2017年01月15日

鳳凰卓所感

鳳凰卓を30戦近く打ったが、
噂に違わぬレベルの高さだと実感した。

七段八段は実力にピンキリありそうだが、
さすがに九段以上はかなり手強いという印象が強い。


特上卓との最も大きな違いは、
ミスをする者が少ないので、楽してラス回避をすることが難しい
、これに尽きる。


手組みに無駄がないので、特上よりテンパイスピードが2〜3巡早いイメージで、
リーチになかなか放銃してくれないので、流局が多い。
さらに、粘ってテンパイを入れてくるので、一人テンパイということがまずない。

形テンの技術というのは鳳凰卓ではかなり重要だと感じた。


後はオーラスが別ゲーという点。
アシスト・サシコミが阿吽の呼吸で行われるため、
オーラスのラス目はかなり不利を強いられやすいと感じた。
逆に言うと、ある程度リードしていれば戦いやすいということでもある。


満貫くらいのリードでは、あっという間にひっくり返されてしまうため、
リードを守るという意識では逆にダメだと感じた

洗面器の中に顔を突っ込んで、
先に顔をあげた者がラスになる。
気持ちの弱い者から順に食われていく、まさにそういう世界だなと感じた。


強者と戦うことで、
私自身学べることも多いし、
非常にやりがいがあると感じている。


卓上が洗練されていると大局観みたいなものが働きにくい。
皆の主張が強いせいか、自分の掌で操れる感じがあまりない。
展開読みが機能しないのは、クソ鳴きが少ないからだろうか?
このへんは少しずつピントを合わせていきたい。


今のところ結果は出ていないが、
500戦ぐらいまでは成績は気にせず、
自分の麻雀を打つことだけに集中していきたい。


さて、今回は鳳凰卓の実戦から、印象に残った局をピックアップ。



case1
tenhou.29434.jpg

九段に囲まれて迎えたオーラス1本場の南家。

点棒状況は自分から順に、22000、19800、38700、18500と微差。
自分は僅差の2着目で、上家の親がラス目となっている。

6sツモったが、さて何を切るか?





tenhou.29435.jpg

親に対してこの6sは切りづらいと考え、3p切りから回った。

実際のところ親はイーシャンテンであったが、
自分が2着目ということも踏まえて慎重な構えを取る、これは一つの判断だ。


tenhou.29436.jpg

しかし、ここで…


tenhou.29437.jpg

下家の2sにラグがあったことから、2sを合わせてしまう。

トップ目の対面は親に対応する構えを見せているため、
2sにラグがあったとしても、それは危険度とは直結しない。


tenhou.29438.jpg

安易な合わせ打ちによって、このドラの受け入れを殺してしまった。

親に手出しが入った瞬間、2sは切れなくなってしまうわけだが、
1sは下家が切ってから親はずっとツモ切りにつき切れることを考えたら、
思慮の浅い2s切りだったと言える。


tenhou.29440.jpg

結果、必然的にベタオリとなり、この局はラス目と3着目の二人テンパイ流局。

3sの受け入れを残していれば、私もテンパイを取れていた、
あるいは下家に4mが流れて3着終了となっていた。

この局のミスが響いて最終的にはラス転落となった。

強者相手に対してはワンミスが命取りになる。それを強く実感した対局だった。



case2
29758.jpg

南2局、19000点持ち3着目の西家。

簡単な7700テンパイ。
これはいただきました。


29759.jpg

しかし、ラス目北家のリーチに続いて、親の追っかけが入る。

一発目に掴んだのは、ドラまたぎの1s。

さて、どうしよう?





29760.jpg

これはかなり迷ったが、西切りとした。

ラス目のリーチだけなら100%押したが、
親リーチ一発目にこの1sを切りきれるか?

親リーチのズバッという感じからして、親は好形濃厚だ。

両者一発目のドラまたぎということと、
自分が3着目であることを重視して、苦渋の西切りとした。


29761.jpg

しかし、西の3枚目を河に並べてしまう。

1sか7pが当たりであってくれと願うばかり。


29762.jpg

結局、親がツモ。1sも7pも両者の当たり牌ではなかった。

あがり逃しを咎めるかのように、裏裏で6000オール。
まあ、乗るわなあという感じ。


29763.jpg

こういう真の勝負所で、きちんと結果を出せるか。

麻雀打ちとしての真価はこういう場面で試されているのかもしれない。

ちなみに、この半荘は見事に下家に捲られ、ラスとなった。



case3
29816.jpg

開局の南家。

親の染め手に対応したわけではないが、手の内にはオンリーソーズ。

カン3s待ちの倍満テンパイを果たす。


29817.jpg

もうツモ番はないが、何を切るか?





29818.jpg

7s切ったらロンだと。2600。

この場面、100%25sのスジは打たないので、
テンパイを維持するならドラの4sか7sの選択となる。

親にドラで打ったら18000だし、これはやむなしではなかろうか。
もちろんペン7sは怖いが…



case4
29903.jpg

南3局2本場の親番。
現状31900点持ちのトップ目。

あがりはかなり厳しい牌姿だが、何を切るか?





29904.jpg

白は受けゴマとして残し、ペン7pを払った。

受け重視ならどちらかのペンチャンを払うところで、
ここでドラ受けを嫌う89s落としもあるだろう。

ただ、ダイレクトにドラが埋まれば一気に魅力のある手に化ける。


29905.jpg

上家に仕掛けが入り、何を切るか?





29906.jpg

ここで自然にペンチャンを払った。

ここで警戒すべきは、上家の仕掛けとラス目下家のリーチ。
ペンチャン落としは感覚的にはまだ間に合うと判断した。


29907.jpg

ところが、次巡に切った9sが対面の8000にロン。

対面にまるで気配は出ていなかったが、こういうのが十段力なのだろうか。
このへんの感覚がいまいち噛み合わない。


29908.jpg

ドラそば処理のタイミングとしては、ここがベストだったか。

これは早すぎても遅すぎても隙になる。


ここでドラ受けを残すのはそこまで悪手だとは思わないが、
局のテーマに沿って考えると、その手は十分にあった。

このへんをあまり日和りすぎると行くべき時に行けなくなるし、難しいところだ。


29909.jpg

次局、まんまと十段様の洗礼を浴びる。

3巡目リーチでツモ裏の、3900オール。

お前にはまだ早いと言われているような、そんな転落劇だった。



ちなみに、今をときめく下家のzeroさんだが、
特上時代、おそらくzeroさんが七段くらいだったころ、
一度対戦したのを覚えている。

リーチにも臆せず、ガンガン押し返してきたのが印象に強く、
この人は強いなと思ったのを覚えている。

巡り巡ってこの鳳凰卓で再会できたことはとても嬉しい。


強者のエッセンスを対戦して学んでいきたいと思う。



ラベル:天鳳
posted by はぐりん@ at 15:13 | Comment(7) | 鳳凰卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする