2017年08月13日

ライジングサン(国士十三面)再臨

48153.jpg

オーラス、22200点持ち3着目の北家。

ラス目上家との差は6700点。

10種だが、さて流す?流さない?





48154.jpg

流さないと答えた方は正解だ。

自身天鳳二度目、鳳凰卓では初のライジングサン(国士十三面張)だ。


48155.jpg

うむ、美しい。

ヨコヅナをうっちゃって土俵外まで。

3着で終えた親はヒヤッとしたことだろう。


48156.jpg

白、南と引き込んだだけで、実質テンパイも同然のイーシャンテン。

やはり10種は常に国士を狙う価値がある。

この場合、ドラが端牌というのも好材料だし、自分の手に赤がないのもGOサインと見る。



48157.jpg

実は、テンパイ前に上家の中トイツ落としが間に合っていた。

さすがにこれを許しては厳しいと思っていた。


48158.jpg

しかし、私の手元にはちょこんと4枚目の中が引き寄せられた。

この時の8m切りは天鳳史上最速の打牌だった。

私は興奮のあまりマウスから手を放し、半ば放心状態となっていた。


48159.jpg

次巡、ツモ。

よく見ると、対面の手に9pが浮いている。

これが出ていたら、トップ→ラスという大惨事になっていたので対面もホッと胸をなでおろしたことだろう。



case2
47881.jpg

南1局24600点持ち2着目の親番。

イーシャンテンから生牌の中をツモってきたところ。

さて、何を切る?





47882.jpg

ツモ切ったらロンだと。

上家は国士の河なんだが、中は生牌なので逆に大丈夫かなと思ってしまった。


47883.jpg

鳳凰卓初の役満放銃は国士だった。

cobeさんとは割と相性がいいので、思い出をプレゼントだ。


47884.jpg

配牌は8種から。

9種なら流すので、国士に行くなら8種か10種以上だな。


47885.jpg

さすがにこのドラ切りにはケアすべき。

実際はイーシャンテンだったが、テンパイでもおかしくない。
次の危険牌手出しでテンパイと見るべきだろう。


私が親番でなければテンパイに固執せず、オリを選択していた可能性も高い。




47887.jpg

先日たまたま、鳳南の1000試合以上安定段位ランキングを見ていたら、
上位300人の下の方に私の名前を見つけたのだが…

おっと福地先生も近くにいるね(294位)。


47888.jpg

安定段フィーバーしとるやつがいる、と思い、よく見ると…


47889.jpg

私だった(笑)


47890.jpg

安定段7.777777


これはもしや確変の予兆かと思い、打って見たら普通に負け越した。


私がランキングをほとんど見ないのは、私自身の成績がふがいないからだが、
500試合時の安定段は7.2だったことを思うと、大分良くなったなという印象もある。

最近は少しずつだが展開にも恵まれるようになり、
八段で負け越すイメージもなくなってきた。

言ってみれば鳳凰卓の土俵にアジャストした戦い方ができるようになったということだろう。


しかし、まだまだ満足のできる結果とはなっていないので、
まずは平均順位2.45、安定段位8.0を目指して日々精進していきたい。



ラベル:天鳳 役満
posted by はぐりん@ at 23:07 | Comment(4) | 役満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国士悲喜こもごもと777フィーバーですか。ようやくはぐりんさんらしい戦績になってきて、私も落ち着いてきましたw。指定席の九段からそろそろお声がかかるんじゃないでしょうか。
Posted by S at 2017年08月17日 16:11
こんにちは。先ほど同卓して覗きに来ました。やはりはぐりんさんは強いですね。成績7.777おめでとうございますw

これからも頑張ってください!
Posted by ろん at 2017年08月17日 23:59
>>Sさん
フィーバーが吉兆となるかはたまた凶兆となるのか、自分でも楽しみに打ってますが、今のところパッとしませんw

九段は間近でしたが、少し遠ざかってしまいました。
ただ、以前は頻繁にあった連続ラスが最近はめっきり減ったんですよね。
腕が上がったというよりこれは巡り合わせの部分かなと。
そのおかげで非常に安定したpt推移を確保できています。
Posted by はぐりん@ at 2017年08月18日 01:26
>>ろんさん
ありがとうございますw

1000点ラス回避お見事でした!
願わくばメンホンチートイあがりたかったですね。
Posted by はぐりん@ at 2017年08月18日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: