トップ目の親番こそが、
仕掛けによる「あがりの意味」を超真剣に考えるべき場面であり、
迷ったら、メンゼン主眼にどっしりと構えるぐらいでちょうどいいだろう


それでは、具体的に実戦例から見ていこう。



@安い
tenhou.3597.jpg

南3局2本場供託1本、37300点持ちトップ目の親番。

2着目は25000点の南家で、3着目・ラス目が18400・18300と拮抗している。

トイツ4組のところ、下家から白が出た。
さて、どうしよう?





tenhou.3598.jpg

鳴き無しでスルーした。

供託リーチ棒があるとは言っても、この局面で安手の連荘はあまり意味がない。

メンツが一つもないため、鳴いてもさほどスピード感のある手ではなく、
特に注意すべきなのは拮抗している3着目とラス目への放銃だ。

いずれかに満貫クラスを放銃してしまうと、オーラス見事に三つ巴となり、
トップを取るどころか、ラス転落が現実的に見えてきてしまう。


下との点差を考えたら、安手であがるより流局でも親が流れてくれた方が嬉しい。

3着目と4着目はこの点差のまま、オーラスはラス争いをしてもらった方が、自分にとっては都合がいいのだ。


tenhou.3599.jpg

ラス目の上家が中を大ミンカンして、ドラドラになった上、光速のチートイテンパイ。

スルーから数巡でまさかの勝負手に育った。

下家の2pを上家はポンしていないので、2p待ちに取る。
この2pは感触あり。


tenhou.3600.jpg

首尾よくツモって4000オール。

これはできすぎの結果ではあるが、
4トイツぐらいなら鳴かずともトイツ手が高速で仕上がることも多い

ドラに寄せることも可能なチートイツは、攻守両面においてやはり魅力だ。



Aライバルが仕掛けている
tenhou.2721.jpg

南3局、38500点持ちトップ目で迎えた親番。

2着目は24000点の南家、ラス目は13900点の西家となっている。

上家から中が出たところ。
さて、どうしよう?





tenhou.2722.jpg

鳴き無しでスルーした。

ドラ1あって、愚形とはいえペン3sは場況的には悪くないのでポンする手もあるが、
ここでのポイントはライバル下家が先に仕掛けていることだ


下家の仕掛けは9pのリャンメンチーだが、ピンズの染め手でもなく、
パッと見高そうには見えない。

2着キープ主眼でかわしを念頭に置いた仕掛けの可能性が高いなら、
相手にスピードを合わせる必要はない

余裕のスルーでさらに形が整ってから仕掛けてもいいし、
あるいは南家にそのままあがってももらっても構わない。


tenhou.2723.jpg

ラス目対面の仕掛けも入り、上家から3pが出たところ。

この3pは場に4枚目の36pだが、さてこれを鳴く?





tenhou.2724.jpg

ラグありでスルーした。

ドラを仕掛けていない対面の仕掛けはそれほど脅威ではなく、
仕掛けてテンパイに取る手もあるが、
バックの2900にする必要性もさほどない。

メンゼンで融通の利いた構えのまま、
やはり仕掛け者にはあがってもらっても構わない。


我慢したところご褒美の赤5pツモ。
これでぐっと手がグレードアップした。
5800なら、一転してあがりを取りに行く価値は高まる。


tenhou.2725.jpg

ほどなくして出た中をポンしてテンパイ。

切られすぎた36p待ちを回避しているのも好感触だ。


tenhou.2726.jpg

間髪入れずにツモって、2000オールのダメ押し。

とにかくスルーを尽くして入れたテンパイというのは好結果に結びつきやすい。

文学的に言うと、対面の勝ち運まで食い取った、こんな感じか。

やはり2900と5800の差は大きく、
5800クラスの加点であれば十分に決定打になりうる。

トップ目の親番で仕掛ける基準は5800からを意識するのがいいだろう。



B遠い
tenhou.8905.jpg

南3局1本場、50200点持ちダントツトップ目の親番。

点棒状況は自分から順に、50200、28400、12800、8600となっている。

コーツ手風の手牌から自風の東が出たところ。
さて、どうしよう?





tenhou.8906.jpg

鳴き無しでスルーした。

鳴いてイーシャンテン、手牌的には遅いというわけではないが、
カン7mのノミ手であがることにはあまり意味がないし、
鳴いてからトイトイ、ホンイツを見込むのも少し遠い。

それならばツモの様子を見ながらメンゼンで手組みをし、
トイツ手等の可能性も見た方がいいと考えた。


スルーしたところ、ベストと言える東ツモ。
この局で終了させるに十分な、楽しみな手牌に育ってきた。


tenhou.8907.jpg

ソーズのホンイツ主眼の手組みにしたところ、上家から2sが出た。

さて、これを鳴く?





tenhou.8908.jpg

ラグありでスルーした。

コーツ手構成の手牌をチーから入るのはスジが悪い。

これは今後も扱うテーマだが、
トイツ手はポン、シュンツ手はチー、
トイツ場はポン、シュンツ場はチーから入るのが基本だ



この牌姿の場合、3s9sはポンだが、2sはチーしないということになる。
点棒状況的にはスッタンまで意識してもいい場面だろう。

スルーした結果、赤5sツモ。


tenhou.8909.jpg

ズバッとカン4sをツモって、出来た!という感じのテンパイ。

手変わりもあるのでダマテンに構える。


tenhou.8910.jpg

対面が仕掛けていた南と中を連続加カン。

場に緊張が走る。


tenhou.8911.jpg

このタイミングで、リーチをかける?かけない?





tenhou.8912.jpg

ツモ切りでリーチに踏み切った。

ここでは1sが表示牌に死んだ上、18000になったため、ダマでも対面は飛ぶのでリーチをかける意味があまりない。
それ以上のデメリットとして、6sツモによる変化が効かないというのもある。


ここでのリーチはひとえに、仕掛けのカンを咎めるリーチだ。

対面は3着目であり、点棒状況的にはカンのメリットがあまりない。
放銃の最も嫌なはずの対面のカンは、少し勇み足にも映る。

蛮勇のカンであれば、ここが最善のリーチのタイミングだと判断した。


tenhou.8913.jpg

結局対面から出て、裏はまったく乗らずに、18000で終了となった。

対面がカンをしていなければ、飛ばずにギリギリ耐えられたはずで、
咎めることに成功したと言える。



C仕掛けるのは急所から
tenhou.10848.jpg

南3局、36400点持ちトップ目の親番。

2着目が29600点の南家、ラス目が16600点の北家となっている。

678の三色のイーシャンテンだが、カンチャンが2つ残っている。
上家から7sが出たが、さてどうしよう?





tenhou.10849.jpg

ラグありでスルーした。

この場面、ドラの7pなら仕掛けるが、7sはスルーすると決めていた。

場況からソーズの上は安く、7sはこの局面の急所ではなく、
何より7sチーしたところで、ドラ待ちではあがりにくい。

2900という打点もドラ待ちのあがりにくさに見合わない。


tenhou.10850.jpg

ほどなくしてドラツモのテンパイ。

仮に7sをチーしていると、下家にド急所のペン7pが流れて、テンパイを入れられるところだった。
(前巡の9m手出しは6mとのスライド)


tenhou.10851.jpg

ダマテンのままツモって、会心の3900オール。

前巡の5s切りもこの場況なら普通だろう。


このように、急所牌を的確に見極められれば、
スルーによって悪い結果を誘発する仕掛けを減らすことができる


これはトップ目であろうとラス目であろうと変わらないわけだが、
点棒に余裕のあるトップ目だからこそ、目先のテンパイに捉われず、
大局を持ったスルー判断を心掛けたい
ものだ。



ラベル:不鳴 天鳳
posted by はぐりん@ at 00:28 | Comment(12) | スルースキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

スルースキル トップ目の親は余裕を持って【オーラス編】

トップ目のオーラス親番で意識することは、
言うまでもなく2位との点差であるが、
天鳳の統計によると、
満貫の出現率特南赤ありで16.57%、鳳南赤ありで16.12%となっており、一方、
ハネ満の出現率特南赤ありで7.27%、鳳南赤ありで6.73%となっている。


統計的に見ても、満貫とハネ満には2倍以上の出現率の差があり
現実的な逆転のラインは満貫であると認識できる。

つまり、オーラストップ目の親番においては、
満貫放銃しても逆転されない16100点以上の差があれば、
周りをあまり気にせずに仕掛けていける
が、
それ以下の点差であれば少し注意が必要となってくる。

ポイントは以下の通りだ。


@2着目との差が12100点以上16000点以下の場合は直撃を避ける

この点差の場合は2着目が満貫ツモでも捲られない上、
脇に満貫程度を放銃しても大抵は大丈夫であるため、
とにかく2着目への直撃を避けることが重要となる。
つまり、2着目に対する守備が不安な場合はスルーよりの選択を心掛けた方がいい。


A2着目との差が12000点以下の場合はあがりにいく価値は高まる

この点差だと満貫ツモで捲られてしまうため、現実的な逆転条件が残っている。
ツモあがりは巡目が増すことでその可能性も高まるため、
自分があがりにいくことで半荘を終了させる価値は高まる。
ただしあくまで自分の手との勘案で、焦りは禁物だ。


B余裕を持ったスルーによって、一発消しなどの小技を使える

オーラス一局勝負で都合よく手が入ることはそうそうない。
逆転のためには一発や裏ドラなどの偶然役が必要となるケースも非常に多い。
自分が仕掛けずに余裕を持った手組みにしておくことで、
一発消しや海底ずらしといった、偶然役を消す小技が効きやすくなる。
何気ないがこれも手を短くしないことの大きなメリットだ。


C16100点以上の点差であっても、ダブロンにだけは気をつける

直撃さえ避ければどこに何を打っても大丈夫という点差であっても、
天鳳にはダブロンがあるため、うっかり想定外の出費になるということにもなりかねない。
最後まで油断せず、2者に当たらない牌であるかどうかという見極めも必要となってくる。


それでは、実戦例から見ていこう。



@2着目との差が12100点以上16000点以下の場合は直撃を避ける
tenhou.2570.jpg

オーラス1本場、48400点持ちトップ目の親番。

2着目の下家が32200点となっている。

オタ風北のドラがトイツで白が出たところ。
さて、どうしよう?





tenhou.2571.jpg

手拍子でポンと言いたくなるところだが、これは鳴き無しでスルーした。

2着目の下家とは16200点差で、満貫直撃OKじゃないの?と思われたかもしれない。

が、よく見てほしい。1本場なので満貫直撃されるとギリギリ捲られてしまう。

ここから白を鳴いてしまうと少し受けに不安が残り、
直撃のための隙ができてしまう。


感覚的にはポンしても大体大丈夫なのだが、
下家への満貫直撃さえ避ければいいので、それほど焦る必要もないのだ。


tenhou.2572.jpg

赤をズバズバッと引いて、スルーが奏功。

これなら下家の打点も限定されるため、リスクはかなり低下したと言える。


tenhou.2573.jpg

絶妙のタイミングで白がポンでき、テンパイ。

下家の河も煮詰まっていないので、
ここでは手順であがりを取りに行くという戦略で良さそうだ。


tenhou.2574.jpg

上家から出て、12000終了。

テンポよく最速のあがりに結びついた。


tenhou.3846.jpg

別の半荘。
オーラス、43100点持ちトップ目の親番。
2着目の上家は30500点となっている。

白のドラがトイツのところ、オタ風の北が立て続けに打たれた。

さて、どうしよう?





tenhou.3847.jpg

手牌の形がいまいちである以上、この北を鳴く理由がない。

上家への直撃を避ける意味でこの北は重要な受けゴマだ。

ちなみに、ここで白が出ても、同様にスルーする。


tenhou.3850.jpg

マンズが猛烈に伸びて、手牌はホンイツへと変貌した。

上家から2mが出たが、これを鳴く?





tenhou.3851.jpg

これはラグありでスルーした。

北が枯れている以上、こういう2mは鳴いてもあがりやすくならない。
マンズの下は急所でもないし、チートイツの方が早いという印象だ。

実際、5mをツモって、なんとももったいない手のテンパイとなった。


tenhou.3852.jpg

いかにも良さそうな9sをツモったが、さてどうしよう?





tenhou.3853.jpg

ここでは9sをツモ切った。

スルーを駆使して出来た好調時のファーストテンパイなので、
感覚的にはそのまま最上級で仕上がると思った。


これは理論的には9s待ちにする局面なのだが、
8mの場況も悪くなく、どちらでもあがれると思った。

結果、先に8mが出て、18000。
なんと下家がラス転落となり、迷惑極まりないあがりとなった。



A2着目との差が12000点以下の場合はあがりにいく価値は高まる
tenhou.13016.jpg

オーラス、41300点持ちトップ目の親番。

2着目の下家は29900点となっている。

上家から4pが出たが、さてどうしよう?





tenhou.13017.jpg

機敏にチーしてかわしにいった。

下家との点差が11400点なので、満貫ツモで変わってしまう。

それならばという感じで安いソーズを照準に絞った。
これは、一気通貫の作り方(鳴き)で紹介した例だ。


tenhou.13019.jpg

首尾よくあがってトップ終了。

下家の手は悠に満ツモ条件を満たしているイーシャンテンだった。

このように、満貫ツモで逆転されるかどうかというのは、
親であがりに行くかどうかの大きな判断基準となる。




B余裕を持ったスルーによって、一発消しなどの小技を使える
tenhou.13598.jpg

オーラス、47000点持ちトップ目の親番。

2着目の対面は33200点となっている。

上家から発が出たところ。
ドラドラのチャンス手だが、これを鳴く?





tenhou.13599.jpg

やはり鳴き無しでスルーした。

対面との点差が13800点なので、満貫ツモでも変わらない。

対面への直撃を避けるべく受けゴマを減らさない構えとした。


tenhou.13600.jpg

1枚切れの南が重なって、ここで手広く中切り。

好形のポンテン程度ならあがりを見に行っても良さそうだ。


tenhou.13601.jpg

ライバルの対面からリーチが入って、ここで一発消しのチー

対面の条件はハネツモor満直なので、条件付きリーチの可能性も十分にある。
ここでの一発消しはここまでの道中で行う一発消しとは比較にならないぐらい順位戦略として重要度が高い。


発スルーからゆったり構えた手組みにしているからこそ、
こういった小技も使うことができる。



ちなみに3mはトイツ落としなので、
それぞれ3枚見えの南も発も自信を持って落とすことができる。


tenhou.13602.jpg

結局、ラス目の上家が放銃し、7700。

裏も乗らなかったため、一発を消した時点で負けはほぼなくなった


上家さん、次の私の打牌は3pだったのに、南無〜〜。



C16100点以上の点差であっても、ダブロンにだけは気をつける
tenhou.13279.jpg

オーラス、48500点持ちトップ目の親番。

2着目の下家は24200点で、24300点差。

つまり、何をどうやっても大体負けない点差だ。


リーチするとハネ直で捲られるので当然のダマテン。

あっさりツモって終わると思ったのに、意外と長引き…


tenhou.13280.jpg

上家が仕掛け、さらに対面のリーチ一発目に6pをツモったところ。

さて、どうしよう?





べらんめい、こちとら10年前からテンパってんだ!と、ツモ切りしたら…


tenhou.13281.jpg

( ̄Д ̄;)えっ!?




tenhou.13282.jpg

あ、あぶね… 危なくもないか?

裏は乗らずに8000と5200でちょっと冷や汗をかいた。


このように、ダブロンの可能性がある時は細心の注意が必要だ。


ちなみに裏ドラは発だったので、下家の手を見る限りは、
これはこれで良かったのかも。



ラベル:不鳴 天鳳
posted by はぐりん@ at 23:31 | Comment(17) | スルースキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

安牌の続かない手はそれなりにまっすぐ行く

相手の先制リーチに対して、
どの程度攻め返す余地を残すのかというのは麻雀の永遠のテーマだが、
自分の手の打点・あがりやすさだけではなく、
リーチに対する安全牌がどのくらいあるかによっても攻守判断は変わってくる


オリ切れる保証がないのにメンツを中抜いても、
放銃のリスクは低くならないのに自分のあがりの可能性を消してしまうため、
局収支的には大幅に損な選択ともなりかねないからだ。


このへんは経験を積めば感覚的にある程度の正解を導き出せるわけだが、
後手における押し引きの強弱というのは個人差がかなり大きく
和了率・放銃率・局収支といった各数値に影響を与える部分であり、
ひいては、個々人の雀風を司る部分とも言えるのではないだろうか。


本当につまらない手なら安全を考えながら手を進めるのが普通であるため、
中盤以降に安牌に困っている時点でそれなりに攻め返す余地があるとも言える。

ただ、つまらない手だからこそかわす価値も高いのであって、
皆が一様にオリを選択しやすい場面こそ、
実は腕の問われる部分なのではないかと思ったりもする



強者というのは間違いなく、
しぶとい、しつこい、あきらめないという特徴を持っているものであり、
特にラス回避が重要な天鳳だからこそ、
後手に回った際の対応が重要になってくるのだろう。


それでは、具体的に実戦例から見ていこう。


tenhou.8795.jpg

東4局、28800点持ちトップ目の北家。

タンピンの望める整った手牌のところ、ラス目の上家からリーチが入った。

さて、何を切る?





tenhou.8796.jpg

ひとまずお茶を濁す感じで、8p切りとした。

さすがに7pを中抜いても後が続かないため、ある程度まっすぐ行くのだが、
ラス目のリーチである上、一発目に引かされた7mの感触が悪すぎる


567の三色なども見えるが、47mを使い切る最終形が難しく、
ゆくゆくはオリかなあ、という感覚を持っていた。


tenhou.8797.jpg

8pを下家にチーされ、7mが重なったところ。

さて、何を切る?





tenhou.8798.jpg

7s切りと少し迷ったが、2m切りでドまっすぐとした。

これなら懸念していた47mを使い切れるので勝負になる。

次巡、あっさりテンパイが入り、文句なく追っかけに踏み切った。


tenhou.8799.jpg

これを仕留めて、裏なしの3900。

上家の手は、シャンポンのリーチのみ。
ラス目だとしても先制にはこれがある。

だったら行けばよかった、とならないようにギリギリまで攻め余地を残すわけだ。
テンパイまでいけば勝負は五分以上と思っていい。


本局は8pさえ切れればあとは手順に沿ってなのでわりと楽。
7mの重なりに気をよくすることが肝心だ。


tenhou.4350.jpg

別の半荘。
東1局1本場、原点2着目の西家。

連荘中の親から早いリーチが入っている。
さらに、中を仕掛けた下家が6pなど押している。

安牌がありそうでないが、さてどうしよう?





tenhou.4351.jpg

6mのトイツ落としも考えたが、ここではまっすぐに6s切りとした。

こちらもドラ暗刻とはいえ、牌の並び的にはあがりまでは少し厳しい。

ただ、中途半端にオリて放銃するのが一番悔しいので、
ギリギリまであがりを捨てない手順を踏もうと、がんばった。


tenhou.4352.jpg

ここ引くか!という3sツモで一応テンパイしたが、
さてどうしよう?





tenhou.4353.jpg

こうなった以上は、放銃覚悟で勝負するところだろう。

ダマで出あがりも効くし、打点も十分にある。
何より未だに安牌がまったくない。
6sを押した流れから言っても、ここは勢いにまかせたい。


tenhou.4354.jpg

結局、下家が赤をツモって2000・4000。

親は、ドラメンツが完成した上での、69m待ちだった。


tenhou.4355.jpg

6sを押した局面。

ワンチャンス6mトイツ落としでも、スジの3p切りでも大変なことになっている。

日和らないことで回避できる危機というのも確実に存在するのだ。


tenhou.8697.jpg

別の半荘。
東2局、原点の北家。

チャンス手イーシャンテンのところ、
ラス目の親からリーチが入って一発目。

嫌な5sをツモって何を切る?





tenhou.8698.jpg

切りたくない6p固定の7p切りも考えたが、全力の5sツモ切りとした。

場況から36sは良さそうに見えたので、
最終形をそれに寄せるのが最もあがりに近いと読んだ。


tenhou.8699.jpg

赤5mをツモってマンズはフリテン含みだが、
8pが顔を見せたのでここでは7p切りとした。


tenhou.8700.jpg

4sをツモって何を切るか?





tenhou.8701.jpg

やはり36sに寄せる意識で強く4s切りとした。

親の河にはドラの8mも見え、赤やドラが続々と見えている。
親リーチとはいえ、それほど打点はないのではないか。

こちらもチーテン満貫なら十分に勝負になる。


tenhou.8702.jpg

結局、親がダブ東をツモって4000オール。

予想外に高くてちょっと冷やっとした。
先ほどとは逆で、思いのほか高いケースだが、頻度としてはこちらの方が多いような気もする。

放銃に結びつかなかったので、これはこれで良し。


tenhou.10652.jpg

別の半荘。
南1局1本場、19500点持ち3着目の北家。

41000点持ちトップ目の親からリーチが入って、一発目。

3pツモって一手進んだが、さて何を切る?





tenhou.10653.jpg

トップ目の親にだけは打ちたくない点棒状況だが、
やはり3m切っても後が続かないので、1m切り。

これにラグがあり、ぎょっとしたものの、無事通過。


ドラドラなのですんなりテンパイすれば攻め返せるが果たして…


tenhou.10654.jpg

次巡、少しずれて6sツモ。さて、どうしよう?





tenhou.10655.jpg

ツモが縒れた上に、安牌が増えたので、ここでオリる手はあるが、
ギリギリまで粘る意味で2m切りとした。

先ほどの1m切りより遥かに勇気がいる2m切りで、
天鳳的な期待値としては微妙な一打かもしれない。


次巡に9sをツモって更なる押しも考えたが、
ちょっと感触が悪いのでここでマンズ落としとした。

2mを押したことで、今度はマンズを全部落とせるため、
風通しがよく、気分的にはかなり楽になっている。


tenhou.10656.jpg

ラグのあった1mから切ると、上家がポン。


tenhou.10657.jpg

そして、対面が役なしをツモって500・1000。

自分の手はイーシャンテンに復活していてまだまだ粘れる体勢だし、
2mを押したことによって1mポンの猶予を上家に与えたと考えることもでき
結果これが対面のかわし手に結びついたわけだ。


1mを連打していても上家はポンして同じ結果になった可能性もあるが、
ただベタオリして、自分の手牌も死んでいるのと、
1牌押して自分の手牌が生きているのではこの結果に与えるイメージがまるで違う



自分の手牌を生かして場を活性化させ、その上で生まれるいい結果というのは、
麻雀において最もいい循環であり、
それをもたらすのが1牌の押し、気持ちを強く持った押しではないだろうか。


見ているものを熱くさせる麻雀というのは、
押しの部分MAX同士で戦う姿勢を前面に出しつつ、
最後ギリギリのところで引くという絶妙な駆け引きで、
そういう麻雀を打っている時は本当に充実感がある。


天鳳的な期待値としては一見微妙に見える一打だとしても、
実はその押しには様々な付加価値があって、
トータル的にはそれほど悪い結果を生みにくいのではないだろうか。

天鳳位の打牌は、
何気ないところにこういう付加価値を生んだ打牌があるのではないだろうか、と思った次第である。


この半荘は気分のままに2着浮上で終了した。



ラベル:天鳳 攻撃
posted by はぐりん@ at 00:07 | Comment(10) | 攻撃力UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする