2021年09月19日

小四喜の作り方

久々に登場、手役の作り方シリーズ。

小四喜と言えば、配牌依存の手役というイメージが強い人も多いと思うが、工夫のしどころは色々とある。

雑に打っていると、河に種を並べて「小四喜だったな〜」なんてことも少なくない。

今回は、チャンスを逃さないためのポイントを紹介していきたい。


@小四喜は配牌4種4枚から意識する

一萬四萬七萬二筒五筒八筒三索六索九索東南西北

一見絶望的な配牌だが、実はこういう手がチャンスだ。

風牌は重なりさえすれば後は他力でいいので、この手に必要な小四喜の有効牌は実は3枚でいいということになる。

東→南→西とツモれば後は仕掛けるだけ。そう考えると案外難しくないように思えてこないだろうか?

数牌部分に期待できない分、風牌の重なりだけは逃したくない手牌でもある。

こういう配牌では安易に字牌を切り出さないことが重要となる。


A種がある程度揃ったらスルーは必要ない

大三元と違って小四喜は必要牌数が多く、警戒されにくいため、小手先のスルーは必要ない。

とにかく自分の都合で仕掛けていくことが肝要となる。


B3フーロを先に見せて相手の手を止め時間を稼ぐ

一索四索七索白ポン東東東ポン南南南ポン西西西

3フーロを先に見せてしまえば、相手の手は止まる。

手出しの一つでも見せておけば、相手は向かってこれないため、悠々と北ツモを待てばいい。

この段階まで到達することが難しいようにも思えるが、種さえ揃えば警戒されずにあっさり出てきやすい


C序盤で2枚枯れてしまってもあきらめない

2枚枯れが見えると確かにテンションは下がるが、同時に可能性が激低となることが周知される。これを逆用する。

首尾よく最終形が2枚枯れの単騎となった場合は相手の警戒もゆるんでいるため逆に出てきやすい。


D妄想力を具現化する

国士のようなバラバラの手牌の時に、わりと小四喜は候補から外れやすいが、バラバラな手牌ほど数牌に未練がないためひょんな可能性が生まれやすい

想像力を働かせて、最後までしぶとく食らいつく。あきらめない姿勢が大事。


それでは、どのように小四喜にアプローチしていけばいいのかを実戦例から見ていきたいと思う。



case1
tenhou.5602.jpg

東3局、15800点持ちラス目の南家。

発をツモって9種となったが、ここから何を切る?





tenhou.5603.jpg

9sを切ってホンイツへ方針決定。

次巡のツモが東の重なりで、にわかにザワザワしてきた。


tenhou.5604.jpg

西まで重なってしまえば、完全にレールに乗った。

重なりさえ捉えてしまえば小四喜の敷居は思っているより高くない。


tenhou.5607.jpg

も、上家リーチにアガられてしまった。

あの程度の配牌でも2種の重なりで景色が変わるため、数牌の並びが悪い手ではじっくりと可能性を追うことが肝要となる。


case2
tenhou.15005.jpg

東2局、21000点持ち3着目の南家。

風牌が4種7枚、種が揃っている。


tenhou.15008.jpg

当然のごとく仕掛けていって、テンパイが入った。

さて、どうしよう?





tenhou.15009.jpg

取らずとした。

満貫あるのでこれでも十分だが、巡目が残っていることからチャレンジしてみた。

3pがポンしやすそうな場況の上、東が暗刻につき北がケアされにくいところが大きい。


tenhou.15010.jpg

次巡6pをツモったが、さてどうしよう?





tenhou.15011.jpg

さすがにこれは取った。

これを拒否するのは狙いすぎというもの。


tenhou.15012.jpg

しかし、下家が満貫のツモアガリとなった。

北は全山で十分に狙う価値がある局面だったことがわかる。


case3
tenhou.7911.jpg

開局の西家。

3フーロして出アガリ3900のテンパイだが、ここでドラを掴んでしまった。

下家の仕掛けに対して危険だが、さてどうしよう?





tenhou.7912.jpg

ここは回った。

前巡6sを通しているので、3sは切りやすい。

ドラが切れないのであれば、周辺のくっつきに備える方が復活はしやすい。


tenhou.7913.jpg

その後持ってきた北により、強烈に匂い立つある手役。

西は直前に河に放たれているため、ともすると?


tenhou.7915.jpg

ほどなく出てきて迷うことなくドラ勝負とした。

3900なら止めるドラでも32000となると話は違う。


tenhou.7916.jpg

が、惜しくも流局に。

下家の手にはドラが暗刻で紙一重だった。

最後ノーチャンスの3pはほぼ通るものの、下家が北を掴んでも出ないため慎重に着手した。

このように、回る過程で役満の芽が生まれることもある。



case4
65838.jpg

東3局、22100点持ち3着目の北家。

種は揃っているが手はやや重い。

ここから何を切る?





65839.jpg

7m切りとした。

ホンイツに行くのが定跡だが、カン6mが重く染めだとアガれない気がした。

逆にピンズは場況がよく、36pの受けは鉄板だ。


65840.jpg

狙い通りピンズが先に埋まり、さらにこのツモ。

東重なりを保留する愚形外しが上手くいった格好だ。


65841.jpg

終盤にようやくテンパイを入れることができた。

東は2枚切れだが、ツモがあればチャンスはあるでよ?


65842.jpg

が、ダメ。二人テンパイで流局となった。

かなり特殊な手順だったが、場況を的確に読んだことで最高の最終形に辿りつくことができた。



case5
63513.jpg

南2局2本場、8900点持ちラス目の西家。

3着目の対面とは15400点差とそこそこ差がついている。

配牌はなかなかに狙えそうな感じだが、1巡目にして南が2枚切られてしまった。

テンションの下がる展開だが、ソーズのホンイツを主眼に満貫を狙いたい。


63515.jpg

47sが後々急所になりそうなので、先に仕掛けた。

周りの仕掛けに速度を合わせるという意味合いもある。


63516.jpg

煮詰まってきたところで、待望の南を引き込む。

あとは西の出るタイミングにすべてがかかっている。


63517.jpg

やや時間がかかったが、待望のテンパイにこぎつける。

東と北が暗刻につき、地獄の南はあっさり出ても不思議はない。

胸のトキメキがとまらねぇ〜。


63518.jpg

が、ダメ。

親にツモられ、1000オールで決着。


63519.jpg

南は目と鼻の先にいた。

仮に対面が南を掴んでも、止まらなかったのではなかろうか?

わざわざ地獄待ちにする合理性がないもんな。

ともかく、場に2枚切れでもあきらめずに打てばこういうこともあるということ。



case6
71512.jpg

南2局、27100点持ち2着目の親番。

種が揃った好配牌をいただく。


71515.jpg

風牌は序盤に立て続けに出やすいため、こういう展開になれば圧倒的優位に立てる。

他家はノーテンを疑いながらも強くは押し返せないからだ。

この猶予を使って、いち早くテンパイまで持ち込みたい。

さて、何を切る?





71516.jpg

ここは大局観が問われるところで、7p切りとした。

ピン染め模様かつ、5p先切りの69pは出が期待できない。

場況的にもピンズの上は高い。

赤ターツを外してしまうと与えてしまう情報が多すぎて、待ちが一点級で読まれてしまうことも懸念事項だ。

役満をアガるためには、このターツ選択を絶対に間違えてはならない。

勝負所のターツ選択は、言ってみればDead or Aliveであり、間違えると奈落への入り口が待っている。


71518.jpg

ラス目の5mポンによって、垂涎の西が流れてきた。

神妙な面持ちでファイナルジャッジ(最後の審判)を待つ。


71519.jpg

時は来た。


71520.jpg

神は36sを選んだ私を選んだ!WIN!WIN!WIN!(錯乱)


71521.jpg

69pはツモ筋にはいなかった。

紙一重だったが、天鳳初の小四喜をアガることができた。



case real
real.36.jpg

トンキー先生の小四喜。

赤から仕掛けて裸単騎って、欲望の権化やん。。。

俺もう帰る…



ラベル:手役 役満
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 手役の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: