2021年09月12日

ペンチャンでなくカンチャンでチーする形【染め手】

久々に登場の、晒しスキルだ。


今回はカンチャンで鳴くかペンチャンで鳴くかの選択について。

どちらかを選択できるということは、必然的に周辺部分は複合形ということになる。


役が確定しているなら、基本的には内に寄せてペンチャンで捌くのが有効となることが多い。


一筒二筒二筒四筒五筒六筒七筒九索九索西ポン中中中出る三筒

例えば、上記の手牌で上家から3pが出たとする。

この場合は外側をペンチャンでチーして手牌を内に寄せることで将来変化を見込むことができる

ペンチャンは発展性がないため、その部分を晒してしまえばネックが解消されやすくなる。

なので、役が確定しているフーロ手であれば、ペンチャンで晒すのが基本となる


一方、

一筒二筒四筒五筒六筒六筒七筒三索四索四索五索八索八索出る三筒

タンヤオにおいてはカンチャンチーが必須となる。

アガリトップで上記の手牌なら、3pをカンチャンチーすることでぐっとアガリに近づく。

24をチーして1が出てきたらこういう食い延ばしも含めてタンヤオを疑うことができる。

タンヤオは頻出する手役につき、こういったカンチャンチーの類例は実戦でもよく見られる。


また、

五筒六筒六筒七筒八筒八筒九筒一索一索西ポン中中中出る七筒

この形だとどうだろうか?

自身の受けや変化を考えると、68のカンチャンでチーするのがいい。

端の9pが残ってスライドがしやすく、場合によってはシャンポンの変化に取るなど柔軟性がある。

形が決まっているのであれば、横伸び・端寄りにすれば対応が効きやすい。

この形は頻出するので、カンチャンで鳴くべき形として覚えておくといいだろう。


このように、形によってどうすべきかというのは変わってくるわけだが、複合形の宝庫である染め手においてはその選択も悩ましいものが多い。

牌理で見ればペンチャンでチーした方がいいが、19を晒してしまうと手役がバレやすいなどといったジレンマを孕んでいるからだ。

そこで、今回は染め手におけるペンチャンチーとカンチャンチーの選択場面を集めてみた。

みなさんもどうするか考えながらご覧いただきたい。それではどうぞ。



case1
61663.jpg

東3局、原点まま3着目の親番。

8巡目にして手牌がタケ色に染まる。

リーチ!をかけようとしたがボタンが光らなかったのでどうやらテンパイしていないようだ。


61664.jpg

切り出した発をポンされ、上家から出てきたのは3s。

これが急所中の急所であることはなんとなくわかるが…。

さて、どう鳴く?





61665.jpg

カンチャンで晒した。

どっちで鳴くと何が出ていくかを考えると答えが出やすい。

ペンチャンでチーしてしまうと4sが余るが、カンチャンなら1sで済む。

危険度の高い4sを使い切るという観点から、ここではカンチャンチーが正解だとわかる。


61666.jpg

何待ちかわかるだろうか?


258369sの六面張だ。

しかも9sなら一通のおまけつき。

麻雀打ちならば誰もがこの最終形を目指していると言っても過言ではない。

期待で胸が風船のように膨らんだ。


61667.jpg

が、ダメ(;´Д`)

どっち切っても当たりなんて厳しいじゃあーりませんか?の1000点。

この最終形を成就させられないなんて、痛恨の極み!

この場合は、端を見せないことでチンイツがバレにくいこともメリットとなっている。

悔しさをバネにして、この半荘はトップを捲ることに成功した。



case2
61669.jpg

南2局、37300点持ち2着目の南家。

トップ目の上家とは僅差となっている。

ダブ南トイツでホンイツも狙えそうな手牌のところ、上家から急所の3pが出た。

さて、どうしよう?





61670.jpg

カンチャンでチーした。

ペンチャンで鳴いてしまうとせっかくのダブ南が出にくくなってしまうのが一つ。

それから連続形の性能だが、どちらで鳴いてもそれほど差がないようにも見えるが…。


61672.jpg

このツモだ。

端寄りの連続形にしておくことで、この重なりの魅力がある。

ペンチャンで鳴いた場合、最終形は4pと南のシャンポンとなってしまう。

これは明確に差のある最終形ではないだろうか。


61673.jpg

これを捕らえて、2000のデバサイ。

この局をすんなりかわせたばかりかトップ捲りにも成功。

そのままトップで逃げ切った。


61674.jpg

ふと山を見るとあることに気づく。

そう、1pを捕らえていなければ親が2pをツモり逆に1000オールのアガリとなっていた。

これが1巡の恐ろしさというやつである。

親がアガっていたら結果は全く違うものになっていたとしてもおかしくない。

ホンイツの場合は横伸びの牌姿を端に寄せるのも効果的であるということだ。



case3
65973.jpg

南2局、7400点持ちラス目の南家。

親が2フーロしていて、トップ目の対面からリーチが入っている

上家から3sが出て、これを鳴けばテンパイに取れるが…

さて、どう仕掛ける?





65974.jpg

カンチャンでチーした。

もちろん、手牌の伸びを見てペンチャンでチーすべきだというのはわかっている。

24sから5sをツモれば現物の6sで2倍チャンスでもある。

しかし、そこまで匂いのない染めの気配をここで醸してしまってもええんか?

現物の3s、今なら拾うことも可能なのに、変に警戒されたらタマランチ!


65975.jpg

時は来た。

リーチの対面が4枚目の3sを掴み、8000の御用。

対面の待ちは25sにつき、変化が即放銃になる形、つまりごちゃごちゃ考えていたことは無為だった。

とにかくラッキーなアガリで3着浮上に成功したが、この半荘は健闘むなしくラスだった。


65976.jpg

ペン3sでチーした場合、上家から5sチーして食い延ばすこともできる。

親はあまりオリそうもないので、これがまったく期待できないというわけではない。

しかし、ここで注目すべきは下家の手牌だ。

下家は何かで回ることになれば3sは結構な確率で出そうに見えないだろうか?

手牌変化は単なる期待であり遅攻的、ここはサッと拾うことが急務であるから速効性を重視すべき局面に見える

特に鳳凰卓のような変化に敏感な打ち手に対しては余計な警戒心を持たれないようにしたい。

というわけで、この選択で良かったのではないかと思う。


今回紹介したケースでは、ペンチャンで仕掛けることで染め手の気配が漏れるということもそれなりに判断材料になっている

これは特に上級者との対戦において考慮しがちな要素ではあるが、ひとつ間違うと大魚を逃すということにもなりかねない。

私自身も読まれることを嫌ったがためにアガリを逃すということを何度も経験している。

相手の思考は自分ではコントロールできず、自分でコントロールできるのは自分の手牌であるので、特にフラットな局面では手牌をしっかりと伸ばしていくべきだと私は考える。

策士策に溺れる、ということにならないようにそのへんのバランスを上手く取っていくのが重要ではないだろうか。



ラベル:天鳳 鳴き 晒し
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(2) | 鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
点差、ドラを切っている、親もきている中での6pプッシュ。これならカンチャンで鳴いたとしてもきな臭いです。この「違和感の正体」に秒で気づけるようになりたいものです。
Posted by クソ親父 at 2021年09月14日 23:44
>>クソ親父さん
確かにそうですね!
鳳凰卓クラスだと1sを晒そうが晒すまいが結果は変わらない事も多いですけど、「うっかり」を拾う確率は上がりますからね〜。
Posted by はぐりん@ at 2021年09月15日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: