2020年08月02日

ペンカン待ちは超愚形なのか?

みなさんは、六筒七筒八筒八筒九筒という形を見たときに、どのような印象を持つだろうか?


おそらく、大抵の人はこの形を好意的に受け止めないだろう。

そればかりか、真っ先に嫌う部分として候補に挙がるはずだ。

かくいう私も一昔前は最終形としてこれ以上悪い待ちはない、と思っていた。

同じペンチャンでも、メンツ部分に1枚つぶれて最大3枚しかないのだから、当然と言えば当然である。


一筒二筒二筒三筒四筒や、六筒七筒八筒八筒九筒という形は、メンツの抜き方によってカンチャン待ちにもペンチャン待ちにも取れるため、俗にペンカン形という名前で呼ばれることがある。

今回はこのペンカン形について、どういう特性があるのかを解説していきたい。


@変化に有利な形である

一萬二萬三萬六萬六筒七筒八筒八筒九筒二索二索八索九索ツモ五萬ドラ一萬

マンズが好形になり、ターツ選択となったところ。ここから何を切るか?

実戦でもしばしば見られるが、この形はかなり頭を悩ませるのではないだろうか。

見落としていけないのは、ペンカン形には受け入れが増加する変化が多い、ということである。


六筒七筒八筒八筒九筒からの変化を以下に挙げる。

(1)ツモ五筒五筒六筒七筒八筒八筒九筒 両面含み

(2)ツモ八筒六筒七筒八筒八筒八筒九筒 変則三面張含み

(3)ツモ六筒九筒六筒七筒八筒八筒九筒九筒 シャンポン含み

(4)ツモ四筒四筒六筒七筒八筒八筒九筒 リャンカン含み


八索九索からの変化は、両面変化まで二手かかる上に、それ以外は重なりのシャンポン変化しかない。

単純に一手で両面変化するだけでも大きいのに、(2)の変則三面形や、見逃されがちな(4)のリャンカン形も踏まえると、シャンテンを広くする変化量には大きな差があることがわかるだろう


つまり、ペン7sで即リーチに行くつもりがないのであれば、大抵の場合はペンカン形を残した方が有利だろう。

逆にペンカン形を払っていくケースとしては、ペン7sが場況から優秀である場合だ。一応ピンズの好形変化を保留しつつペン7sの受けを残せるために、ド裏目を被るリスクを減らしながら、ペン7sという最終形に寄せることができるからだ。

また、雀頭がない手においては受け入れ的にも優秀な形となるため、過去記事(67889は雀頭作りに最適)で確認していただきたい。


A意外と他家が使いづらい部分である

六筒七筒八筒八筒九筒という形は、8pを自身で2枚使っているため、単純ペンチャンよりも他家がメンツで構成しづらいという特性もある。

牌理上当然の話ではあるが、仮に8pや9pがもう1枚ずつ見えるなどの情報があれば、他家はよりそのへんでのメンツ構成が困難になる。

例えば、ソーズが場に高い場合に枚数重視でペン7s待ちを選んだとしても、他家に使い切られていることも多い。このへんは経験からも理解できるだろう。

場に高い生牌のペンチャンと、場に安い1枚切れのペンチャンならどちらがアガりやすいかを考えるとわかりやすい。

8pが埋まりにくいことでピンズの上は場に安くなりやすいため、最終形としてそこまでアガりやすさに差がつくわけではない。

ただし、4枚のうちの1枚、25%の減少の影響は大きいため、単純ペンチャンと比べて有利になると言い切れるレベルでもない。遜色がないもしくはやや悪い程度に収まるということである。


結論としては、ペンカン形が最終形となっても単純ペンチャンと比較してアガリ率の減少がそこまで大きくないため、変化量の多さからペンカン形を残した方が有利となることが多そうだ。

もちろん場況は常に加味されるべきだが、潜在的に他家が使いにくいことは最終形の不利を相殺する要素となりうる

山に十分あると見込める場合は、残り2枚待ちぐらいでも特段リーチが悪いということはなさそうだ。

むしろ、テンパイした際にそこを払いつつ好形テンパイを狙うか、即リーチに踏み切るかの選択自体が難しいことが多いだろう。

攻め返されると待ちの枚数的に不利なことには違いないため、攻め返してくる他家がいるかどうか、点棒状況などを勘案する必要がある。


10年前と比較すると、私はペンカン形に対する印象がかなり変わった。

当時はこれ以上の愚形はないという認識だったが、今では手組みの段階においてはそれなりに重宝できる形であるという認識に変わっている。

これは、イーシャンテンを広くすることがアガリにおいては重要であること、また単純ペンチャンと比較して変化量の差が顕著であるという認識が深まったためである。


それでは、どのような際にペンカン待ちリーチに踏み切るのだろうか?

今回は実際にペンカン待ちリーチに踏み切った実戦例を用いて、このリーチが活用できるケースを考えていきたい。

それではどうぞ。



case1
tenhou.3161.jpg

東4局、17500点持ちラス目の南家。

ピンズでの雀頭作りを模索していたところ、マンズが重なりこのテンパイ。

3pは場に1枚切れで実質残り2枚だが、さてどうしよう?





tenhou.3162.jpg

リーチに踏み切った。

9mが3枚切れにつき、好形になったとしても特段アガりやすくなるわけではない。

場況的にはピンズが安く、3pはわりと良さそう。

巡目的にもこのへんが決断のしどころか。


tenhou.3163.jpg

手を狭くした親から出てきて、5200のアガリ。

この終盤に出てくるスジではないため、僥倖だった。

2pが3枚見えていることにより、他家はその周辺をメンツとして使いづらい。

他家が手の内で使い切れないという要素が、ペンカン待ちには含まれやすいということがわかる。



case2
69768.jpg

南2局、18700点持ちラス目の親番。

絶好の7pくっつきで早くもイーシャンテンに。

是が非でもこのチャンスを生かしたいところ。


69769.jpg

先に両面が埋まってテンパイ。

難しい選択が残ってしまった。

1mを切っているのでマンズの好形変化も限定的だ。

さて、どうするか?





69770.jpg

6s切ってリーチとした。

シャンポンに取ってダマ、一旦イーペーコーに取ってダマなど色々考えられるところ。

しかし、6sが1巡前に出ているというのがポイントで、これによりソーズは分断形になった

例えば4mツモを逃してしまうと激痛だが、嬉しい変化は多くなく、むしろダマにしていることの損の方が大きいという印象。

このリーチに3sは切りやすいわけではないため、内側を見せるデメリットはさほどない。

むしろ、6sを安くして7sを炙り出す作戦だ。


69771.jpg

一発ツモが6sでヤラカシタ〜!

これを捕らえられる人はなかなかいないだろう。

裏目は裏目だが、6sは場に3枚目で前向きな裏目。

こうなってみると6s切りがじわじわと効いてくる。


69772.jpg

ところが、3着目の親から追っかけが。

こうなると河の迷彩はまったく意味がなく、圧倒的不利となる。

直対のラス争いにつき、中途半端な手でないことは確かだからだ。


69773.jpg

しかしここでまさかのトップ目から当たり牌が放たれる。

裏が1枚乗って5200となればこれは大きい。

対面は安牌に窮して、苦肉のトイツ落としが刺さった格好。

親は十分形の5800からで捲り合いは圧倒的にこちらが不利だった。


69774.jpg

仮に私の宣言牌が9sで、6sが2枚しか見えていないなら、対面は7sを切ったかどうか微妙だ。

内側を切って外側を炙り出す作戦は、一応ドラそばにおいても通用することがわかるだろう。



case3
58325.jpg

東2局、3着目の南家。

4mを浮かせ打ちしていたところ、先に両面が埋まってテンパイが入る。

場に動きは入っていないが、さてどうしよう?





58326.jpg

即リーチとした。

この場合は4m切りダマに取るメリットはさほどないため、4m切りリーチか2p切りの2択だろう。

2pと1pがほどよく切られていて、3pの場況は良好。

これぐらいの場況なら即リーチの及第点ではないだろうか。


58328.jpg

しかし、親に一発を消された挙句、持ってきた赤5mが刺さって5800。

現物の7sを上手く捌かれてリーチが裏目に。

これは最悪や…


58329.jpg

一見よく見える場況でも、実際には3pは山に1枚。

待ちの枚数自体が元々少ないだけに、これぐらいの場況では少し足りないかもしれない。

4pが2枚出てるとか、ピンズの中ほども出ていた方が好ましい。


58330.jpg

仮に2pを切ってのテンパイ取らずなら、赤5mを組み入れての36mリーチが打てたかも。

今回は積極策が裏目と出てしまったようだ。

このように、勇み足になることもあるため、道中の選択は十分に吟味する必要がある。




case4
49629.jpg

東2局、17000点持ちラス目の親番。

トップ目の対面からリーチが入って一発目。

浮かせていたドラが重なって、少しやる気が出た。

さて、ここから何を切るか?





49630.jpg

4pのトイツ落としとした。

マンズとソーズに手がかけられない以上、ここはこの一手か。


49631.jpg

次巡、持ってきたのはズバリテンパイとなるカン5m。

ソーズはそれなりに変化も見込める形だが、さてどうしよう?





49632.jpg

追っかけリーチとした。

ドラドラで打点があるので、ダマで回すのは隙以外の何物でもない。

都合よく変化を見るよりも、ツモの流れを重視すればここは自然と踏み切れるだろう。


49633.jpg

やや長引くも、競り勝って7700。

トップ目のリーチだけに内心バクバクだったが、僥倖を得られた。

ここで、対面の待ちと私の待ちの枚数を確認してみてほしい。

対面の両面は山に0枚(!)、対して私の苦しいペンカン3sはなんと2枚も残っていた。

勝負所に確率は関係ない、これを体現するかのような大勝利だった。



case5
53948.jpg

南1局、16900点持ちラス目の南家。

3着目の下家からリーチが入って一発目。

ここから何を切るか?





53949.jpg

3m切りとした。

ラス目で打点つきとはいえ、ここから4p8pを勝負していくのはやや無謀だろう。

ここはじっと我慢。


53950.jpg

粘っているうちに、再び形がまとまってくる。

期せずしてピンズがリャンカン形となり、浮かせていたどちらかを使い切れる目途がついてきた。


53951.jpg

赤5sに重なって、これも望外のテンパイ。

さて、どうするか?





53952.jpg

4p切りで追っかけに踏み切った。

ここまで来るとさすがに追っかけるんだが、待ち取りをどうするか。

7pが直前に切れただけにカン5pに取るのが普通だが、8pは通っているわけではない。

今4pが通りやすくなったことには意味があると考え、それを重視して4p切りリーチとした。

通常飛び出す可能性が高かったのはどちらかというと8pで、それが使い切れる恰好となったので。

このへんは理屈ではなく、私の培ってきた勝負勘の領域だ。


53953.jpg

これがビンゴ!7pを河に並べた下家から一発は8000をGET。

この最終形を見て下家はどう思っただろうか。

私だったらこの半荘物思いに耽ってしまうかもしれない。


53954.jpg

浮かせていた赤5sは、下家リーチの当たり牌だった。

これを重ねてのテンパイとなれば、通常勝機はある。

私のリーチ時、山には5p2枚、7p1枚で待ち取りはカン5p優勢だったが、結果はまた別物。

勢いのある時はこういう針の穴を通すような選択ができるものだなあとしみじみ思った。


このように、勝負所では待ちの枚数は関係ないため、ペンカン待ちリーチも十分に機能することがわかるだろう。

超愚形という先入観にとらわれず、使いどころを虎視眈々と伺うことで、今までにはなかった世界線が見られるかもしれない。



ラベル:天鳳 愚形 立直
posted by はぐりん@ at 23:57 | Comment(0) | 攻撃力UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント