2021年10月10日

赤に釣られた鳴きは上手くいかない

今回は赤の仕掛けについて。


天鳳創生期、何でも鳴いていくスタイルが流行っていた頃、天鳳では「赤が出たらとりあえず鳴く」という風潮があった

食い替えは当たり前、ツモを放棄しても1ハンを高くすることが至上とされていた。

そもそもネット麻雀にはご祝儀というものがないため、鳴きにより赤の恩恵が目減りしずらいというのはある。

さらに仕掛けの技術がピックアップされていた時代につき、赤鳴きムーブは最高潮に達していった。


メンゼン派の私はそれをどちらかというと白い目で見ていた。

当時の私は今よりもフーロ率は高かったが、麻雀において目先の利益に捉われることの危うさを何となく感じていたからだ。

鳴くべきでない手を鳴くことは、自分にとってマイナスであり、その分ミスをしていない他家が有利になるはずだ、と。

ナイフみたいに尖っていた私は「鳴きのデメリットとスルーの極意」という記事で鳴き麻雀への疑問を呈したものだった。


「自分が鳴くとなぜか悪いことが起こる」とは今Mリーグで超メンゼン派として活躍している黒沢プロの言だ。

多かれ少なかれ、安易な仕掛けが結果に悪影響を及ばしやすいという印象を持っている人は少なくないのではないだろうか?

しかし、仕掛け全盛の当時はとにかく皆がピーチクパーチク鳴くもんだから、どの仕掛けがどう影響を与えたかが非常にわかり辛く、仕掛けの±が非常に判定しづらかった。

その中にあって鳳凰卓の精鋭たちは手牌が短いにも関わらず当たり牌を使い切ってテンパイに持ち込むというウルトラCをやってのけた。

このへんを見るに、私が考えているよりも正確な仕掛けが天鳳という土壌にマッチしやすい、ということも徐々に理解できたことだった。


さて、話を戻して赤5の鳴きについて。

リアルでは鳴き祝儀があるかどうかで大きく変わってくるため、ルールによって最適戦略は変わってくる。

私が昔通っていた「さかえ」というフリー雀荘チェーン店では、赤5pが祝儀のみならず1ハンの手役(!)として採用されている

他とは一線を画していて、赤というジョーカーを持っている人が仕掛けてアガるゲームとなる。

ピンズだけ重要度が高すぎだろ!とか突っ込みどころは多いが、勝ち方を研究してみるのも面白いかもしれない。



さて、赤に釣られた鳴きにはどういう結末が待っているのだろうか。

実戦例から見ていきたいと思う。



case1
tenhou.23296.jpg

東4局、21500点持ちラス目の西家。

ドラドラのチャンス手が入っているところ、上家から赤5pが出た。

さて、これを鳴く?





tenhou.23297.jpg

チーした。

赤に釣られて鳴いたが、マンズの形が苦しい。


tenhou.23298.jpg

このチーにより下家に4mが流れた。


tenhou.23299.jpg

さらに6mを流したばかりか、下家にトイトイのテンパイを入れてしまう。


tenhou.23300.jpg

鳴いていなければ対面がツモっていた2pを捕らえることができたはず。

タンピン赤ドラドラの8000。

仕掛けにより対面の親リーチも誘発してしまった。


tenhou.23302.jpg

結局、私の一人ノーテンで流局となった。

アガリを逃したばかりか、他家の後押しをしている。

ドラに溺れて、急所ではない25pから仕掛けたところに本局の綻びがあった

赤5pを鳴こうが鳴くまいが、仕掛けて打点は変わらないことを考えれば、これは赤に鳴かされた鳴きであったことがわかるだろう



case2
43373.jpg

東3局4本場、16900点持ちラス目の北家。

発をスルーして、現在イーシャンテンとなっている。

上家から唐突に赤5mが放たれた。さてこれを鳴く?





43374.jpg

ポンした。

さて、何を切る?





43375.jpg

4mを切ってバックのテンパイに取った。

ん?赤を鳴いたとしてもせいぜい2600でかなりアガりづらい。

アガるだけなら1枚目の発を鳴いた方が良かったはず。

どうせ鳴くんなら打点効率的にトイトイに向かうのもありだったのでは?


43376.jpg

対面のリーチを誘発してしまう。

この待ちでは戦えない。


43377.jpg

対面から4mが出る。

せめてトイトイに受けてゼンツならリスクに見合うリターンがあった。


43378.jpg

結果、トップ目と私以外の二人テンパイで流局となった。

3着目が遠くなり、展開としては最悪。。。


43379.jpg

鳴いていなければ、自力で5mを引き込み、ツモり三暗刻のリーチが打てていた。

上下の動向により流動的だが、最終盤に眠っている発を捕らえられる可能性は十分にあった。

少なくとも、一人ノーテンより悪い結果にはならないはず。

この半荘は本局の結果が響き、ラスで終わった。



case3
53025.jpg

東4局4本場、8700点持ちラス目の南家。

親がダントツで他が熾烈なラス争い。

親が7sポンして赤5m切り、さてこれを鳴く?





53026.jpg

チーテンに取った。

親はターツ落としにつき狙いは不明だが、打点がついていることだけは間違いない。

ここでの1000点加点は大きいと考え、仕掛けた。


53027.jpg

親はこの時点でノーテン。

ホンイツなら3s切りが謎だが、7山の47pが負けるということがあるのだろうか?


53028.jpg

あるんです。

フィニッシュの赤まで流し、8000オールを仕上げさせてしまった。

好調者の無理鳴きに不調者が呼応して、仕上がってしまうやつ。

結果論と言ってしまえばそれまでだが…


53029.jpg

不思議なことに仕掛けた後の私のツモと上家のツモに47pは一枚もない。

スルーしていれば4pツモからの即リーチで、なんと親が一発で5mを掴んでいた。

偶然では説明できないぐらい真逆の結果が待っている。

こういうチーが当たり前のチーなのか疑ってみる必要があるということ。

この半荘はラスだったが、これをスルーしていれば当時十段の自分は天鳳位になれていたかもしれない(タラレバ定食)。



case4
74945.jpg

東3局1本場、22300点持ち3着目の西家。

白スルーからカン6mが埋まったところで仕掛け始める。

8sトイツ落としで赤5pとピンズの流動性も見た。


74946.jpg

赤5mが出たが、これを鳴く?





74947.jpg

チーして、3m切りとした。

いわゆる食い替えというやつ。

他家から見れば次に5mが出てくるので一目瞭然だ。


74949.jpg

ドラを恐る恐るツモ切ると、許されず。

3900だが、僅差のラス争いにつき痛い。

普段はやらない落ち着きのない仕掛けで、墓穴を掘った格好だ。


74950.jpg

上家の仕掛けはネックが多く、苦しい形が残っている。

この赤チーにより急所のペンカン3pを流した挙句、ドラをプレゼントしているのだからいかに上家を助けているかがわかる。


74952.jpg

このチーがなければどうなっていただろう?

下家が9sツモでテンパイが入りおそらく赤5p切り即リーチ。

私が赤5pポンしてカン4s待ちという進行になる。

少なくとも、私が放銃する展開にはなりえないということがわかる。

こういったただ打点を上げるための食い替えは紛れの元となり、結果が出にくいという印象を私は持っている。

自身の手が進まないというのもその一因だが、リスクを伴わない鳴きだけにリターンを得ることも難しい、というゼロサムゲームの本質に基づいたものではないかと思う。


赤5を鳴くかどうかの判断基準は、

・黒5であっても鳴きたい手であるなら、赤5は鳴くべき

・赤5により鳴かされる鳴きであるなら、それはスルーすべき

あくまで自然に仕掛けられるか、そういう判断基準に依るべきだと考える。

ちなみに、テンパイから待ちの変わらない赤鳴きは状況によっては可というぐらいだが、ノーテン時よりは遙かにマシだと思う。



case おまけ
53894.jpg

東1局、原点の親番。

絶好の赤引きで当然の即リーチに踏み切る。


53895.jpg

一発目に持ってきた赤5pを下家がカンチャンで仕掛けた。


53896.jpg

さらに、間髪入れずに持ってきた赤5mもチー。

やめて…


53897.jpg

5mが出てきて、食い替えを悟る。


53898.jpg

ちょぉ、ちょぉ、ちょぉの2000・3900で親っ被り。

これは上手く打たれた感がある。


53899.jpg

見て驚くなかれ、下家のチーはなんとここから。

4sも2枚枯れだし、あまりアガる意思を感じないが…


53900.jpg

これがこうなり、


53901.jpg

よくわからんが、こうなった。

仕掛けにより4sも引き込んでおり、これはかなりのミラクルプレーだと言える。


こういうケースもあるのご参考までに。

おそらく、上手くいかないケースの方が多いはずだ。



ラベル:天鳳 赤5 鳴き
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(2) | 鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

ペンチャンでなくカンチャンでチーする形【染め手】

久々に登場の、晒しスキルだ。


今回はカンチャンで鳴くかペンチャンで鳴くかの選択について。

どちらかを選択できるということは、必然的に周辺部分は複合形ということになる。


役が確定しているなら、基本的には内に寄せてペンチャンで捌くのが有効となることが多い。


一筒二筒二筒四筒五筒六筒七筒九索九索西ポン中中中出る三筒

例えば、上記の手牌で上家から3pが出たとする。

この場合は外側をペンチャンでチーして手牌を内に寄せることで将来変化を見込むことができる

ペンチャンは発展性がないため、その部分を晒してしまえばネックが解消されやすくなる。

なので、役が確定しているフーロ手であれば、ペンチャンで晒すのが基本となる


一方、

一筒二筒四筒五筒六筒六筒七筒三索四索四索五索八索八索出る三筒

タンヤオにおいてはカンチャンチーが必須となる。

アガリトップで上記の手牌なら、3pをカンチャンチーすることでぐっとアガリに近づく。

24をチーして1が出てきたらこういう食い延ばしも含めてタンヤオを疑うことができる。

タンヤオは頻出する手役につき、こういったカンチャンチーの類例は実戦でもよく見られる。


また、

五筒六筒六筒七筒八筒八筒九筒一索一索西ポン中中中出る七筒

この形だとどうだろうか?

自身の受けや変化を考えると、68のカンチャンでチーするのがいい。

端の9pが残ってスライドがしやすく、場合によってはシャンポンの変化に取るなど柔軟性がある。

形が決まっているのであれば、横伸び・端寄りにすれば対応が効きやすい。

この形は頻出するので、カンチャンで鳴くべき形として覚えておくといいだろう。


このように、形によってどうすべきかというのは変わってくるわけだが、複合形の宝庫である染め手においてはその選択も悩ましいものが多い。

牌理で見ればペンチャンでチーした方がいいが、19を晒してしまうと手役がバレやすいなどといったジレンマを孕んでいるからだ。

そこで、今回は染め手におけるペンチャンチーとカンチャンチーの選択場面を集めてみた。

みなさんもどうするか考えながらご覧いただきたい。それではどうぞ。



case1
61663.jpg

東3局、原点まま3着目の親番。

8巡目にして手牌がタケ色に染まる。

リーチ!をかけようとしたがボタンが光らなかったのでどうやらテンパイしていないようだ。


61664.jpg

切り出した発をポンされ、上家から出てきたのは3s。

これが急所中の急所であることはなんとなくわかるが…。

さて、どう鳴く?





61665.jpg

カンチャンで晒した。

どっちで鳴くと何が出ていくかを考えると答えが出やすい。

ペンチャンでチーしてしまうと4sが余るが、カンチャンなら1sで済む。

危険度の高い4sを使い切るという観点から、ここではカンチャンチーが正解だとわかる。


61666.jpg

何待ちかわかるだろうか?


258369sの六面張だ。

しかも9sなら一通のおまけつき。

麻雀打ちならば誰もがこの最終形を目指していると言っても過言ではない。

期待で胸が風船のように膨らんだ。


61667.jpg

が、ダメ(;´Д`)

どっち切っても当たりなんて厳しいじゃあーりませんか?の1000点。

この最終形を成就させられないなんて、痛恨の極み!

この場合は、端を見せないことでチンイツがバレにくいこともメリットとなっている。

悔しさをバネにして、この半荘はトップを捲ることに成功した。



case2
61669.jpg

南2局、37300点持ち2着目の南家。

トップ目の上家とは僅差となっている。

ダブ南トイツでホンイツも狙えそうな手牌のところ、上家から急所の3pが出た。

さて、どうしよう?





61670.jpg

カンチャンでチーした。

ペンチャンで鳴いてしまうとせっかくのダブ南が出にくくなってしまうのが一つ。

それから連続形の性能だが、どちらで鳴いてもそれほど差がないようにも見えるが…。


61672.jpg

このツモだ。

端寄りの連続形にしておくことで、この重なりの魅力がある。

ペンチャンで鳴いた場合、最終形は4pと南のシャンポンとなってしまう。

これは明確に差のある最終形ではないだろうか。


61673.jpg

これを捕らえて、2000のデバサイ。

この局をすんなりかわせたばかりかトップ捲りにも成功。

そのままトップで逃げ切った。


61674.jpg

ふと山を見るとあることに気づく。

そう、1pを捕らえていなければ親が2pをツモり逆に1000オールのアガリとなっていた。

これが1巡の恐ろしさというやつである。

親がアガっていたら結果は全く違うものになっていたとしてもおかしくない。

ホンイツの場合は横伸びの牌姿を端に寄せるのも効果的であるということだ。



case3
65973.jpg

南2局、7400点持ちラス目の南家。

親が2フーロしていて、トップ目の対面からリーチが入っている

上家から3sが出て、これを鳴けばテンパイに取れるが…

さて、どう仕掛ける?





65974.jpg

カンチャンでチーした。

もちろん、手牌の伸びを見てペンチャンでチーすべきだというのはわかっている。

24sから5sをツモれば現物の6sで2倍チャンスでもある。

しかし、そこまで匂いのない染めの気配をここで醸してしまってもええんか?

現物の3s、今なら拾うことも可能なのに、変に警戒されたらタマランチ!


65975.jpg

時は来た。

リーチの対面が4枚目の3sを掴み、8000の御用。

対面の待ちは25sにつき、変化が即放銃になる形、つまりごちゃごちゃ考えていたことは無為だった。

とにかくラッキーなアガリで3着浮上に成功したが、この半荘は健闘むなしくラスだった。


65976.jpg

ペン3sでチーした場合、上家から5sチーして食い延ばすこともできる。

親はあまりオリそうもないので、これがまったく期待できないというわけではない。

しかし、ここで注目すべきは下家の手牌だ。

下家は何かで回ることになれば3sは結構な確率で出そうに見えないだろうか?

手牌変化は単なる期待であり遅攻的、ここはサッと拾うことが急務であるから速効性を重視すべき局面に見える

特に鳳凰卓のような変化に敏感な打ち手に対しては余計な警戒心を持たれないようにしたい。

というわけで、この選択で良かったのではないかと思う。


今回紹介したケースでは、ペンチャンで仕掛けることで染め手の気配が漏れるということもそれなりに判断材料になっている

これは特に上級者との対戦において考慮しがちな要素ではあるが、ひとつ間違うと大魚を逃すということにもなりかねない。

私自身も読まれることを嫌ったがためにアガリを逃すということを何度も経験している。

相手の思考は自分ではコントロールできず、自分でコントロールできるのは自分の手牌であるので、特にフラットな局面では手牌をしっかりと伸ばしていくべきだと私は考える。

策士策に溺れる、ということにならないようにそのへんのバランスを上手く取っていくのが重要ではないだろうか。



ラベル:天鳳 鳴き 晒し
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(2) | 鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月14日

晒しスキル ドラがスライドできるように晒す

基本的な内容だが、重要なテーマを含んでいるため、ぜひご覧いただきたい。


フーロ時の晒し方には大抵の場合正解がある。

そして、これらはパターン化できるものであり、体系的に学習できる分野でもある。

相手リーチに対して攻め返すかどうかという問いよりも正解が導きやすい分、結果に与える影響もそれほど大きくはないかもしれない。

しかし、微差を積み重ねることの重要性は研鑽しているみなさんが一番ご存知だろう。


私はこの記事を書いていて何かに似ているな、と思った。

それは「スジのどちらを切るか」という私の過去記事と非常にテーマが似通っていると感じたのだ。

現在の危険度と将来の変化を天秤にかけた選択、しかし結果に劇的な影響を与えるわけではない、という地味さがまさに共通項ではないだろうか。

当時反響はあまりなかったが、誰も触れていないテーマであり、画期的な内容だったのではないかと個人的には思っている。


「スジのどちらを切るか」は、毎週毎週やり続けてみなさんに飽きられた感もあったので(笑)、今回の晒しスキルは小出しにしていこうと思う。

実戦例については玉石混淆だが、今見ても参考になると私自身思うものもまだまだたくさんあるし、みなさんの実力に応じて感じ方は様々だと思うので、自分なりの「気づき」を少しでも得ていただければ、と思っている。


晒し方を決める際に重要となる判断基準は以下の通りだ。

@基本:相手に対する危険牌を晒す

二萬三萬五筒六筒六筒七筒八筒一索一索北ポン中中中ドラ五筒出る七筒

上記の手牌で上家から7pが出た。どう晒すか?



二萬三萬六筒七筒八筒一索一索チー五筒六筒七筒ポン中中中ドラ五筒

両面で晒す。

ドラを晒すことで、次にドラをツモってきた際にスライドができる。

基本的には危険牌を晒すことで、次に持ってきた際のスライドも可能になる。

どうするか迷った際は現状の危険牌を晒しておけば間違いが少ない


A応用:将来のスライドを考慮する

二萬三萬五筒六筒六筒七筒八筒一索一索北ポン中中中ドラ四筒出る七筒

先ほどとはドラが変わっている。上家から7pが出てどう晒すか?



二萬三萬五筒六筒七筒一索一索チー七筒六筒八筒ポン中中中ドラ四筒

カンチャンで晒す。

言うまでもなく、ドラツモでスライドできるようにするため。

この場合、手牌を内に寄せているため手牌の危険度自体は上がっている。

例えば、赤5pを持ってきた際に8pではなく二筋にまたがる5pを切らなければならない。

しかし、そのデメリットよりもドラをスライドできるメリットが大きいと考えるわけだ。

このケースのように損得が明らかな場合は迷わないが、差異が不明瞭でどちらが正解か悩ましいケースはごまんとある。

そのような難易度の高い局面も今後紹介していきたいと思う。



以前の記事で「赤は基本晒して鳴く」というのを紹介したが、ドラは4枚あるためなおさらだと言える。

相手への受けに加えて、自身の打点UPに繋がるわけだから、差し引きのプラスが大きいということだ。

そういう意味で、基本的にはドラに寄せて晒していくのが間違いないだろう。

それでは、実戦例から見ていこう。


case1
33743.jpg

東4局、25500点持ち2着目の親番。

親でドラドラのチャンス手だが、25pが薄くなってきた。

と、思っていたら3フーロの上家から5pが切られた。

これを鳴こうと思うが、さてどう晒す?





33744.jpg

両面でチーした。

ピンズを連結させておけば、ドラツモの際にスライドできる。

できるだけ連続形を残すように晒すことがスライドのコツだ。


33745.jpg

上家との競り合いを制し、無事2000オール。

ドラは残り2枚とも山にあったので、ツモる可能性は十分にあった。



case2
73524.jpg

オーラス、31800点持ち2着目の西家。

トップ目の下家とは6400点差となっている。

自風の西をポンして、ピンズの並びもいい。

上家から2pが出たが、これを鳴く?鳴くならどう鳴く?





73525.jpg

カンチャンでチーした。

確実な逆転を目論むのであれば、ツモアガリで捲れないこのテンパイはさほど歓迎できない。

69pからの仕掛けであれば、ドラツモや3pツモでのテンパネで捲れるため、この2pはスルーも考えるところ。

ただ、ラス目の上家からドラが出ることはまずなく、この2pをスルーしてしまうと意外とテンパイに苦労しそうということと、この巡目ならタンヤオ仕掛けのトップ目から9pポロリはありそう(直撃なら3900で捲り)ということで、テンパイスピードを重視することにした。

ドラツモに対応できるように、4pを残した。

わりと気づきづらいカンチャンチーではないだろうか。

さらに…


73526.jpg

チャンタの含みを残せば、このツモでアガらずの選択も可能となる。

これもカンチャンチーのひとつのメリットだろう。

残り巡目が多いので、4p切りから字牌単騎を目論み、逆転形に持ち込むということも可能だ。

さて、アガる?





73527.jpg

アガった。

1000・2000の二確はトップ目を喜ばせることにもなるため微妙だが、親との差もそこそこ近いため天鳳なら妥協するところだろう。

ラス目上家のカンも不気味でzeRoさんだけに雰囲気がある。

アガらないことももちろん考えたが、ここでアガらずを選択するぐらいなら、2pを鳴かずにスルーした方がトップには近い気がする。


73528.jpg

牌山はこうなっていた。

アガらずに南単騎の変化はアガリ目がない。

2pをスルーしてこの9pを上家からチーできたとしても、リーチ棒つき2pツモではギリギリ捲れない。

親の手も早いが、驚いたことに上家が打点の伴ったテンパイを入れている。

アガらないなどという悠長なことを言っている場合ではなかったことがわかる。



case3
48434.jpg

東3局、20700点持ちラス目の南家。

場風の東はまだ場に出ていない。

都合5枚目の47pが上家から打ち出されたところ。

これを鳴こうと思うが、さてどう晒す?





48435.jpg

カンチャンでチーした。

ピンズの下が安いので、6pを晒した方が手牌の安全度は高い。

ただ、それだとドラ表示牌ならびにドラに対応できなくなるため、6pを残した。

上家の仕掛けはペン7p待ちも十分に考えられるため、これに対応できるようにしたい。


48436.jpg

結果、親の2600オールツモとなった。


48437.jpg

ご覧のように対面にはペン7pの受けがあった。

これに対応できる構えを前もって考えておくことは重要だとわかるだろう。


見てきたように、複合形の仕掛けはドラやドラそばをケアできるように晒せば間違いが少ない。

一見単純だが、case2のように死角(仕掛け方が見えづらい牌姿)が存在することもあるため、注意深く見ていく必要がある。



ラベル:天鳳 鳴き 晒し
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(0) | 鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月31日

赤を晒さない 警戒を緩める晒し方

前回は、赤を晒すことにより守備力を重視する仕掛け方の重要性について説いた。

危険牌や懸賞牌を積極的に晒すことで、状況の変化に対応しやすい、受けに強い形を残すことができる。

そういう意味でも、赤を晒すのは仕掛けの基本と言える。


それでは、逆に赤を晒さない方がいいケースはあるだろうか?


四萬五萬赤五萬六萬六萬三筒四筒赤五筒八筒八筒赤五索六索西ドラ北出る七萬

真っ先に思い浮かぶのはこういう手だろう。

仕掛けて満貫ぐらいあって、高さがバレていない時。

赤を晒してしまうと、打点の匂いが醸し出てしまうので、黒5の方を晒すと。

しかもこの場合は赤がスライドで出ていきづらいので、なおさら赤を晒さなくても良さそうだ。

ドラが何枚か見えていたら、ますます匂いを消したくなるかもしれない。


チーテンの時点でほぼオリないため、赤を晒す必要は常にないように見えるが、

二萬三萬四萬四萬赤五萬三筒四筒赤五筒八筒八筒赤五索六索西ドラ北出る三萬

例えばこういう手なら、5mツモ時のスライドを考慮して赤含みでチー、手牌を外側に寄せておく方が失敗は少ないだろう

ただしそのメリットは微細につき、どちらが得かの判断は土俵や他家の雀風によっても変わってくるかもしれない。


このように、自身の打点の影を見せたくない、警戒させたくない時に赤5を晒さないことは時に大きな効果を発揮することがある

また、仕掛ける形によっては赤5を晒すことがさほどメリットにならない形もある。

それでは実戦例から見ていこう。



case1
44769.jpg

開局の西家。

マンズに寄った手牌だが、ここから何を切る?





44770.jpg

1pのトイツ落としとした。

チートイツ好きの私でもこれはホンイツ、行くよね〜。


44772.jpg

上手く北を重ねてホンイツイーシャンテンまで漕ぎつけた。

上家から4mが出たところ。

これを鳴く?鳴くならどう鳴く?





44773.jpg

赤含まずの56mで晒した。

これを23mで晒してしまうと、

四萬赤五萬五萬六萬六萬七萬八萬八萬北北ツモ五萬

次に5mを持ってきた際に2mとスライドできずに不自由な形が残ってしまう。

複合形でも慌てずに、危険牌を晒すことを心がけたい。

コツとしては、連続形ができるだけ横伸びになるように仕掛けると、スライドや待ち変えに柔軟な形が残りやすい。

4mが4枚見えていて、マンズの下の安全度が高いため、ここを積極的に残すようにする。


44774.jpg

あっさり北が出てきて、3900GET。

5mが出ていかないという点に加え、明らかにマンズの高い河につき、赤を晒してしまうと警戒される恐れがあった

実際赤を晒していたら北は止められていたかもしれない。

複合形が多く打点が伴いやすい染め手では、赤を晒さない工夫がしやすいと言える。



case2
47149.jpg

東4局1本場、35600点持ちトップ目の親番。

上家から中トイツ落としのリーチが入っている。

直後に出てきたのはここしかないドラ。

さて、どう晒す?





47150.jpg

黒5で晒した。

対面が8pを通しているので、スライドにメリットがない。

それならば打点を見せない方がプレッシャーは少ないと考えた。

複合形でも1通りしか鳴きパターンがないカンチャン形は、スライドのメリットが小さい。

スライドする場所を選べないので。


47151.jpg

なかなかアガれずに終盤持ってきたのは一個ずれた4s。

残りツモは3回だが、さてどうしよう?





47152.jpg

3s切りとした。

この場況で25sが1枚も場に見えていない。大概こういうケースでは25sは固まっているもの。

この巡目なら、感覚的には両面もシャンポンもアガリ率に差はなく、危険度も踏まえると安全な3s切りが優位に見える。

終盤がまるまるあるなら枚数重視に受けたかもしれない。


47153.jpg

これが上手くハマって、3900オールに。

25sは固まっていて、両面もシャンポンも山に2枚ずつだった。

赤を晒していた場合、対面はもう少し堅く打つことが想定できるので、リーチと直対になる可能性が高まっただろう。

自身のアガリを最大限見たいなら、赤はできるだけ晒さない方がいい。



case3
57626.jpg

東3局1本場、23500点持ち3着目の西家。

ホンイツイーシャンテンのところ、上家から4sが出た。

これを鳴く?鳴くならどう鳴く?





57627.jpg

黒で晒した。

河がやや派手とはいえ、一鳴きホンイツテンパイとまではバレにくい状況。

こちらの手は7700確定につき、できるだけ打点の匂いを消したい。

スライドに優位性はないものの、赤を晒すメリットとしては東ツモにおける変化時に、69sのノベタンを選択できる

このメリットはそこそこ大きいのではないかと思う。


57628.jpg

すぐに出てきて思惑通りの7700。

これが簡単そうに見えるが、鳳凰卓ではアガリ切るまでが本当に大変なのだ。

特に私はフーロ率が低いタイプということで一つでも仕掛けると警戒されやすい。

ということで、変化よりも警戒されない黒フーロを優先した。

さすがのzeRoさんでも止められなかったことから、作戦は成功したと言えよう。



case4
58915.jpg

開局の北家。

親からリーチが入っていて、合わせ打ちで6pが出てきた。

これを鳴こうと思うが、さてどう晒す?





58916.jpg

赤含まずの45pで晒した。

5pがもう1枚あるので、スライドすることになっても赤が出ていかない。

当たり牌の36pが現物で、ドラがタンヤオ牌の4mにつき、赤を晒してしまうとこちらも過度に警戒される恐れがあると考えた。

赤を晒しても基本的に問題はないが、状況的に他家を警戒させない方が親を流しやすいだろう


それでは、カン6pではなく両面で晒した意図はどういうところにあるのだろうか?


58917.jpg

このツモだ。

4pをツモってきた際に、4pと7pの選択ができること。これが7pを残した一つのメリットだ。

44556pの形が残っていると、47pの選択が効かないことがわかるだろう(その場合は現物の6pを切って凌げるが)。

基本的には横伸びの形を残しておいた方が、スライドが効きやすく、柔軟なテンパイ維持が可能になりやすい。

さて、ここから何を切る?





58918.jpg

4pツモ切りとした。

4pはダブルワンチャンスで愚形にも当たりにくい。

7pはカンチャン、ペンチャンと多様な待ちのパターンが残っている。

結局、7pの方が危険で切れないので結果は一緒じゃん、と思われがちだが…


58919.jpg

最後に持ってきた8p、これを使い切れることが大きいのだ。

7pを含んだチーをしてしまうと、この8pをツモって右往左往してしまう。

トータル的には最も安全度の高い凌ぎの手順を遂行できたはずである。

これを為すために一つの晒し方がいかに重要かということがわかるだろう。


アガりやすさを得るために赤を晒さないという判断をし、かつ後々凌ぎやすくなるように晒し方を工夫する。

何気ない一つのチーだが、様々なエッセンスが含まれている本局となった。



このように、打点で警戒させないために赤を晒さない手法は、ある程度感覚や裁量で行っても問題ないだろう。

長引いた際に、凌ぎやすい形にしておくことの方が重要なので、それを意識しておきたい。




ラベル:天鳳 鳴き 晒し
posted by はぐりん@ at 19:28 | Comment(2) | 鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

晒しスキル 赤は基本晒して鳴く

さて、初登場のテーマは、仕掛けの際にどのように牌を晒すかという晒しスキルだ。


一見何気なく見えるが、牌の晒し方というのは非常に奥が深くて、複合形でどのように晒すかというのははっきりと腕の差が出る

晒す際に最も重視することは何かというと、自身の守備力が上がるように晒す、ということである。

仕掛けて自身の手牌が短くなっている以上、相手に対する受けを重視するのは当然とも言える。

そういう観点でいくと、赤やドラ、二筋にまたがる456牌など他家に対する危険牌は積極的に晒すのが間違いが少ない

なぜなら、晒した牌は絶対に切ることができないからだ。

また、それらを晒すことで、再び危険牌を持ってきた際にスライドしやすい、というメリットも生まれる。


単純に危険牌を晒すと言えば容易く聞こえるが、生牌と内側の牌のどちらの危険度を優先するか、スライドする牌はどちら側の危険度が高いか、など状況ごとに危険度に差が生まれる上に、将来のスライドまで考慮すると晒し方に迷いが生じることも少なくない。

実戦で逡巡してしまうと、複合形からの仕掛けであることがバレてしまうなど、多大な情報源を相手に与えてしまう。

些末な差に捉われて、大局を見失うことがないように、基本的にはシンプルに今現状の危険牌を晒すことを心がけておくのがいいだろう


晒しスキルに総合力が問われる理由がもうひとつある。


三萬四萬七萬七萬三筒四筒五筒赤五筒六筒五索六索七索北ドラ三筒出る四筒

上記の手牌で、上家から4pが出た。どう鳴くか?


この晒し方にはなんと4パターンもある。


チー三筒赤五筒チー三筒五筒チー赤五筒六筒チー五筒六筒

カンチャンと両面の形で2通り、赤か赤じゃないかで2通りの合計4通り。

危険牌を晒すという基本に従うと、ドラのスライドも考えて、三筒赤五筒で晒すのが正解となるだろう。


仮にこれがネット麻雀なら、晒すパターンが選択肢で示されていたりしてワンクリックでチーすることも可能だろう。

しかし、これがリアル麻雀だったら?


上記の理牌のまま3pと赤5pをつまんでしまうと、二枚の間隔が空いてしまい、複合形の仕掛けがモロにバレてしまう。

待ちはともかくピンズの周辺を持っているという本来与えなくていい情報を与えてしまうことになる。

それが嫌(めんどくさい)なので、56pの晒しやすい方で晒すと。

そうしたら、ドラを持ってきてしまってスライドできずに、親のチートイドラドラに放銃してしまった。

こういう事例は、思いの外多いのではないだろうか。


リアルの場合は何を鳴くか・どう晒すかの前準備の他に、どういう理牌にするかという牌の並べ方まで前もって考えておく必要がある。

これが、リアル麻雀において鳴きの敷居が高くなる理由でもあるだろう。


不自然さを隠す理牌は難易度が高く、カチャカチャと理牌をしすぎても鳴きたいことがバレるなど一つの情報にもなるため、個人的には飛ばし鳴きはある程度割り切ってやるのがいいような気がする

多少の牌の並びがバレても待ちが何かまではわからないことがほとんどだからだ。


過去に映像対局で、女流の冨本智美プロが理牌にこだわってとんでもない鳴き間違いをしたことは記憶に新しい。

理牌にこだわらないプロとしては藤崎智プロがいるが、ご存じのとおりタイトル歴多数で実績に関係ないことがわかる。

理牌を極めたいなら、鈴木たろうプロが参考になるだろう。


天鳳のwindows版は鳴く箇所を自身でクリックして指定するのだが、なぜか私はこれが苦手で、カンチャンが上手くチーできないなどの病気を時折発症してしまう。

天鳳無料版は、確か赤入りのチーがデフォルトになっていたはずで、これはこれでわかりやすくて良かった。


それでは、実戦例から見ていこう。


case1
33705.jpg

南3局1本場供託2本。8500点持ちラス目の南家。

3着目の下家とは8000点弱の差。

2着目の対面からリーチが入って、供託リーチ棒3本目が出た。

ラス回避のためにはここが正念場だ。


33706.jpg

上家から3pが出て、これをチーテンに取った。

さて、どう晒す?





33707.jpg

なんとなくカンチャンで晒したくなるが、赤5p込みで晒す。

次に5pを持ってきた際にスライドが効くからだ。

3pがノーチャンスにつき2pの安全度も高く、リーチに対しては6pよりも5pの方が危険に見える。

9pが通っていなければスライドの判断は微妙なものとなるが、赤を晒しておけば間違っても赤が出ていくことはない。


33708.jpg

実際はこう。

対面のリーチに5pが当たるだけではなく、下家のトイトイにも5pが捕まる。

5pがスライドできるか否かでこの手の耐久性が大きく変わってくることがわかるだろう。


33709.jpg

首尾よく引きアガって、1000・2000。

勝負所を制して、本局のみで3着捲りに成功。そのまま3着で終了した。



case2
33794.jpg

東4局4本場、40500点持ちトップ目の南家。

上家から4pが出たところ。

これを鳴く?鳴くならどう鳴く?





33795.jpg

カンチャンの赤で晒した。

対面の河に2pがあるように、全体的には2pの方が安全なので、5pツモ時のスライドに備えられる。

234でチーするメリットは6pツモ時に3pとスライドできることにあるが、現時点では3p自体の危険度も高いため、そのメリットがさほど感じられない。


トップ目なのにわざわざ警戒させる赤の方を晒す必要はない、と考える人もいるかもしれない。

しかし、トップ目だからこそ、受けに強い形で凌ぎやすい手順を模索すべきなのだ。

場合によっては傍観して、局が進むのを待つ。この選択肢が採れることこそトップ目の特権なのだから。


33797.jpg

テンパイまで漕ぎつけたが、ダマで下家がアガって5200。

局が進んでくれればこれはこれで良し。

ちなみに、下家は現在Mリーグで活躍中の瑞原明奈プロ(九段当時)である。

何気なく闘っている相手が未来のMリーガー、なんてことが起こりうるのがネットの世界である。



case3
77513.jpg

南1局、28300点持ち2着目の北家。

ラス目の対面からリーチが入っている。

こちらは自風を仕掛けてホンイツイーシャンテン。

上家から6pが出たので鳴こうと思うが、さてどう晒す?





77514.jpg

赤含みで晒した。

ホンイツが匂う河につき、打点でできるだけ目立ちたくないのが本音だが、7m押しですでにがっつり目立っている。

リーチも入っているので、もはやあまり関係がない。


77515.jpg

ドラまたぎとなる2mを持ってきたところ。

これはリーチには通っていないが、さてどうしよう?





77516.jpg

ここで回った。

ラス目のリーチだけに、慎重に対処しなければならない。

ノーチャンスの8pも安全度としてはかなり高いが、ここは2m周辺のくっつきに備えた。

マンズの下が通っていないので、雀頭を残した方が凌ぎやすいと考えた。


77517.jpg

望外の2m重なりでテンパイ復帰。5pは安全度が高く、切りやすい。


と、ちょっと待ってほしい。

あそこで赤5pを晒していなかったら今どうなっていただろうか?

浮いているのは赤5pであり、ほぼ当たらないとは言っても当たった時がひどい。

赤を晒さずに赤ターツを切り出す抵抗感から8pの方を落としたかもしれない。


相手の攻撃が入っているケースでは危険牌を掴んで回る過程で、このようなターツ落としに発展することも少なくない。

赤が手牌にあると切り出しづらく、回し打ちにおいて柔軟性に欠ける手牌になってしまう。

つまり、特に後手の際は無条件に赤を晒した方が自身にとって得となるケースが増えると考えられるのだ。


77518.jpg

結果、下家から8pが出て2000。

ラス目のリーチをかわす値千金のアガリになった。

対面の待ちはニアピンの36mで勝負手だった。

意外にも47pでのアガリ目はかなり薄かったことから、柔軟な回し打ちが奏功したと言えよう。


このように、赤を晒すことによって、打点を見せてアガりにくくなるデメリットよりも、回し打ちにおいて柔軟性を保てるメリットの方が大きい。

基本的には赤は晒すものとして考えておけば間違いないだろう。



ラベル:天鳳 鳴き 晒し
posted by はぐりん@ at 00:00 | Comment(2) | 鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする