2014年09月28日

フリテンの残りやすい選択

tenhou.288.jpg

小場の展開で局が進んでラス目で迎えた南2局。

点棒状況は南家の自分から順に、19200、23000、36500、21300。
3着目の上家親とは2100点差と勝負所を迎えている。

4巡目に2sをツモってきてソーズが非常に複雑な形になった。
様々な手役も見えるが、さて何を切る?





この形の第一印象として、上手く捌かないとフリテンが残りやすいというのがある。

パッと見タンヤオ主眼に9sを切りたくなるが、
9sを切ったところで1sに比重の高い受け入れであるし、
いつのまにか8sを引いてフリテンが出来上がってしまうということがよくある。

経験則だけではなく、いかにもそうなりそうな場況である。


tenhou.289.jpg

俺が選んだのは素直にイーシャンテンに取る3s切りだった。

234の三色に向けて形をスマートにし、
なるべくフリテンの残らないような手組みにした。


高い手を狙うことよりも、あがりを逃さないことの方が大事な局面であるため、
場況から良さそうに見えるカン8sで即リーチを打てることのメリットが大きいと考えたからだ。


tenhou.290.jpg

次巡に嬉しくない1pをツモった。
これぞヨレヅモの典型だが、さて何を切る?





タンヤオと234の三色を見て、ポイとツモ切りたくなってしまう1pだが、
この1pを切ってしまうと6pの機能が低下し、やはりフリテンが残りやすくなってしまう。

俺的にはこの1pをツモ切ってしまうと、
先ほどの手牌からの9s切り以上に和了率は低下するという感覚がある。


tenhou.291.jpg

9s切り。ここは3mとかなり悩んだ。

最速テンパイならもちろん3m切りなのだが、
上家の2m切りに加えて、下家も4mを切り出したため、
マンズの下はかなり良さそうに見える。

123、234の両天秤なら3mを残す価値は十分にあるとみての9s切りだ。


tenhou.292.jpg

上家の親からリーチが入った直後に、ズバリのカン5pツモ。

この最終形なら一発目に3mを勝負する価値はある。

待ち数はあまり多くないが、ダマテンに構えられるのが非常に大きい。


tenhou.293.jpg

次巡、あっさりツモってとりあえず3着に浮上。

点棒的にはたいしたことないが、
間違えずに拾えたというところで、かなり手応えのあるあがりだった。



もちろん、点棒状況によって、上記の何切るはいくらでも答えが変わってくるものだが、
微差で自分のあがりを絶対に逃したくないという場合には、
なるべくフリテンの残らないような選択をすることが重要だ



フリテンを残さないコツとしては、強い弱いにかかわらず、ターツを大事にすること。

最終的に強い愚形ターツ残りなら即リーチといけばいいし、
弱い愚形ターツ残りならダマでツモか手変わりを待てばいい。

さらに、弱い愚形ターツで例えリーのみだとしても、
先制ならばさほど悪い結果にはならないものだ


むしろ、好形を求めてさまよっているうちに、
後手、好形、高打点のフリテンが完成したりして、
おそらくこちらの方が悪い結果を生みやすい。


ヨレヅモをいかに結果に結びつけるか
ラス回避において非常に重要な技術だ。


結局この半荘は2着で終了した。



ラベル:天鳳
posted by はぐりん@ at 21:25 | Comment(0) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: