2016年12月18日

トイツ落としリーチにまたぎスジはかなり安全

単純なトイツ落としの手出しリーチについて。
この場合、その牌をまたぐ両面に当たることはほぼない。


これは牌理を少し考えれば容易にわかる。


二萬三萬四萬六萬七萬八萬三筒三筒四筒五索六索八索八索ツモ三筒ドラ北


ここから3pを切る人はいないだろう。

トイツ落とし手出しでまたぎ待ちを作るためには、
テンパイ形からわざわざ崩していき、かつ次巡に別の入り目を引く必要がある。

リーチしていれば一発ツモであり、速度重視の現代麻雀ではピンフに拘る価値は低い。


つまり、打点の必要な特殊な状況を除いて、
トイツ落とし手出しリーチにまたぎ待ちはほぼない
ということである。

例えば、

一萬二萬三萬一筒二筒三筒九筒九筒二索三索三索三索七索ツモ八索ドラ一萬

オーラス3着目と11600点差のラス目南家。

こういった点差に条件のつくオーラスやラス前においては、
必要に迫られてそういう状況になることはあるが、
東場では基本的には好形テンパイなら即リーチが普通だろう。

さらに、トイツ落とし手出しが宣言牌となる場合、
間髪入れずに69sを引いてテンパイを入れる必要があり、
条件を満たすハードルがかなり高いと言える


つまり、トイツ落としが宣言牌で出てくるケースの大半は、
それをまたぐ待ちはほぼないという認識でいいだろう。


安牌が足りない状況で、恩恵に預かるケースもわりと多く、
この読みがはっきり使える要因に、リーチ宣言牌につき手出しの割合が高く、
かつ手出しツモ切りが通常より認識しやすい
、というのがある。


トイツ落としではなく、2枚連続ツモ切り、あるいは1枚目のみ手出しの場合は読みの材料とはならないからだ。
些細な差だが、これを見落とさないことが重要となる。


それでは、実戦例から見ていこう。



case1
tenhou.17343.jpg

東2局、34800点持ちトップ目で迎えた北家。

南家の先制リーチに対し、西家が追っかけを入れたところ。

さて、何を切る?





tenhou.17344.jpg

1pを暗刻落としすれば3巡凌げる。

宣言牌が手出しでさえあれば、この1pはほぼ完全安牌に昇格する。

この場合、ノーチャンスの1sよりも安全度が高いため、
悠々と安全を確保できる。


tenhou.17345.jpg

結局、西家が南家に2000の放銃。

横移動で決着となった。



case2
tenhou.4016.jpg

東4局、29300点持ちトップ目の西家。

親リーチが入って、一発目。

こちらもドラドラでチャンスと言えばチャンスだが、
イーシャンテンとはいえ形が少し厳しい。

さて、何を切る?





tenhou.4017.jpg

8m切りとした。

この場合のまたぎは58m69mとなるが、
5mは25mの両面があり、
9mはシャンポンがあるため、5m9mは危険
となるが、
3mが通っていて36mがないため、一件隣の6mはかなり安全となり、
6m8mの2種は安全度が高いと読める


こういう局面で、8mがほぼ安全と認識することができれば、
自身の手を崩さずに粘ることが可能となる

基本となる読みの一つ一つは単純で取るに足らないものでも、
それをいかに組み合わせて、攻守判断に生かすかというのが大事だ。

基礎を丁寧に網羅することで、より実戦で応用しやすくなる。


tenhou.4018.jpg

上家の宣言牌が捕まり、親の12000となった。



case3
tenhou.4382.jpg

南3局、24600点持ち2着目の親番。

14100点持ちラス目の西家からリーチが入って予断を許さない。

安牌が1枚もないが、さてどうしよう?





tenhou.4383.jpg

8m切りとした。

対面は2枚目の7mのみ手出しだが、これは実質トイツ落としと考えていい

この場合、5m6mは下のスジがあるが、
9mシャンポンは、9mが2枚切れにつき、警戒不要となる。

実質8m9mが安全と読める。


tenhou.4384.jpg

対面はリャンカンからのカン4m待ちリーチだった。

離れトイツ落としの項目でも紹介したように、
トイツ落とし手出しは引っかけリーチに要注意となる。


対面の手は、無駄ヅモの7mツモ切りさえなければ、
手出し7m切りリーチにつき8mはかなりの危険牌となるはずだったのに、
1巡の無駄ヅモによって8mがほぼ安全牌に成り下がっている。


たった1巡の河の作用によって、
これほどまでに安全度が変わる場合があるという例であり、
麻雀の攻防は、たかが1巡、されど1巡であるということを思い知らされる。

非常に面白い麻雀の性質だ。


tenhou.4385.jpg

この局、ベタオリを続けていた私に悪夢が。

場況からほぼ安全な6sをトイツ落とししたところ、
上家に狙われ、6400の放銃となってしまった。

ラグ無しの6sは連打してもほぼ単騎にしか当たらない。
東手出しは見ていたものの、最後に東を温存しようと思ったのが甘かったようだ。


この放銃によってラス目対面と僅差になったオーラス、
まんまと捲られ、文字通り痛恨の半荘となってしまった。

トイツ落としから手を読んだつもりが、
トイツ落としを狙われてラスになる。

いやはや麻雀には思いもよらない展開が待っているものである。



case4
tenhou.17334.jpg

東4局、17300点持ちラス目の西家。

上家の3pトイツ落としリーチが入る。

とりあえず、現物の3p切りとしたが、オリきれるかどうか微妙なところ。

このリーチには何が安全か、もうおわかりだろう。


tenhou.17335.jpg

しかし、下家が一発で切った1pにロンの声。

ん? これは…シャンポン待ち?


tenhou.17336.jpg

まさかの3pまたぎ、14p待ちだった。

一発裏なしだが7700。

私が掴んでも止まらなかっただろう。


tenhou.17337.jpg

どういうことかというと、まずこのダブルターツから2p切り。

これは普通の手順だ。


tenhou.17338.jpg

8pが入ってテンパイも、ソバテンが嫌だったのかダマ。

そして次巡に3pを持ってきての空切りリーチだった。

これぐらい手の込んだ仕掛けをやられると、
1pが出てしまうのもやむを得ないと言える。


この空切りは離れトイツ落としによく見られる手筋で、
両面固定の引き戻しを空切りすることで、またぎを引き出す狙いがある。

どちらかというと読みに長けた上級者の方がはまりやすいだろう。


テンパイ取らずのトイツ落としよりも空切りの方が頻度は多く、
パターンに当てはまっていても絶対はないという例だ。


ただ、トイツが河に離れていない、単純トイツ落としのリーチとなると、
このケースのように3pをもう1枚引くタイミングがたった1巡と限定されるため、
空切りにしてもかなりのレアケースであることは確かだ。


以上を総合して、単純トイツ落としの手出しリーチにまたぎスジはかなり安全と考えていいだろう。


【追記】
もう一つ例外となるケースを思いついたので書きたい。

北四筒二索一索五萬南千点棒

親が上記の捨て牌でリーチ。

自分の手が以下だとする。

二萬三萬四萬五萬六萬七萬四筒四筒赤五筒五索六索八索八索ツモ四筒ドラ白


赤5pはかなり危険な上、切ってしまうと打点的につまらない。
こういうケースではトイツ落としがまたぎ待ちになることもありうる。

つまり、相手リーチに対応する手順として、こういうケースになりやすく、
さらに赤を含んだまたぎ、つまり3647はトイツ落としでも危険度は高くなりやすい
と言える。


しかし、通常現物の4pは先に切られることが大半だろうし、
リーチ宣言牌がトイツ落としとなるためには、次巡に47sを引かなくてはならない。

やはりかなりのレアケースであるということは言えそうだ。



ラベル:天鳳 守備 看破
posted by はぐりん@ at 00:01 | Comment(9) | 守備力UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

後のない親番はテンパイ効率を重視する

今回は、点棒の沈んだ状態で迎えた南場の親番における手牌の捌きだ。


具体的な点棒状況にもよるが、
ダンラスで迎えた場合の親番はとにかく牌効率を優先し、
先制リーチを打つことのみを考える


これは言い換えると、緩手を打たない、ということである。


後のない親番で何が最悪かと言ったら、
放銃することではなく、ノーテン流局で親が流れることだ。

牌効率を重視することは、この最悪の事態を防ぐことにもつながる。


牌効率を重視するというのは、
具体的には孤立字牌よりも孤立数牌を優先させるということであり、
1や9といった老頭牌は有効牌が1・2・3の11枚なのに対し、
西は残り3枚しかない。単純枚数でも雲泥の差だ。


この場合の優劣は、老頭牌(1・9牌)>>>>>オタ風  であり、
重なりに価値の高いファン牌ですら、老頭牌>ファン牌  ぐらいの認識でいいだろう。

ある程度形が決まってからは判断に差が生まれないことが多く、
重要なのは最序盤の第一打、第二打をいかに丁寧に選べるか、だ。

このへんは、強者を観戦してみるとわかるが、
かなりバラバラな配牌からも丁寧に字牌を選んでいることが多い。


後のない親番には、「手役」というものは存在しない、と考え、
がむしゃらにリーチを放つことのみを考えた手組みを意識するのがいいだろう。


それでは、実戦例から見ていこう。



@後のない親番に三色というものは存在しない case1
tenhou.23240.jpg

オーラス、20300点持ち3着目の親番。

後がないというほどではないが、下家のラス目とは3900点差。
ノーテンが許されない状況だ。

急所のカン4sが埋まって、なかなかの感触。

789三色の形がはっきりと見えているが、さて何を切る?





tenhou.23241.jpg

後のない親番に三色というものは存在しない。

789の三色になれば仕掛けも効くと考えると、
南単騎待ちも視野に残したくなるが、
有効牌が限定されるため、緩手になる可能性が高い


南単騎リーチは状況的に若干かけにくいものの、
南の重なりを見つつ、内に寄せる。不自由な三色は見ない。


tenhou.23242.jpg

待望の雀頭ができ、ここで1p切り。

手広く構えられるくっつきテンパイは先制リーチに持ってこいだ。


tenhou.23243.jpg

絶好の赤5mツモでテンパイ。

即リーチに踏み切る。


tenhou.23245.jpg

一発ツモ(裏1)の6000オールでラスト!

三色に拘っていると赤5mのターツが河に並んでいた可能性もあった。



A後のない親番は字牌より老頭牌を優先させる case2
tenhou.21690.jpg

オーラス2700点持ちダンラス目の親番。
正真正銘、後のない親番だ。

整っているとは言えない配牌だが、さて何を切る?





tenhou.21691.jpg

ソーズのホンイツが十分に見込めると考え、9p切りとした。

一見何事もないように見えるが、これは実は緩手だ。

ダンラスという点棒状況から打点も見込める選択を取りがちだが、
悪い状態からはステップを踏んで回復していかなければならない
一撃で取り返そうというのは虫のいい話だ。


テンパイ効率という観点から言えば、ここはオタ風の西を切るべきだった。


tenhou.21692.jpg

手なりで字牌を切っていくうちに序盤にして早くもフリテンができてしまった

これが字牌残しの弊害であり、
東場であれば何ら問題ない手順だが、
後のない親番でこのフリテンを作っているようではいけないのである


tenhou.21693.jpg

5sをツモってタンピン含みのイーシャンテンとなったところ。

69pはフリテンだが、カン5mも場に2枚見えている。

対面がマンズのホンイツ模様だが、さて何を切る?





tenhou.21694.jpg

フリテンターツを残して4m切りとした。

4m6mは対面に対して厳しい2スジだが、
最終形が残り2枚のカン5mとなってはあがりが期待できない。

69pは場況からまだ山にいそうなので、引き戻しを期待して残した。


tenhou.21695.jpg

これ引くか!と言わんばかりの5m裏目引き。

痛恨すぎる裏目だが、さてどうしよう?





tenhou.21696.jpg

ここで7p切りとし、今度はマンズのフリテンを残した。

ここを残せば危険度の高い6mを切らずに済む上、ドラにも対応できる。

苦渋の選択だが、受けつつ活路を見出すことにした。


tenhou.21697.jpg

言葉の出ない、さらなる裏目。

天を仰ぐというか、いったい何をやっているんだと茫然自失になっている瞬間だ。


tenhou.21698.jpg

さすがにこのレベルのミスが重なっては間に合わない。

リーチの下家が対面に8000の放銃で終了となった。


tenhou.21699.jpg

何気なく切った9pの代償はあまりに大きかった。

このように、後のない親番のターニングポイントは最序盤にあると知るべきである。


ちなみに、この後極度の不調に陥り、七段に降段することになる。
不調はこういう何気ないミスから始まることも少なくない。
今見てもクラクラするような一局だ。



case3
tenhou.22169.jpg

南2局1本場、8700点持ちダンラス目の親番。

3着目の上家とは親満程度の差がある。

配牌は8種でバラバラ感が漂うが、さて何を切る?





tenhou.22170.jpg

丁寧にオタ風の北切りとした。

前回の失敗を踏まえ、こういう場面ではかなり慎重に第一打を選んでいる。

ホンイツに決めることが悪いわけではなく、状況を踏まえた打牌ということである。


tenhou.22171.jpg

白が重なって何を切るか?





tenhou.22172.jpg

これぐらいの手恰好であれば、ホンイツを見ながらでもいいだろう。

愚形ターツをいくら増やしてもあがりに近づいていないし、
仕掛け前提なので、打点が高くなる受け入れを増やしたい。

このへんは理論というより閃きの領域だが、
ツモの感じや手の伸び方などから判断したい。


tenhou.22174.jpg

白をポンしてまだまだ時間はかかりそうだが、3着目の上家からリーチが入る。

チーしてもあまり進んではいないが、
鳴いた方がマシと考えこれをチー。


tenhou.22175.jpg

ツモが上手く効いて、テンパイが入る。

構想通りの最終形に仕上がった。
ピンズの上はかなり出にくいところだが。


tenhou.22176.jpg

テンパイの入った下家から出て5800となった。

結局この半荘はこのあがりが効いて3着フィニッシュとなった。


失敗したcase2と今回では何が違うかというと、
ホンイツの判断巡目を遅らせて、メンツ手の伸びに柔軟に対応できるように構えていることだ

これによって、打点的な妙味は減るが、
致命的な裏目を回避することができる。

後のない親番では保険を掛けつつ手を進めることが重要だということだ。



B後のない親番に国士というものは存在しない case4
tenhou.23161.jpg

南2局、4800点持ちラス目の親番。

下家が6400点と競ってはいるが、後のない親番には変わりない。

8種とかなり厳しい配牌をもらったが、さて何を切る?





tenhou.23162.jpg

スジが被っているので9s切りとした。

こういうケースでは効率が犠牲にならないのでファン牌を優先させるわけだが、
マンズ、ピンズは一通になる可能性を考慮した。

ドラ受けのターツがあるので、国士は見ない。
というか、国士の河は隙になるので、親番ではよっぽどの場合を除いて狙わないのが基本だ

この場合は競っているのでまだしもだが、
ダンラスの場合は好き放題に仕掛けられる上、流局ノーテンが大半となってしまうからだ。


tenhou.23163.jpg

異種の字牌しかツモらない。

狙っていれば現在イーシャンテン。


tenhou.23164.jpg

国士ツモぉ!

河と合わせて国士が出来上がってしまった。
実戦中もそれについては意識していたが、
それと同時に流し満貫は少し厳しいかなと考えている。


tenhou.23165.jpg

結局、下家の一人テンパイで流局。


tenhou.23166.jpg

実際は途中で下家の当たり牌を掴んでいた。

よかったよかった。

この半荘は結局ラスだった。

よくねーし!



C後のない親番でチートイツの決め打ちはしない case5
tenhou.27539.jpg

オーラス1本場、15100点持ち3着目の親番。

上家とは現状2500点差で、絶対にノーテンが許されない局面。

トイツの多い手牌から、5mをツモって捌きが難しい。
さて、何を切る?





tenhou.27540.jpg

5mツモ切りとした。

この手は感覚的にはトイツ手が最速なのだが、
8mをトイツで残すことでタンヤオの渡りやすさを見た。

8mツモや8mポンによるタンヤオ移行を見たのと、
裏目の6mツモが全く痛くないことから5mを切った。


tenhou.27541.jpg

チートイイーシャンテンとなったところ、東を持ってきた。

この東は待ちになった時に狙い頃だが、さてどうしよう?





tenhou.27542.jpg

ツモ切った。

東場なら6p切りで決め打ちするのも全然ありだが、
メンツ手のロスがある以上、なるべく手牌の形を壊さない選択をしたい。

絶対にノーテンが許されない局面であることを踏まえると、
形テンの可能性を低める東残しは、ここでは緩手だ。



tenhou.27543.jpg

8pが重なり、テンパイ。

ドラ待ちのダマテンに構える。

上家からリーチが入ったら4pのサシコミも考えている。


tenhou.27547.jpg

上家からリーチが入るも、宣言牌が7pでこれに声がかからず。

サシコミが効かず、仕方ないので当分押すことになる。


tenhou.27544.jpg

終盤になり、対面からも追っかけリーチが入る。

さて、どうしよう?





tenhou.27545.jpg

9m切ってオリた。

上家からリーチ棒が出て、上家との現状の差は3500点となっている。

下家は明確にオリているので、
ここでオリられる条件は、二者テンパイが確定すること=つまり対面がリーチすること、で可能となる

このへんの逆転計算は非常に緻密な状況判断が求められる。
これについてはまた他の記事で触れたいと思う。


tenhou.27546.jpg

しかし、無念にも上家がツモ。裏1で2000・3900となった。

ドラは依然として山に2枚眠っていて、私が勝つ可能性も十分にあった。


このように、ノーテンが許されない局面ではチートイツの決め打ちはできるだけ避ける
渋々メンツ手との天秤に受けるのが正解だ。



D後のない親番では形テンは少し早めに取る case6
tenhou.27099.jpg

南3局1本場、13100点持ちラス目の親番。

下家が明らかなマンズのホンイツ仕掛け。

8m手出しにここしかないという9mを持ってきた。
さて、どうしよう?





tenhou.27100.jpg

押した。

ここで我慢して次局に行っても逆転までの点差が厳しすぎる。

後のない親番だけにここは勝負もやむを得ない場面だろう。

5割ぐらいは当たるイメージだったが、幸いにもポンで済んだ。


tenhou.27101.jpg

下家から西がツモ切られたが、さてどうしよう?





tenhou.27102.jpg

これはポンするに妥当な巡目だろう。

これより若干早くてもポンだが、
これをスルーはテンパイ取りが危ういし、早すぎても隙になる

形テンのばれる仕掛けはできるだけ終盤に取るのが基本で、
後のない親番はそれよりも若干早めていい。

具体的には終盤の入り口、12巡目ぐらいで形テンに取っていいだろう。


tenhou.27103.jpg

この局は、なんと海底で下家が上家に8000の放銃。

この結果を見るに、形テンを入れるタイミングとしては絶妙だったようだ。

これで下家とは4000点差以内に肉薄。

オーラスは5200をあがり切り、奇跡の3着捲りは成った。



ラベル:天鳳 定跡
posted by はぐりん@ at 21:14 | Comment(2) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

不調ウィルスは「治療」するのではなく「予防」する

不調のシグナルがわかりやすく出ている半荘がある。

不調時の兆候を踏まえながら、その半荘を順を追って見ていこう。


東1局 西家
tenhou.27274.jpg

東暗刻のイーシャンテンから、絶好の赤5mツモでテンパイ。

上家の捨て牌が煮詰まっていて、
上家の現物に3mがあるのでここはダマテンに構える。


tenhou.27275.jpg

案の定上家からリーチが入って一発目。

これは想定内なので、36mが拾いやすくなったと考え、どこまでも押すつもり。

ひとまずこの2sはかなり安全度が高い。ツモ切り。


tenhou.27276.jpg

ところが、これが一発で掴まり、裏なしの5200。

「不調時の放銃 一発で掴む」だ。


メンツ手でこのシャンポンに刺さるというのは相当凝った手順というか、
手順ミスの可能性が高いというのが第一感。


tenhou.27277.jpg

上家は一旦フリテン58mのテンパイに取り、そこからの変化だった。

意外なことに、2s7mは全山であったことから、
狙いとしては悪くなかったのかもしれない。



東3局1本場
tenhou.27278.jpg

前局は流局で持ってきた親番。

下家が白を仕掛けた直後、ソーズが複合形になったが、さて何を切る?





tenhou.27279.jpg

イーシャンテンにつきドラを放すと、これが3900の放銃。

「不調時の放銃 高速テンパイに刺さる」だ。


浮き牌が3pや4pであればマンズのペンチャン払いもあるが、
ドラとはいえ2pでは速度的に厳しい。

イーシャンテンをキープしつつ、ソーズの伸びを見る構想だったが、
鳴かれてもやむなしどころか、すでに当たりだった。



東4局
tenhou.27280.jpg

気を取り直して次局。3巡目にこの手牌。

急所は多いが、ツモが噛み合えば打点も十分なチャンス手と言える。


tenhou.27281.jpg

しかし5巡目に親リーチが入って一発目。

河が強すぎて安牌がまったくないが、さて何を切る?





tenhou.27282.jpg

ワンチャンスの3mを切ると、これがペン3mに当たり。

裏が9pで痛恨の12000となってしまった。

「不調時の兆候 ブクブクに構えざるを得ない」
「不調時の放銃 早リーチに安牌なし」
だ。


いやこれは、十中八九3m切りなのではないだろうか。
ただでさえ2巡凌げるトイツで、ご丁寧にワンチャンスとなる4mツモのおまけつきだ。
3mが通れば中スジの6mも切りやすいのでなおさらだ。


もしや、下家のまよんに覗かれたのではないだろうか?覗きだ覗きだ!


↓まよんのブログ
雀覇道塾塾長まよんブログ



東4局2本場
tenhou.27283.jpg

前局、先制両面リーチも、上手くかわされ残り500点の飛び寸。

とりあえずリーチをかけられる状態に復帰しなければならない。
が、思い通りに手が伸びず、間に合うかどうか微妙なところ。


tenhou.27284.jpg

上家のツモ切った8mが対面のチートイのみに当たり。1600。

配牌からあった8mがどうやっても助からない。

「不調時の兆候 完全に掴まっている」だ。


ただ、8mを往生際悪く引っ張ったことにより、
下家の仕掛けによって対面のツモあがりによる私の飛びを回避できた。

こういう何気ない助かりが復活のきっかけとなることも少なくない。

まだまだいけるかも、という実感を持っている。



南1局1本場
tenhou.27286.jpg

しかし、上家の2000・3900ツモであえなく終了。


tenhou.27287.jpg

まるでいいところがないまま飛び終了となってしまった。

おつかれいな〜♪





さて、ここからが本題だ。

こういうどうしようもないラスを引いた後、あなたはどういう行動に出るか?
以下から選んでほしい。


@何もできずに悔しいのでもう1回打つ

A嫌な予感がするので日を改める





麻雀の調子というのを、自分の体調になぞらえて考えてみるとわかりやすい。

風邪を引かないように予防することと、
風邪をこじらせてから治療すること。
この二つを比較した時、どちらの方が大変だろうか?


私自身の経験を踏まえて言うと、これは圧倒的に治療の方が労力がかかる。
それはそうだろう、壊れてしまったものが元に戻るには時間がかかるからだ。

どんなに予防しても風邪を引いてしまうことはある、そういう面も確かにある。

しかし、風邪の引き始めにそれをこじらせないような対処をするかどうかで、
自分の体調に与える影響は大きく変わってはこないだろうか?


麻雀もこれと同じである。



つまり、
@何もできずに悔しいのでもう1回打つ不正解!四段に降段

A嫌な予感がするので日を改める正解!九段並み


不調時の兆候が出た時に、一旦場を洗った方がいい大きな理由は、
自分のフォームが崩れやすいから、である。

自分にミスがあったかどうかはともかく、
結果が伴わない半荘の後は精神的にネガティブになりやすい
無自覚のうちにそうなってしまうのが人間の性だ。

これが何を生むかと言うと、
前回の結果の悪さを押し引きにおいてネガティブな要素として捉えやすくなるということだ。


例えば、相手リーチに対して引き気味になったとする。
押してもいいかもしれない局面で、引いている。
これはもしかすると、さっきのラスが響いて自分は少し気弱になっているのでは、と考える

逆に、相手リーチに対して押して放銃したとする。
先ほどのラスを気にしないように打っていたけど、少しかかり気味かもしれない。
これはもしかすると、さっきのラスが響いて知らないうちに焦りが出ているのでは、と考える


前回ラスというネガティブな要素によって、押し引きの動機がネガティブなものとなりやすい。
これによって、自分のフォームの土台が一体何だったかわからなくなってしまう
フォームを見失ってしまうのだ。

こういう綻びから次々に負の連鎖が始まっていく。
これが麻雀の負のスパイラルである。


仮に、セット麻雀やプロのリーグ戦なら不調だからといって止めることは不可能だ。
しかし、フリー雀荘や天鳳のようなネット麻雀ならどうだろう?

ヤメ時を自分で調整できる。

自分の都合で場を洗えるのだ。このメリットを生かさない手はない。


「忘れること」は人間の才能だ。
一晩寝れば昨日のネガティブなラスは自分の中でかなりリセットされる。
ネガティブな思考を引きずらない、すべての勝負ごとにおいて大崩れしないための教訓である。


風邪という名の不調をこじらせるかどうかは、打ち手の意識次第だ。
不調は予防することができるのである。



このラスを引いた私は、その日は打ち止め。
気持ちをリセットして次の日に臨んだ。



tenhou.27292.jpg


結果は3着、1着、3着。
前回ラスの影響を微塵も感じさせない、好結果であると言える。
嫌な流れを払拭することに成功した。


そして、今日。



tenhou.27291.jpg


全然回避できてないや〜ん!(;´Д`)

不調ウィルス潜伏中(´・ω・`)



ラベル:天鳳 不調 ネタ
posted by はぐりん@ at 14:39 | Comment(22) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする