2018年08月19日

八段昇段 不調の跳ねっ返り

66332.png

八段昇段した。


不調の度合いが強かったからかその跳ねっ返りも強く、スピード復帰となった。

七段降段した瞬間から、風向きが変わり、4連勝。

その後もそれほど苦労することなく昇段まで辿り着いた。


元十段などの強者が七段に落ちているのを時折見るが、
彼らの八段復帰はわりと早いというイメージを持っている。

段位ごとのラスのペナルティポイントは15ポイントずつだが、
たった15ポイントの差によって難易度が見た目以上に違う印象がある。


不調の絶頂期に降段点ということになれば、
実質わざ降段にも似た恩恵を得られることになり

八段最下層で踏ん張っているよりも原点まで返り咲く距離は短い。

私が降段した際に前も感じたことだが、
わざ降段の恩恵というのは天鳳の段位制ポイントにおいて、
見た目以上に大きいのではないかということだ。



私はわざ降段はしないが、
天鳳のポイントシステムの欠陥を突いた方法として、
わざ後段というのはする価値があるし、
好不調の波と絡めてさらに有効利用できないか議論の余地がある。

天鳳位になれる人、なれない人の差の中には、
こうした降段・昇段のタイミングが絡んでいる可能性がある。


さて、今回は復帰に際し、
降段した際と何が違ったのか、具体的に見ていきたいと思う。



case1
66201.jpg

七段降段初戦。

このまずまずの配牌から…


66202.jpg

あっさり大三元に。32000で飛ばして終了。

欲張ってホンイツにしたのも正解に働いた。

降段戦のMAX不運から突如ここまで変わるものかと正直驚いた。

牌は無作為に積まれているだけで、印象という名の評価を単に私が与えているだけにすぎないのだが。



case2
66260.jpg

トップ目の親番でこの配牌。


66261.jpg

あっさり11600のアガリ。

これ、カン6mダマから7m引いてピンフ変化につき、分岐点は一応あった。

人によってはソーズを伸ばしてテンパイ取らずとする人もいるはず。

にしても、この配牌をもらったら大体勝ちだ。

下家の手にしても、通常ならしめしめと思える手のはず。



case3
66262.jpg

9p切ってカン2sの仮テン。

2sは3枚切れにつき、流局までいかにテンパイ維持するかの勝負となっている。


66263.jpg

ここで1s切ってシャンポンに。

親がソーズ待ち!という河につき456sを持ってきたらオリざるをえない。


66264.jpg

好調時はこれをツモるんだな。

仮テンをツモって相手のチャンスを潰すというのは見た目以上に大きいと私は思っている。

ソーズが1個ずれれば、ノーテン流局が濃厚なだけに、こういうのをアガれるのは嬉しい。



case4
66265.jpg

オーラス2着目、アガリトップの親番。

中をポンしてアガリに向かう。


66266.jpg

チーテンに取って47p待ち。

通常はここからが長い。

周りが絞らないオーラスとはいえ、こういうのアガれた試しがない。


66267.jpg

あっさり出てラスト。好調時は違う。

対面は258p待ちでテンパイだった。


66268.jpg

ほんのわずかの差で47pが先にいたにすぎない。

不調時でさんざんやってきた巡り合わせの逆がここにあった。



case5
66269.jpg

最終盤。7sが出たがチーテンに取るか?





66270.jpg

スルーした。

2pが切りづらいだけに、これはチーして9p切る人が多いのではないだろうか。

チーしたところでアガリは見込めず、上家のアガリや親のテンパイを誘発するかもしれないと感じた。

次の47sは仕掛けるつもり。も、この7sにラグがかかる。(同時ラグは先に解除すればポンラグの方が残っているのでわかる)


66271.jpg

テンパイが入ったがどうするか?





66272.jpg

スルーして入ったメンゼンテンパイ、ここは当然の勝負だ。

親に対してケアしたい25pだったが、ポンラグの7sを切り出しているので、今なら切りやすい。

かつ…


66273.jpg

7sのトイツ落としなら拾える可能性も十分。2000+αで4600点の収入。

実際は暗刻で持たれていた7sだった。

好調時は落ち着いてこのようなスルーができる、これは私の本来の打ち筋だ。

期待値としてはチーテンが優っている可能性すらあるし、
私も打っている精神状況によってはチーテンに取ることもあるだろう。

しかし、好調時は選択がハマる。自分の打ち筋を貫いたゆえの好結果につき気分も乗っていく。



case6
66283.jpg

オーラス、下家と7800点差。

ここから何を切るか?





66284.jpg

4m切って純チャンに決め打った。

ラスにはなりにくい点差とはいえ、これが緩手になって親の連荘を許すということも往々にしてある。


66285.jpg

ツモが噛み合い、純チャンドラ1のテンパイ。

逆転条件を満たすが、下家の7pが間に合っている。


66286.jpg

好調時はこれがアガれる。

逆転の手作りもさることながら、フィニッシュまで決められるというのが好調時の牌運だ。

メンタルがやられている時は、ドラ1ペン7pの役なしになってしまうことも多そう。



case7
66320.jpg

開局。

テンパイだが、どうするか?





66321.jpg

9mツモの三色もあるが、ドラ6pツモのタンヤオ変化を見て9s切りとした。

こちらの方が4sツモの変化も見て柔軟なダマ。

ドラ1あるならカン8sの即リーチも考えるところ。


66322.jpg

あっさりツモって300・500。

実はラストの6sだったが、好調時はこういう選択を間違えない。

不調時はどこかで選択をミスって必ずアガリを逃したりしているものだ。



case8
66332.jpg

オーラス32100点持ちトップ目の北家。

下家の親が29600点、そして24500点持ちの3着目からリーチが入ったところ。

一発目だが、宣言牌またぎの47sが浮いている。

さて、何を切る?





66333.jpg

7sぶったぎって勝負とした。

3着目に打つと3着落ちだが、ラスまではないし、オリ切るにも安全牌が足りない。

この受け入れなら勝負になると思い、押した。


66334.jpg

絶好の3sくっつきで役ありテンパイ。

これで全ツ確定。


66335.jpg

見事にツモりあげて1300・2600でラスト。

一歩間違えれば放銃に回っていてもおかしくなかった。

がんばったけどダメだった、は不調時。

ここまで押し切った過程が生きるのが好調時。



case9
66347.jpg

なんとこれ、配牌だ。

3mカンすると、ダブリーがなくなるが、さてどうしよう?





66348.jpg

ダブリーの1ハンはなくなるが、カンしてリーチとした。

好形の場合はこれで良さそう。

カン絡みのダブリーは特上時代も1回のみで、これが2回目。かなりのレアケースだ。


66350.jpg

サクっとツモりあげる。


66351.jpg

裏が4つでハネ満。

3m切ってダブリーでも7本折れてのハネ満でまったく一緒だった。

この配牌をもらってアガるなという方が無理がある。



case10
66352.jpg

60000点オーバーのトップ目が王様リーチ。

ひいい、勘弁してくれ。


66353.jpg

回っているうちにこちらもテンパイ。

さて、どうしよう?





66354.jpg

追っかけリーチとした。

逆に言えば大トップ目から直撃を取れるチャンスでもある。

親満1回打ってもまだラスまでは余裕がある。


66355.jpg

何と一発で出て、裏は乗らずもハネ満の直撃に成功。

5pはラス牌だったが、好調時はこの巡り合わせがある。


66356.jpg

好調時は過程が結果に結びつく。

あれを直撃してやっぱり2着でした、ではあまり意味がない。

というわけで、最終的にはトップを捲り切った。



case11
66371.jpg

上家と1800点差、ラス目で迎えたオーラス。

チートイツのイーシャンテンでもあるが、ここから何を切る?





66372.jpg

受けの広い選択ということで、6m切りとした。

2mは2枚切れで1mはフリテン。

かなり難しい選択だったが、ここでチートイツに固執するのだけは損だ。


66373.jpg

先に4mを引ければ、大成功。

一気に見違えるイーシャンテンに。

例えば、先に58mをたくさん引いてきたり上家に切られたりするとアウトだ。


66374.jpg

4pポンテンから、無事にツモってラス回避に成功。

選択が見事にハマる、善悪は別として、指運みたいなのが上手くいくのが好調時だ。

上家まだテンパってないし!



case12
66388.jpg

南3局、対面と9400点差のラス目南家。

テンパイしたが、どうするか?





66389.jpg

ダマテンにした。

脇から5200を出アガってラス目のままオーラスを迎えることが得策かどうか。

余裕がないと慌ててリーチといってしまいたくなるところ。


66390.jpg

3mをツモって、どうするか?





66391.jpg

7m切りダマ続行とした。

対面の7mにラグがあり、親が6m持ってそうだったので、4m待ちとした。

このへんでリーチを敢行して脇を降ろすという手もあるが、対面からの直撃は魅力的だ。


66392.jpg

これをツモって2000・3900。

これによって3着浮上でオーラスを迎え、そのまま3着終了だった。

対面258p待ち、下家47p待ちで、他家のアガリ目も十分にあった。

針の穴を通すような選択の成功は、好調時だからこその成立といっていい。

その基盤となっているのは、慌てずに余裕を持って打てているメンタルの充実にあると言ってもいいだろう。


ある程度好調だからこそ、メンタルにも余裕ができる、この好循環が好調時のサイクルなのである。



ラベル:天鳳 昇段 好調
posted by はぐりん@ at 23:55 | Comment(6) | 昇段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

十段始めました

52308.jpg

十段に昇段した。


鳳凰卓では初の十段、
特上卓で2014年に2回目の十段を達成して以来、実に3年ぶりの十段昇段ということになる。


これにて私は、特上のみで十段を達成し、鳳凰のみでも十段を達成した類稀なプレーヤーとなった。



52309.png

まさに確変という言葉がふさわしい、どこを取ってもいい数値が並んでいる。

特筆すべきは連対率で、671。

3着が多いわけではないので、ラス回避を上手にしての3着みたいなのが少なく、
真に好調であったことを裏付ける数値となっている。



52310.jpg

鳳南総合ランキング第1位!



52311.jpg

鳳凰卓Rateランキングぶっちぎりの第1位!

まるで通販の宣伝のようだ。



52315.jpg

現在、天鳳における4人打ちの十段はたったの21人。

私もその中の一人として加わることとなる。



52314.jpg

少し前までは8を割っていた安定段位もようやく8を超えてきた。

それに伴い、平均順位もある程度満足のいく数値に収まってきた。

天鳳に特化した打ち方をしているわけではないので、
順位分布に歪なところがない。

ラス回避にこだわり過ぎない、これが私の鳳凰卓での主張だ。



52312.jpg

Rateの推移。

初期は苦悩の痕跡も見られるが、全体としてはきれいな右肩上がり。

鳳凰卓に徐々に適応していった様子がこのグラフからも見受けられる。



52319.jpg


私と言えばこれ、副露率19.40%(鳳南1566試合対象)。

九段昇段時よりさらに低くなっている。

形テンを取らなくても十段になれるよ、という証明ではないだろうか。


特筆すべきは副露収支の+795.27点であり、この数値を比較していただきたい。
おそらく鳳凰卓でも屈指の高さとなっているだろう。

これはどういうことかというと、
とにかく無駄な仕掛けが少ない、ということである。

贅肉を排除した筋肉のみの仕掛け、といえばわかりやすいだろう。
私の身体とは真逆なのは置いといて…



52317.jpg

副露関連の残りの数値を載せる。

必然的に副露時和了率も高い数値となっているはずだ。



52318.jpg

注目の流局テンパイ率は、41.20%。

どちらかというと低い値ではないだろうか。

無理に形式テンパイを取りにいくことで、自分の損失が大きくなると思う時は動かない。

これは感覚的領域で、試行錯誤を経てある程度自分の中で固まった打ち筋であり、
目先の利益に捉われるデジタルな打ち方とは相反する部分だ。



鳳凰卓参戦直後はこの形式テンパイを取りに行くかどうかについて、
自分の中で何が正しいかの結論を出すことにかなり苦労した。

しかし、試行錯誤を重ねることにより、鳳凰卓でも無理に形式テンパイを取る必要はない、という結論に自分の中で至った。


この打ち方でもそれなりの結果が出るということは、
ネット麻雀において優位となるはずの鳴きの有効性を見直すことが可能である、ということではないだろうか。



さて、十段昇段にあたって私の所感を述べたい。

正直、昇段に一番戸惑っているのは私自身だ。


八段→九段になるのに1441試合かかった(降段含む)のに対し、
九段→十段はたったの141試合であり、
その内訳は、48−44−22−27、平均順位2.199、安定段位13.556となっている。

客観的に見てもこれは短期確変であると言わざるをえない。


私としては、もう少し九段での紆余曲折を経て十段昇段を果たしたかったのだが、
こればっかりはコントロールできるものでもない。


このまますんなり天鳳位になれるなどとは私は一切思っていない。

過去に十段達成して無念の降段をしていった猛者たち、
そして自身の経験からも決して甘くないことはわかっている。

そもそもこの好調時にすらつまらないミスを度々犯してしまう自分が腹立たしい。

対戦相手に臆することはなくなったが、この先は言い様のないプレッシャーとの闘いが襲ってくるだろう。

負けて苦しい、勝っても苦しい、それが天鳳だ。


天鳳位になるということはひとまず考えずに、
自身の麻雀としっかり向き合い、十段坂の厳しさを噛みしめたいと思う。
降段も辞さず、ラスも恐れずの精神で、ただ自分の麻雀が打てればいいと思っている。



私が鳳凰卓参戦直後に苦戦している際、あなたはこう思ったのではないだろうか。

「やっぱりな」、と。


特上勝ち組は鳳凰卓では通用しない。その結果は当然だ、と。

私はこの幻聴にずっとさいなまれてきた。



そして今、私が鳳凰卓で十段昇段を果たした。あなたはこう思っただろう。

「やっぱりな」、と。


特上十段ならば鳳凰卓でも結果を出しておかしくない、と。


人は結果に口実を与えたがるものだ。

それが例え多少意外なものであっても、すぐに評価は結果に寄り添うものに自然とすり替わる。


あなたはどちらの「やっぱりな」、と言われたいだろうか?

どうせなら良い方の「やっぱりな」、と言われた方がいいに決まっている。

だからこそ、努力を惜しんではいけないのだ。


これを見てくれているあなたが私の後に続くことを心より願っている。



ラベル:天鳳 好調 昇段 記録
posted by はぐりん@ at 07:38 | Comment(14) | 昇段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

九段始めました

50282.jpg

九段に昇段した。

特上時代を合わせてもいつ以来の九段だろうか。
実に何年かぶりであることは間違いない。

鳳凰卓では初の九段ということで感慨もひとしお。
九段の敷居の高さをあらためて実感するに至った。


九段昇段戦は3戦3ラスという無類の弱さを見せ、一度は叩き落されたものの、
2着条件の4戦目にしてトップ。九段昇段を果たした。



50283.png

月間の順位分布はきれいな階段状になっている。

平均順位も2.4を切っているので個人的には文句なしだが、
これでも安定段位的には9をわずかに超える程度であり、
このラス率ではさらなる高みを目指すには厳しいことがわかる。




50288.jpg


これを見るとわかる通り、7月ぐらいから安定した順位分布となっており、
直近600戦にわたり、常に八段原点以上をキープ、Rはほぼ2200以上と、
メンタル的にもかなり安定した状態で打てていた。


以前の記事でも書いたように、降段の危機に瀕しているなどptが十分でない場合は、
メンタルが不安定になり自分の実力が発揮しにくい傾向にあるため、
少々の不調を引いても原点以上のptがあるというのは心強かった。



ちなみに、私の直近1000戦の鳳南安定段位は、8.857である。
最初の300戦の成績がいかに私の安定段位の足を引っ張っているか、
もちろん土俵に慣れずにミスもそこそこあったが、
それなりの不調を引いたということは今だからこそ言えるだろう。
なぜなら打ち筋というのはそれほど劇的には変化しないものだからである。



ここまでの軌跡の中で6連ラスが1回、4連ラスが2回と通常ありえないようなラスの引き方に戸惑いもしたが、
鳳凰卓での経験を積み、格がついてくると不思議なもので連ラスもぱったりやんだ

それはあたかも鳳凰卓の女神さまがひよっこに洗礼を浴びせるかのごとくであり、
誰しもが避けては通れない道なのだろう。

その壁を乗り越えた先にようやく鳳凰勝ち組のルートがあり、
軌道に乗って何かしらの格がついてしまえば、あとは相手が勝手にこけてくれる
天鳳とはそういうゲームなのだろう。



九段昇段にあたり、具体的な数値をさらっと検証してみたい。
(鳳南1425試合対象)

50283.jpg

和了率20.24%。
屈指の低さではないだろうか。

私は和了についてはまったく執着していない。
これは少し観戦したことのある方ならわかるだろう。

和了というのは自分の力だけで得られるものではないので、
あがれないと思ったら無理はしない。
和了を見る以上に考えるべきことは、こと天鳳においてはたくさんある。


この和了率の低さは副露率の低さと直結していることは間違いない。
この程度の和了率でも十分に結果は出るということである。


50284.jpg

放銃率11.43%。
わりと高目。

私にしては少々高いのは、鳳凰卓では押しの要素を若干強めにしているからだ。

天鳳というより麻雀の形を追究する目的で、
鳳凰卓開始直後から実験的に押し気味に打っていた。

鳳凰卓でも確実に正しい放銃というのは存在する。

サシコミなどはあまりしないので、その分低くなっているかも。


50285.jpg

リーチ率17.91%。
これはよくわからない。

無理なリーチはしないタイプだが、
副露率が低いメンゼンタイプだけに若干高めの数値かもしれない。

リーチ時放銃率が15%弱もあるのは、さすがにレベルの高い鳳凰卓といった感じ。


50287.jpg

副露率19.72%。
なんと20%を切っている。

私より副露率の低い鳳凰民が果たしているのだろうか?

この副露率が私の雀風の最たる特徴と言えそうだが、
この副露率でも鳳凰勝ち組になれるということである。

私はぶっちゃけ麻雀は一切鳴かなくても負けないゲームとすら思っているが、
副露率が最も打ち筋を調整できる点でもあるので、
平均順位や安定段位との兼ね合いで、より効果的な副露について模索していきたい。



50286.jpg

役統計。

私の特徴として、チートイツがかなり多いことが挙げられるだろう。

七対子と混一色の出現頻度が全くの同一。たいていの人は混一色の方が多少なりとも上回っているはずだ。

副露率が低い分、必然的に染めも少なくなるし、そもそも私はホンイツがそれほど好きではないのかもしれない。



さて、九段になったにあたって所感を述べたい。

私がひとえに嬉しいのは、鳳凰卓である程度の結果を出せたことで、
このブログで戦術を自由に披露することができることだ。

私が鳳凰で苦戦していた時のコメント欄は若干荒れ気味で、
このブログの信頼度も低下しているような向きがあった。

それは当然のことではあるが、
私自身歯がゆく悔しい思いでいた。

それは結果を出すことでしか晴らすことのできない性質であるがゆえに、
九段到達を素直に嬉しく思うのだ。


とはいえ、総合的には炎上もなく揶揄もそれほどなかったかなあと思えるのも事実。

皆様には温かく見守っていただきありがとうございました。




結局のところ、八段原点弱から鳳凰卓をスタートして、
九段になるのに1441試合かかった、ただそれだけにすぎない。

私にしては随分と遠回りしてしまったが、重要なのはここからだ。
さらなる高みを目指すためにいったい何をすればいいのか。

ここはゴールではなくて単なる通過点に過ぎない。
はぐりんの道程まだ道半ば、である。


次回は九段昇段記念、
特上卓と鳳凰卓の最適戦術の違いについて、書きたいと思う。



ラベル:天鳳 昇段 好調
posted by はぐりん@ at 23:06 | Comment(10) | 昇段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

とりあえず昇段

39643.png

八段に昇段した。


元々の鳳凰卓入りが八段だったため、単に復帰したにすぎない。

そうは言っても、鳳凰での初昇段の味はまた格別で、
とりあえず面目が保ててホッと一安心といったところだ。


39820.jpg

5月に入ってから、強烈な昇運を引き当て、
特上でも記憶にない7連勝を達成した。

確変と言えば確変だが、
不調が実力なら確変も実力なのである。


39642.jpg

私が鳳凰卓で降段を経験し、苦戦にあえいでいた頃、
こんなコメントを頂戴した。


>>何度か観戦してましたが、鳳凰が別ゲーというより
失礼ですが単にはぐりんさんが周りより劣ってるだけじゃないかと。
不調というのもあるのかもしれませんが、正直打牌選択で自分から見て悪手がちらほらある印象です


人は結果でしか判断しない。

これはどこの世界でも同じだ。

私が求心力を取り戻すためにはノイズに惑わされずに結果を出すしかない、私はそう思った。


鳳凰卓参戦直後も、私の麻雀が他より劣っているとは思わなかった。
ただ、内容は良いが結果はラスという半荘も多く、
それが私のメンタルを摩耗させていった


内容はどうあれ、結果が伴わないと自分の打牌に自信がなくなる。
徐々に私の視野は狭くなり、それがミスを誘発することにもつながっていった。

いわゆる負のスパイラルに陥っていた。


こういう状況で打ち続けるのは正直しんどかった。

さらに、ともすると特上落ちまであるのではないかという不安に駆られた。

鳳凰でボコボコにされて一旦特上に落とされてから鳳凰に復帰して勝てる気がするだろうか?

まったくしない。


私は生まれて初めて麻雀を打つ恐怖と対峙していた。
(特上鳳凰ループ組は常にこの恐怖と戦っていることだろう)

ストレスから私の体重は減った(と思う。今はもう戻った)

ただ、私はここで絶対に打つのを辞めてはいけないと思った。
恐怖から逃げるだけではそこに進歩はない。

私は私自身の麻雀を信じ、ひたすら打ち続けた。

1試合1試合牌山をめくっては丁寧に回顧した。


それがようやくここにきて、結実した。


39821.jpg

ほぼ500試合の節目。
ギリギリ勝ち組だが、まるで安定感がない。

ぶっちゃけ満足できる結果ではない。


1月2月のラスの多さは鳳凰卓の土俵に戸惑ってのものである程度減らせるものだった。
ただ、3月のラスの多さは私の打ち筋に原因があるものではなかった。

この打ち方でなぜこんなにラスが多いのだろう?と思っていたのだが、
4月になって徐々にラスが減り始めたので一定の感触を掴んでいた。

5月になり溜まっていた運が一気にスパークした。

鳳凰卓の女神さまに「あなたには格が足りないわ」と言われていたが、
「そろそろ勝ってもいいわよ」とお墨付きを頂いた気分だ。


成績向上の一つの要因として、
チーテンポンテンに取る巡目を若干早めにしたことと、
仕掛けでかわしに行く頻度を若干多めにしたことが挙げられるだろう。

ただしフーロ率自体は上昇していない。
おそらくフーロ時の和了率の高さが私の雀風として特徴的だと思う。


それから、好調時はとにかくオリに回る頻度が少ない。
麻雀は突き詰めればオリが必要のないゲームなのではないかとさえ今は思う。


39822.jpg

こういうメンツに囲まれた時、あなたはどう思うだろうか?



3ヶ月前の私は、相手がに見えていた。

麻雀はメンタルなゲーム、相手が自分より強い存在に見えていては決して良いパフォーマンスは発揮できない


今の私は、相手がジャガイモに見える。

天鳳位だろうが十段だろうが、ジャガイモをどうやってボコボコにするかしか考えていない。
(もちろん、舐めた打ち方をするということではない)


相手が強いという必要以上の幻影は、
メンタルに相手との差を生むという意味で、自分にとって不利な影響を招きやすい。


究極的には麻雀は自分との闘いであり、
相手をどうイメージするかの自己暗示は重要だと思っている


そして、それが自然に行えるためには、
好調の波に乗るなど、手段はどうあれ一つの結果を出すことが契機となりやすいはずだ。



ラベル:天鳳 昇段 好調
posted by はぐりん@ at 16:53 | Comment(6) | 昇段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする