2017年09月17日

九段始めました

50282.jpg

九段に昇段した。

特上時代を合わせてもいつ以来の九段だろうか。
実に何年かぶりであることは間違いない。

鳳凰卓では初の九段ということで感慨もひとしお。
九段の敷居の高さをあらためて実感するに至った。


九段昇段戦は3戦3ラスという無類の弱さを見せ、一度は叩き落されたものの、
2着条件の4戦目にしてトップ。九段昇段を果たした。



50283.png

月間の順位分布はきれいな階段状になっている。

平均順位も2.4を切っているので個人的には文句なしだが、
これでも安定段位的には9をわずかに超える程度であり、
このラス率ではさらなる高みを目指すには厳しいことがわかる。




50288.jpg


これを見るとわかる通り、7月ぐらいから安定した順位分布となっており、
直近600戦にわたり、常に八段原点以上をキープ、Rはほぼ2200以上と、
メンタル的にもかなり安定した状態で打てていた。


以前の記事でも書いたように、降段の危機に瀕しているなどptが十分でない場合は、
メンタルが不安定になり自分の実力が発揮しにくい傾向にあるため、
少々の不調を引いても原点以上のptがあるというのは心強かった。



ちなみに、私の直近1000戦の鳳南安定段位は、8.857である。
最初の300戦の成績がいかに私の安定段位の足を引っ張っているか、
もちろん土俵に慣れずにミスもそこそこあったが、
それなりの不調を引いたということは今だからこそ言えるだろう。
なぜなら打ち筋というのはそれほど劇的には変化しないものだからである。



ここまでの軌跡の中で6連ラスが1回、4連ラスが2回と通常ありえないようなラスの引き方に戸惑いもしたが、
鳳凰卓での経験を積み、格がついてくると不思議なもので連ラスもぱったりやんだ

それはあたかも鳳凰卓の女神さまがひよっこに洗礼を浴びせるかのごとくであり、
誰しもが避けては通れない道なのだろう。

その壁を乗り越えた先にようやく鳳凰勝ち組のルートがあり、
軌道に乗って何かしらの格がついてしまえば、あとは相手が勝手にこけてくれる
天鳳とはそういうゲームなのだろう。



九段昇段にあたり、具体的な数値をさらっと検証してみたい。
(鳳南1425試合対象)

50283.jpg

和了率20.24%。
屈指の低さではないだろうか。

私は和了についてはまったく執着していない。
これは少し観戦したことのある方ならわかるだろう。

和了というのは自分の力だけで得られるものではないので、
あがれないと思ったら無理はしない。
和了を見る以上に考えるべきことは、こと天鳳においてはたくさんある。


この和了率の低さは副露率の低さと直結していることは間違いない。
この程度の和了率でも十分に結果は出るということである。


50284.jpg

放銃率11.43%。
わりと高目。

私にしては少々高いのは、鳳凰卓では押しの要素を若干強めにしているからだ。

天鳳というより麻雀の形を追究する目的で、
鳳凰卓開始直後から実験的に押し気味に打っていた。

鳳凰卓でも確実に正しい放銃というのは存在する。

サシコミなどはあまりしないので、その分低くなっているかも。


50285.jpg

リーチ率17.91%。
これはよくわからない。

無理なリーチはしないタイプだが、
副露率が低いメンゼンタイプだけに若干高めの数値かもしれない。

リーチ時放銃率が15%弱もあるのは、さすがにレベルの高い鳳凰卓といった感じ。


50287.jpg

副露率19.72%。
なんと20%を切っている。

私より副露率の低い鳳凰民が果たしているのだろうか?

この副露率が私の雀風の最たる特徴と言えそうだが、
この副露率でも鳳凰勝ち組になれるということである。

私はぶっちゃけ麻雀は一切鳴かなくても負けないゲームとすら思っているが、
副露率が最も打ち筋を調整できる点でもあるので、
平均順位や安定段位との兼ね合いで、より効果的な副露について模索していきたい。



50286.jpg

役統計。

私の特徴として、チートイツがかなり多いことが挙げられるだろう。

七対子と混一色の出現頻度が全くの同一。たいていの人は混一色の方が多少なりとも上回っているはずだ。

副露率が低い分、必然的に染めも少なくなるし、そもそも私はホンイツがそれほど好きではないのかもしれない。



さて、九段になったにあたって所感を述べたい。

私がひとえに嬉しいのは、鳳凰卓である程度の結果を出せたことで、
このブログで戦術を自由に披露することができることだ。

私が鳳凰で苦戦していた時のコメント欄は若干荒れ気味で、
このブログの信頼度も低下しているような向きがあった。

それは当然のことではあるが、
私自身歯がゆく悔しい思いでいた。

それは結果を出すことでしか晴らすことのできない性質であるがゆえに、
九段到達を素直に嬉しく思うのだ。


とはいえ、総合的には炎上もなく揶揄もそれほどなかったかなあと思えるのも事実。

皆様には温かく見守っていただきありがとうございました。




結局のところ、八段原点弱から鳳凰卓をスタートして、
九段になるのに1441試合かかった、ただそれだけにすぎない。

私にしては随分と遠回りしてしまったが、重要なのはここからだ。
さらなる高みを目指すためにいったい何をすればいいのか。

ここはゴールではなくて単なる通過点に過ぎない。
はぐりんの道程まだ道半ば、である。


次回は九段昇段記念、
特上卓と鳳凰卓の最適戦術の違いについて、書きたいと思う。



ラベル:天鳳 昇段 好調
posted by はぐりん@ at 23:06 | Comment(10) | 昇段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうございます。色々な九段昇段の形がありそうですけど、7月〜9月の成績の安定感は凄すぎます。短期的な好調ではないというところに更なる上への期待が膨らみますね。以下のくだりは次に自分が是非実現したいところですw。

「鳳凰卓での経験を積み、格がついてくると不思議なもので連ラスもぱったりやんだ。その壁を乗り越えた先にようやく鳳凰勝ち組のルートがあり、軌道に乗って何かしらの格がついてしまえば、あとは相手が勝手にこけてくれる。
天鳳とはそういうゲームなのだろう」
Posted by S at 2017年09月17日 23:27
>>Sさん
ありがとうございます。
Sさんには結果が出ない当初から見捨てずに励ましていただいて、感謝しています。
Sさんもぜひ私の後に続いてください!
Posted by はぐりん@ at 2017年09月17日 23:35
陰ながら応援させてもらっているものです🙂はぐりんさんは言っている事はオカルトだけど、やっている事は超が付くほど精密で期待値重視の麻雀というイメージを持っています笑
ブログはかなり読みやすく、毎回参考にさせてもらっています🙂次なる昇段目指して頑張ってください!
Posted by 04 at 2017年09月18日 14:06
昇段おめでとうございます。

しかしこうやって数字で見てみると、鳳凰卓でのはぐりんさんの特異な打ち筋が現れているように感じます。
基本はきっちりこなしつつ、場況を観ての的確な打ち回しと斬新な戦法。

13代目天鳳位にはぐりんさんの名が刻まれるのを楽しみにしています^^
Posted by v at 2017年09月18日 14:35
>>04さん
コメントありがとうございます。

オカルトと言われると喜んでいいのか悲しんでいいのかちょっと戸惑いますねw
私のスタンスはどっちなんだっけ…


降段が先に来ないようにがんばります(つω`*)テヘ
Posted by はぐりん@ at 2017年09月18日 14:37
>>vさん
ありがとうございます。

特異と言われると喜んでいいのか悲しんでいいのかちょっと戸惑いますねw
デジタルではない打ち筋が数字に表れているといったところでしょうか。

天鳳位ってまだ12人しかいないんですね…やっぱり並大抵のことではなれない偉業なんですよね。
Posted by はぐりん@ at 2017年09月18日 14:42
9段おめでとうございます。先を越されちゃいましたね。たまに鳳凰ではぐりんさんを見つけると観戦して打ち筋を見させ頂きました。印象としては7段の頃に比べるとミスが少なくなった印象を受けました。最近だと結構押しが強い印象でしたね。私もネットの回線が復活したら、ちょくちょく打って9段到達を目指そうかなと思います。お互いに頑張りましょう。
Posted by 国家最終戦力 at 2017年09月19日 00:49
>>国家最終戦力さん
ありがとうございます。
押しについては自分の中で幅を持たせていて、シャンテン押しのような時は難しいんですが、淡白な放銃はできるだけ避けるように気をつけています。
また鳳凰で対戦できることを楽しみにしております。
Posted by はぐりん@ at 2017年09月19日 11:43
先生、天鳳位の成就、応援しております。
新たな麻雀の境地を目指して、頑張ってください!
Posted by at 2017年09月19日 21:16
>>名無しさん
ありがとうございます。
がんばりま〜す(^o^)
Posted by はぐりん@ at 2017年09月19日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: