2017年09月24日

鳳凰卓勝ち組になるための方法論

鳳凰卓で勝つための方法論には様々なものがあるが、
ここでは私の経験をもとにそのコツを披露していきたいと思う。


まず、鳳凰卓で勝ち組になるために最も重要なことは、
なんとなく勝てるイメージを大局観として持てるようになること、だ。

自分の動きによって相手がどう対応するのか、
相手の動きによってその他の者がどう対応するのか、というのは、
特上卓、鳳凰卓という土俵によって全然違ってくる。


例えば、回し打ちの技術については特上卓と鳳凰卓では大きな差があるため、
鳳凰卓の方が圧倒的に流局率が高い。

特上卓では、他家の放銃による横移動決着を期待してベタオリすることも戦略として有効だが、
鳳凰卓では、それに比して流局テンパイを想定した手組みの必要性が増す。


土俵ごとに起こる現象が違うということは、
言い換えれば土俵ごとに取るべき最適戦略が違う、ということでもある。

例えば、手出しツモ切りを見ていない相手に対して空切りを多用しても、
それを情報として認識してくれないのであればかえって逆効果になったりもする。


鳳凰デビューした人が、特上と同じ打ち方をしても結果が出ないということはよくある。

これは、基礎が欠けているという可能性ももちろんあるが、
土俵の違いによって最適戦略が違うという認識に欠けている、
もしくは鳳凰卓にアジャストした選択ができていない、という可能性が高い。

そもそも鳳凰卓の経験が足りなければ、鳳凰卓固有の現象をインプットできないまま特上卓に叩き落されるため、
特上卓を再び勝ち上がっても、同じことの繰り返しとなってしまう。


特上卓では勝てるイメージがあるのに、
鳳凰卓ではどうやったら勝てるのかがわからない、
こういう心理状態になっている人は、結局のところ鳳凰勝ち組にはなれないのである。


私も最初はこの点において大いに苦しんだ一人であるから、皆さんと一緒である。

ところが、ある時期から鳳凰卓においてもなんとなく負けないイメージを持てるようになり、
それからは劇的にラスが減りだした。


鳳凰卓固有の現象に一つ一つ頭を悩ませているようでは、それに捉われるゆえ視野が狭くなってミスも起きやすい。
経験によって、鳳凰卓で起こる現象を少しずつインプットすることにより視界は徐々に開けてきたように思う。
大局観が備われば、半荘の流れを自分の中で把握できるため、取るべき選択が自然と見えてくるからだ。


それでは、鳳凰卓における大局観を身につけるにはどうしたらいいのだろうか?
現象をインプットし、最適に近い選択を取るためには何をしたらいいのだろうか?

今回はこの具体的なプロセス、方法論について皆さんにお届けしたい。


50366.jpg

@まず、やってみる

分からない部分は結果を恐れずにとことん踏み込んでみる。
ラスを必要以上に恐れずに、不利だと思っても押してみる。
それが放銃になったとしても一向に構わない。
自分が少し欠けていると思っている部分の踏み込みを強めにする。
特上卓と鳳凰卓では起こる現象が違うのだ。
踏み込むことによって相手がどう対処するのかをインプットするのである。

これは鳳凰卓での現象を把握する、ということに他ならない。
私の場合は鳳凰卓参戦当初から実験的に押しの要素を強めにした。


A検証し、反省する

@をやったら必ずこれをする必要がある。
@の踏み込みがどうだったのかを局後に回顧する。
自分の選択によって、相手の対応がどのように変化し、その結果どうなったかを振り返る。
本局の結果が悪かったとしても、長い目で見てどうなのかを客観的に見る。
この部分の客観視が正しいかどうかが、勝ち組になれるかどうかの分岐であり、麻雀のセンスが問われる部分でもある。
そして選択が間違いだと判断した場合は、同じ過ちを繰り返さないこと。
試行錯誤する上で、はっきりと損な選択の比重を自分の中で徐々に薄めていく。
牌山は開けた方が絶対に強くなれると思う。
私の場合は特に、仕掛けの正誤判断において牌山を公開し、検証を積み重ねた。


B打数を重ね、短期的好調(確変)を引く

何気ないが、かなり重要なのがこれだ。
要は結果を出すことによって、鳳凰卓での自分の打ち筋の指針が得られるということである。
結果が出ている時の打ち方というのは正しい判断の集合であることが多い。
これによって鳳凰卓の勝ち方を自分の中で固めていく。
さらに、結果を出したことによって自分の中に自信がつく。
麻雀はメンタルなゲームなので、自信そのものが勝ちを呼ぶ特効薬となりうる。
打数を重ねることで強者に慣れ、短期的好調による自信によってミスの元となる緊張を退けることができる。


C捨て垢を捨て、アカウントを1つに絞る

麻雀において確率の言い訳を用いる人は勝ち組にはなりにくい。
ワンチャンスだったからこの放銃はしょうがない、などという正当化を強者はしないものだ。
言い訳を用いる方が負け組、言い訳を用いさせる方が勝ち組、これが勝負の鉄則だ。
私の天鳳のアカウントははぐりん@の1つだけである。
2つ持っている人はなぜ2つ持っているのだろうか?
こっちは気楽に打つ方、こっちは本気で打つ方、成績の悪い方は捨てて、成績の良い方のみ用いる。
用途・目的がはっきりしているならいいが(例えば東風用・東南用など)、
気分で変えるアカウントを持っている人はそこに確実に「言い訳」が存在することになる。
昔の成績が悪いのは当然の話で、それも正真正銘自分自身なのだ。
アカウントが1つしかないからこそ、鳳凰卓で結果が出なかった時分に私は血を吐く思いをした。
そこに言い訳がなかったからこそより成長できたのではないかと思うのだ。


D自分のツモを信じる

オカルトでもなんでもなく、最終的にはこれに行きつく。
フーロの正誤について、思考錯誤を重ねた結果、自分のツモを信じて疑わないことが好結果を生む局面が不思議なほど多いことに気がついた。
麻雀というのは究極的には自分との闘いであり、自分自身を信じられるかどうかというのが最後の最後に明暗を分けるものだと思う。
自分のツモを信じるということは、自分自身を信じることに通じる。
鳴くかどうか少し迷ったら、自分のツモを信じてほしい。
それが、鳳凰卓では驚くほどいい結果を生むから。



私の場合はこのようなプロセスを経て、結果を出すことに成功した。

最後は信仰宗教のようになってしまったが、大目にみていただきたい。
信じる者は救われる、だ。

結局のところ、どれほどの覚悟を持って臨めるかどうかが、
鳳凰卓での勝敗を分ける鍵になってくるのだろう。


皆さんの健闘を心より期待したい。


少し順序が逆転してしまったが、次回はいよいよ特上卓と鳳凰卓の最適戦略の違いについて書きたいと思う。



ラベル:思想 戦術 天鳳
posted by はぐりん@ at 03:58 | Comment(2) | 鳳凰卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

九段始めました

50282.jpg

九段に昇段した。

特上時代を合わせてもいつ以来の九段だろうか。
実に何年かぶりであることは間違いない。

鳳凰卓では初の九段ということで感慨もひとしお。
九段の敷居の高さをあらためて実感するに至った。


九段昇段戦は3戦3ラスという無類の弱さを見せ、一度は叩き落されたものの、
2着条件の4戦目にしてトップ。九段昇段を果たした。



50283.png

月間の順位分布はきれいな階段状になっている。

平均順位も2.4を切っているので個人的には文句なしだが、
これでも安定段位的には9をわずかに超える程度であり、
このラス率ではさらなる高みを目指すには厳しいことがわかる。




50288.jpg


これを見るとわかる通り、7月ぐらいから安定した順位分布となっており、
直近600戦にわたり、常に八段原点以上をキープ、Rはほぼ2200以上と、
メンタル的にもかなり安定した状態で打てていた。


以前の記事でも書いたように、降段の危機に瀕しているなどptが十分でない場合は、
メンタルが不安定になり自分の実力が発揮しにくい傾向にあるため、
少々の不調を引いても原点以上のptがあるというのは心強かった。



ちなみに、私の直近1000戦の鳳南安定段位は、8.857である。
最初の300戦の成績がいかに私の安定段位の足を引っ張っているか、
もちろん土俵に慣れずにミスもそこそこあったが、
それなりの不調を引いたということは今だからこそ言えるだろう。
なぜなら打ち筋というのはそれほど劇的には変化しないものだからである。



ここまでの軌跡の中で6連ラスが1回、4連ラスが2回と通常ありえないようなラスの引き方に戸惑いもしたが、
鳳凰卓での経験を積み、格がついてくると不思議なもので連ラスもぱったりやんだ

それはあたかも鳳凰卓の女神さまがひよっこに洗礼を浴びせるかのごとくであり、
誰しもが避けては通れない道なのだろう。

その壁を乗り越えた先にようやく鳳凰勝ち組のルートがあり、
軌道に乗って何かしらの格がついてしまえば、あとは相手が勝手にこけてくれる
天鳳とはそういうゲームなのだろう。



九段昇段にあたり、具体的な数値をさらっと検証してみたい。
(鳳南1425試合対象)

50283.jpg

和了率20.24%。
屈指の低さではないだろうか。

私は和了についてはまったく執着していない。
これは少し観戦したことのある方ならわかるだろう。

和了というのは自分の力だけで得られるものではないので、
あがれないと思ったら無理はしない。
和了を見る以上に考えるべきことは、こと天鳳においてはたくさんある。


この和了率の低さは副露率の低さと直結していることは間違いない。
この程度の和了率でも十分に結果は出るということである。


50284.jpg

放銃率11.43%。
わりと高目。

私にしては少々高いのは、鳳凰卓では押しの要素を若干強めにしているからだ。

天鳳というより麻雀の形を追究する目的で、
鳳凰卓開始直後から実験的に押し気味に打っていた。

鳳凰卓でも確実に正しい放銃というのは存在する。

サシコミなどはあまりしないので、その分低くなっているかも。


50285.jpg

リーチ率17.91%。
これはよくわからない。

無理なリーチはしないタイプだが、
副露率が低いメンゼンタイプだけに若干高めの数値かもしれない。

リーチ時放銃率が15%弱もあるのは、さすがにレベルの高い鳳凰卓といった感じ。


50287.jpg

副露率19.72%。
なんと20%を切っている。

私より副露率の低い鳳凰民が果たしているのだろうか?

この副露率が私の雀風の最たる特徴と言えそうだが、
この副露率でも鳳凰勝ち組になれるということである。

私はぶっちゃけ麻雀は一切鳴かなくても負けないゲームとすら思っているが、
副露率が最も打ち筋を調整できる点でもあるので、
平均順位や安定段位との兼ね合いで、より効果的な副露について模索していきたい。



50286.jpg

役統計。

私の特徴として、チートイツがかなり多いことが挙げられるだろう。

七対子と混一色の出現頻度が全くの同一。たいていの人は混一色の方が多少なりとも上回っているはずだ。

副露率が低い分、必然的に染めも少なくなるし、そもそも私はホンイツがそれほど好きではないのかもしれない。



さて、九段になったにあたって所感を述べたい。

私がひとえに嬉しいのは、鳳凰卓である程度の結果を出せたことで、
このブログで戦術を自由に披露することができることだ。

私が鳳凰で苦戦していた時のコメント欄は若干荒れ気味で、
このブログの信頼度も低下しているような向きがあった。

それは当然のことではあるが、
私自身歯がゆく悔しい思いでいた。

それは結果を出すことでしか晴らすことのできない性質であるがゆえに、
九段到達を素直に嬉しく思うのだ。


とはいえ、総合的には炎上もなく揶揄もそれほどなかったかなあと思えるのも事実。

皆様には温かく見守っていただきありがとうございました。




結局のところ、八段原点弱から鳳凰卓をスタートして、
九段になるのに1441試合かかった、ただそれだけにすぎない。

私にしては随分と遠回りしてしまったが、重要なのはここからだ。
さらなる高みを目指すためにいったい何をすればいいのか。

ここはゴールではなくて単なる通過点に過ぎない。
はぐりんの道程まだ道半ば、である。


次回は九段昇段記念、
特上卓と鳳凰卓の最適戦術の違いについて、書きたいと思う。



ラベル:好調 昇段 天鳳
posted by はぐりん@ at 23:06 | Comment(10) | 昇段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

不確定三色より確定赤(ドラ)

今さら言うまでもないが、麻雀における赤やドラの価値というのは非常に高い。


代表的な2ハン役である、三色や一通が9枚固定で必要なのに対し、
赤やドラはそのたった1枚が1ハンであり、
ドラドラならその2枚が三色や一通と点数的には同じ価値ということになる。


もちろん、赤やドラを生かすためには手役が必要となるわけだが、
現代麻雀にはリーチという最強の手役があるため、
メンゼン前提なら、必然的に赤やドラを中心とした手組みをしていくこととなる。


三色は麻雀の華であり、決まると見栄えもいいが、
両面待ちなど不確定の場合は高目安目で打点に大きな差が生まれる。


二萬三萬四萬赤五萬九萬九萬二筒三筒四筒六筒七筒八筒三索四索ドラ北

テンパイからでも2分の1の確率をクリアしなければならないのに、



二萬三萬赤五萬六萬一筒二筒三筒七筒八筒九筒二索三索西西ドラ北

イーシャンテンから三色がズバッと決まる確率は4分の1に過ぎない。


上記の手牌から、チャンタ三色を狙う打ち方は魅力的ではあるが、勝ち味に欠けていると言わざるをえない。


麻雀における不確定2ハン役が非効率である理由は、
期待値という側面もあるが、
麻雀の点数計算システムとも密接な関係がある。



リーチにおける得点上昇効率は、
30符3ハン、または40符2ハンで最も大きくなり、
40符3ハンから満貫による切り下げが起こるため、効率が悪くなる。


子における2600や3900のリーチ効率が良く、
5200のリーチは効率がイマイチというとピンとくるだろう。

これはどういうことかというと、
2600はリーチ+1ハン、3900はリーチピンフ+1ハンなので、
赤やドラが1枚あるだけで、リーチがかなり効果的になるということである。


つまり、ドラや赤が1枚あるなら即リーチを打つ手組みをするのが現代麻雀において手っ取り早く勝つ方法であり、
チマチマと2ハン役を作っているようでは大幅にスピード負けする可能性が高いということである。



何度も書いているように、麻雀はいかに効率よく満貫をあがるかのゲームであり、
そのためには赤1を含んだリーチを打つことがとても重要
で、
チャンタを狙っている暇があったら、手牌を内に内に寄せて赤を生かす手組みをすべきだということ、
これが赤麻雀における必勝法と言っても過言ではない。


現代麻雀における三色などの2ハン役は、自然な手順、手なりで作るものであり、
無理に深追いをするものではないということ、
むしろ中心となるのは赤やドラを生かしきる手組みであるということ、
淡白で趣はないが、それを徹底することが重要となっている。


それでは、実戦例を見ていこう。



case1
tenhou.17547.jpg

南2局、21000点持ち僅差のラス目で迎えた西家。

急所のペン7pを引き込んだが、さて何を切る?





tenhou.17548.jpg

7m切りとした。

チャンタ三色は魅力的だが、高目&高目が必要で、現実的ではない。

ドラと赤があるのでそれを生かす、ごく普通の選択だろう。


tenhou.17549.jpg

9sを引き込み、即リーチに踏み切る。

できれば69sで待ちたかったところ。


tenhou.17550.jpg

上家から出て、裏なしの7700。

9mでハネ満だったじゃん、とはあがった後の戯れ言だ。

赤含みターツ落としはそこにどうしてもキズができてしまう。



case2
tenhou.24837.jpg

東4局、22000点持ちラス目の北家。

6s暗カンから、123の三色のテンパイとなったが、
出ていくのは新ドラの4m。

さて、どうしよう?





tenhou.24838.jpg

1m切りリーチとした。

カン裏もあるので、期待値的にもこれが良さそうだが、
何より下家の仕掛けに4mが危険すぎる。

実際、4mは下家に当たりだった。


tenhou.24839.jpg

ほどなくして1sの方をツモ。


tenhou.24840.jpg

裏ドラ乗らんか〜。

三色にとっていたら満貫だったなあ、とこれは思うだろう。


ドラと三色の兼ね合いは危険度の観点からもドラを使い切りたい。



case3
36763.jpg

東1局1本場、原点の南家。

ピンフ三色イーシャンテンのところ、赤5mを持ってきた。

さて、何を切る?





36764.jpg

2m切りとした。

これは色々な考え方があるだろう。

入り目の4分の1が234三色確定となる2p引き。
ただし、三色になるためにはドラと赤5mを切ることになる。

2pを引ければ満貫のリーチが打てるが、
入り目が69sなら2m切りリーチとなるだろう。


9sが3枚見えにつき、69sに不安があるということで、
4m引きなどマンズの伸びを見るドラ切りという手もあるが、
浮かせている25m自体の危険度も高く、ここを残すのは一抹の不安がある。

ドラを先に鳴かれて、2mが捌けないなどという事態が最悪と考え、
赤5mを使い切る2m切りとした。

ドラが重なっても十分だし、
いずれにせよテンパイでドラは打ち出す方針だ。


36765.jpg

下家の先制リーチが入るも、6sを引き込みこちらもテンパイ。

さて、どうしよう?





36766.jpg

追っかけに踏み切った。

ネックの69sが先に入ったのであれば、勝算は十分と見るし、
ドラ自体の危険度が劇的に高いという感じもない。


36767.jpg

しかし引き負け、裏なし1300・2600となった。

25pは山に5枚も残っていた。

件のドラ自体も山に眠っていた。



case4
43199.jpg

開局の南家。

北家の加カンが入っている。

絶好のペンカン3mを引き込んでテンパイ。

さて、どうしよう?





43200.jpg

1m切りでリーチとした。

三色の高目が多い形につき、これはドラ切りも十分に見合う選択だろう。

ただ、47pの方が場には出にくいということ、
カン裏もあるため、ドラ1が安定すること、
さらに上家の仕掛けに対して4mが危険であることを判断材料とした。


現状4mが通ったとしても、
場に4mが出やすくなることで、仕掛けが成立しやすくなる危惧がある。


43201.jpg

結果は対面から一発で1pが出て、裏ドラは乗らずの5200となった。

ドラ切りリーチならリーチ一発の2600だったな、と実戦中は思うところ。


43202.jpg

実際は4mが親の仕掛けに当たりだった。

打点的には2900とたいしたことはなかったが、
放銃を避けた上にあがりを得られ、かつ三色にならない方が出るという一石三鳥の結果だった。

先ほどもあったが、ドラはやはり危険度が高いので、
できれば自分で使い切りたいところだ。



case5
46267.jpg

東2局、19800点持ちラス目の北家。

789三色イーシャンテンのところ、3mが暗刻になった。

なかなか悩ましい牌姿だが、さてどうしよう?





46268.jpg

赤を使い切る方針で、8m切りとした。

9m9sという2種の受け入れに限定された三色は不確定要素が大きすぎる。

赤を見切った挙句にメンピンのみ、リーチのみという可能性も十分にある。

それならば、赤を使ってのリーチドラ1の方がリーチによる得点上昇効率が良さそうだ。


46269.jpg

最高の4mを引き込み、文句なく即リーチに踏み切った。


46270.jpg

しかし、二人テンパイで流局。

この場況の69sはかなりあがれる感触があったのだが、
狙いの9sはワン牌に2枚死んでいた。

三色狙いの打牌だとテンパイすらしていなかった。



case6
46982.jpg

オーラス、19600点持ちラス目の北家。

3着目の親が21800点、2着目の西家が22100点と緊迫した点差となっている。

配牌としてはかなり良く、ラス回避の大チャンスだ。


46983.jpg

1pが暗刻になり、テンパイ。

さて、どうしよう?





46984.jpg

この局面においては7s切り以外にない。

2600で2着捲り確定。
うっかりドラ切りリーチとして、トップ目から安目が出たらラス確まである。

ドラの確定1ハン様様だ。


46985.jpg

親から追っかけが入り、超勝負所となる。

運を天に任せるのみ。


46986.jpg

これを制し、裏1の5200。2着捲りに成功した。

三色に受けていても結果的には変わりなかった。



case7
49389.jpg

南2局1本場、34500点持ちトップ目、連荘中の親番。

イーシャンテンから絶好の4sを引き込み、テンパイ。

さて、どうしよう?





49390.jpg

2p切りリーチとした。

高目が多い形につき、少し考えるところだが、
例によって仕掛けにドラが切りづらいため、それほど迷わないだろう。

ドラを切ってポンなどされたら一気に場は沸騰してしまう。


49391.jpg

結局、終盤に1sをツモ。

三色にならない方につき、これは得した感がある。


49392.jpg

裏1のコストパフォーマンスが大きいのが、確定ドラを取るメリットだ。

40符2ハンはこのようにリーチによる得点上昇効率がいい。



このように、不確定三色と赤(ドラ)で迷ったら、赤(ドラ)を確定させる方向で手組みをしていくのが攻守両面に渡って隙がない。



ラベル:天鳳 定跡 赤5
posted by はぐりん@ at 00:02 | Comment(4) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする