2017年08月27日

リーチをかけない手組み(イーペーコー編)

麻雀において、打点が必要のない局面における手役というのは非常に重要だ。

特にトップ目の南場では穏やかな局回しを意識するところだが、
天鳳の場合はラス回避という観点からも無駄なリーチはなるべく控えたい。


そこで、リーチをかけない手組みというのが重要となってくるわけだが、
この手組みにはそれなりに技術差が生まれやすく、
効率を損ねすぎてもあがりを逃すことになるし、
クイタンで2フーロ、3フーロと仕掛けていっても手狭になって相手リーチの餌食になりやすい。
かといって、棒テンでリーチを打ってもやはり反撃を食らうというように、バランスが難しい。


基本としては、占有率の高い(つまりできやすい)手役である、
ファン牌、ピンフ、タンヤオの3役を主眼に手組みを進めていくが、
手がバラバラならチートイツ、色が偏っているならホンイツという風に臨機応変さが求められる。

ちなみに、ホンイツは捨て牌が偏って待ちが読まれやすい上に、
仕掛けると過度に警戒を呼んでしまうため、局回しの手役としては適役ではない。

打点に意味のない局では不必要なホンイツはバッサリ見切ってしまった方がいいだろう。


さて、前回トピックに絡んで、今回はリーチをかけたくない局面におけるイーペーコーについてピックアップした。

ダマテンにおけるイーペーコーという手役は、実質待ちが3枚しかなく、
タンヤオやピンフに比べてあがりやすいわけではないが、
それでもファン牌が待ちになるよりは枚数としては多い(使いやすさの差はあるが)。

牌効率の観点からは、イーペーコーは意外と盲点になりやすいが、
イーペーコー作りのコツとしては端よりの複合形を大事にするのがポイントだ。


例えば、
三萬四萬八萬八萬八萬一筒二筒三筒三筒三索九索九索發中ドラ北

この形では3pは残しやすいが、

三萬四萬八萬八萬八萬一筒二筒二筒三筒三索九索九索發中ドラ北

三萬四萬八萬八萬八萬一筒一筒二筒三筒三索九索九索發中ドラ北

上記2例における役ありの受け入れは、イーペーコーの2種がある分、
実は発や中を残すよりも広い(あがりやすさは別として)。

見た目の形的には即座に切りたくなる2pや1pだが、
ピンフが見込めない手であるので、
リーチをかけない手組みを目指すのであれば、
これを大事にして1枚切れの発や中を見切っていくなどという工夫が可能だ。


このように、局面局面における最善手は変わってくるものであり、
手役の中でもイーペーコーは盲点になりやすい分、手作りに差が生まれやすくなる。


それでは、実戦例から見ていこう。



case1
tenhou.12588.jpg

南2局、49000点持ちダントツトップ目で迎えた南家。

西家が2700点と虫の息。

整った形から9pを引き込み、さて何を切る?





tenhou.12589.jpg

5s切りとした。

ドラはまだ切らないとして、好形の受け入れ自体は5s残しがやや優るが、
ピンズの下を残すとイーペーコーが見える。

5mがドラでなければ総合的にはドラ切りも十分にあるだろう。


下家が飛び寸ということもあり、
ここでの最大の愚策は何かと言ったら、リーチをかけて親に放銃することだ。

これだけは何としても避けなければならない。


tenhou.12590.jpg

狙い通りに1pを引き込んだ。

2pは残り2枚と薄いが、場況的には悪くない。

リーチをかけないという方針に沿っての役ありなので感触としては十分だ。


tenhou.12591.jpg

ラス目下家からリーチが入って、これは展開としては悪くない。

ダマのまま対応しつつ、ツモって500・1000。

上手くかわしきることに成功した。

追っかけという手もなくはないが、万が一の親の追っかけがあるため、
ここは親の様子を見ながらのダマテンがいいだろう。



case2
tenhou.18487.jpg

南4局1本場供託1本、37300点持ちトップ目の北家。

下家がラス目の親番で、南家にも西家にも満貫放銃でトップが変わってしまう点差

ドラは使いどころの5pで私の手には1枚もない。
つまり、リーチだけはかけたくないという状況となっている。


2巡目にして、整った牌姿だが、さて何を切る?





tenhou.18488.jpg

内に寄せる9s切りとした。

789の三色も十分に現実的だが、端の愚形を残すよりもこちらの方がピンフになりやすいだろう。

北家ということもあり、親への対応も考えると仕掛け前提の手組みは避ける方針とした。


tenhou.18489.jpg

6pを引き込み、十分形に。

ここで自然に赤5sを放して完全イーシャンテンに取った。


tenhou.18490.jpg

4mが暗刻になってテンパイしたが、さてどうしよう?





tenhou.18491.jpg

ドラ受けもあるからとリーチに踏み切るのは愚策だ。

上家の仕掛けを降ろす必要はないし、手を固定しての満貫放銃は避けたい。
あがれないドラの方はどうせ場に出にくい。

そもそも、ピンフにならない4mをわざわざ引っ張った理由は、
縦引きでもイーペーコーの手役により、ダマが可能となるからだ。



tenhou.18492.jpg

結局、親からあがれる方が出て、1300でラスト。

上家は現状3900、親はバックの2900のみ。

伏せられた状態では過大に評価してしまうのがトップ目の立場というものだが、
慎重以上臆病未満で対処していくのがいいだろう。




case3
tenhou.23781.jpg

オーラス、39700点持ち2着目の親番。
トップ目下家とは600点差のあがりトップとなっている。

絶好の5pを引き込みテンパイ。

さて、どう受ける?





tenhou.23782.jpg

当たり前の4p切りと思ってはいけない。


下家に合わせ打ちの4pは自然だが、打点に意味のない状況につき、
受けを考えるなら、実は7p切りの方が柔軟だ。

五筒五筒六筒六筒七筒七筒

この形のスライドは、
(1)四筒引き七筒切り四筒五筒五筒六筒六筒七筒

(2)八筒引き五筒切り五筒六筒六筒七筒七筒八筒

この2種のみ。

一方7pを切っておけば、四筒五筒五筒六筒六筒七筒となり、

(1)四筒引き七筒切り四筒四筒五筒五筒六筒六筒

(2)七筒引き四筒切り五筒五筒六筒六筒七筒七筒

(3)三筒引き六筒切り三筒四筒五筒五筒六筒七筒

(4)八筒引き五筒切り四筒五筒六筒六筒七筒八筒

スライドの種類が2種増える。

気づきにくいが、イーペーコー形は受けに不向きな形で、
横伸びの牌形の方がスライドしやすく、守備に適しているということが言える。

なので、打点に意味のないこの状況においては47s受けにしても7pを切る手が十分に考えられるのだ。


それでは、なぜ4pを切ったのか?





tenhou.23783.jpg

これだ。こういう単騎変化があるからだ。

イーペーコーという手役が確定していれば、待ちはタンヤオじゃない単騎変化が効く。

タンヤオだからと7pを切ってしまった場合はこういう単騎への変化を見込めず、
かえって柔軟でない形になってしまうからだ。

そもそも守備をあまり考える必要がなく、
スライドが効果的になりやすい場況でもないというのもあるだろう。


tenhou.23784.jpg

結局、47sのままトップ目から打ち取って終了。

47sは下家の仕掛けに切りづらい河になっていたのでそのまま押し通した。

この4sはラス牌で、実は南単騎の方がいい待ちだった。



case4
42566.jpg

オーラス1本場供託1本、34800点持ちトップ目の北家。

2着目が27500点持ちの親となっている。

3sツモってきたところ、さて何を切る?





42567.jpg

北切りとした。

速度としてはドラの8m切りがベストである可能性もあるが、
北家ということもあり、仕掛けないという意思表示の北切り。

上家は満貫ツモでラス回避。
上家リーチで親も南家も止まるので、悠々と構えることでそれを期待してもいい。


42568.jpg

狙いの1sツモでイーペーコーができた。

1s4枚見えにつき、2sは狙い目となっている。

形は決まったので、後はドラ切りのタイミングを計る。


42569.jpg

テンパイが入り、このタイミングでドラリリース。

幸いにも声はかからず。


42570.jpg

直後に対面から出て、1300でラストとなった。

愚形でもリーチをかけなくて済むというのはかなり大きい。



case5
48794.jpg

オーラス、12500点持ちラス目の北家。

ダントツトップ目が親で実質1局勝負。

3着目の上家とは700点差、2着目の対面とは5100点差となっている。

好配牌をもらって、すでにイーシャンテン。

さて、何を切る?





48795.jpg

7m切りとした。

ピンズの愚形部分を何とかしたいところなので、
ソーズの厚い形を残してその部分での好形変化を見込むという意図だ。


48796.jpg

8sをツモってイーペーコーの形ができた。

さて、何を切る?





48797.jpg

ドラ方面には寄せずに3p切りとした。

あがりラス回避につき、何はともあれイーペーコーの手役があるのはありがたい。


48798.jpg

ここしかない7sを引き込み、テンパイ。

さて、リーチか、ダマか?





48799.jpg

ダマとした。

仮にリーチツモでも裏なしなら3着終了。

それならば対応させずにラス回避に全力を注ぐべきと判断した。


48800.jpg

結局3着目から出て、1300。

なんとかラス回避することに成功。


48801.jpg

裏ドラは乗っておらず、いずれにせよ3着止まり。

配牌をもう一度見るとわかるが、コーツ系の手牌での両面固定は牌形に合っていない捌きで、
69mは山に薄く、あがりづらかった。

何より恐ろしいことに、次巡があったなら親がダマツモを炸裂させていた。

リーチでも結果は変わらなかったかもしれないが、
1巡の後先で結果は大きく変わるだけに、ここでのリーチは少々傲慢であるということだろう。

ツモで2着捲り確定なら、リーチもありというところか。


このように、イーペーコーは端含みを厚く持つことで、意外とできやすい手役であるため、
リーチをかけたくない局面では意識に入れておくといいだろう。




ラベル:ダマ 手役 天鳳
posted by はぐりん@ at 22:57 | Comment(4) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

ペンチャンイーペーコー形のリーチ

四萬五萬六萬一筒一筒二筒二筒三筒四索五索六索七索七索ドラ北

ペンチャンイーペーコー形とは上記のような形の最終形だ。

ただでさえ、使いどころのペンチャン待ちはあがりにくく、即リーチに踏み切りにくいものだが、
ペンチャンイーペーコー形は待ちがたった3枚しかなく、愚形リーチの中でも最弱のぶるいになる。



しかし、実戦ではこの形から果敢に即リーチを打つという局面が確かに存在する。

今回はこの超愚形ペンチャンイーペーコー待ちのリーチをまとめてみた。

それでは、どんな場合に即リーチを打つべきだろうか?


@親番先制

親番の場合は先制リーチが脅威となるため、相手は簡単には向かってこない。
その特権を利用して、足止めをしつつ、ツモあがりを狙う。
ツモれば最低2000オールからで打点的には十分。
裏ドラ次第で決定打となりうる魅力がある。


A子方先制 ツモって満貫

子方の場合は、先制かつドラや赤が1枚ならリーチが効果的となる。
なぜなら、ツモって満貫あるため、待ちの悪さに見合う打点力があるからだ。
ただし、親リーチなどに叩き返された場合は逆にピンチとなるため、
場況や牌形など、後に記す好条件が付随していた方がより効果的となる。
一方、ドラが2枚ある場合はダマで5200を拾うのが一般的だ。


B場況がいい(待ち色が安い 周辺が場に見えている)

愚形待ちリーチに踏み切る場合は山に待ち牌がどのくらいあるかの考慮が必要不可欠で、これもその例に漏れない。
待ち周辺の色が序盤にたくさん切れていたり、
あるいはペン3待ちなら4がたくさん切れていればより狙い目となる。


C牌形がいい

二萬三萬四萬一筒一筒二筒二筒三筒四筒四筒四筒五索五索ドラ北

二萬三萬四萬一筒一筒二筒二筒三筒五筒五筒五筒五索五索ドラ北

例えば、上記のような牌形の場合、4pや5pのブロックがあるため、他家はピンズの下が使いづらい。
回るにも浮いた3pを使い切るのは困難が伴い、
反撃するにはそれらを切らざるをえないという牌形の利がある。
また、14pや25pというスジを固めてもいるので、
他家がその待ちになった場合に受けにも強いというのがこの形の強みだ。
このように、副次的な効果も考えながら打つことで、もう一段上を見ることができる。


D点棒がない(負けている)

点棒がないので仕方なく、というケース。
負けているからしょうがないというのは麻雀においてかなり危険な考えなので、
点棒がなくても冷静なリーチ判断を心掛けたい。
愚形だがイーペーコーという1ハンが必ずつくので、ツモることができればチャンスとなる。
ペンチャンイーペーコー形は手変わりに2手必要なので、その兼ね合いで即リーチに踏み切ることも多くなる。


E足止めリーチ

例えば、序盤に仕掛けやカンが入っている場合は、
止まってもらうために待ちに自信がなくても即リーチを打つことが有効となることがある。
これはギャンブルとなる可能性があるので、点棒状況を正確に見極め、判断したいところだ。



以上の要素によって、ペンチャンイーペーコー形リーチに踏み切るかどうかを判断する。
要素が複数組み合わされば、強いリーチとなるので、より即リーチに踏み切りやすくなる。

それでは、実戦例から具体的に見ていこう。



@親番先制 case1
tenhou.1612.jpg

東3局1本場、26300点持ち2着目の親番。

2pが重なったが、1pは場切れ。

さて、何を切る?





tenhou.1613.jpg

ドラ切りとした。

3s暗刻につき、ここから見込むのはトイツ手よりもコーツ手と考え、
ドラ重なりよりもダブ東の重なりに主眼を置いた。
いずれにせよあがりまでは茨の道という感じ。


tenhou.1614.jpg

次巡、3pを引き込んで、テンパイ。

さて、どうしよう?





tenhou.1615.jpg

あがりを見込むには最高のツモという感じで即リーチ。

1p2枚切れにつき、下手にコーツ手になるよりは即リーチに踏み切りやすい。

ドラはないが親番先制につき、仕掛けを牽制する意味合いもある。


tenhou.1616.jpg

首尾よくツモって、裏は乗らずの2000オール。

感触十分の一局となった。

親番の場合はツモって最低2000オールからなので、打点としては申し分ないところだ。



A子方先制ツモって満貫 C牌形がいい D点棒がない case2
48372.jpg

東2局2本場、17500点持ちラス目の北家。

3巡目にして上記テンパイ。

待ちが悪く、巡目も浅いが、さてどうしよう?





48373.jpg

これは即リーチがいいだろう。

赤1含んだイーペーコー形につき、ツモでぴったり満貫となる。
巡目が早いとはいえ、ここから組み替えるには有効牌が2枚必要で、その手間をかけるぐらいなら、即リーチがいいと判断した。

沈んでいる点棒状況につき、即リーチに踏み切りやすいし、
かつ5pが暗刻で他家はピンズの下が使いづらい。


例えば、これで5p暗カンになればさらに3pは狙い目となるし、
25pを固めているので他家の攻め返しにもわりと強い牌形となっている。


48374.jpg

あっさりツモって裏なしの2000・3900となった。

狙い通りのツモあがりで、この半荘は2着で終えた。


48375.jpg

3pは2山で、あがりやすいわけではないが、2枚山にいればこの形では十分だろう。

他家の最終形を見ればわかるが、ピンズが分断して形になっていない。

5p暗刻の牌形を生かせばこの形でも即リーチに踏み切りやすいというのがわかるだろう。



B場況がいい case3
tenhou.19625.jpg

東4局、15700点持ちラス目の西家。

意外な4mツモでテンパイとなったが、さてどうしよう?





tenhou.19626.jpg

即リーチに踏み切った。

マンズの上がかなり場に安く、7mの場況がよく見える。


tenhou.19627.jpg

実際は下家の手に7mが2枚。

一見よさそうな場況でもトイツで持たれているとかなり厳しい待ちとなってしまう。


tenhou.19628.jpg

結局、一人テンパイで流局。

このリーチが一人テンパイならしめしめといったところだろう。



B場況がいい case4
tenhou.28731.jpg

東3局2本場、22400点持ち2着目の親番。

7pをツモってきたところ、さて何を切るか?





tenhou.28732.jpg

9sが自分の目から4枚見えたので、ソーズの形を決めて5s切りとした。

9p引き戻しの三色というよりは、カン6pツモから受けを広くして、
いち早くペン7sリーチに踏み切りたいという意図だ。

5s先切りは、ペン7sの布石としても生きる可能性がある。


tenhou.28733.jpg

ズバリカン8mを引いたが、さてどうしよう?





tenhou.28734.jpg

お分かりの通り、即リーチだ。

7sは他家に2枚持たれていて、残り山に1枚しかなかったが、
5sがパタパタと場に切られれば、7sが出る可能性も少なからずある。


tenhou.28735.jpg

他家の反撃もなく、終盤にツモ。


tenhou.28736.jpg

イーペーコー部分が裏ドラとなって6000オール。

決定打をものにすることに成功した。

イーペーコーは裏ドラも固まって乗りやすいので、一撃の破壊力がある。



B場況がいい case5
tenhou.29355.jpg

東3局、26300点持ち2着目の親番。

上家先制リーチにこちらもテンパイ。

さて、どうしよう?





tenhou.29356.jpg

追っかけリーチに踏み切った。

1pが4枚、24pがそれぞれ3枚ずつ見えていて、ピンズの下の場況は絶好に見える。

ただ、6pが最終手出しだともろひっかけをケアされやすいのがキズだ。
6pはできれば先に切っておきたかったが、赤5pツモをケアした結果だ。


追っかけリーチならできればこのぐらいの場況でかけたいところ。


tenhou.29357.jpg

しかし、先に掴んでしまい、裏6mで5200の放銃となった。


tenhou.29358.jpg

リーチ時点では3pは全山だった。

このぐらいの場況なら上家の両面リーチと遜色ない待ちになっていることがわかるだろう。



B場況がいい case6
32307.jpg

東4局、25700点持ち2着目の北家。

6p縦重なりでテンパイが入ったが、さてどうしよう?





32308.jpg

これはギリギリのラインだが、即リーチに踏み切った。

序盤に8s9sが1枚ずつ場に見えているが、
これがそれぞれ違う2者から出ているのがポイントだ。

1者から89sが落とされている程度では、7sは強いとは言えない。
子方、ドラなしならダマが無難だろう。


32309.jpg

このリーチにおける最大の脅威、親からの追っかけだ。

こうなってしまうと場況無関係で、致命傷も覚悟しなければならない。


32310.jpg

しかし僥倖にも、親が先に掴んでくれた。

裏は乗らずの2600。

親の追っかけを食らってこの待ちでやっと2600では、相手にもさしてダメージを与えられず、エネルギーの無駄使いだ。

通常子方のリーチでも、場況関係なくドラ1がほしいところだ。


32311.jpg

このケースでは、リーチ時7sは全山だった。

子方ドラなしなら、最低でも2山でないと勝負にならないだろう。



C牌形がいい case7
tenhou.5826.jpg

南2局、23000点持ち3着目の親番。

6sツモってテンパイが入ったが、さてどうしよう?





tenhou.5827.jpg

即リーチに踏み切った。

親番先制の利というものもあるし、
この場合は5mトイツという牌形の強みがある。

5mはトイツよりも暗刻の方がいいが、8mが1枚切られて7mは使いにくいと判断した。

ご覧のように7mは山に2枚、マンズは分断形だが、7mは2者が吸収できる形だった。


tenhou.5828.jpg

ラス目のリーチが入った直後に、上家がダマツモで1000・2000。

これは私としてはどちらかというと助かったという印象。

この待ちでは追っかけが入った瞬間に、常に不利になるという認識を持っておく必要がある。

rairuさんが六段だったころの画像、時代を感じるね。



E足止めリーチ case8
42377.jpg

南1局1本場、24600点持ち2着目の西家。

上家の2s暗カンが入っている。

赤5pのくっつきを待っていたところ、8mにくっついた9m。

さて、どうしよう?





42378.jpg

即リーチに踏み切った。

好形変化を待つのは、意外と変化枚数が少なく、先手を取られると厳しい。

カンが入っていることも踏まえると、相手は攻め返しにくいだろう。

トップ目が親なのでツモがかなり効果的なあがりとなり、
前巡の下家の6m切りより、7mはまずまずの待ちになったと判断した。

要は、カンが入っているので足止めリーチだ。


42379.jpg

こんな風にはっきりと回っている河が出現すれば、ある程度狙いは成功したと言える。


42380.jpg

結局、一人テンパイで流局となった。

これぐらい愚形リーチだと1巡1巡が長く感じられるが、
足止めリーチが一人テンパイなら目的は果たせたと言えるだろう。


42381.jpg

リーチ時7mは2枚持たれていた。

変則手が一人いるだけで、山読みは案外あてにならないので、リーチに踏み切る際は細心の注意が必要だ。



このように、ペンチャンイーペーコー形のリーチは、状況と要素を組み合わせて踏み切るものであり、
基本は先制リーチの特権と考えておくのがいいだろう。




ラベル:天鳳 立直
posted by はぐりん@ at 23:35 | Comment(9) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

ライジングサン(国士十三面)再臨

48153.jpg

オーラス、22200点持ち3着目の北家。

ラス目上家との差は6700点。

10種だが、さて流す?流さない?





48154.jpg

流さないと答えた方は正解だ。

自身天鳳二度目、鳳凰卓では初のライジングサン(国士十三面張)だ。


48155.jpg

うむ、美しい。

ヨコヅナをうっちゃって土俵外まで。

3着で終えた親はヒヤッとしたことだろう。


48156.jpg

白、南と引き込んだだけで、実質テンパイも同然のイーシャンテン。

やはり10種は常に国士を狙う価値がある。

この場合、ドラが端牌というのも好材料だし、自分の手に赤がないのもGOサインと見る。



48157.jpg

実は、テンパイ前に上家の中トイツ落としが間に合っていた。

さすがにこれを許しては厳しいと思っていた。


48158.jpg

しかし、私の手元にはちょこんと4枚目の中が引き寄せられた。

この時の8m切りは天鳳史上最速の打牌だった。

私は興奮のあまりマウスから手を放し、半ば放心状態となっていた。


48159.jpg

次巡、ツモ。

よく見ると、対面の手に9pが浮いている。

これが出ていたら、トップ→ラスという大惨事になっていたので対面もホッと胸をなでおろしたことだろう。



case2
47881.jpg

南1局24600点持ち2着目の親番。

イーシャンテンから生牌の中をツモってきたところ。

さて、何を切る?





47882.jpg

ツモ切ったらロンだと。

上家は国士の河なんだが、中は生牌なので逆に大丈夫かなと思ってしまった。


47883.jpg

鳳凰卓初の役満放銃は国士だった。

cobeさんとは割と相性がいいので、思い出をプレゼントだ。


47884.jpg

配牌は8種から。

9種なら流すので、国士に行くなら8種か10種以上だな。


47885.jpg

さすがにこのドラ切りにはケアすべき。

実際はイーシャンテンだったが、テンパイでもおかしくない。
次の危険牌手出しでテンパイと見るべきだろう。


私が親番でなければテンパイに固執せず、オリを選択していた可能性も高い。




47887.jpg

先日たまたま、鳳南の1000試合以上安定段位ランキングを見ていたら、
上位300人の下の方に私の名前を見つけたのだが…

おっと福地先生も近くにいるね(294位)。


47888.jpg

安定段フィーバーしとるやつがいる、と思い、よく見ると…


47889.jpg

私だった(笑)


47890.jpg

安定段7.777777


これはもしや確変の予兆かと思い、打って見たら普通に負け越した。


私がランキングをほとんど見ないのは、私自身の成績がふがいないからだが、
500試合時の安定段は7.2だったことを思うと、大分良くなったなという印象もある。

最近は少しずつだが展開にも恵まれるようになり、
八段で負け越すイメージもなくなってきた。

言ってみれば鳳凰卓の土俵にアジャストした戦い方ができるようになったということだろう。


しかし、まだまだ満足のできる結果とはなっていないので、
まずは平均順位2.45、安定段位8.0を目指して日々精進していきたい。



ラベル:役満 天鳳
posted by はぐりん@ at 23:07 | Comment(4) | 役満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする