2018年08月19日

八段昇段 不調の跳ねっ返り

66332.png

八段昇段した。


不調の度合いが強かったからかその跳ねっ返りも強く、スピード復帰となった。

七段降段した瞬間から、風向きが変わり、4連勝。

その後もそれほど苦労することなく昇段まで辿り着いた。


元十段などの強者が七段に落ちているのを時折見るが、
彼らの八段復帰はわりと早いというイメージを持っている。

段位ごとのラスのペナルティポイントは15ポイントずつだが、
たった15ポイントの差によって難易度が見た目以上に違う印象がある。


不調の絶頂期に降段点ということになれば、
実質わざ降段にも似た恩恵を得られることになり

八段最下層で踏ん張っているよりも原点まで返り咲く距離は短い。

私が降段した際に前も感じたことだが、
わざ降段の恩恵というのは天鳳の段位制ポイントにおいて、
見た目以上に大きいのではないかということだ。



私はわざ降段はしないが、
天鳳のポイントシステムの欠陥を突いた方法として、
わざ後段というのはする価値があるし、
好不調の波と絡めてさらに有効利用できないか議論の余地がある。

天鳳位になれる人、なれない人の差の中には、
こうした降段・昇段のタイミングが絡んでいる可能性がある。


さて、今回は復帰に際し、
降段した際と何が違ったのか、具体的に見ていきたいと思う。



case1
66201.jpg

七段降段初戦。

このまずまずの配牌から…


66202.jpg

あっさり大三元に。32000で飛ばして終了。

欲張ってホンイツにしたのも正解に働いた。

降段戦のMAX不運から突如ここまで変わるものかと正直驚いた。

牌は無作為に積まれているだけで、印象という名の評価を単に私が与えているだけにすぎないのだが。



case2
66260.jpg

トップ目の親番でこの配牌。


66261.jpg

あっさり11600のアガリ。

これ、カン6mダマから7m引いてピンフ変化につき、分岐点は一応あった。

人によってはソーズを伸ばしてテンパイ取らずとする人もいるはず。

にしても、この配牌をもらったら大体勝ちだ。

下家の手にしても、通常ならしめしめと思える手のはず。



case3
66262.jpg

9p切ってカン2sの仮テン。

2sは3枚切れにつき、流局までいかにテンパイ維持するかの勝負となっている。


66263.jpg

ここで1s切ってシャンポンに。

親がソーズ待ち!という河につき456sを持ってきたらオリざるをえない。


66264.jpg

好調時はこれをツモるんだな。

仮テンをツモって相手のチャンスを潰すというのは見た目以上に大きいと私は思っている。

ソーズが1個ずれれば、ノーテン流局が濃厚なだけに、こういうのをアガれるのは嬉しい。



case4
66265.jpg

オーラス2着目、アガリトップの親番。

中をポンしてアガリに向かう。


66266.jpg

チーテンに取って47p待ち。

通常はここからが長い。

周りが絞らないオーラスとはいえ、こういうのアガれた試しがない。


66267.jpg

あっさり出てラスト。好調時は違う。

対面は258p待ちでテンパイだった。


66268.jpg

ほんのわずかの差で47pが先にいたにすぎない。

不調時でさんざんやってきた巡り合わせの逆がここにあった。



case5
66269.jpg

最終盤。7sが出たがチーテンに取るか?





66270.jpg

スルーした。

2pが切りづらいだけに、これはチーして9p切る人が多いのではないだろうか。

チーしたところでアガリは見込めず、上家のアガリや親のテンパイを誘発するかもしれないと感じた。

次の47sは仕掛けるつもり。も、この7sにラグがかかる。(同時ラグは先に解除すればポンラグの方が残っているのでわかる)


66271.jpg

テンパイが入ったがどうするか?





66272.jpg

スルーして入ったメンゼンテンパイ、ここは当然の勝負だ。

親に対してケアしたい25pだったが、ポンラグの7sを切り出しているので、今なら切りやすい。

かつ…


66273.jpg

7sのトイツ落としなら拾える可能性も十分。2000+αで4600点の収入。

実際は暗刻で持たれていた7sだった。

好調時は落ち着いてこのようなスルーができる、これは私の本来の打ち筋だ。

期待値としてはチーテンが優っている可能性すらあるし、
私も打っている精神状況によってはチーテンに取ることもあるだろう。

しかし、好調時は選択がハマる。自分の打ち筋を貫いたゆえの好結果につき気分も乗っていく。



case6
66283.jpg

オーラス、下家と7800点差。

ここから何を切るか?





66284.jpg

4m切って純チャンに決め打った。

ラスにはなりにくい点差とはいえ、これが緩手になって親の連荘を許すということも往々にしてある。


66285.jpg

ツモが噛み合い、純チャンドラ1のテンパイ。

逆転条件を満たすが、下家の7pが間に合っている。


66286.jpg

好調時はこれがアガれる。

逆転の手作りもさることながら、フィニッシュまで決められるというのが好調時の牌運だ。

メンタルがやられている時は、ドラ1ペン7pの役なしになってしまうことも多そう。



case7
66320.jpg

開局。

テンパイだが、どうするか?





66321.jpg

9mツモの三色もあるが、ドラ6pツモのタンヤオ変化を見て9s切りとした。

こちらの方が4sツモの変化も見て柔軟なダマ。

ドラ1あるならカン8sの即リーチも考えるところ。


66322.jpg

あっさりツモって300・500。

実はラストの6sだったが、好調時はこういう選択を間違えない。

不調時はどこかで選択をミスって必ずアガリを逃したりしているものだ。



case8
66332.jpg

オーラス32100点持ちトップ目の北家。

下家の親が29600点、そして24500点持ちの3着目からリーチが入ったところ。

一発目だが、宣言牌またぎの47sが浮いている。

さて、何を切る?





66333.jpg

7sぶったぎって勝負とした。

3着目に打つと3着落ちだが、ラスまではないし、オリ切るにも安全牌が足りない。

この受け入れなら勝負になると思い、押した。


66334.jpg

絶好の3sくっつきで役ありテンパイ。

これで全ツ確定。


66335.jpg

見事にツモりあげて1300・2600でラスト。

一歩間違えれば放銃に回っていてもおかしくなかった。

がんばったけどダメだった、は不調時。

ここまで押し切った過程が生きるのが好調時。



case9
66347.jpg

なんとこれ、配牌だ。

3mカンすると、ダブリーがなくなるが、さてどうしよう?





66348.jpg

ダブリーの1ハンはなくなるが、カンしてリーチとした。

好形の場合はこれで良さそう。

カン絡みのダブリーは特上時代も1回のみで、これが2回目。かなりのレアケースだ。


66350.jpg

サクっとツモりあげる。


66351.jpg

裏が4つでハネ満。

3m切ってダブリーでも7本折れてのハネ満でまったく一緒だった。

この配牌をもらってアガるなという方が無理がある。



case10
66352.jpg

60000点オーバーのトップ目が王様リーチ。

ひいい、勘弁してくれ。


66353.jpg

回っているうちにこちらもテンパイ。

さて、どうしよう?





66354.jpg

追っかけリーチとした。

逆に言えば大トップ目から直撃を取れるチャンスでもある。

親満1回打ってもまだラスまでは余裕がある。


66355.jpg

何と一発で出て、裏は乗らずもハネ満の直撃に成功。

5pはラス牌だったが、好調時はこの巡り合わせがある。


66356.jpg

好調時は過程が結果に結びつく。

あれを直撃してやっぱり2着でした、ではあまり意味がない。

というわけで、最終的にはトップを捲り切った。



case11
66371.jpg

上家と1800点差、ラス目で迎えたオーラス。

チートイツのイーシャンテンでもあるが、ここから何を切る?





66372.jpg

受けの広い選択ということで、6m切りとした。

2mは2枚切れで1mはフリテン。

かなり難しい選択だったが、ここでチートイツに固執するのだけは損だ。


66373.jpg

先に4mを引ければ、大成功。

一気に見違えるイーシャンテンに。

例えば、先に58mをたくさん引いてきたり上家に切られたりするとアウトだ。


66374.jpg

4pポンテンから、無事にツモってラス回避に成功。

選択が見事にハマる、善悪は別として、指運みたいなのが上手くいくのが好調時だ。

上家まだテンパってないし!



case12
66388.jpg

南3局、対面と9400点差のラス目南家。

テンパイしたが、どうするか?





66389.jpg

ダマテンにした。

脇から5200を出アガってラス目のままオーラスを迎えることが得策かどうか。

余裕がないと慌ててリーチといってしまいたくなるところ。


66390.jpg

3mをツモって、どうするか?





66391.jpg

7m切りダマ続行とした。

対面の7mにラグがあり、親が6m持ってそうだったので、4m待ちとした。

このへんでリーチを敢行して脇を降ろすという手もあるが、対面からの直撃は魅力的だ。


66392.jpg

これをツモって2000・3900。

これによって3着浮上でオーラスを迎え、そのまま3着終了だった。

対面258p待ち、下家47p待ちで、他家のアガリ目も十分にあった。

針の穴を通すような選択の成功は、好調時だからこその成立といっていい。

その基盤となっているのは、慌てずに余裕を持って打てているメンタルの充実にあると言ってもいいだろう。


ある程度好調だからこそ、メンタルにも余裕ができる、この好循環が好調時のサイクルなのである。



ラベル:天鳳 昇段 好調
posted by はぐりん@ at 23:55 | Comment(6) | 昇段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

七段降段 ラスを引くためには不運な一局さえあればいい

66243.png

七段降段した。


10戦8ラスから盛り返すのかと思いきや、
その後23戦トップなしという驚くべき逆風に晒され、そのまま粘ることなく降段した。


鳳凰卓の勢力図は半年でガラリと変わると以前申し上げた。
実際半年前に十段だった私は、坂をゆっくりと転がるように七段まで落ちた。

十段、九段の時分は七段に落ちるなんてありえない、と思っていた。

しかし、それは幻想に過ぎなかった。

十段にはなってみればわかるが、
かなりのツキの後押しがあって達成できるものであって、
自分は強いと浮かれていられるのも少しの間だけなのである。


66149.jpg

八段最終Rはなんとびっくりの2076。

最近の順位分布は3位がかなり多く、降段時のRもかなり低いものとなった。

Rは強さのバロメーターとして機能することは確かだが、
それよりも直近の順位分布の影響が大きいことがわかった。

半年前に比べ、最近はやや守備寄りの選択が多く、その影響がRに反映されているのだろう。


降段はみじめで恥ずかしい、という気持ちもあるが、
不調というのは長く打っていれば必ずおとずれるものである。

一過性のバイオリズムに心を揺らしていてもしょうがない。

段位に関わらず、向上心を持って取り組むことが重要だと思っている。


さて、今回のテーマは「ラスを引くためには不運な一局さえあればいい」だ。

私がどのように七段へと降段したのか、その過程を楽しんでいただきたい。



case1
66136.jpg

対面の先制リーチに対し、こちらも追いつき、追っかけに踏み切る。

牌オープンにつきわかりやすいが、対面の待ちの7mは残り1枚。

私が放銃することはない。


66137.jpg

しかし、上家のカン6sチーによって、私の4000オールが食い流れ…


66138.jpg

ラス7mをツモられてしまった。2000・4000の親っかぶり。

不調時はこういうのが日常茶飯事で、
他家の動き云々というよりも、何がどうなろうと自分に有利な展開にならないという印象が強い。



case2
66139.jpg

次局。やはり対面の先制リーチにこちらも絶好のくっつきで追っかけたところ。

6sの離れトイツ落としにつき、スジの3sはかなり危険だがこれはセーフ。


66140.jpg

やっぱりかという感じで掴む。裏も乗って8000。

14pは完全ラス牌に対し、36mは山に5枚。

めくり合いは枚数関係ないとはいえ、これぐらいになると凹む。

どれどれと開けてみるとびっくりするほど王牌に当たり牌が死んでいる。



case3
66150.jpg

下家から親リーチが入って一発目。

ひとまず虎の子の9sを切って一発回避。


66151.jpg

ドラをツモってきて、さて何を切る?





66152.jpg

中スジの4mを切るとこれがロン。裏も乗って12000。

これ以外に選びようがない4mに見えるが、これはつまりリーチが巧妙なのだ。

中スジをすんなり出させる切り順に鳳凰卓のレベルの高さがうかがえる。

それを一発で掴んでしまうあたりに不調が垣間見える。



case4
66153.jpg

南2局、ラス目で迎えた親番。

やっとこやっとこ先制テンパイ。

ラス目の親リーチだぞ、みんな降りろ〜〜。


66154.jpg

3着目の追っかけが入る。や、やめて…。


66155.jpg

当然ツモられ、裏が雀頭の4pで3000・6000の親っかぶり。

良くある日常の1コマ。

手牌も運気も差がありすぎて諦めの境地といった感じ。



case5
66156.jpg

次々局。

赤もドラも何もないピンフイーシャンテンで手が枯れている。

しかも、上家のメンホンテンパイ即、当たり牌の発を掴む。

不調時はダマだろうと何だろうと一発掴みがデフォ。


66157.jpg

テンパイが入って、飛び出る発。

8000でぶっ飛び終了。

八方塞の図だが、これだけひどけりゃ逆にすがすがしいか。



case6
66168.jpg

南1局、3着目の北家。

絶好の入り目で即リーチ。これはいただいたでしょう。


66169.jpg

ところが、ラス目の親に追っかけられる。

嫌な予感しかしない。


66170.jpg

まあ、見逃してはくれないわな、一発で7700。

一発でなければ、まだ戦えたのに。


66171.jpg

やはりというかなんというか、次巡ドラをツモって裏裏で倍満だった。

この後先でトップとラスが決まる。わずかだが、あまりにも大きい差。

好調時はいちいちそんなこと気にしないものだが、不調時は神経質になる。

牌は無作為に積まれているだけで、逆の巡り合わせももちろんある。それが好調時だ。



case7
66172.jpg

私の得意なチートイツ。

しめしめ、発単騎にしてやろう。


66173.jpg

下家の一発目、ここから何を切るか?





66174.jpg

ドラの南を選ばないとすれば、発と中の2択。なんと、下家は中を選んだ!

これは指運なのだろうか?

私なら裏ドラ考慮で発を切っているだろう。


66175.jpg

下家、発を重ねる。

これは逆にピンチなのでは?


66176.jpg

なんと、下家はここで6s切り。攻める手と判断したのだろうか?

おそらく7sがポンラグだったので、6sの安全度が高いと考えたのだろう。


66177.jpg

そうこうしているうちに、上家の追っかけが入る。


66178.jpg

当然掴んで、裏1の7700。

下家の神回避によって、結果私が割を食った。

不調時は見えない部分で他家がファインプレーをしていることも多い。



case8
66179.jpg

南2局、20400点持ち2着目。ラス争いが熾烈。

3着目が先制リーチ、こちらも絶好すぎる赤引きで三面張テンパイ。

さて、どうしよう?





66180.jpg

リーチをかけず、ダマで押す。

順位戦略的に、ここはダマで拾うのが得策と考えた。

2件だと、脇はベタオリに傾きやすく、ラスのリスクが高い直対になりやすい。

ダマなら終盤に回るなりオリるなり、微調整が可能だ。


66181.jpg

5mをツモってどうするか?





66182.jpg

こういう場面でダマが生きる。

6p切りでもいいと思ったが、万全を期して現物の5p切りとした。


66183.jpg

二人テンパイで流局。5mは見事に当たり。

リーチを打っていると放銃となり、ラス争いに首を突っ込むところだった。


66184.jpg

山に8枚の147pより先に、山に2枚の58mを掴む。

忘れてはいけない、自分が不調時だということを。(好調時でもダマだが)



case9
66185.jpg

親リーチが入ったが、ピンフに変化したので追っかけ。

場況的に14sが強く見えたので、やや強気の対応とした。

一発目に5sを切るくらいなら、リーチでいいでしょ、ということ。


66186.jpg

調子に乗りやした〜の7700。

さも当然のように掴む。が、14sは純カラだったので、これは順当な結果。



case10
66187.jpg

次局。

上家が食い散らかして、親リーチが入る。


66188.jpg

完全手詰まりだが、何を切るか?





66189.jpg

さほど迷わずにワンチャンスの8sを切るもアウト。

え?ドラ暗刻?


66190.jpg

それだけでは済まされない。裏裏で18000。

僕何も悪いことしてないのに…

2局で25000点吐き出したらそりゃラスにもなるわな。



case11
66096.jpg

上家が3巡目に両面チー。


66097.jpg

何を切るか?





66098.jpg

発を切ると7700と言われる。

必死こいて形テンを取る18巡もあれば、それが一瞬で不意になるこういう3巡もある。




case12
66193.jpg

降段戦。気合の入る東発。

降段回避の先制リーチ!


66194.jpg

下家、自分で切ってる7sをフリテンチー。

何やら嫌な予感がします…


66195.jpg

2秒で掴む。3900。

掴む速さが尋常じゃない。


66196.jpg

山6の25sがアガれないのはまだいいとして、リーチ時の下家、これだぜ?

これを上手くアガリに結びつける技術というのもさすがと言えるけれども。

降段の鐘の音が聞こえてきた。



case13
66197.jpg

次局。例によって一発で掴む。12000。

ここから回り切る気力はもう私には残っていなかった。

というか、これは食い延ばしのチーがやや焦り気味で良くなかった。



case14
66198.jpg

次々局の親番。

下家リーチ一発目、上家の一発消しが入る。


66199.jpg

やっぱり一発で掴んでるんか〜い!


66200.jpg

裏が乗って親っかぶり。これにてぴったり飛び終了。

私の降段戦は東3局で飛ばされ終わった。不調の集大成といった半荘だった。



case15
66145.jpg

もちろん、不運だけではなく、ミスもある。

ここから、何を切るか?





66146.jpg

ツモ切ると、なんとハネ満。

上家は両面ターツ落としを見せているので、テンパイなら放銃確率のかなり高い4mだ。

私が見誤ったのは打点で、打っても最大3900ぐらいだと思った。

こういう淡白な放銃は集中して打っていれば避けられるものであるはずだ。


66148.jpg

上家のターツ落としはここから。

親の第一打南切り時は南は1枚、第一打9mでホンイツがボケた。

河の雰囲気でもう少し危険を察知しなければならなかった。

メンタルがやられ始めると、大胆すぎたり、慎重すぎたり、攻守バランスが崩れ始める。



おまけ
66132.jpg

一発ツモ裏1の3900オール。カン3s。


66133.jpg

一発ツモの2000オール。58m。


66134.jpg

一発ツモ裏1の2000・3900。369m。


66135.jpg

鳳凰卓は一発ツモ3回しないとトップ取れません(´・ω・`)



ラベル:天鳳 不調 降段
posted by はぐりん@ at 23:56 | Comment(10) | 降段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする