2020年04月05日

出アガリのしやすい引っかけリーチの河

今回は引っかけリーチについて。

昨今では、守備の技術が飛躍的に進歩し、単純なモロ引っかけリーチについては出アガリがかなり期待しにくい状況となっている。

牌効率に沿って打つと、リャンカン形が最終段階まで埋まらないケースというのはよくあるからだ。

そこで、最終手出しのリーチ宣言牌のまたぎだけでなくスジ牌まで周辺を広くケアするのは現代麻雀の常識となっている。


一昔前は、引っかけリーチで相手を嵌めることは卑怯者の代名詞のように叫ばれることもあったが、
今ではあまりにも警戒されすぎていて、そこまで止めなくてもいいじゃん、と守備側が卑怯者のレッテルを貼られているまであるとかないとか。


時代の変遷がそうさせたというより、技術論の進歩によって必然的にそうなったというのが現状だろう。

今は亡き東風荘時代に、私の引っかけリーチに対して暗刻落としで放銃した人が、チャット欄でずるい!卑怯だ!と本気で抗議してきたのを覚えている。

戦場で奇襲をうけてズルいも卑怯もないわけだが、礼節や流儀というものが今よりももてはやされていた昭和という時代、麻雀にも強烈な主義主張があったとも言える。

理不尽さもあるけれど、個性があって麻雀に熱があった時代。

令和の今はすべてがルール内と極めて淡白に、淡々と、感情を殺してマナー良く麻雀が打たれている。

それはそれで自由の謳歌だが、AIに感情がないように、麻雀に熱がないとも感じる。

みなさんはどの時代の麻雀に愛着を覚えるだろうか?



さて、今回は引っかかりやすい引っかけリーチの河についていくつか例を挙げたい。

それを受けて、次回は出アガリのしやすい河をどのように作るのか、について考察していきたい。

それではどうぞ。



case1
77749.jpg

東2局、トップ目の親番。

ここで、赤5pを使い切るべく1p切りとした。

ドラが7pにつき、上への伸びも見た着手。


77750.jpg

3s引いてソーズが変化した直後、1pを引き戻した。

こうなると123の三色が現実的となるため、手順で2s切りとした。


77751.jpg

上家からリーチが入るも、ズバリのカン6sが埋まる。

これなら当然…


77752.jpg

赤切りリーチだ。

赤を切っても打点十分。


77753.jpg

2件に対応した対面から出て、7700。

ドラが7pにつき、2pよりも8pの方がケアされているのが面白い。


77754.jpg

ここでの1p切りが強く効いている。

ここでは123の三色は想定していなかったため、イレギュラー気味の1pだったが、それゆえに大きな布石となった。



case2
77791.jpg

東1局4本場、3200点持ちラス目の北家。

ここから9p切りはごく自然だろう。


77792.jpg

絞っていた東を合わせるついでに、牌効率上7pを手の内に置いておく。


77793.jpg

7pに9pがくっついて、カン8p待ち先制リーチを入れることに。


77794.jpg

5pを後から持ってきて、それによって8pが出る。1300。

単純な後ひっかけでも出るかどうかは微妙なところで、2巡目に切った9pがとにかく効いている。

序盤に引っかけ関連牌が出ていると、宣言牌引っかけでも後スジでも、通常より格段にケアが薄れる。

case1、case2ともに意図せずにそういう状態になっていて、意図がないからこそ引っかかりやすいということは言えるだろう。



case3
77814.jpg

東3局2本場、21400点持ち3着目の親番。

トップ目の上家からリーチが入っているが、ここから何を切るか?





77815.jpg

8pに手をかけるとこれがまさかのアウト!裏1で8000。

第二打9pなのに、カン8pで789の三色完成となった。

こちらはドラ3mのカンチャン引きがあったため、なんとかして攻め返したいという意図により。

ピンズのサンカン形は重いので、リャンカン形にほぐそうと思い立ったが、裏目となった。

マンズの無スジも切りづらいのであれば、ひとまず現物の6sあたりを切っておくのが穏やかだった。


77816.jpg

上家はここからの9p切り。

牌効率的にリャンカン固定は普通だが、この後9sを引いて見事構想通りの三色に。

三色はおまけに過ぎないが、早い巡目の内に引っかけの構成要素となる端牌をしれっと切っておくだけで、モロヒだとしても効果は絶大だと分かるだろう。


77817.jpg

後のツモを覗いてみたが、たいして有効牌を引いていない。

どうやら、ここは69s切りでお茶を濁すのが正解だったようだ。

ピンズを払うにしても2pよりも8pの方が切りやすく感じる。

それぐらい2巡目の9p切りが巧妙だったということ。



case4
tenhou.16820.jpg

開局の北家。

絶好の赤5pをツモっが、さてどうしよう?





tenhou.16821.jpg

ここは即リーチが効果的。

片割れの2mも待ちとして悪くない。


tenhou.16822.jpg

下家から一発で出て、8000となった。

自分の河が強く、捨て牌の情報があまりない場合は、端牌にかかる引っかけリーチはかなり有効。

安全牌に窮した場合は、自然に選ばれやすいからだ。

チートイツでも同様に河が強い場合は効果絶大だが、逆に中張牌がたくさん出ている河のチートイツだと止められやすくなるため、注意が必要だ。



case5
38882.jpg

南2局、38800点持ちトップ目の親番。

ラス目の下家からリーチが入って一発目、ここから何を切るか?





38883.jpg

1m3枚切れにつき、3mポンなど攻め返すならこうだろうと2mを切るとこれにロンの声。

しまった!シャンポンか?





38884.jpg

これがなんと単騎で、一発は5200の放銃。

カン2mの可能性も残っていたため、トップ目なら丁寧に対応するべきだった。

いわゆる、魔が差したというやつ。


38885.jpg

下家は雀頭なしからメンツが先埋まりのパターン。

5m先切りにつき、どの両面が残っても相当にケアされそうだが、単騎ならば1m3枚場に出ているのを逆用できる。

場況と切り出しのコンボによっては、このように引っかけの効果が高くなる状況を自ら作ることができる。


38886.jpg

ちなみに、先のツモはこうなっていた。

私がアガリに向かう順としては間違っていない。8sツモ即リーチで5800のアガリがある。

やや軽率な放銃だったが、この半荘幸いにもトップで終了した。


次回は、先切り引っかけについて考察していきたい。



ラベル:天鳳 引掛
posted by はぐりん@ at 23:25 | Comment(4) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする