2016年09月25日

ブログネタとオカルトの価値観

tenhou.23114.jpg


このメモはブログ用に作成したネタの一部である。

リーチに対して無スジが危険であるように、
麻雀の最適解というのは、似たような場面で似たような打牌選択となることが大半だ


まったく同一の場況であることなど、確率的にはほぼありえないわけだが、
かなり類似した場況となることも少なからずある。

麻雀打ちというのは過去に積み上げてきた経験から、
必死にその答えを探す作業を無意識的にしているものだ。



これは将棋でいうところの「定跡」であるが、
麻雀における定跡は未だ整備されているものが少ない。

私は自らの経験を通じて、
道端に転がっている砂利をどかし、
快適な歩を進められるように、「麻雀の道」を整備していく所存である。


私の麻雀スキルは、現在のところ、
2の16乗=65536通りある。


スルースキルだけでも、2の10乗=1024通りとなっている。

これをすべて伝えきるとなると一生涯の作業となってしまうが、
少しずつ伝えていくので皆さまの一助となれば幸いである。



今号の近代麻雀2016・10・15号の藤田晋さんのコラム、
「仕事が麻雀で麻雀が仕事」にはっとさせられることが書いてあった。

その部分を以下に抜粋したい。

神頼みのようで、自分の社長がオカルトなものに頼っているとすれば少々不安な気がしますが、
不思議とそういった人の会社は好調であることが多いです。
そして好調な社長の話はみんな信じやすく、真似したくなります。

でも、実業の世界と同様、強い打ち手のオカルトはその人だけのものであり、
真似できるものではないし、同じ価値観を人に押し付けてはいけないものだと思います。

超高学歴の頭がいい人が会社に入って苦戦する多くのケースは、
そういった力を評価できず、問題に対して正しい答えを出すことしか知らないからです。
ビジネスの世界では、デジタル思考だけでは必ず行き詰まります。


実業で結果を出している藤田さんのコラムだけに非常に説得力があり、
いつも感心させられる。


私の理論の中には、時折流れ論のようなオカルトめいたことが書いてあることもある。
トイツ場のシャンポン受けなど、人によってはオカルトだと思うだろう。

このブログを続けていて特に思うのは、
麻雀において感覚的な部分を言葉にすることの難しさ、
そして感覚的な部分ほど他人に伝わりにくい
、ということだ。


これは同じく麻雀について書いたことのある人なら誰でも思ったことがあるだろう。


コメントを見ていて、比較的同じ感性の人でさえ、
あまり言いたいことが伝わってないのかな、ということが少なからずあった。

アナログな部分はまだしも、オカルトな部分は書きすぎると、
逆に読み手を混乱させる恐れがあるんだな、ということを私は学習した



ただ、私はそれを踏まえた上で、
オカルトについてもどんどん書いていきたいと思っている。

なぜかというと、
デジタルとオカルトの狭間に、強くなる要素が無数に含まれている、
麻雀というのはそういうゲームだと私は思っているからだ



藤田さんのコラムにおいて、人間相手にしのぎを削る実業での成功の秘訣から、
やはり人間相手に戦う麻雀で強くなるためのヒントを読み解くことができる。



そして、私は麻雀は「文学」であるとも思っている。


麻雀を表現するとき、
無味乾燥な合理主義的打牌論、そんなものは今後AIがいくらでもやってくれる。

それよりも、麻雀を打っていてほとばしる感情のパトス(パトスって何だ?)、
人間だからこそ、それを色々な言葉で表現し、共感することができる。


デジタルとオカルトの狭間には、
人間の思考が生みだす、無限の可能性が眠っている。

ワクワクしないだろうか?
何を考えようと、言葉にしようとあなたの自由なのである。

因果関係なんてこじつけにすぎない、その通り。
結果論で玉虫色に理論が変化するのは麻雀の特徴だが、
それでは果たして将棋にそんなことができるだろうか?


因果関係を楽しむのは麻雀というゲームに与えられた特権なのだ。

そう思えば、オカルトを語ることには大きな意味がある。


さあ、打とう。そして表現しよう。



ラベル:天鳳 思想
posted by はぐりん@ at 16:58 | Comment(14) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

押し引き どこまで押してどこでオリるか

麻雀における押し引きというのは人によって十人十色、千差万別だろう。

相手の攻撃に対して自分の手が整っている場合、
河に情報の少ない序盤は基本押しで問題ないが、
煮詰まってくる中盤からは自分のあがり率と放銃率をどのように天秤にかけるか、
そしてスジの絞られる終盤はテンパイ料との兼ね合いをどうするか、

という点で非常に悩ましいケースが多い。


何も考えずにリーチをかけてしまうのが最も楽だが、
リーチ者と直対にすることで、自分が致命的な失点をする可能性も高くなるため
天鳳ではダマのままどこまで押すかのジレンマに陥ることも多い。


相手の攻撃に対してダマテンのままどのように捌くか、というのは、
天鳳のラス回避において最も実力が問われる部分であり、

これが正確に判断できるかどうか、というのは安定段位を大きく左右する部分でもあるだろう。


仮にそれが放銃になったからといって、
誤った判断であるとは限らないわけで、
同じ局面での打牌がブレないようにまずは自分の打ち筋を確立する必要がある。

長期的な視野に立った打牌を、
客観的に分析する視点が必要で、
こういうのは人間よりもAIが得意とする分野だろう。

AI天鳳位が、我々に押し引きの技術を指南する。
近い将来、そんなことが現実的になるかもしれない。


さて、今回は押し引きの難しい局面をピックアップした。
どちらかというと守備型の私だが、
どのくらい意見が一致するか、試していただきたい。



case1
tenhou.10225.jpg

東1局2本場、40300点持ち連荘中の親番。

西を暗カンした上家からリーチが入るも、
こちらも567の三色のテンパイとなった。

3m切りは必然として、さて、リーチする?





tenhou.10226.jpg

ダマにした。

勝負手につきリーチという手もあるが、
暗カンリーチにつき放銃したらただでは済まない。

現物待ちならさらっと拾える可能性もある。

安目5800という打点も十分ながら、
本局は上家のリーチを潰すことができればこの半荘のトップはかなり盤石という感覚がある。


既に4枚見えの58sは好形とはいえ少し苦しいので、
他家のポロリを期待しながら、終盤ではオリる選択も視野に入れている。


tenhou.10227.jpg

次巡、6mをツモったが、これぐらいはもちろん押す


tenhou.10228.jpg

次巡、7pをツモったが、さてどうしよう?





tenhou.10229.jpg

押した。

感覚的にはピンズの危険度が高まっており、新ドラまたぎのこの7pはかなり嫌だ。

高目ツモ6000オールなら十分に見合う勝負だが、
2900程度の手ならここでオリるかもしれない。


tenhou.10230.jpg

ワンチャンスの5mも押して、3pをツモってきたが、さてどうしよう?





tenhou.10231.jpg

ここで回った。

無スジを自身で結構通しているので、ピンズの下かソーズの下ぐらいしか残っていない。

新ドラまたぎの3pは打ったら高いし、
巡目的にもこのへんがヤメ時かなという判断だ。


tenhou.10232.jpg

嬉しいテンパイ復帰で、よもやのあがりもある?


tenhou.10233.jpg

意地悪なツモだなあ。

さすがにここで撤退。


tenhou.10234.jpg

結局上家の一人テンパイで流局。

3pはドンピシャ上家の当たり牌だった。

相手の当たり牌を掴む瞬間まで押し続けるのがベストなわけで、
このケースは理想的ともいえる。


シックスセンスだろうがなんだろうが構わないわけだが、
気分で変える部分は最小限にしなくてはならない。


ちょっとドヤ顔をしすぎたせいか、この半荘は3着だった。



case2
tenhou.10682.jpg

南2局、27200点持ち2着目の親番。

22000点持ち3着目の下家からリーチが入り、一発目。

4巡目に切った1sにラグがかかっている。
さて、どうしよう?





tenhou.10683.jpg

これはさすがに切るしかないだろう。

放銃覚悟だったが、無事通過。


tenhou.10684.jpg

裏スジの4pをツモったが、さてどうしよう?





tenhou.10685.jpg

押した。

5pが少し遅めなので、14pには若干当たりにくいかなという感じもある。


tenhou.10686.jpg

次巡、8mをツモって、さてどうしよう?





tenhou.10687.jpg

1m切りで回った。

ドラまたぎで最も切りたくないスジ。

これも実はブンと行こうと思ったのだが、
すんなりテンパイが入らないし、
14mが薄くなったことを理由に、一旦迂回した。


tenhou.10688.jpg

4sツモでテンパイが入ったが、さてどうしよう?





tenhou.10689.jpg

テンパイなら話は別だ。

8m単騎ではあがれないので、現物待ちのピンフに受ける。

対面が9p合わせないかなあ、などと淡い期待を寄せる。


tenhou.10690.jpg

8mの方が合わせられ、ラス目の上家からもリーチが入った。

さて、どうしよう?





tenhou.10691.jpg

ここで比較的安全な6pを切り、36m受けに。

ドラはともかく3mは拾えそうな感じもある。


tenhou.10692.jpg

直後に下家がツモ。

もうそのへんしかないだろうという36sで一通の安目だったが、
裏ドラが南で3000・6000の親っかぶりとなった。

最初の牌図に戻って、
私の入り目が36mや58sだと手順で出ていく高目6sだけに、
これは巡り合わせで実は助かったケースなのだ



ハネ満親っかぶりが助かったとは滑稽な話だが、
ツモの巡り合わせで致命的な放銃を免れているような時は実は好調時だったりするものだ。

例に漏れず、この半荘はトップで終了した。

case1が3着で、これがトップとは麻雀はわからないものである。



case3
tenhou.12679.jpg

東3局、30200点持ちトップ目の西家。

2件リーチを受けて、こちらもテンパイが入ったが、
さてどうしよう?





tenhou.12680.jpg

押した。

リーチには打点がありそうだが、親の現物でワンチャンスの2mぐらいは押したい。


tenhou.12681.jpg

この2mに上家のポンが入り、持ってきた8m。

さて、どうしよう?





tenhou.12682.jpg

ヤメた。

8mは親の現物だが、場況からピンズとソーズが分断形。

下家に対してこの8mはかなり危険度が高いのではないだろうか?


tenhou.12683.jpg

二人テンパイで流局となった。

下家はなるほどのカン6m。
マンズ待ちであれば8mを止めた甲斐がある。

発が後先で出てきたが、これはまあ仕方ない。



case4
tenhou.14417.jpg

南2局、30300点持ちトップ目の北家。

メンホンイーペーコーテンパイのところ、ラス目の対面からリーチが入ったところ。

一発目に1sを掴まされたが、さてどうしよう?





tenhou.14418.jpg

非常に嫌な状況だが、勝負した。

この局面、一発放銃だとラス転落があまりに現実的になってしまうため、
天鳳的にはオリの方が賢明かもしれない。


私もかなりの逡巡があったが、現物待ちということもあり、勝負に踏み切った。


tenhou.14419.jpg

この5pも嫌は嫌だが、一発目の1sに比べればたいしたことはない。

これも押す。


tenhou.14420.jpg

最終盤に2sをツモってきたが、さてどうしよう?





tenhou.14421.jpg

ここでヤメた。

宣言牌裏スジかつ、ドラスジのドラじゃない方ということで、
放銃率的にも放銃点的にもひどいことにはならなそうだが、
通っていないスジがかなり限定されていることと、
親が南のトイツ落としで回っている雰囲気があることを考慮に入れた



親がノーテンならこちらも無理にテンパイを取る必要はないし、
25sは親にとっても鳴き所に見えたので、絞りを兼ねて回った


tenhou.14422.jpg

流局。親はまさかのテンパイ復帰を果たしていた。

対面に2sはズバリ当たりだったが、2sで打ってもリーチのみ。

親がテンパイなら、2sで放銃した方が結果的には良かった。

考えすぎて色々と上手くいかない典型で、
これだったら追っかけリーチの方がマシだよな、と思う。

いずれにせよ、ダマテンに構える場合は、どのくらい腹を括るのか、
そのさじ加減に技術介入要素が大きい分、失敗も多くなるということを弁えなければならない。


追っかけリーチに覚悟が必要なら、ダマテンにも覚悟が必要なのだろう。



case5
tenhou.21529.jpg

開局の親番。

上家リーチの一発目、こちらもテンパイが入ったが、さてどうしよう?





tenhou.21530.jpg

8p切りダマとした。

この手牌は、456の三色、ドラ引き、縦引きの白シャンポンと、
打点UPの変化が多いので、格上げを果たしてから勝負に行きたい。


tenhou.21531.jpg

4mをツモって、さてどうしよう?





tenhou.21532.jpg

白切りで回った。

ピンズが概ね通った現在、47mのスジはかなり危険度が高く見える。

こちらの手は現状出あがりの効かないのみ手につき、
このぐらいの牌で回るのは妥当ではないだろうか。


tenhou.21533.jpg

なんやかんやでテンパイ復帰。

生牌の東を切ればテンパイだが、さてどうしよう?





tenhou.21534.jpg

2p切りで回った。

ここでのポイントは対面の7m切りだ。
このぐらい限定されたスジになってからの7mは強すぎないか?

ただでさえ上家の待ちがわからないのに、
対面にもマークを入れるとなると、この東は危険度が高すぎるように見える。


tenhou.21535.jpg

結局、二人テンパイで流局。

対面、形テンか!

ワンチャンスでの7m切りだったが、さすがに形テンは読めなかった。

この親権を維持できなかったのは果たして緩手なのかどうか?

ドラや赤が1枚でもあれば攻め返す選択も十分に考えられたが、
赤入り麻雀では親番であっても後手愚形安手ではなかなか厳しいように思う。


そして、この後地獄の東単騎を一発で掴まされるジリ貧の展開となるわけだ。
これについては前回記事のcase1をご覧いただきたい。
なるほど、こんな所に東のアヤがあったのか。



case6
tenhou.22396.jpg

東4局、22000点持ち3着目の北家。

新ドラの8mがトイツで7mポンから仕掛けたところ、
暗カンのラス目上家が8s切りでリーチ。

さて、この宣言牌を仕掛ける?
鳴くなら何を切る?





tenhou.22397.jpg

正直これは難しかった。

8sを鳴くかどうかの判断に加えて、自分の待ち取りをどうするか、相手の待ちは何かを考えなければならない。
7s切ってる上家の98s落としも謎で、これをすべて一瞬で判断しなくてはならない。


私が考えたのは、上家の7sが早いことから若干6sの方が危険ではないかということと、
8mが残り1枚であるということ、
それから親が5sを切っているということ、
これらの判断基準を用いて8sポンの4s切りとした。


tenhou.22398.jpg

しかし、持ってきたのはド裏目の8m。

さて、どうしよう?





tenhou.22399.jpg

8mツモ切りとした。

打点的には4s切って6s単騎にするところで、
6sは山にいる感じもあるが、
親が2sを通したので中スジの5sは盲点になっている

6sはかなり場に出にくいという感じがする。

8mは空切りも考えたが、
ここでのメリットがあまり思い浮かばなかった。


tenhou.22400.jpg

対面の仕掛けが入り、2mをツモってきたが、さてどうしよう?





tenhou.22401.jpg

ここでヤメた。

マンズの下は場に若干安く、この2mは通りやすそうな錯覚があったが、
上家の捨て牌をよく見ると、かなりの危険スジとなっている。しかも本ドラだ。

マンズの下の仕掛けが入っているのに、
25mは実はワンチャンスにもなっていない。

仕掛けが入っていることで、リーチの危険度が死角に入ってしまう。

大雑把にいえばそんな感じだが、何とも不思議な感覚だ。


tenhou.22402.jpg

結局親がツモあがって、1300オールとなった。

2mを押していれば、カン5sでも6s単騎でもあがれていた。

都合二度三度のあがり逃しということになる。


tenhou.22403.jpg

ただ、私の救いになったのは、上家の入り目が5mだったことだ。

入り目を止めたからといって一銭の実入りにもならないが、
読みがある程度正確だったということを示す証でもあるからだ。


tenhou.22404.jpg

謎だった98s落としは、ここでのターツ選択が原因だった。

ここで7s切り、そこからスライドする形で98sが出てきたわけだ。


これを一瞬で読むのは至難だが、
こういうケースを経験として糧にすれば、
次回は6sの危険度をもう少しゆるく見積もることができる。



ラベル:天鳳
posted by はぐりん@ at 15:06 | Comment(6) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

リーチ後に当たり牌を掴んでいるようでは麻雀は勝てない

tenhou.22067.jpg

先日、粘っていた八段からついに降段した

最低10ptから奇跡的に盛り返し、1000pt弱までコツコツと戻し、
そろそろ大丈夫かなと思っていたところからの凋落劇だった。


無念である。



表題にもあるとおり、やたら先制リーチ後に致命的な放銃が多いなあという感じで、
例えば、好調だった前回のリアルではこんなの一度もなかったぞ、ということを思う。

先制テンパイ即リーチは長期的には悪いことになる印象はあまりないが、
リーチ後の放銃率というのは結果に与える影響は大きいだろう。


それが固まってくる時は不調となり、
まったく起こらない時は好調となりやすいが、
均せば結局は一定の値に収まるわけで、
好不調の要素とはなるが、言い訳とはならない



不調時はやたらと相手が強く感じるものだが、
最近の特上卓はクソ鳴きが減ったなあ、という印象で、
ファン牌のスルーも頻繁にお目にかかるようになった。

このブログにそこまでの影響力があるとは思えないが、
ひとつ言えることは、フーロ率の高さを競い合う数年前の傾向から、
天鳳における麻雀の質も少しずつ変化の兆しを見せているのかな
、という実感を私は持っている。


降段してしまったが、焦ってはいない。
初心に戻り、また一歩一歩丁寧にその坂を踏みしめていくだけである。



さて、今回は「リーチ後の放銃」をテーマとして扱った。
私がどのように降段の途を辿ったのか、
気晴らしに読んでいただきたい。



case1
tenhou.22068.jpg

南1局、14300点持ちラス目で迎えた親番。

終盤にテンパイが入り、即リーチを打つところ。
さて、どう受ける?

ちなみに、下家の9s切りにラグがかかっている。





tenhou.22069.jpg

3s待ちでリーチとした。

3sは捨て牌から、上家下家ともに持っていない可能性が高く、
下家の9sラグから対面に8sが固まっている可能性が高いと読んだ。


実際には大体読み通りで、3sは山に2枚、8sは山に1枚だった。


tenhou.22070.jpg

しかし、その選択を嘲笑うかのように、上家の追っかけに一発放銃。

地獄の東単騎で裏2pの12000。

追っかけ一発地獄単騎というインパクトだけでも、メンタル的にはラス確定の放銃だ。



case2
tenhou.22071.jpg

開局の親番。

絶好のカン3mツモにも見えるが、最終形がちと微妙。
このチャンス手を生かすために、さてどうしよう?

ちなみに、上家の1mにポンラグがあった。





tenhou.22072.jpg

4m切りでテンパイ取らずとした。

1mが薄くなければここは6m切りが本筋だが、
1mが出ない可能性を考慮すると2536mを雀頭に潰す方が得策と考えた。

この場合フリテン三面張に特段の優位性はないため、45p縦重なりではフリテンリーチにいかない
最終盤でなければ45pはツモ切って両面固定と考えている。


これについては過去記事「雀頭のないテンパイ形からの捌き」を参照されたし。


tenhou.22073.jpg

狙い通りに6pを引き込み、ドラ受け25mで即リーチに踏み切る。

待ちとしては及第点だが、狙いと一致しているのでこのリーチには感触がある。


tenhou.22074.jpg

麻雀に技なんてなかった。

上家リーチに一発で掴んで裏1の8000。


このリーチが成就しないどころか、一発放銃なんてあるかね?

モウ牛田…じゃなかった、モウ嫌だ…


case3
tenhou.22075.jpg

東4局、21700点持ちラス目の北家。

首尾よく牌を重ねて、チートイのイーシャンテンに。
場に高いソーズを嫌って3s切り。


tenhou.22076.jpg

コーツ手との両天秤から西が重なりチートイテンパイ。

パターンに入ったという感じでこれは決まる感じがある。

仕掛けのオリ打ちまで期待できるかな?


tenhou.22078.jpg

一発目、下家の親どいーんのツモ切りが音速だった

これは少々やばいか。


tenhou.22084.jpg

直後にダブ東を掴んで11600の放銃。

ちょ、ちょっと掴むの早くないか?


どいーん強すぎだろ!早く鳳凰に上がってください。



case4
tenhou.22079.jpg

東1局2本場、17000点持ちラス目の西家。
親が連荘で2本積んでいる。

4巡目にテンパイが入ったが、さてどうしよう?





tenhou.22080.jpg

即リーチとした。

8s2枚目が見えて、ソーズの変化に旨みがなくなっているので、
「手変わりが少ない愚形は即リーチ」より、リーチで問題ないと判断した。


tenhou.22081.jpg

しかし、ダントツの親から追っかけが入る。

これはまずい。
手変わり待ちなら捕らえているはずの5mが出てきたからだ。


ほら、5m出たよ!脇の人!8m出して、お願い…


tenhou.22082.jpg

まあこうなるわな、の11600放銃。

この半荘は東1局で終わった。



case5 降段戦前
tenhou.21961.jpg

南3局、16000点持ち3着目の南家。

点棒状況は親から順に、51800、16000、19800、12400と下位三者はダンゴになっている。

カン8sを引いてピンフ赤のテンパイとなった。
さて、リーチかダマか?





tenhou.21962.jpg

ソーズは高くて感触はないが即リーチとした。

2000点で局消化しても3着目でオーラスを迎えるのではラス落ちのリスクが減っていない。


叩き返されたとして、オリる選択を取らないのであれば、
先制リーチで相手にプレッシャーをかけた方が有利のように思える。



tenhou.21963.jpg

終盤にラス目から追っかけリーチが入る。

ラス目からの攻め返しは想定内であり、覚悟の上だ。

固唾を呑んで見守る。


tenhou.21964.jpg

海底で掴んだ西に嫌なラグがかかり、これにロンの声。

リーチ河底のみの3200だが、あまりに痛い河底の1ハンだ。



ん?何かおかしくないか?

この牌図から、ある違和感に気づいてほしい。


tenhou.21965.jpg

対面、何とリーチ後に3mを暗カンしていない!

なぜだろう?

もちろん赤を切っている私に対して安全度が高いのはわかる。
ただ、対面は点差的にももう少し打点がほしいはずだ。
3mカンなら打点UPで、さらにリンシャンツモも狙える。


半荘の流れから、何か紛れを求めてのカンせずか、
それとも単に分の悪い待ちだと思ったのか。

いずれにせよ、カンしていたら王牌に西は沈むことになったわけで、
この奇跡の逆転劇は生まれていなかったのだ


河底ロンを考慮に入れていたとしたら、すごいとしか言いようがない。

この半荘はこれが響いてラス終了となった。



case6 降段戦
tenhou.21982.jpg

東4局1本場、18800点持ちラス目の親番。

絶好の3m暗刻で、先制テンパイ即リーチ。

場況から36pは悪くないように見える。


tenhou.21983.jpg

実際にはなんと山6。

河も強いし、これは十分にあがりが期待できそう。


tenhou.22083.jpg

長引いて、上家が5p手出し。

これはとても嫌だ。


tenhou.21984.jpg

4p→9pと危ないところを持ってきてやはりアウト。7700。

これ、ラス9p以外では放銃しようのない最終形だ。

この運回りにちょっと茫然としたのを覚えている。

事実上、降段を決定づけた放銃となった。


tenhou.21985.jpg

このあがりには上家のファインプレーがあった。

ピンフドラドラのテンパイだが、冷静にダマ。


tenhou.21986.jpg

赤5sと2sを振り替え、さらにこの8pツモで三面張に振り替わっている。

何気ないが、意外とこうは打てないものだ。


降段にかかわった2戦には相手の決定的なファインプレーが光っていた。

「不調の陰に相手の好手あり」ということだろう。



caseおまけ
tenhou.22000.jpg

東3局1本場、13200点持ちラス目の西家。

親がダブ東からの3フーロだが、こちらも絶好の赤5sツモでテンパイ。

ドラドラ赤赤だが、さてリーチする?





tenhou.22001.jpg

気合いのリーチで、親と真っ向勝負。

河的にも25pなら十分出あがりが期待できる。


tenhou.22002.jpg

一発ツモ…れず1600に放銃。

そりゃあ当たり牌1枚あれば掴むわな。



ラベル:降段 不調 天鳳
posted by はぐりん@ at 20:14 | Comment(8) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする