2018年12月16日

トイツ落としを狙われる

前回記事、トイツ落としの狙い撃ち【ラグ編】ではラグ読みからトイツ落としに成功したパターンを紹介した。


虎視眈々と狙い撃つチャンスを狙っているのは自分だけではない。
当然ながら、相手も同じようにトイツ落としの機会を窺っている。

成功例ばかり挙げても何なので、
今回は思いっきり狙い打たれたパターンを紹介したい。



トイツ落としで刺さってしまうパターンは、
それが致し方ないケースもあるが、
自身の選択によって回避できることも少なくない。


頭の片隅に置いておきたいのは、
数牌のトイツ落とし、特に3〜7の要牌のトイツ落としは中盤以降は避けた方がいい、ということだ。

なぜなら中盤以降は、トイツ落としを始めた瞬間にリーチと言われることが少なくないからだ。

逆に言うと、中張牌のトイツ落としをするならなるべく序盤の方がいいということは言える。


ただ、7〜8巡目ぐらいに中張牌のトイツを残して字牌のトイツ落としをすると、後々の安全牌に困るということもあり、
受けの観点からどちらを落とすか迷う、というケースは少なくない


このへんは場況との兼ね合いも大きく、ケースバイケースではあるが、
個人的には7巡目以降は安全度の高い方から落としていく方が総合的には有利だと考えている。


また、使い勝手の良い中張牌は浮かせ打ちのような形で1枚残しておくこともあり、
これは危険度的にリスク大ではあるが、手組み的にやむを得ない部分というのもある。

このへんは各々のバランス感覚が問われる部分だが、
東場はあまり受けに偏向せず目いっぱいに構えるのが良く、
リードした南場にやや受けの意識を強めにするぐらいでちょうどいいのではないかと思う。



今回は、トイツ落としが間に合わないケース、
トイツ落としを狙われるケースなど、失敗例を用意したので、
どういう場合に危険度が高いのかをなんとなく感じていただきたいと思う。



case1
34236.jpg

東4局、24900点持ち3着目の北家。

好配牌からキモのペン3sを引き入れて、あっという間にテンパイ。

現状マンズのシャンポン待ちだが、さてどうしよう?





34237.jpg

さすがにこれはテンパイ取らずとした。

ピンズの4連形を生かして、一気通貫を見たいところ。

マンズは6mを浮かした方が赤5mツモなど横の変化に柔軟だ。

これは同様の選択をする人が多いのではないだろうか。


34238.jpg

しかし、4巡目という早さでラス目の対面から先制リーチが入る。

早い人は自分だけではないということだが、この手なら一歩も引かない構え。


34239.jpg

しか〜し、ツモってきたのはアガり逃しとなる8m。

ピンズのノベタンが残るいまいちなツモだが、さて、どうするか?





34240.jpg

58pは悪くないとみてリーチに踏み切るも、この6mが当たり。

ピンズのピンフ変化を待ってのダマもあるが、いずれにせよフリテンの67m待ちには受けないのでこの6mはどうやっても止まらない。

即リーチならツモアガリとなっているはずなので、かなり感触の悪い放銃。

不調時の放銃「トイツ落としが間に合わない」だ。


この場合はまだ序盤での放銃だが、浮かせ打ちにはこのリスクが常について回るため、中盤以降ではあまりおすすめできない。

浮かせ打ちは私もあまり好まない打ち筋だ。


34241.jpg

これが裏裏で8000ともなると精神的ダメージは大きい。

裏が乗らなくても高目なので6400あるが。

ラス目からの直撃で気分も下がり、この半荘はラスに沈んだ。


34242.jpg

入り目もきれいにカン6mだった。

ツモが噛み合った対面とツモがちぐはぐな私できれいに明暗が分かれた。



case2
47595.jpg

オーラス、12300点持ちラス目の西家。

逆転条件は厳しく、ハネ満ツモか満貫直撃が必要。

ドラの発を生かしたトイツ手主眼の手組みにしていたところ、メンツ手寄りにツモが伸びてきた。

さて、何を切る?





47596.jpg

北のトイツ落としでタンピン方面へ方針転換とした。

メンタンピン赤ならドラの発を使わなくてもハネツモが見える。

ピンズは3pが薄いのと7p切ってるのが懸念だが、場合によってはフリテンリーチでもいい。


47597.jpg

北を切った直後に、上家の切ったドラに下家のポンが入る。


47598.jpg

7pを引き戻しタンピンの目処がたったので、すかさず北を切るもこれがアウト。

7700でラストとなった。

こういうのは手組み上仕方ないし、避けられない放銃なので自分の中で割り切るしかない。

逆転条件の厳しいオーラスにつき、まだメンタル的には救われたが、
これが順位転落を伴っていたら不運を嘆きたくもなるだろう。

ちなみに、鳳凰卓では安全度も兼ねて、仕掛けにおける字牌の危険度が他に比べてやや高いという印象がある。



case3
tenhou.2071.jpg

東2局、31000点持ち2着目の北家。

3着目の南家から先制リーチが入って、9sのトイツ落としが間に合っていない。

現物は1枚もないが、さて何を切る?





tenhou.2072.jpg

9sも安全度は高そうだが、ここは慎重に中のトイツ落としとした。

オリの手順としてはごく普通とも言える。


tenhou.2073.jpg

ところが、直後にラス目の上家が追っかけを打ってきた。

やや気持ち悪い河だが、両者の共通安牌は1枚もない。

さて、何を切る?





tenhou.2074.jpg

魅入られたように中を切るとこれがチートイツに一発放銃。

これは完全にトイツ落としを狙われたパターン。

上家ダマなら100%拾える中だが、ラス目ということもありリーチに踏み切りやすかっただろう。

リーチを打ってくれたので、現物があればきっちり対応するところだが、適当な安全牌がなかった。

変則手も匂わす河だが、ピンズはもちろんのこと、4mも対面に切りづらい。


tenhou.2075.jpg

これが裏裏でハネ満に。

上家としては会心の一局だろう。

傷心した私はこの後手も落ち込みこの半荘ラスとなる。



case4
58429.jpg

南1局、37400点持ちトップ目の南家。

ダンラス目の対面から先制リーチが入って一発目。

現物は8s1枚のみだが、さてどうしよう?





58430.jpg

白のトイツ落としとした。

69sがやや薄く、自分のアガリ目的には微妙だが、8s抜いても次が続かないため、リャンシャンテンをキープする選択とした。

自分は押す局面ではないが、赤赤を使っている分、相手の打点が劇的に高いということもないだろう。


58431.jpg

おっと、3mツモで一手進んだ。

これならばテンパイで9m勝負してもよさそうだ。

ところが…


58432.jpg

この2枚目が下家に刺さって、ドラドラの6400。完全に狙い撃たれた。

下家の手出しはご丁寧に現物の西で、これは警戒のしようがない。

ひとつ、狙い撃たれた要因として、一発目に白を選んだ際に少考したことが挙げられる。

やや考えて生牌の白が出る、対応の結果の生牌ということでトイツ落としは読まれやすかった。

これがノータイムならわからなかったが、リーチに対応の場面でのノータイムはなかなか難しい。

チートイツはテンパイ時にこのような選択の余地が残るので、狙い撃ちに適した手役と言える。


58433.jpg

入り目はリーチに止めた6mで、これなら感触も十分。

現物で待つか、トイツ落としを狙うか選び放題だった。

ちなみにこのケースでは下家リーチでも私は放銃している可能性は高いが、ベタオリされるとギリギリ止められる可能性があるので、ダマで確実に拾うのがこの場合は良さそうだ。



case5
59416.jpg

東3局、23800点持ち3着目の西家。

トップ目の親が仕掛けている。

脂っこい牌が河に目立つが、何を切る?





59417.jpg

自風の西トイツ落としとした。

ドラ周辺の捌きが難しく、自身のアガリ目は厳しいと見ている。

場況がやや変則的で、チートイツがいてもおかしくはないような雰囲気。

つまり、西切りは将来待ち候補になりそうな西を先処理するという観点だ。

親と上家には7pが現物としてあるのでここで凌げると考えている。


59418.jpg

その瞬間、下家が赤5s切りでリーチと来た。

このリーチはノータイムではなく、少し間があってのリーチ宣言だった。


59419.jpg

一発目に9sをツモってこんな感じに。

通りそうな牌はたくさんあるのに、確固たる安全牌が一枚もない。

麻雀を打っていて一番きついのはこういう状況ではないだろうか。

下家対応をしていなかった自分にも問題はあるが。

さて、何を切る?





59420.jpg

仕方なく西に手をかけると、これが一発で5200。

河的には4sポンで使いにくい赤5sが最終手出しで、チートイツの可能性も十分にあった。

赤5sと西単騎でリーチに迷うというのも普通だろう。

下家はメンツ手の可能性もあると考え、7pも切りきれなかったが、
リーチ前の少考に西単騎の優位性を考えた痕跡がある

西家が西を落としているけど、これはトイツ落としか?みたいな。


59421.jpg

下家のツモはズバリ西そのものだった。

突如現れた単騎待ちは決めていなければ、場を見渡して必ず少考が入る。

単騎待ちのような変則待ちはこういう少考でも測れたりするので、頭に入れておいてもいいだろう。



case6
69242.jpg

東4局、21200点持ち微差3着目の西家。

トップ目の北家からリーチが入って一発目。

ソーズのメンツが完成して一応イーシャンテンとなったが、さて何を切る?





69243.jpg

攻め返しも視野にの1pトイツ落としとした。

マンズのくっつきからタンピン赤ドラの構想。

無理のないわりと現実的な方針と言えるだろう。


69244.jpg

5sをツモってきて、何を切るか?





69245.jpg

親の2m切りが強い、それはわかっている、しかしこの1pは止まらない。

チートイ赤1に刺さって4800。

2mを押すということは、1pトイツ落としの可能性があると読んだのだろう。これは一本取られた。

先切りの2pがあるので1pの危険度が特別高いようにも見えない。

このことからも、端牌や字牌のトイツ落としは一旦落とし始めると2枚目は止まりにくく、特にダマテンならばかなり拾いやすい待ちだということがわかる。


69246.jpg

対面の2p先切りは感性のなせる技なのか。

上手に3pを重ねてまんまと1pを狙い撃たれた。

やや間があっての1p切りだったのでトイツ落としの可能性が高いと読んだのかもしれない。

この放銃があったが、私は3着で辛くもラスを逃れた。



case7
tenhou.23104.jpg

南2局、15000点持ちラス目の北家。

ホンイツ主眼でオタ風から仕掛け始め、上手く白が重なった。

一気にアガリ目が出てきた。


tenhou.23105.jpg

保険で残していた発も重なり、贅沢なトイツ(ターツ)オーバー。

なかなか悩ましい状況だが、さて何を切るか?





tenhou.23106.jpg

9s切りとした。

ドラの7s引きに備えつつ、ドラそばで仕掛けにくい9sを見切り、場合によってはチャンタもつけようという算段だ。

危険度の高い69sを浮かせているので、この69sは長く引っ張るつもりはなく、早目にトイツ落としをしたいと考えている。


しかし、中盤以降はこういう考えが甘いのだ。


tenhou.23107.jpg

その直後に、3着目南家の先制リーチが入ってしまう。

中盤以降は頻繁にこういうことが起こるので、トイツ落としの切り遅れという致命的な事態が生じやすい。


tenhou.23108.jpg

ドラまたぎが切れずにまごまごしているうちに、2件目が入ってしまう。

上家の河には5sが切られていて、69sはド本命だ。

これは困ったことになった。


tenhou.23109.jpg

白が出て、ポンしたところ。

さて、どうしよう?





tenhou.23110.jpg

どうしても69sが切りきれずに、西のトイツ落としで復活を図った。

リーチの河を見ると、この選択も別段おかしくはない。

しかし、ラス目の満貫テンパイという立場からテンパイを崩す選択、これが果たして牌理に適っているかは甚だ疑問だ。

その状況に自らを追い込んだのが、たかがトイツ落とし、というわけだ。


tenhou.23111.jpg

一向にソーズが引けないまま、本来の当たり牌である発が先に出てきた。

これをポンしてもフリテンになるので当然のスルーだが、あとは69sが当たりであることを願うのみとなってきた。


tenhou.23112.jpg

上家がツモ!だが、4s単騎でしばし唖然とする。

14sってそっちかよ!みたいな。1300・2600。

鳳凰卓ではこういう追っかけはほぼないが、特上では稀にこういうこともある。

しかし、このリーチが私の弱気を誘ってアガリ逃しを誘発したため、アガリ点以上に効果は絶大だった。


tenhou.23113.jpg

対面の待ちは58s、上家の入り目は69sであったことから、ソーズの上は極めて危険だったことがわかる。

つまり、トイツ落としは9sではなく、西を選ぶべきだった。

もしくは、9sを浮かせていても日和らずに勝負する覚悟が必要だっただろう。

そのどちらも間違えた私はこの半荘ラスを甘んじる。

中盤に危険牌のトイツ落としを始めることの怖さがこのケースからわかるだろう。



case8
53974.jpg

開局の南家。

メンツ手の未練から、残していた5sが重なった。

さて、何を切る?





53975.jpg

5sの縦はいらんとツモ切るも、対面からリーチが入る。

完全に切り遅れてしまった。


53978.jpg

白が出たが、これを鳴くか?





53979.jpg

スルーした(ラグあり)。

さすがに後手感が半端ないので、ここは自重した。

テンパイならともかく、切り遅れた牌を持ちながら匍匐前進してもあまりいいことはなさそうだ。


53981.jpg

結果対面がツモで裏ドラ2sの2000・4000。

5sはまんまと当たりだった。


53973.jpg

この手から5sを残すメリットなど皆無。さっさと見切って2mを残すべきだった。

5sを処理しておけば、白ポンから自身のアガリ目もあったかもしれない。

これはトイツ落としというよりも、手組みの隙を咎められている事例だが、
中盤以降は一瞬の隙が大きなダメージに繋がりかねないため、
このようにホンイツ狙いがはっきりしている場合は中途半端に孤立中張牌を残さない方がいいだろう。


本記事に関連の深い内容として、過去記事「中盤以降のトイツ落としは安全度の高い方を選ぶ」も参照していただきたい。



ラベル:天鳳 失敗 対子
posted by はぐりん@ at 23:55 | Comment(2) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不可避なものも結構ありそうですが、狙い打たれるケースはさすが鳳凰卓、といった感じもしますね。

中盤のトイツ落としは、他の危険牌もツモってしまいますから、2枚目の処分に時間かかることがありますしね。安全度は大事ですよね。

余談になりますが、case3の変則臭というのは、456牌が立て続けに切られ過ぎているという意味で、切り巡とかではないですよね?
Posted by S at 2018年12月19日 17:33
>>Sさん
終盤は安全度が明確になっていることもあって、トイツ落としで気をつけるのはやはり中盤なんですよね。

case3はそうですね、切り順ではなくて中張牌が切られ過ぎというところですね。
離れ両面ターツ落としも距離が離れている場合は変則手の匂いも強まるんですけど、この場合は不自然さはないですね。
Posted by はぐりん@ at 2018年12月20日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: