前回のリャンカン形に絡んだ内容として、
先に形を決めることで最終形を強くする工夫がある。
リクエストもあり、今回はそれを特集してみた。


チートイやトイトイ等、トイツ系は手役構成上決め打ち傾向が強いため、
今回はシュンツ系の2ハン役に絞って、考察することにした


愚形含みの手牌では、牌理上、どうしても形を決めなければならない場面がある。
迷い多き場面とも言えるが、
そういう局面こそ、河を工夫して迷彩を施すことでリーチ時にあがりやすい最終形を実現できる


現代麻雀では早い時点でこれをやりすぎるとスピード負けの可能性が高くなるため、
凝りすぎるのも考えもので、自己満足にならないようなバランスが重要だ。

迷彩は、牌効率を損なわない自然な手順で施すのがベストだろう。


重要ポイントは以下の通りとなる。



@リャンカンは決め打ちの絶好の形

一筒三筒五筒と持っている場合、リーチ宣言牌で五筒を切っても現代麻雀では出あがりがあまり期待できない。
この五筒を自然な形で先切りすることによって、二筒の警戒度はかなり下がってリーチのあがり率は劇的に上がる。
リャンカン形は3枚使いで手牌を圧迫する形であるからこそ、
そのデメリットを逆用して、先切りで出やすい待ちになるように工夫する。
場に安い色の先切りが特に効果的だ。



A決め打ちの最も効果的な手役はチャンタ系

チャンタ系は手役の性質上、赤が絡まず、ドラも絡みにくいため、
中途半端に内の牌を残したところで打点が伴いにくい。
結果、自然に先切りの迷彩になることが多い。
赤が使えないのが難だが、逆に言うと赤も積極的に切りやすい手役であると言える。



B端の三色は決め打ちに適している

内の三色は伸びがあるため、決め打ちには適さないが、
受け入れの狭い端の三色は決め打ちが有効なケースが多い
これはチャンタにも共通している部分で、
受け入れが狭い分、形を決めて打点を見ることによって手牌のバランスを保つという意識だ。
形を決めたら中途半端に伸びを見ずに、出あがりしやすい河を作りにいくのが効果的だ。



C一通は割合決め打ちしにくい

先の二つの手役に比して、一通は手役固定しにくい。
なぜなら、一通決め打ちする過程で必ず複合形となるため、
ピンフや効率を犠牲にすることが大半となるから
だ。
特別打点や手役が必要な状況でもない限り、決め打ちをしにくい手役であると言える。



D手役両天秤の決め打ち

決め打ちをしながら手役両天秤を見るという贅沢な手牌もある。
どの受け入れが不要かというのを的確に見極めることで、
様々な手役に対応した打点の伴った手作りが可能となる




E意志を込めた最序盤の決め打ちは読まれにくい

効率重視の現代麻雀では、最序盤の捨て牌は不要牌であるという認識が強い。
手出し牌が多ければ多いほど序盤の手出しは関連牌でない可能性が高い。
だからこそ、序盤の決め打ちというのは読みをはずすために有効となる。
私自身はシュンツ系の手で序盤の決め打ちをすることはほぼないが、
他家がこれをした場合、放銃率の低い打ち手でもはまりやすいことは紛れもない事実だ。



それでは、実戦例からみていこう。



@リャンカンは決め打ちの絶好の形 case1
tenhou.19635.jpg

南2局、21600点持ち3着目の親番。

9mをツモって、雀頭不確定の少し重い形。

さて、何を切る?





tenhou.19636.jpg

5s先切りして、待ちを先に作った。

ソーズは場況からかなり良いので、待ちになった時に強い。
場に高いマンズの受け入れを広げてカン2sで勝負という構想だ。

1mや3mを引けば手順で123の三色ともなり、
やはり5sの先切りが生きる。


tenhou.19637.jpg

構想通りにカン2s待ちになり、7m切って即リーチ。

9m暗刻で点パネのおまけがついた。

親リーチとはいえ、この2sはなかなか止まらないのでは?


tenhou.19638.jpg

自らツモって裏は乗らずの1300オール。

見ての通り、2sは3山と、非常に強い待ちだった。


このように、場に安い色のリャンカン形は、最終形を決め打ちする絶好の機会となる。



A決め打ちの最も効果的な手役はチャンタ系 case2
tenhou.11022.jpg

南1局、25900点持ち2着目の南家。

純チャンのイーシャンテンから、ピンフや一通も見える5sツモ。

さて、何を切る?





tenhou.11023.jpg

ツモ切りとした。

これは4s切り、あるいは7s切りとする人もいるだろう。

どうせ3pのドラ依存の手なのだから、
仕掛けても7700となる純チャンの目を残したい。

5sを先に切るのは少しでも8sのマークを外す狙いだ。


tenhou.11024.jpg

数巡後にツモってきたのは、ここしかないドラの3p。

さて、リーチする?





tenhou.11025.jpg

ダマにした。

5s先切りなら当然のリーチにも見えるが、
河が少し脂っこすぎてリーチでは警戒されかねない。

場況から8sは拾えそうな感じもある。

結局、親からすぐに出て12000となった。


ダマなら4s切っとけ、という考えもあるが、
仕掛け時8sの警戒感がかなり変わってくるだろう。

このへんは遊びの領域で、雀風によっても大きく変わってくる部分ではないだろうか。



case3
tenhou.18470.jpg

東1局4本場、18800点持ち2着目の西家。

親の猛攻が止まらず、現在4本積まれている。

チャンタ三色含みの手牌から5pをツモったところ。
さて、何を切る?





tenhou.18471.jpg

5pツモ切りとした。

これは同様に形を決める人が多いのではないだろうか。
カン4pの受けにまるで意味がないので、
雀頭作りのために字牌を残す方がこの手には価値がある。


チャンタはドラが複数絡みにくいというのもあり、
打点の都合上、このように自然な手順で決め打ちがしやすい。



tenhou.18472.jpg

少し場況が煮詰まってきた中盤、赤5pをツモってきた。

さて、どうしよう?





tenhou.18473.jpg

当然ツモ切る。

5pを残しておけば重なってのテンパイとなったわけだが、
字牌重なりの方が打点が伴うため、これは仕方ない。

逆に、より目立つ迷彩になったと考えることもできる。


このように、チャンタ系は手牌の都合上、赤がわりと河に出現しやすい傾向がある。
赤の目立つ捨て牌はチャンタに警戒ということができる。


tenhou.18474.jpg

温めていた字牌が重なり、満を持してのリーチ。

河が少し派手だが、十分に出あがりも期待できる先決めの2p待ち。

まさに構想通りでワクワクするリーチに仕上がった。


tenhou.18475.jpg

白ポンに、下家が4pカンで、2pが出るお膳立てが整ったが、
残念ながら親の500オールツモ。

親の勢いを止めることができずにがっかり感が漂う。


こういう作品が不発に終わるとその半荘はジリ貧になるイメージもあるが、
この半荘はめげずに反撃を繰り返し、最終的にはトップを捲り切った。



case4
tenhou.18817.jpg

南3局1本場、46100点持ちトップ目連荘中の親番。

端に寄った手牌から、1pが重なったところ。

さて、何を切る?





tenhou.18818.jpg

純チャンを見ながら7mを1枚ほぐした。

789の三色にしろ、純チャンにしろ、7mは1枚余分だ。

この7mはあと数巡経つと危険度が高すぎて切れない牌となる。
切るならこのタイミングしかないという感じ。


tenhou.18819.jpg

次巡、絶好のペン7sが埋まった。

さて、何を切る?





tenhou.18820.jpg

こうなれば赤5pは不要だ。

仕掛けて11600が見える手でもあり、
赤を残すより純チャンを見た方が得点効果が高い。

点棒の余裕から赤を引っ張っても、
やはりチャンタ系では出ていくケースも多い。


tenhou.18822.jpg

手なりで進めていって、メンゼンでテンパイ。即リーチに踏み切る。

赤の先切りが生きる、絶好のカン8p待ちとなった。

これは警戒しても止まらないんじゃないの?


tenhou.18823.jpg

期待をよそに、二人テンパイで流局。

一生懸命迷彩を施したところで、ベタオリされてしまうと出てこない。

天鳳ではこういうケースも多いため、やりすぎるのは損となる。



B端の三色は決め打ちに適している case5
tenhou.17039.jpg

東3局、26300点持ち2着目の西家。

縦横混ざった捌きの難しい手だが、123の三色イーシャンテン。

3sをツモって何を切る?





tenhou.17040.jpg

6mを切って3m待ちの布石とした。

3sを雀頭に固定してしまうと、これ以上手の伸びを見ることは不可能となるが、
三色確定形のイーシャンテンであるため、受け入れの狭さに見合う打点がある。

3mは山にいそうなので、できるだけ引き出せるように河に工夫をしたい。


tenhou.17041.jpg

次巡、8sをツモって何を切るか?





tenhou.17042.jpg

6mのトイツ落としを見せる。

この6mを1巡でも切り遅れると、離れトイツ落としとなって、スジの3mの警戒度が高まりやすい。

リーチ宣言牌を6mにしないことが絶対命題なのだ。

これは過去記事、「1枚切ってる牌の手出しリーチ 完全看破」を参照してほしい。


赤5mをツモっても、それは3mを引き出すための布石となるため、
ここでは6mを河に並べることが重要だ。


tenhou.17043.jpg

待ちにしたかった3mが先に入ってテンパイ。

これはこれでいい。即リーチに踏み切る。


tenhou.17044.jpg

下家から出て5200となった。

4p暗刻だから2pは使いにくいわな。

このように端絡み三色は先に形を決めて、迷彩を作っていくのがいい。



case6
tenhou.20227.jpg

東1局、開局の親番。

5sに4sがくっつき、好形ができた。

123の形が決まっているが、さてどうしよう?





tenhou.20228.jpg

5pを切りたいのをグッとこらえて8p切りとした。

手役の決め打ち、私はけっこう好きなタイプらしく、どうしても5pを手が切りたがる。

ただ、冷静に考えた場合、4pの受け入れが嫌かというと、どうだろう?

4pが入ってのピンフリーチは悪くない。
親番ということも加味すると、5p先切りは緩手になる可能性がある。

ベタオリされると迷彩は無意味にもなりうるし、
即引っかけでも出る時は出るものだ。


tenhou.20229.jpg

この時点での全員の手をごらんあれ。

2pは暗刻持ち含めて、全員の手に組み込まれ、山にはもうない。

5p先切りだと完全にあがれない手となってしまうところだった。

こういうこともあるから、基本は牌効率重視で、必要以上に迷彩を施す必要はないのだ。


tenhou.20230.jpg

この局は、テンパイが入らないまま、対面に2000の放銃となった。



C一通は割合決め打ちしにくい

一通イーシャンテンで決め打ちできる牌姿として、以下の例がある。

(1)一筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒八筒九筒

(2)一筒三筒四筒五筒六筒七筒七筒八筒九筒

(3)一筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒八筒九筒ドラ七筒


一通を決め打ちする直前の牌姿というのは、必ず複合形になっているため、
一通の決め打ちはチャンタや三色に比して、効率を犠牲にするケースが多い

(1)や(2)はわかりやすく決め打ちによって牌効率を損なう例で、
(3)は8pを残すことでペン7pの受け入れがあることがわかるだろう。


ピンフが十分に見込める手の場合、一通の決め打ちは牌効率的に損となることが多く、
先切りが特段有効となることはあまりない。


決め打ちの頻度としては、チャンタや三色よりもかなり少ない印象で、
これは手役の特性上、必然的にそうなるものである。



D手役両天秤の決め打ち case7
tenhou.24584.jpg

東2局、24000点持ち3着目の西家。

ズバッとカン6pを引き入れたところ。

さて、何を切る?





tenhou.24585.jpg

5m先切りして、三色と一通の両天秤とした。

4mツモが非常につまらないと考えれば、カン2mの布石とする5m先切りは真っ先に思い浮かぶ。

三色も一通も同じ2種が必要だが、一通の場合はピンフが複合する可能性がある。


tenhou.24586.jpg

4pをツモって、一通も見込める手となった。

さて、何を切る?





tenhou.24587.jpg

ここで一通にシフト。融通の利かないペン3sを払った。

5m先切りの布石を生かすのであれば、カン2mは残したい。

3sと8pの比較では8pが若干優位。
ピンズは伸びがあるので、その点でも一通が有利に見える。


tenhou.24588.jpg

上家のリーチに対して、受け気味に。

結局、上家がツモって裏1の2000・4000となった。


三色は様々な手役との天秤になるが、
つまらない受け入れを嫌っていくことで、このような決め打ちが手役の可能性を広げることもある



E意志を込めた最序盤の決め打ちは読まれにくい case8
tenhou.14493.jpg

南1局、33000点持ち2着目の親番。

ラス目の上家が3フーロで、警戒警報。

こちらの手もイーシャンテンとなったが、何を切る?





tenhou.14494.jpg

手なりで8mを切ると、これにロンの声。

2000の放銃となった。

安くてホッとしたが、第一打が6mにつき、これはちょっと意表を突かれた。


tenhou.14495.jpg

上家はこの手から第一打6m切り。

この打牌の是非はともかく、テンパイまで辿り着けば読めない待ちとなっていることは確かだ。

最序盤の意志を込めた決め打ちは、
読みに長けた上級者や、放銃率の低い守備的な打ち手からも当たり牌を引き出すことが可能となる。