2021年09月26日

天鳳における連風牌の雀頭は何符?

今回は連風牌(ダブ東・ダブ南)の雀頭について。

連風牌の雀頭は一昔前は4符というのが当たり前だったが、現在では2符というのが一般的になっている。


符計算の煩雑さを避けるためというのが理由だと思われるが、みなさんはどう思われるだろうか?

私は天鳳で打つことが多いため4符計算に慣れてはいるが、リアルで打つ際は2符計算を当たり前のものとしてやっている。


連風牌は自風と場風が重なった特別な風であり、その重みをトイツにも適用して符を2倍にするというのは極めて自然であって、大三元と四槓子の価値が同じといったおかしなルールバランスが多い中、至極真っ当で納得のいくルールではないかと個人的には思う。

ポンすれば2ハンと絶大な威力を発揮するのにトイツのままだと何も恩恵がないというのは少し寂しい気もする。

たった2符の差なのでたいした恩恵がないようにも思われるが、4符というとヤオチュー牌のポンと同じ符であり、他に役牌のポンが絡むと愚形ツモでテンパネとなり案外活躍する場面は多い。

まあルールがすっきりしている方が初心者もとっつきやすいし、それはそれでいいのかなとも思う。


ちなみに、プロのリーグ戦においてもこの扱いは若干違う。

私はプロの筆記試験の過去問を解いたことがあるのだが、その点数計算の際に間違えてこれに気づいた。

私ぐらいの歴になると麻雀についての問題で間違うことは少ないが、最近は協会などで一般教養等麻雀に関係のない問題があって驚いた記憶がある。

★連風牌の雀頭の符

4符:連盟Aルール

2符:Mリーグ、最高位戦、協会、その他もろもろ


連盟Aルール以外はほぼ2符扱いと考えて間違いないようだ。

それでは、天鳳においてはこの扱いはどうなっているのだろうか?

実戦例から見ていきたいと思う。



case1
68680.jpg

ラス目の対面が、親番でリーチツモ。

ドラはないが、これは何点オールだろうか?





68681.jpg

符ハネの1300オール。見た目より高い。

副底20符+4pの暗刻が4符+単騎待ちが2符+ツモ符2符+連風牌の雀頭4符=32符は繰り上げて40符。

つまり天鳳では連風牌の雀頭は4符となっている。



case2
70805.jpg

オーラス、9500点持ちラス目の南家。

3着目の下家とは3100点差と僅差となっている。

ホンイツのチャンス手をもらって、1枚目の北が出たところだが、さてこれを鳴く?





70806.jpg

ポンした。

これを鳴いてしまうと現状直撃条件となってしまうが、プレッシャーをかける意味で仕掛けた。

親が絶対にオリない2着目につき、リーチ棒などのチャンスもある。


70807.jpg

早い段階でテンパイを入れる。

が、現状直撃か赤5pのみの逆転条件。

唯一自力の赤5pツモに最終形を合わせ、あとは神頼みだ。


70808.jpg

南を持ってきたが、さてどうしよう?





70809.jpg

南単騎に替えた。

連風の南は4符なので、これをツモればぴったりテンパネ。

500・1000なら捲れない点差でも、700・1300ならギリギリ捲れる。

連風牌雀頭が2符か4符かはこういう場面で差がついてくる。


70810.jpg

7pをツモってきたが、さてどうしよう?





70811.jpg

南単騎は当然として、この7pはツモ切る。

上家から赤5pが出た際に食い替えができるように備えておくためだ。

4pとスライドしてしまうと、赤5pチーから南単騎のままにすることができず、58pのフリテンになってしまう。


70812.jpg

結局、下家以外の3人テンパイで流局となった。

南は親に暗刻でアガリ目はなかったが、下家がオリに回ったため、この局でひとまず3着捲りに成功した

積極策が奏功し、幸運にも3着で終えることができた。

僅差の際に割と使えるテンパネ狙いではないだろうか。



case3
75972.jpg

東3局、33000点持ちトップ目の親番。

連風牌の東がドラのチャンス手となっている。

対面の3mに長めのラグが入る。


75973.jpg

再度ターツ選択になったが、さてどうしよう?





75974.jpg

ここでカン3mを嫌った。

長ラグにはポンラグの可能性があるため、ターツ選択の根拠にはなる。

巡目的には危険度を考える必要があるため、4mから切る手はある。

が、5m引きがあるのと、36mを切りやすくさせないためにも、基本は2mから切る。


75975.jpg

ラス目の下家からリーチが入って、こちらにもテンパイが入る。

6pのポン材が安牌につき、ここはカンチャンでチーして6p切りとした。


75976.jpg

首尾よくツモることができた。

件の下家は3mがトイツの上、なぜか待ちがフリテンの36p。

おそらくコーツ系の構えからテンコシャンコしてこの最終形になったのではなかろうか。

それでは、これは何点オール?


75977.jpg

雀頭が4符で2600オール。

通常より1800点増しは随分とお得感がある。

ファン牌ポンから愚形ツモのこのパターンは、実戦でも良くみられるため恩恵に与れるケースは少なくない。


時代の遺産となりつつある連風牌雀頭の4符だが、微差が重要な天鳳ではこのように使える場面があるため、覚えておいて損はないだろう



ラベル:天鳳 符跳
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: