2015年08月23日

トイツ場の見極め

これまでに、このブログでは様々な戦略・戦術を載せてきたが、
はぐりん独自の戦術として、最も特徴的なものを挙げるとすれば、
スルースキルトイツ場理論であろう。


現在の感覚としては、
この2つの技を引っ提げて戦えば、
誰と戦ってもまず負けないと考えている。

勝つ、のではなく、負けない、というのがポイントだ。


なぜかというと、
1つのパイ(麻雀だけに)を奪い合うゼロサムゲームというのは、
長期的にはミスをした者が墜ちていくゲーム
だからだ。


スルースキル&トイツ場理論を用いることは、
優勢時に威力を発揮するのはもちろんだが、
むしろ、ミスをしやすい劣勢時に大崩れをしない戦術としてかなり有効だと考えている。

スルーによって守備力がアップするのは以前述べたとおりであり、
かつトイツ場理論によるトイツ手寄せが攻撃にも生きてくるからであり、
この2つは連動させることによって、威力は倍増する。

4人で打つという麻雀のゲームの性質上、
耐え忍ぶ時間の方が長いのは必然であり、
劣勢時の対処法を自分なりに持っているかどうかというのは、
長期的に安定した成績を残すという意味で大きい
と考えている。


それがたとえオカルト的なものであったとしても
自分の得意な戦法や必殺技と呼べるものがあれば、
それは必ず苦しい時の拠りどころとなるものであり、
メンタルを維持することが可能であればそれは積極的に採用すべきだと俺は考えている。

非科学的な信仰による損よりも、メンタルが安定することの得の方がはるかに大きいと考えられるからだ。



こういう前置きをしてしまうと、
トイツ場理論があたかもオカルト的な理論のように聞こえてしまうが、
これは場況読みの延長線上であり、
十分に有益な読みのひとつであると俺は考えている。

トイツ場の定義と証明については、
牌種を少なくした際に、より鮮明にその傾向を読み解くことができると考えているが、
これについては鋭意考察中である。


tenhou.5710.jpg

東2局、29900点持ちトップ目で迎えた西家。

258mがかなり良さそうで、
ピンズが高いことと、4mが1枚出ていることから、
ここでは4mを切った。


tenhou.5711.jpg

前巡に3mをツモ切り、さらに7mも重なる。

ターツが埋まらずに縦に重なるばかりで感触は良くない。


tenhou.5712.jpg

対面のリーチを受けて、さらに6mが重なる。

これで3467mのターツがすべて縦重なり。
完全にトイツ場を意識している。

ターツの縦重なりが頻発するのはトイツ場のひとつの兆候だ。


対面のリーチも4mを切ってる2m手出しリーチで、
変則待ちの可能性が高い。


tenhou.5713.jpg

なので、2枚切れの東とはいえ、安易に切れない。

ここでは2sを合わせてベタオリに徹した。


tenhou.5714.jpg

結局、対面がツモで2600オール。

ご覧のように対面の手もいかにもな形で、
2m単騎のチートイツから、1mツモによるシャンポンへの受け替えだった。



トイツ場傾向のある場況においては、
すべての生牌や、1枚切れ字牌の危険度が通常より高まる傾向にあり

オリる際は細心の注意が必要となる。

かといって、無スジ両面の危険度が低くなるわけでもなく、
トイツ場における攻撃への対処は難易度が高い


ツモり三暗刻など、コーツ手のリーチがより有効であるのは、
こういう理由により相手の対処が難しいから
だ。


シュンツ系の場は無スジに危険度が凝縮されるのに対し、
トイツ系の場は字牌含めて万遍なく危険度が分散される
ため、
スジが信用できず、安全度の基準が変わってくる


tenhou.5790.jpg

別の半荘。東4局1本場、ラス目の北家。

6sツモって悩ましい牌姿だが、
発のトイツ落としで手広くタンヤオに受けた。


tenhou.5792.jpg

下家のリーチを受けて、いかにもな6mツモ。

チートイのテンパイを逃した格好で、ここでは6mをツモ切った。


トイツ場の雰囲気がある上、下家の捨て牌が少し気持ち悪い。
こういう場況ではスジであっても生牌はできるだけ切らないように意識する。


tenhou.5793.jpg

対面が、オリ打ちのトイツ落としで放銃。3900。


やはりという感じの待ちで、
生牌の中だけは俺の手からは絶対に出ない。


tenhou.5958.jpg

別の半荘。東4局、3着目の親番。

配牌イーシャンテンでかなりいい。
コーツ手を意識する牌組で、夢も広がる4m切り。


tenhou.5959.jpg

3巡目、かなり迷いの出る8m重なり。

トイツ手、コーツ手に寄せたいのは山々だが、
親番ドラ1につき、渋々4p切り。


tenhou.5960.jpg

さらに選択となる7sツモ。

9m2枚切れにつき、普通に8s切りとした。

配牌の構想とは少し違った感じになっている。


tenhou.5961.jpg

チャンタのイーシャンテンとなったが、
この8sツモでこの局は厳しいと悟る

トイツ場を意識しながら、効率に寄せての選択ミスであり、
仕方ないようにも見えるが、単純な裏目というわけではない


tenhou.5963.jpg

下家のリーチを受けて、もう行けない。
とりあえず現物の7mを切り、その後ベタオリとなった。


9mが3枚見えているのもあるが、
69sが場に1枚も見えていないというのが、
いかにもどこかに固まっていそうな雰囲気で、この手に消極的な理由だ。


tenhou.5965.jpg

結局、一人ノーテンで流局。

なんと、下家はツモり四暗刻だった。


南は山に2枚で、感覚よりも効率に寄せた代償が高くつくところだった。


tenhou.6340.jpg

別の半荘。東1局1本場の南家。

親から電光石火の3巡目リーチが入り、対応していたところ、
この6sにラグがかかる。


tenhou.6341.jpg

さらに、この赤5pにもラグ。


tenhou.6343.jpg

前巡の6mにラグがあったばかりか、この5mにもラグ。

明らかにおかしい。
同じテンポのラグで、偽ラグっぽくない。


完全に牌が分断されていて、明らかにトイツ場だとわかる。
そうでなくても、上家の捨て牌が脂っこすぎて普通の待ちではない。


tenhou.6345.jpg

上家の現物がなくなったが、何を切るか?





tenhou.6346.jpg

上家は変則待ちが濃厚なので、
字牌だけは絶対に切れない。

ここではチートイに当たりにくいドラ表示牌の2sを切った。


tenhou.6347.jpg

上家はドラ単騎待ちのチートイツだった。12000。

上家は捨て牌が派手になりすぎ、頭を抱えていたはずだが、
まさかという感じで出た。


本局のように、
ポンラグはトイツ場を把握する重要な要素だ


tenhou.7505.jpg

別の半荘。東3局1本場、対面が飛び寸前。26700点持ち3着目の北家。

下家1s被りに、9p2枚切れ。
場況からトイツ場が少し匂うが、
ここではギリギリ789の三色も見て白切り。


tenhou.7506.jpg

スジトイツの完成するこの5m重なりがトイツ場の確定的なサインだ。

赤も使い切れるし、躊躇なくトイツ手に決められる。
2枚切れの9p切り。


tenhou.7507.jpg

8pをツモって、メンツをしくじったが、何を切るか?





tenhou.7508.jpg

チートイに決めているので、
場に安いピンズは裏目ではなくむしろ好ツモだ。

ここでは、場に高く、最も持たれていそうな6mをチョイス。


場に安い色を残し、
場に高い色の中張牌は両面ターツであっても積極的に払っていくのがチートイツ作りのコツ
だ。


tenhou.7510.jpg

対面から臭い捨て牌のリーチ。

明らかに変則場、明らかに変則待ちの対面のリーチに対し、
上家が2s切り。

この2sはかなり強く、上家もおそらくテンパイだろう。


tenhou.7511.jpg

結局ゼンツの上家が放銃で、3200。

上家もチートイツでドラドラ含みだった。


これぞtheトイツ場という感じだが、
本局のように、自分の手牌や捨て牌の雰囲気から早期に匂いを嗅ぎとれるケースも存在する。

こういう場合、メンツ手に未練を残さず、
トイツ手一直線の手組にした方が、上手くいきやすい




ラベル:天鳳 対子
posted by はぐりん@ at 17:02 | Comment(2) | トイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
対子場かどうかは、自分も意識するのですが ただ果たしてどこまで対子場を意識するべきなのかの線引きが難しいです
レベルが低い話ですがポンポンポンと鳴いた後に両面に取るか、シャボに取るかは常に悩みどころです
はぐりんさんはそういう仕掛けをすることあります?
Posted by at 2015年08月28日 00:37
>>名無しさん
トイツ場の線引きは確かに難しいです。
しかし、曖昧なものの中にも傾向を見つけることは可能だと思っています。

僕は3つ鳴いてのトイトイはあまりやらないですけど、そういうケースに遭遇することはたまにありますね。
基本はトイトイに受けるべきだと思っても、ついつい両面に受けてしまうんですよね〜。
Posted by はぐりん@ at 2015年08月28日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: