2015年05月10日

スルースキル ターツ不足のホンイツは字牌重なりを見る

tenhou.3959.jpg

南1局1本場、24700点持ち2着目、西家の自分。

マンズに寄った配牌から、1巡目に上家から自風の西が出た。
さて、どうしよう?





tenhou.3960.jpg

ラグありでスルーした。

ドラメンツのあるマンズのホンイツがはっきり見えているが、
現状ターツ不足でツモの伸びが必要だ。


ここからソーズが伸びてメンゼンのメンツ手になる可能性も十分にある。
焦って鳴かずに方針をツモに委ねるという構えだ。


tenhou.3961.jpg

スルーによって発が重なり、感触はかなりいい。
スルーして好牌引いたら攻め意識、だ。


当然マンズのホンイツに行くが、
捨て牌をできるだけおとなしくするために、2sから切った。


tenhou.3962.jpg

上家から発が打ち出され、これを迷わずポン。

1巡目に比べたら骨格が整っていて、格段に仕掛けやすい形になっている。


tenhou.3963.jpg

6mツモの後、チーしてテンパイ。


tenhou.3964.jpg

トップ目からあっさり出て、満貫のあがり。


このように、ホンイツである程度方針が決まっている場合でも、
ターツ不足の場合は焦って一鳴きをしないことで、
ツモの方向性を見ながら柔軟に構えることができる。

1枚切れの字牌は中盤なら止まる牌ではないし、
方針のままホンイツの色が伸びた場合に形が整ってから鳴ける可能性がある。


また、ツモが縒れて他の色が伸びた場合に、序盤なら方針転換が可能だし、
メンゼンの可能性を消さないことでリーチの恩恵を保留することができる。

他家の早いリーチなど状況が大幅に変わった際にも、
柔軟にトイツ落としで回ることできる。


王牌にラス牌が死んでしまうリスクもあるが、
メンゼンを消さなければ常にトイツ手で復活の可能性がある
し、
その時は字牌のトイツが絶対の安全牌となるわけで、
大怪我を負うことは少ない。


麻雀において重要なのは、これはこうあるべきだという先入観を持たないことだ。

ファン牌は一鳴きという先入観を捨てて、
スルーした際にどういうメリットがあるかを常に考えてみる。


個人的感覚としては、
この局はあがれなくてもいい、テンパイできなくてもいい、
ぐらいの感覚でスルーすると最終的に悪い結果になることはかなり少ない
印象だ。


tenhou.2712.jpg

別の半荘。
東3局、21000点持ち同点3着目の西家。

1巡目に、上家から1sが出た。
さて、どうしよう?





tenhou.2713.jpg

これはスルーした。

ソーズのホンイツや白のバックが十分に見えており、
鳴いた方があがりに近づいているようにも見えるが、
ドラ3mや赤5pの処遇もはっきりせず、
ここからの1sポンは拙速に映る。


この9sツモで、よりホンイツへの意識を強くする。


tenhou.2714.jpg

次巡、北が重なり、ホンイツの種がそろった。

チートイツはあるが、これで基本的にはどこからでも仕掛けられる形になった。
ここで赤5pをリリース。


tenhou.2715.jpg

北が暗刻になり、かなり形が整ってきた。


ここでドラを切ると、前巡の赤5pもあいまって捨て牌が目立ちすぎてしまう。
難しいところだが、ここでは親の東切りに合わせて、派手な捨て牌を控えた。


tenhou.2716.jpg

1sをポンして、ここでドラをリリース。

鳴かれるリスクは当然高まっているが、
捨て牌も派手にならず、自然な感じでリリースすることに成功した。


tenhou.2717.jpg

6sツモってテンパイ。

カン8sもかなり良く見えるが、
ここでは普通にシャンポン待ちに取った。


tenhou.2718.jpg

首尾よく4sツモって40符ぴったりの1300・2600。


1sスルーに始まり、捨て牌にも工夫を凝らしてあがりまで結びついた。
こういう会心のあがりを掴みとった半荘はラスになることはまずない。

3着だったけどね。


tenhou.2201.jpg

別の半荘。
東2局2本場、19900点持ち3着目の北家。

ピンズのホンイツがはっきり見える手からオタ風の南がでた。
さて、どうしよう?





tenhou.2202.jpg

これが東なら仕掛けるつもりだったが、南はスルーした。

オタ風から鳴いてピンズに寄せるのは問題ないが、
ポツンと浮いたドラの発が気に食わない。

オタ風ポンで役牌を高くした上、見え見えの赤5m切りではいかにも雰囲気が悪い。


スルーしたところ、東が暗刻になり、かなりの感触。
ここで7mを切る。


tenhou.2203.jpg

さらに、北が重なった。

やっぱりな、と赤5mを切る。


tenhou.2204.jpg

ピンズが好形になり、このツモでテンパイ。

ちなみに、リアルならわからないが、
ここから南を鳴いて小四喜に向かうことは天鳳ではしない。


tenhou.2205.jpg

だから言ったじゃないか、と3000・6000ツモ。

これはできすぎの例だが、
スルーがはまれば、無理なくこういう大物手を手にする機会も増える。

ちなみに、南をポンしていても最終的に14pで8000をあがれた可能性が高いことを付け加えておく。


tenhou.3510.jpg

別の半荘。
東4局、10300点持ちラス目の北家。
3着目の上家とは10000点以上の差がある。

ソーズのホンイツに決めたところ、下家から白が出た。
さて、どうしよう?





tenhou.3511.jpg

これは鳴き無しでスルーした。


こういう場面で自然な3900なり5200なりをあがることは重要だが、
ポンしてもターツが足りないのが少し癪だ。

この牌姿ならポンしつつ、字牌の重なりを見ることもできるが、
それだと打点もスピードもいまいちだ。

それならば、メンゼンを消さずに受け入れを広くして、
例えばメンホンチートイのような手役も見たい。


tenhou.3512.jpg

スルーした結果、南が重なった。

これではっきりと形が決まったので、どこからでも仕掛けていくつもりだ。


tenhou.3513.jpg

仕掛ける暇もなくツモが噛み合い、弩級のテンパイが入った。

さて、リーチする?





tenhou.3514.jpg

スルーして入ったテンパイ即リーチ。
コーツ手の基本はリーチ。


狙い通りのメンゼンテンパイになったし、
これを出あがり8000で終わらせるのは少々もったいない。

ここは引きにかけて4000・8000といきたいところだ。


tenhou.3515.jpg

しかし、対面に押し返されて2000の放銃。

リーチで相手にプレッシャーをかけてこの結果であれば仕方ない。
放銃には終わってしまったが、この局の感触は悪くない。


白スルーの判断が正しかったのだと声高に主張するつもりはなく、
それは個々人の雀風が決めることだ。

しかし、何枚切れだろうとスルーは常に悪くない選択肢として存在するという意識を持っておいて損はない。


tenhou.5132.jpg

別の半荘。
東2局、34000点持ち2着目北家。

はっきりホンイツが見える手から、オタ風の南が出た。
さて、どうしよう?





tenhou.5133.jpg

これは鳴き無しでスルーした。

これを鳴き無しなどありえないという人も多いだろう。
ホンイツに向かうには微妙にターツ不足だし、
この形から鳴いていっても字牌の重なりが肝となってくる。

ドラ周辺は急所となる可能性が高く、
鳴いていってすんなりあがれるかといったら微妙なところだ。

それならば手広くチートイツなどの可能性も見ての判断だ。
鳴き無しの流れで上家の北もそのままスルーした。


tenhou.5134.jpg

スルーした結果、ご褒美をもらってニヤリとする。

急所がひとつ埋まって、あがりの感触は十分だ。


tenhou.5135.jpg

さらに急所の3pを引いて、白切り。

これでどこからでも仕掛けていける。


tenhou.5136.jpg

親リーチが入るも、急所の3pを仕掛けてイーシャンテンに。

テンパイが入ったら真っ向勝負の算段だ。


tenhou.5137.jpg

しかし、テンパイが入る前に危険牌を掴んでここで撤退。

形を崩さずに南切りを選択した。


tenhou.5138.jpg

上家の追っかけリーチに親が一発で掴んで2600の放銃。

2件リーチに完全撤退も南と北のスルーが守備に生きている


スルーによってスピードが失われているのは確かだが、
最終的にあがりにくくなっているわけではないし、
他家の攻撃にもバランスよく対処できる柔軟性がスルーの大きなメリットだ


tenhou.5567.jpg

別の半荘。
東4局北家、27000点持ちだが微差のトップ目。

ホンイツ仕掛けで白をポンしている。
上家から2sが出たが、さてどうしよう?





tenhou.5568.jpg

これはラグありでスルーした。

この場面、58sならチーするが2sはギリギリスルー。

2sは上家が何枚ツモってもおそらく出てくる。
この場面では2sだけは急所とは言えず、
チーしてしまうと手牌がかなり凝り固まってしまう。


tenhou.5569.jpg

すかさず下家から西が出たが、どうしよう?





tenhou.5570.jpg

これもスルーした。

牌効率的にはポンなのだろうが、
2sをスルーしてこの西に飛びつくのはいまいちブレている。

安全度を重視したというより、
西ポンによって自分の手があがりやすくなっているかといったら、
それほどでもないからだ。


スルーした結果、南が重なった。
これは現状8sと並んで最高のツモと言っていい。

このツモによってどこからでも仕掛けていける体勢が整った。


tenhou.5572.jpg

南ポン後、西を引いてテンパイ。

待ちの感触もさることながら、
守備にも非常に優れた最終形ができあがった。


tenhou.5573.jpg

上家のリーチ後にツモって、1300・2600。


このように、スルーの有効な判断というのはメンゼンに限らず、
フーロ後であっても選択しうる


どんな状況であれ重要なのは、急所がどこかを見極めることであり、
急所以外をスルーするのはいわゆるピントを合わせるということである。



その牌を鳴くことで自分のあがりはどれくらい近づくのか、
これを俯瞰して見ることができるようになれば
あがりの精度はおのずと高まるだろう。



ラベル:天鳳 不鳴
posted by はぐりん@ at 21:39 | Comment(2) | スルースキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全世界的に鳴きのスキルが重要視され始め、どう鳴くか、どう仕掛けるかを考えていく時代の中で、敢えて何を鳴かないか≠考えていくはぐりんブログスキです。
Posted by at 2015年05月12日 13:23
>>名無しさん
ありがとうございます。
僕もあなたスキです(^o^)
Posted by はぐりん@ at 2015年05月12日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: