2016年01月31日

危険牌を間に合わせる仕掛け

自分の手がイーシャンテンの際、
テンパイ時に切り出す牌が明確な危険牌であることは少なくない。


こういうケースでは、仕掛けによって(無理やり)テンパイを入れることで、
危険牌を先に処理してしまうのが有効であることがある。


メンゼンでは時間がかかる上、巡目が進めば進むほど危険牌は切りにくくなるため、
危険牌を処理する口実を、仕掛けによるテンパイスピードに求めるというものだ。


どちらかというと危険牌先処理という守備面に重きを置いた仕掛けだが、
自分の手がパッとしない手であればあるほど、
その局を安手でかわす価値も高まるので、
機会を機敏に捉える視野が必要となってくる。


それでは、実戦例を見ていこう。


tenhou.3277.jpg

開局の北家。

メンホンイーシャンテンだが、ドラの中が浮いている。

上家から7mが出たが、どうしよう?





tenhou.3278.jpg

チーして、ドラ切りとした。

仕掛けてしまうとバカホンの2000点となり、
東1局なら本来どっしりと構えたいところだが、
いたずらにドラを引っ張っても今度は切りにくくなってしまう。


急所の7mチーなら、好形残りでかわせる感触は十分。
特に2mは他家が使いづらいと考えられる。


tenhou.3279.jpg

この局は、なんと上家の純チャン三色が炸裂。

間に合わせたドラよりも、もっとハイレベルな危険が潜伏していた。


tenhou.9256.jpg

別の半荘。
南1局1本場、36700点持ち2着目の北家。
上家のトップ目とは2200点差と微差。

ツモり三暗刻のイーシャンテンだが、ドラの中がポツンと浮いている。

たった今、下家の親から8sが出たところだが、これを鳴く?





tenhou.9257.jpg

ポンしてドラ切りとした。

三暗刻に未練はないが、8sから鳴いてしまうとあがり目の薄いシャンポン形かつ、
手牌ぶくぶくでまったく受けの効かない形になってしまう。

親の現物をポンしているのも一見非常に怖い。


しかし、8sをスルーしたとして、この手に未来はあるかというと、
スルーしたところで…という感じはしないだろうか?


三暗刻になっても受けは苦しく、ツモらなければ安い。
なおかつ浮いた中が足かせになっていて、
先制攻撃を受けた瞬間にこの手は死ぬ可能性が高い。

それならば、無理やりポンテンに取って、危険な中を先処理し、
さっとかわせる可能性を見た方がいいのではないかと考えた。


中を鳴かれたら鳴かれたで、その時に対処を考えればいいし、
受けの狭いメンゼンで中を引っ張って、最悪のタイミングで切り出す事態だけは避けたい


tenhou.9258.jpg

この局は4人テンパイで流局。

危険に晒されないだけマシだが、欲を言えばノーテン罰符はほしかった。

7mは2枚山で、あがり目も十分にあった。


tenhou.11869.jpg

別の半荘。
東2局、平たい点棒状況の北家。

4sツモでタンヤオに振り替わった。
超好形に心も踊る。


tenhou.11870.jpg

上家がオタ風の北を仕掛けて、2枚目の6pをツモ切った。

さて、どうしよう?





tenhou.11871.jpg

フラットな場況なら仕掛けたくないが、ここではチー。

上家のマンズ染めに対して、最終的に切り出す可能性大の36mが危険すぎる。

2s手出しを見るにおそらくまだ大丈夫だが、
次の手出しや仕掛けが入った瞬間、ロックオンとなる可能性が高いと判断した。


今なら間に合う6mだけにテンパイを口実に切り出そうということで、
色が被ってもさすがにこの形ならあがれるだろう。


tenhou.11872.jpg

これをツモって、500・1000。

上家は単なるバカホンで、形を見るに鳴かされた雰囲気もあるが、
この2mが上家に入っていれば、結局最終形は36mになる可能性が高い。


実戦心理としては2m食い取ったか?ってなもんで、
最終的に私がトップだったことから、悪くない仕掛けだったようだ。


tenhou.12046.jpg

別の半荘。
開局の南家。

タンヤオのイーシャンテンだが、手牌の伸びも見込める形。

上家から3mが出たが、これを鳴く?





tenhou.12047.jpg

チーしてテンパイに取った。
フーロ率の低い私の雀風からは意外に思われたかもしれない。

3mをチーしてしまうと、ドラに対応できなくなるというデメリットがあり、
手牌に蓋をしてしまうという見方もできる。


しかし、例えばドラをツモって手牌がグレードアップしたところで、
最終的に切り出す47mの危険度が高く、
9巡目という巡目から、もはや一刻の猶予もない。

この牌姿からは、牌効率的に47mのトイツは現状ほぐせないわけで、
相手の先制リーチが入った瞬間、自分の手は死んでしまう可能性が高い。


自分の手はどうせ安手で、そういうリスクを抱えた手牌である以上、
ドラの受け入れには目をつぶって4mを処理するきっかけを仕掛けによるテンパイに求めたというわけだ。


tenhou.12048.jpg

すぐに5pをツモって300・500。

さすがにこの場況だと一人は47m受けがいるもので、
下家がイーシャンテンだった。


あがりに結びつくかどうかというのは重要ではなく、
危険牌を間に合わせるために仕掛けを利用するプロセス
さらに、安手だからこそ局をかわすことには価値があるという点
このへんを意識すれば麻雀の幅はさらに広がるだろう。



ラベル:天鳳 鳴き
posted by はぐりん@ at 00:10 | Comment(6) | 鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
興味深い記事ですね。

最初の2つは仕掛けて役牌ドラをリリースという局面になりますが、仮にドラポンをされた場合の対応で悩みます。河の煮詰まり方や、相手で親かを当然参考にすべきですが、巡目的に中盤にさしかかっていることもあり、即ポンテンになっていることも経験的に少なくはありません。役牌ドラをポンされた時点でテンパイと考え、危険なスジを切るのは自重するのか、それとも一見大人しそうな河であれば、ある程度押して行くのか?、をお伺いしたいです。
Posted by S at 2016年01月31日 08:30
>>Sさん
自分の手はテンパイですから、基本的にはある程度押します。
ただし、相手が中盤以降に2フーロした場合は、危険スジは押しません。
中盤以降のドラポンですので、形は整っていると想定でき、1フーロか2フーロかというのは重要ですね。

また、8sポンした2例目の牌姿のように、手詰まり気味の場合は、まっすぐにいくことも多いです。
下手に安全そうな牌を抜いて放銃するよりも、かわす可能性を見たいからです。
Posted by はぐりん@ at 2016年01月31日 10:25
役牌ドラを鳴かれて即日和くらいなら、最初から鳴かせるなということになりますしね。自分が放銃しなくてもチャンス手を成就させてしまえば、半荘単位では損失になりますし。

ただし1枚目の写真の上家のような河だと、中ポンが入ると結構嫌ですね。それでも2フーロになるか、終盤になるまでは、自分に不要かつ危険な14p,69pあたりは勝負していくという構想でOKでしょうか?
Posted by S at 2016年01月31日 11:21
打点を大幅に下げる鳴きってすごく迷うんですよね。
今回の記事は、これまでのはぐりんさんの打ち方と正反対に感じられたのでその点が興味深いです。
Posted by アクスケ at 2016年01月31日 13:19
>>Sさん
1枚目の画像で上家に中をポンされた場合ですが、
ソーズ待ちはなく、マンズは分断形で、14p69pに危険度が凝縮しているので、この場合はオリが良さそうです。
このへんは、河の煮詰まり具合や自分の手の安牌の数などから総合的に判断します。
西をトイツで落とせるというのも1枚目の場合は大きいですね。

安牌がない場合は、14pは押すが、最後の69pは押さないという風にメリハリをつけるのも一つの方法だと思います。
Posted by はぐりん@ at 2016年01月31日 22:08
>>アクスケさん
ありがとうございます。
今まではスルーネタが多かったですけど、仕掛けの小技も色々とありますので、少しずつ紹介していけたらと思います。
Posted by はぐりん@ at 2016年01月31日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: