2019年09月01日

七段降段 回線落ちが頻発

75809.png

七段降段した。


どん底まで落ちたと思ったのはどうやら気のせいだったようだ。


最近天鳳において、気になる事例が発生している。

それは、回線落ちだ。


私はノートパソコンから天鳳に接続しているのだが、
これまでの回線環境は極めて安定的で、まったくといっていいほど回線落ちすることはなかった。

ところが、今年の7月ぐらいから、ポツポツと回線落ちに遭遇するようになった。

大抵の場合は、1巡ないし2巡のツモ切りを経てすぐに復帰できるのだが、
稀に1局の半分程度戻れないことがある。

同卓者の動向を見るに、回線落ちの頻度は以前よりやや上がったように感じるが、みなさんはどうだろうか?


私の回線環境が変化したわけではないので、もしかしたら天鳳のサーバーが脆弱になっている可能性がある。


ちなみに、回線落ちが降段の直接の原因となったわけではないことは申し添えておきたい。

回線も実力の内であり、天鳳における成績は何ら言い訳の効かないものであることは承知している。


とはいえ、集中力がとぎれるし、止まるたびに自分が落ちたかもと不安を抱えることは精神衛生上良くないことも確か。

気持ちよく麻雀を打つために、確かな回線というのは重要なのだと再認識した。

今後も動向を見守りつつ、このブログで報告していきたいと思う。


さて、今回はこれに関連して、回線落ち特集だ

回線落ちが織り成すドラマというのは意外と侮れない。

冷や冷やした場面のオンパレードをご覧いただきたい。



case1
74556.jpg

私が回線落ちをするようになったのには、ある伏線がある。

7月の始めに天鳳のサーバーがダウンした。

これはその時の半荘である。

南1局、22600点持ち2着目の北家。

かなり苦しい手牌をもらっているが、3巡目、この画面で止まって動かなくなる。

ははあ、下家が回線落ちしたな、とこの時は思っていたのだが、自分が落ちたと気付くのはその後間もなくだった。

再起動を何度も試みるも、まったくもって戦線に復帰できない。

私は焦っていた。

しばらくたって、ようやく再起動に成功し、戻ってみると…


74557.jpg

こうなっていた。

南3局、2800点のラス目になっとる!

この数局の間に一体何があったというのだ。

全部ツモ切りだとしても…20000点も減るもんかね?

唯一の希望は、3着目の対面も6200点と痛んでおり、ラス回避にはまだ望みがあることだ。


74558.jpg

あのクソみたいな配牌が、2000点に仕上がった。

さあ、オーラスの親番だ。


74559.jpg

必死に形テンを入れるも、対面にアガられ、無念のラス終了。

やり場のない怒りに放心状態の私だった。


しかし、後日運営からサーバーダウンの旨が伝えられ、それによってラスを被った者は申告により、成績の修正およびラスにより失ったポイントの返還という措置がとられた。

これにて私の失った150ptは戻ってきたわけだ。


74560.jpg

私が落ちた直後の状況がこれ。

下家以外の三者が落ちている。

一人やりたい放題の下家だが、手牌はバラバラ(笑)


74561.jpg

好ツモを見るも無残に河に並べ、挙句、ドラをポンされる。

また見事に親もアガれそうな手だこと。


74562.jpg

これだけ好牌を河に並べたら、そりゃアガるでしょう。この12000が痛打。

河と合わせたら四暗刻になっていてもおかしくない。もったいない!


74563.jpg

南3局、私が復帰したほぼ同時に対面も復帰していた。

個人差はあれ、サーバーダウンの同時性を物語っていると言える。


私がちょくちょく落ちるようになったのはこのサーバーダウンが契機となっている。

「落ち癖」とか、「落ちウイルス」のようなものが存在するのだろうか?



case2
75655.jpg

南1局、トップ目の上家が回線落ちする。

トップ目が落ちてもなかなかラスまでは落ちてくれないので微妙だが、それはそれとして。


75656.jpg

上家、3巡のツモ切りを経て、戦線に復帰。


75657.jpg

おーい!あんた落ちてたやん!

わりとよくある回線落ちの先制攻撃。


75658.jpg

結果は上家の一人テンパイで流局。

このように、回線落ちが結果にさほど影響を与えないケースも実戦では散見される。

自身がこうなることを願うばかりだが。



case3
75660.jpg

東4局、22700点持ち3着目の親番。

やや遠い仕掛けを入れたところ、対面からリーチが入る。


75661.jpg

何を切るか?





75662.jpg

かなり危険だが、5p勝負とした。

赤を引いたし、受けも効かない形なので、ゼンツ気味に勝負。

4sがリーチの現物につき、仕掛けやすさを考慮した。


75663.jpg

狙い通りに4sを仕掛けて、ようやくテンパイにこぎつける。

よっしゃよっしゃ。


75664.jpg

3sをクリックしたところで、画面が止まる。

3sは河に出ていて、下家のラグが入ったところで止まっている。

経験上、下家が回線落ちしたな、と私は思ったが、実は落ちているのは私だった、というオチ。


75665.jpg

んで、実際の動きはこうなっている。

3sをクリックしたはずなのに、右端の6sが切られている。


75666.jpg

落ちていなければ、対面の3pを捕らえられていた。


75667.jpg

しかも、ノーテン流局で親流れだと。

この局、本来ならば2900は3200+リーチ棒3本で6200点の収入となるはずが、逆に1500点の失点。

せめてクリックした通りに3sが河に出ていればテンパイ料はもらえたのに…

5p勝負してテンパイまでやっと漕ぎ着けてこれからって時にこの回線落ちはあまりにもタイミングが悪すぎる。


75668.jpg

次局、必死こいて戻ってきてみるとこの状況。

好配牌だが、第一打の8p…こんな時に限って好ツモだ。


75669.jpg

8pを逃していなければ、ここで絶好の三面張テンパイ即リーチだった。


75670.jpg

テンパイが遅れ、対面にアガられてしまった。


75671.jpg

第一打の8pに間に合ってさえいれば、1300・2600もしくは親番続行で2600オール。

前局含めてどれだけの損を被っているか。

この半荘、最終的にはほんとにギリギリでラスを回避の3着だったが、通常ならトップでも全然おかしくなかった。

回線落ちの損としてはこれが最大だが、case2のように影響を与えない場合もあれば、タイミングによってはこのぐらい損失を被ることもある、ということ。

これでラスだったら、ほんとやってらんねー、となるところ。



case4
75845.jpg

南3局、17600点持ち2着目の親番。

ピンフドラ1をダマに構えていたところ、ラス目の上家からリーチが入る。

さて、どうするか?





75846.jpg

ここで回った。

ダマに構えているのはこういう事態に備えて。

親を無傷で流せれば、終局が見えてくるからだ。


75847.jpg

ところが、ここで回線落ち。

ひえ〜危険な1pがツモ切られとる。


75848.jpg

即座に戻ってきて事無きを得る。

上家の一人テンパイで流局。


75849.jpg

一発目の9mは当たりだった。これを打っていると8000で一気にラス転落。

タイミング悪くここで落ちていたらと考えると身の毛もよだつ。

こういう不安感に無意識的に苛まれることが続くと、安心して打てないし、集中力を持続することができない。

メンタルに間接的にも影響を与えるのが回線落ちだ。



case5
75850.jpg

南2局、微差ラス目の親番。

一応チートイツのテンパイだが、さてどうするか?





75851.jpg

リーチとした。

上家の仕掛けにプレッシャーを与えつつ、場況的にもいい待ちでしょう。


75852.jpg

ところが、ここで回線が落ちる。


75853.jpg

慌てて戻ってきたら、なんとかアガリ牌に間に合った。3200オール。

回線落ちが頻発するということは、いずれ河にアガリ牌を並べる、ということだ。

安心してリーチを見ていられない、これは由々しき事態である。



case6
75813.jpg

南2局、33900点持ちトップ目の北家。

2着目の上家が回線落ちする。


75814.jpg

上家は47sでテンパイしているが、回線落ちしているので下家の4sを当たれない。


75815.jpg

チートイツでテンパイしている対面が、今出た4sに待ちをチェンジする。

親の現物ということを重視したのだろう。


75816.jpg

ほどなくして、上家が戻ってきた。


75817.jpg

さらに待ちを変えた対面が、4sに手をかけると、今度は上家にロンと言われる(笑)

傍目に見ると滑稽だが、本人はたまったものじゃないだろう。

本来ラス目が3900放銃となるはずだったが、3着目が放銃となり、ラスが入れ替わる。この半荘はそのまま対面がラスで終了した。

回線落ちが発生すると、こういう紛れが起こりやすくなって、やりにくいと私は感じる。

仕方ないとはいえ、自身だけでなく他家も巻き込んでしまう側面があって、公平な勝負に水を差してしまう。


自身の回線環境を整えることが、白熱した勝負の前提となっている、プレイヤーは多かれ少なかれこのことを意識しておく必要がある。

そして運営さん、天鳳サーバーの増強をよろしくお願いします。



ラベル:天鳳 降段 不調 回線
posted by はぐりん@ at 23:37 | Comment(4) | 降段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先週は三麻オンリーでしたが

知り合いの方が開局早々、いきなり5巡くらい落ちたことがありました。原因は不明だそうです。

自分は自宅で滅多に回線落ちしないのに、イーシャンテンの選択の場面で突然回線が落ちました(1巡のみ)。結果に影響はなかったのですが、切りたい牌を切れませんでした。

そのほか、他家で一瞬赤くなる人はそこそこいました。

以上、最近の回線レポートです(笑)
Posted by S at 2019年09月08日 08:46
>>Sさん
報告ありがとうございます。
実は、先週私がブログを書いた後からすっかり回線落ちがなくなって、私のブログがこんなにも影響力を持っているのかと驚いていたところです。

冗談はさておき、牌譜を見ている最中に動作がおかしくなる時は回線落ちの前兆みたいなところがあったんですが、最近はそれもなく、天鳳サーバーが改善傾向にあるのではないかと思っているところです。

経過観察して再度このブログで報告したいと思います。
Posted by はぐりん@ at 2019年09月09日 00:12
運営者様

188BETの日本マーケティング担当の田中と申します。
本日は御サイトで188BETもご紹介いただけないかと思い、連絡させていただきました。
188BETではアフィリエイトプログラムも充実しており、以下からご登録いただけますので、一度ご確認いただき、ご不明点がございましたらお気軽にご連絡ください。
アフィリエイトページ:http://bit.ly/30hLHe5
188BETオフィシャルHP:http://bit.ly/2Kh3gqd

御サイトからのご登録者様の初回入金で最大600ドルボーナスなどもご用意しておりますのでご検討いただきますようお願い致します。

些細なことでも構いませんので、ぜひご連絡をお待ちしております。
188BET 田中
----------------------------------
Line ID:188betjapan
Twitter ID:@188Japan
Skype名:ba62fed9e6d253e
Posted by 188BET 日本マーケット担当 田中 at 2019年09月09日 22:03
>>188BET 日本マーケット担当 田中様
ご連絡ありがとうございます。
詳細を確認の上、検討したいと思います。
Posted by はぐりん@ at 2019年09月14日 13:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: