65889.jpg


6連続ラス含む10戦8ラスを引いてしまった。

八段配分で一撃1200ptである。


直前まで昇段争いをしていた身であったため、
幸いにも原点を割らずに済んだが、それにしても、である。

長く打っていればこんな不調は当たり前のように起こるが、
6連ラス時はわりと丁寧に打っているのに対し、
それを取り返そうとして打数を重ねたその後の打牌が雑になることを身を持って知った。



不調ウィルスが蔓延する前に、
自身でそれに歯止めをかけるためのケアをすることは必要だ。

九段になかなか復帰できない焦りはあるが、
打牌に影響を与えないようにメンタルバランスを調整していきたい。


それでは、8タコを引いたポイントとなる局を紹介しよう。


1タコ目
65885.jpg

南2局、2着目の北家。

対面が2つ仕掛けているが、さて何を切る?





65886.jpg

生牌の8mは切りにくく、ここは13pターツ落としで一旦引きの構えとした。

対面の仕掛けはトイトイが濃厚だ。


65887.jpg

数巡後にテンパイが入り、中はまだ1枚生きている。

さて、どうしよう?





65888.jpg

テンパイなら押してみるかと、8m勝負するもアウト。ドラが暗刻で8000。

さすがにドラも赤も1枚も見えていない状態での生牌勝負はリスキーだった。

基本、出アガリの効くテンパイなら勝負しても間違いということは少ないが、
トップ目の仕掛けにつき、順位戦略的にはここは中のトイツ落としで回るところか。

この放銃でラス目と肉薄し、最終的には捲られることになる。



2タコ目
65890.jpg

東2局、2着目の南家。対面が60000点超えと、ダントツ。

トップ目の先制リーチに親が追っかけ。

そして自身にも絶好の赤3テンパイが入る。さて、どうしよう?





65891.jpg

7sはノーチャンス、これぐらいは押す。

共通安牌の3mが下家からこぼれないかなあ。


65892.jpg

自身のツモ番あと2回となって、危険牌の2mをツモったところ。

さて、どうしよう?





65893.jpg

押した、がこれがトップ目にアウト。見た目にも安い。

赤3枚、ドラ2枚(しかもポンラグあり)見えていて、放銃時の打点がかなり低そう。

場的には、4mのワンチャンスとはいえ危険度がかなり高そうな2mのため躊躇したが、
ノーテン罰符含めて期待値的には押しが優位と判断した。


65894.jpg

が、裏裏で5200。

1300ならしてやったりだったが、5200までいくとちょっと話が違う。

不調時はこんな感じで必ず裏ドラ的な不運というものがつきまとう。

この放銃によりきれいな三つ巴となり、そのまま沈没した。



3タコ目
65901.jpg

南3局、25000点持ち3着目の親番。

ラス目までは約10000点差でわりと僅差。

中盤の出口、3mをツモってさて、どうしよう?





65902.jpg

そろそろダマテンのケアが必要だと思いながら、3mツモ切りとした。

本局は自身は勝負する手ではなく、
オーラスに賭けるのがスジだと考えている。

そうはいっても、形式テンパイぐらい取れるに越したことはないので、
その間(はざま)で判断に苦しんでいる。


65903.jpg

次巡、3sをツモって、さてどうしよう?





65904.jpg

ヤバいと思いながらも手が止まらない。対面のチートイドラドラに刺さって6400。

赤もドラも自身からは1枚も見えていないため、
このへんで回るのがスジだったか。

テンパイ料欲しさに、要らぬ放銃をしてしまったと後悔した。

この後、ラス目の親にアガられて、まんまと捲られた。

天鳳の場合は終盤の淡白な放銃はできるだけ避けたいところだ。



4タコ目
65905.jpg

東3局、3着目の北家。

上手く南を重ねて、5巡目にしてピンフイーペーコー、高目チャンタのテンパイ。

さて、リーチする?





65906.jpg

こんなもんは高目ツモってハネ満狙いでリーチだ。

ダマで1sを拾えればいいが、4sが出てもツモっても味が悪すぎる。

1sがわりと拾えそうな場況というのもいい。


65907.jpg

が、親のダマ三色に刺さって12000。

よくまあ手が入っていて、難しそうなところを掴むもんだ。

自身がチャンス手だけに、こういう捲り合いに敗北するとそれはラスに直結するというのは皆さんご存知の通り。


65908.jpg

4pを1巡だけ我慢できれば、次巡4sツモだったのに!

牌山後悔機能発動。



5タコ目
65909.jpg

南3局、トップ目の北家。

競ってる親から3巡目の早いリーチが入る。


65910.jpg

むむ、4mカン。

このカン、少し違和感がある、何かがおかしい。


65911.jpg

完全手詰まりになったが、さて何を切るか?





65912.jpg

このリーチに字牌はかなり切りづらい。

なぜなら、ドラメンツよりも4m暗刻を優先している、つまりコーツ系手役絡みの可能性が高いからだ。

1134445mからなら53m切りはありそう、字牌も切れない、ということでスジを追ったがアウト。

3巡目ツモスーで、12000の放銃。

例えば、カン8s待ちならドラを生かして4mトイツ落としになるはずなので、シュンツ手には当たりにくい。

ただ、次巡も危険牌を切るリスクを負うので、ここは発のトイツ落としが良かったと思っている。

1mは牌理的にいかにも切りづらい。


65913.jpg

配牌ツモり四暗刻イーシャンテンの親の手。

かなりのレアケースだが、この4m暗カンは格好の読みの材料となっていて面白い。


65914.jpg

私がオリ切れていれば、親の四暗刻ツモが炸裂し、私は2着終了だった。

メンタルに響きまくる放銃で、この後ラスまで落ちることとなる。



6タコ目
65919.jpg

南2局、16500点持ちラス目の南家。

5mをツモって何を切るか?





65920.jpg

マンズで好形フォロー、両面固定の5s切りとした。

クイタンでかわすことも視野に。


65921.jpg

数巡後、最後の5sをツモ。

あちゃ〜裏目、しかも縦にも使えないラス5s、こりゃいらん。ポイっとな。


65922.jpg

手拍子でツモ切ると、親の12000に刺さる。

えっ、メンホン?マジかかかっ!


65923.jpg

実戦心理としては親にそこまでの危険臭はなく、自身はラス目につき、この5sはかなり止まりにくい。

それにしても、不調時はテンパイ即掴む、ということが多い。



7タコ目
65924.jpg

東2局、14900点持ちラス目の西家。

手役不明の南家の仕掛け、自風の南は私がトイツで反撃のチャンスと踏んでいる。


65925.jpg

1枚切れ中をツモってきて、さてどうしよう?





65926.jpg

47pが薄目で、縦フォローまたはオリ打ち狙いも視野に、中ツモ切りとすると、これがダブルバックでアウト。6400。


ヌルイと言えばヌルイ放銃だが、
単純南バックなら上家にアガリ目はなく、自身がラス目かつカンが入っている場況ということで、
上家の仕掛けを咎める絶好のチャンスだと判断していた。


巡目的な猶予としてはどうかというところだが、
いい時はこういう攻めが上手くはまるものだし、
悪い時は放銃に結びつくもの。

ただ、連ラスでメンタルに余裕がないと、攻め急ぐなど焦りの気持ちが生じやすい。

それが反映された一局かもしれない。



8タコ目
65928.jpg

東3局、3着目の北家。

上手くコーツ手に仕上がり、ツモり三暗刻テンパイ即リーチ。

2pは河的にも出アガリが十分に期待できる。

久々に感触の良いリーチにワクワクしている。


65929.jpg

ところが親の打牌が鬼強い。

一発目にドラまたぎの4s、二発目に6mだ。ドラが固まっていても不思議ではない切り。


65931.jpg

結果、対面が私の現物を追って、親に2900の放銃。

打点の割にめちゃくちゃ押された気がする。


65932.jpg

実は対面にリーチ後の白ポンで2pを食い取られ、スライドで出てきた5pだった。

これが上手い具合に親のアガリに結びついてしまうというのが不調時の牌運だ。

麻雀は4人でやるゲームであるがゆえに、他家の作用が自分にとって芳しくない結果を招くというのは日常茶飯事だ。

それが多い時は不調ということになろうし、逆に少ない時はストレスなく打てている時だろう。

他人の動きについては、自分にはコントロールできない領域であるため、
それに惑わされることなく、自分のできることを淡々と、粛々と積み重ねたいものである。



私の10戦8タコはこうして成った。

いつか私の元に10戦8エンジェルが降臨することを願って止まない。