2020年10月18日

ピンフを取るかファン牌を取るか 速度重視ならファン牌優先

ファン牌が雀頭だとなぜピンフにならないの?


麻雀を覚えたての頃、まずぶち当たる壁ではないだろうか。

ファン牌雀頭には加符(2符)があるため、ピンフの要件を満たさないというのがその解答となる。

それを踏まえた上で以下の牌姿をご覧いただきたい。


二萬三萬六筒七筒七筒八筒九筒五索六索九索九索中中ツモ四萬ドラ二萬

上記の手牌から何を切るか?

オーソドックスにはピンフに受ける中落としだろう。

ドラ1あるのでリーチ効率もいい。

単純な何切るだと難しくない問題でも、これに様々な条件を付加した途端、選択に頭を悩ますことになる

東1なら?オーラスなら?トップ目なら?ラス目なら?序盤なら?終盤なら?ドラがなかったら?ドラドラだったら?先手だったら?後手だったら?


何も考えずにファン牌のトイツ落としをしたところ、イーシャンテン地獄にはまってアガリどころかテンパイすらしないという苦い経験をしたことはないだろうか?

この場合、ピンフが一手でテンパイするのに対し、ファン牌ポンテンは二手かかること、さらにファン牌雀頭だとリーチが必要なことから、ピンフの方が優位だと認識されやすく、基本的にはそれは正しい。

しかし、巡目が経過すればするほど、ピンフの優位性は失われやすく、ファン牌トイツが追い付いてくる

なぜなら、ピンフは受け入れが決まっていてツモ頼みなのに対し、ファン牌は仕掛けが効くからだ。

巡目が経過するほど、ファン牌ポンテンに取れる完全イーシャンテンに変化しやすく、柔軟にアガリを見ることができる。

局収支自体の損得はピンフに分がありそうだが、その分アガリ率とテンパイ巡目はおそらくファン牌受けに分があると考えられる。

これは、ファン牌トイツのデメリットでもあるリーチが必須という点において、ダマテン時よりもアガリ率がそこまで減少しないというところにポイントがある(両面リーチにつき)。


つまり、打点よりも速度やアガリ率が求められる状況においては、ピンフよりもファン牌を選択する価値が高まると言える

統計的な結論が出ているわけではないが、現状私はこのような認識を持っている。


一方、すんなりテンパイが入った際のダマピンフの使い勝手の良さというのもあり、かわしに価値のある局面はややピンフに分があるという印象もある。

このように、個別具体的には判断に迷うケースというのも少なくない。

そこで以下に具体的な判断基準を示していく。


@ファン牌トイツを優先するべきケース

(1)オーラス微差のラス目

三萬四萬三筒四筒六筒七筒二索二索七索八索九索中中ツモ八筒ドラ北

3着目と900点差のラス目南家

このケースはピンフにこだわらずに2sを落としていく。
ピンフがすんなりテンパイするとは限らず、両面ターツ部分が雀頭になれば(4種12枚)あっという間に中のポンテンが取れるようになる。
このままテンパイが入っても、ただリーチを敢行すればいいだけの話。
このケースではリーチのデメリットが小さいためそれを逆用して、最大限アガリ率を高めに行く。


(2)複合形がある

九萬九萬三筒四筒四筒五筒六筒五索六索六索七索中中ツモ八索ドラ四筒

複合形のある手は、完全イーシャンテンに変化しやすいため、ファン牌の利が生きやすい。
しかも、複合形部分でピンフの受け入れが1枚以上減っているため、テンパイの受け入れがやや狭い。
雀頭部分ができやすいかどうかという「形」も判断材料として重要だろう。
シャンテン数の変わらないファン牌ポンも形によってはあり。


(3)後手

三萬四萬五筒六筒七筒八筒九筒二索三索九索九索中中ツモ一索ドラ北

先制リーチが入っていて、リーチには9sも中も通っている

現物などの状況にもより一概には言えないが、迂回が前提なのであれば中を残した方が間口が広い。
慎重に打ち回しているうちに、安全に中のポンテンに取れることがあり、かわせる可能性が増す。
後手の場合は柔軟性に富んだ手組みを意識することが重要。


Aピンフを優先すべきケース

(1)点棒がない

三萬四萬四萬五萬五萬七筒八筒一索一索三索四索中中ツモ九筒ドラ八筒

点棒が凹んでいて、打点が必要という状況ならば素直にピンフに取る。
メンゼン限定手役であるイーペーコーが絡んでいる場合ならなおさら。
イーペーコーはピンフと相性が良く、リーチにより破壊力を発揮できる手でもある。


(2)点棒がある

点棒がたくさんあって、かわしに価値の高い局面では、リーチのリスクを負うよりもダマでかわすピンフが優位となりやすい。
例えば先制リーチの現物待ちになった際などに差異が生まれてくる。


こうしてみると、点棒がフラットな局面でより選択の余地があることがわかる。

自身のフーロ率などでも好みが変わってくるかもしれない。

補足として、ファン牌が1枚切れの場合、他家に安全牌として持たれやすいため、天鳳であれば上記ファン牌トイツのイーシャンテンは鳴き無しにしておくことをオススメしたい

完全イーシャンテンになる前のファン牌を鳴き無しでスルーすることによって、警戒なく温存されやすいからだ。

それでは、実戦例から見ていこう。



case1
30562.jpg

南3局2本場供託1本、21500点持ちラス目の西家。

3着目北家が23000点、2着目親が24000点と下はかなりの僅差となっている

4巡目にして手牌は良好、イーシャンテンの選択となったが、さて何を切る?





30563.jpg

白切りとした。

イーペーコーで打点が見えたのでそれを生かす手順で。

仮にダマでもアガりきれれば大きい。


30564.jpg

忙しい時にこの裏目は痛い。

1mを切っていれば、メンゼン良し仕掛け良しの超十分形となっていた。


30567.jpg

結果、親の仕掛けが間に合い、1500。

白を残していれば、7pツモで47mテンパイ、ダマなら親の直前の7mを捕らえて5200だった。

即リーチでも高目7mのツモアガリがあった(親の3mポンが入らないため)。


30566.jpg

いずれにせよ紙一重であり、白切りが間違いというわけではない。

ただ、とにかくアガリ一点にかけるだけなら白残しの方が柔軟性が高いという事例ではないだろうか。

特に天鳳ならここでの2000点がいかに大きいか理解していただけるはずである。

この半荘は幸いにもトップで終了した。



case2
34050.jpg

東3局1本場、12200点持ちラス目の南家。

南は1枚切れで後重なりの自風。

ここから何を切る?





34051.jpg

9p切りとした。

これは仕掛けにより赤ドラが出ていくリスクもあるため、迷いどころだが、例えばドラツモの変化で一気に仕掛けが魅力的となる。

仕掛けて3900あれば十分な失点挽回と言えよう。


34052.jpg

例によって、裏目を持ってきてしまった。

痛いは痛いが、逆の裏目よりダメージは小さい。


34053.jpg

下家から先制リーチを受けるも、こちらもテンパイして追っかけに踏み切る。

この場合はいずれにせよリーチにつき、現物待ちかどうかは無関係だ。

ただし、ピンフがついていないことで打点が下がっている点、リードしている局面ではダマが効かない点に留意する必要がある。


34054.jpg

これを掴んでしまい、高目裏1は12000。

痛恨のぶっ飛びで終了となってしまった。

9pを残していても4pで放銃となる可能性が高い。

結果的には上手くいかなかったが、仕掛けての加点も丁寧に見るというところで、選択としては面白かったのではないだろうか。



case3
34556.jpg

東3局、11000点持ちラス目の親番。

5pツモってイーシャンテンとなったが、さて何を切る?





34557.jpg

発切りとした。

親番だが結構なラス目につき、ここはリーチ主眼で。

イーペーコー絡みで発1枚切れとなると、ここは迷わないところ。


34558.jpg

薄くなった47pもものかは。

高目を引き入れ勇んでリーチに踏み切る。


34559.jpg

上家から出て裏1の12000。

出来合いイーペーコーは美しい。順当な選択に、順当な結果。



case4
40542.jpg

開局の親番。

ドラターツが完成しイーシャンテンに。白は生牌。

ここから何を切る?





40543.jpg

9p切りとした。

ダマ11600が見えているのでこれも迷いどころだろう。

仕掛けても5800あるのであれば、ピンフにこだわる局面でもないと判断した。

下家への大三元ケアというより、自身のアガリを最大限重視している。


40544.jpg

おっと、1巡でこれはGOODな変化。

たった一つの変化で、白トイツが光輝いて見えないだろうか?


40545.jpg

上家のリーチ後に白がこぼれて喜んでポンテンに取る。


40546.jpg

さらに11600に化ける。

これはもう、行くしかないやろ。


40547.jpg

しかし、下家が中スジで掴まり、8000。

当たり牌をスライドできたのに、これは残念な結果。


40548.jpg

ヤメろ!といいながら牌をめくるとそこには3p山脈が。

麻雀あるある。

似たような牌姿でも少し状況が違えば、選択が変わってくることがわかるだろう。

赤やドラが2枚以上あるケースでは、仕掛けのメリットが生きやすいかもしれない。

何のことはない、この半荘は私のトップで終了した。



case5
44233.jpg

南1局、13400点持ち3着目の南家。

手牌の締まる5p引きでイーシャンテンに。

私の切ったドラをラス目の親にポンされていて、局面は煮詰まっている。

発と東はいずれも場に出ていないが、ここから何を切る?





44234.jpg

発切りとした。

なんとしてでもかわしたい局面なので、下家へのアシストも兼ねて

持ち持ちだとすると共倒れになってしまうため、風通し良く。

こちらのピンフも場合によってはダマにできるのが強みだ。

発に声はかからず。


44235.jpg

すんなりテンパイが入った。

ダマでもアガれるが、さてどうしよう?





44236.jpg

リーチとした。

親に対してピンズが出づらい場況につき、ここは真っ向勝負に出向いた。

下家の仕掛けが遠そうなので、リーチで手を止めても問題ないだろう。


44237.jpg

ところがである、私の現物かつポンカスのドラに親のロンの声が…

えっ、これ当たるってどういうこと?


44238.jpg

まさかのカン7s。

12000で私は離れたラス目に追いやられてしまった。

私の河が強すぎたのも災いしたか。


44239.jpg

この鳴きには唖然としてしまった。

これは鳴かないんじゃないの?と思ったが、テンパイにはやや時間がかかりそうだし、打点もつくか。

アガれるかどうかはギャンブルだが、脅し込みで見ると悪くないのかもしれない。

下家にテンパイが入っていたのは意外だった。


44240.jpg

ヤメろ!と言いながら山をめくると(笑泣)

私がダマなら対面の7sは果たして止まっただろうか?

ダマでも出ていた可能性はそこそこ高い。

7sがツモ切りなだけに全体の安牌が少ないことが裏目と出てしまった。

この半荘は私がラス、なかなかにドラマな1局ではないだろうか。



case6
52093.jpg

オーラス3本場、22500点持ち3着目の西家。

2着目とは1300点差で、ラス目の対面が親番。

アガれば2着浮上だが、ここから何を切る?





52094.jpg

思いきって7p切りとした。

完全に発と心中する打牌で、かなり仕掛けに比重を置いた選択だ。

ピンフは完全にツモ依存だが、発はいらなければ誰からでも出る。


52095.jpg

おっと、このツモがあったか。当然の即リーチ。

状況的に上下は8000が打てないため、ダマが効かないのは痛いが、それも覚悟の上。



52097.jpg

東を掴んで焦るも、何とかめくり合いに勝利。

1300で2着捲りを果たす。


52098.jpg

発の位置を確認していただきたい。

2枚とも山に沈んでいて、結果的には最もアガりにくい選択だった。

重要なのは、状況によって使い分ける自身の引き出しを持つ、ということである。


いかがだっただろうか。

似た牌姿でもわずかな状況の違いによって選択の幅が広がることがわかるだろう。

私の経験から言えることは、ファン牌を残す選択は思っているより悪くない、ということ。

あなたの雀風に合わせて、微妙な選択を楽しんでみてはいかがだろうか。



ラベル:天鳳 雀頭 平和
posted by はぐりん@ at 20:19 | Comment(0) | 成績UPに直結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

危険牌を押してアガりやすい方に取る

麻雀はアガってなんぼなので、そんなの当り前だ、と思われるかもしれない。


最近の研究によると、相手リーチに対する攻め返しの判断基準として余剰牌の危険度が大きく関わっているらしい。

テンパイになる受け入れを広げて完全イーシャンテンに取ることは、余剰牌の危険度によっては得とは言えないケースがあるとのこと。

つまり、中盤以降は受け入れを広げる作業よりも相手の攻撃に備えて、攻め返せる態勢整えておくことが重要という考えが主流となっている。

「通らばリーチ」という符丁は、その危険牌を通すことがいかに大事かを麻雀打ちの歴史が示唆していると言えるだろう。


中級者と上級者の差として、攻撃者に対して攻め返している者への察知力・ケアに秀でているというのがある。

鳳凰卓で打ってみればわかるが、リーチに対して一牌危険牌を押すと、現物ダマであってもなかなか当たり牌は出てこない。

ケアのし過ぎが損になる部分もあろうが、特上卓との差はこの対応力にある。

上位卓では一牌の押しによりアガリ率の上昇率が他と比べて低くなるので、押し損という状況が多々現れるようになる。

このへんを実感できるようになればあなたのレベルは一段向上していると考えていい。

ダマだろうが現物だろうが闇雲に押しても結局リーチ者とのめくり合い、なんていうケースが格段に増えるわけだ。

こういう状況を目の当たりにしてしまうと、広く受けてアガリを拾うことがそこまでの得に思えず、判断に迷う場面が増えてくる。

冒頭で発していたセリフが決して当たり前のものではなくなってしまうのだ。

特に天鳳の鳳凰卓という土俵ではそれが顕著で、気配を察知されたが最後、当たり牌は永遠に出てこない。

この現象に遭遇して結果が出なくなると、押し引きの迷路に迷い込んで抜け出せなくなってしまう。

天鳳の強者というのは、この極めて損得の微妙な判断において精度の高い判断を継続して行える者であると言えるだろう。


それではどうすればいいのか?

基本的にはアガりやすい方に取る、で間違いはない。

ただし、麻雀の教科書に載っているようにステレオタイプにただ広く受ければいいというわけではない。

闘っている土俵のレベルや自身のリスク許容度(性格)に応じて、同じ判断を継続した結果がどのようになるかをプロットする。

その中で自身の軸をどの辺に置くかという解を導き出す。

何事も重要なのは芯であり、ぶれないための軸である。


今回も一例として私の実戦譜を紹介しよう。

何かのヒントにしていただければ幸いである。



case1
66043.jpg

南3局、15300点持ちラス目の南家。

直対3着目、上家の親からリーチが入っていて、その差は7100点。

上手いことチートイドラドラのテンパイが入った。

さて、どう受ける?





66044.jpg

宣言牌そばの7sを勝負した。

9mがたった今通ったので。

永遠に出ない7sよりはマシだが、放銃リスクと同時にかなり目立つ牌でもある。


66045.jpg

直後に下家から9mがツモ切られ、6400。

2着目から値千金の直撃で、一気に2着捲りに成功。

この半荘は3着で終了した。


66046.jpg

ラッキーだったのは下家が直後に掴んでくれたこと。

あるあるだが、直後は手拍子で切られやすい。

下家は安全牌に不安がある状態につき、いずれにせよ出たかもしれない。

山を見ると驚いたことに7sは残り3枚全部山だった。

重要なのはトータルでどちらがアガれるかという判断である。

チートイツは危険牌を押してアガりやすい方を取るかどうか、という選択が頻出する手役でもある。



case2
51070.jpg

南3局1本場、14200点持ちラス目の西家。

微差3着目の上家からリーチが入って一発目。

いきなり持ってきたのはモロスジの6s。

やや切りづらいが、さてどうしよう?





51071.jpg

ツモ切りとした。

確かに切りづらい6sだが、上家は通っていないスジも多く、当たる確率自体は低い。

現物が9sということもあり、9sを切ってしまうとアガリ率に結構な差が出てしまいそう。

ポイントは、上家のリーチ直後で時間制限のある中、この判断を適切に行えるか、ということである。


51072.jpg

対面から現物の9sが切り出され、1000点。

待望のアガリを拾えてひとまず3着に浮上した。


51073.jpg

山を開けて驚いたことに、上家は一発ツモの寸前だった。

1000・2000をアガられていたら、この後の展開は大きく変わっていただろう。

上家はアガリを得ることよりも私を牽制するためのおどしのリーチだったことが伺える。

出アガリの可能性を高めて決着を早めることで相手のアガリを封殺すること、これがいかに大きいかわかるだろう。



case3
30431.jpg

南1局1本場、24300点持ち2着目の親番。

トップ目の下家からリーチが入っている。

こちらも赤赤のチャンス手イーシャンテン。

上家から4mが出たので…


30432.jpg

赤含みで晒してテンパイを取ったところ。

さて、何を切る?





30433.jpg

現物の9p待ちに受けた。

しかし、この選択は大変に微妙なところだ。

なぜなら、親番で赤を晒しつつこの河だと、9pだけは脇からも出てこないと想定できるからだ。

8pもまずまず悪くない待ちであるため、一旦安全に8p単騎に取りつつ、よりよい単騎を模索する、という手もある。

これぐらい危険度が鮮明だと、出アガリの優位性が少ない、これをどう考えるかである。


30435.jpg

意外にも上家から出て5800となった。

攻め返さざるをえないラス目がいる場合はこの戦略は無意味ではないことがわかる。

自分の都合で攻めてこざるをえない他家は、リーチの現物ならということで切ってくるケースもあるということである。

ただしこのケースは鳳凰卓なら大半の場合止められることの方が多いだろう。

また、私の4s切りは空切りをした方が良かっただろう。



case4
42199.jpg

東4局、25000点持ち2着目の西家。

トップ目対面の親からリーチが入っている。

一発目はビシっと1sを勝負している。

現物の9mを持ってきたが、さてどうしよう?





42200.jpg

8mを勝負した。

これも親リーチへの勝負となると損得は微妙。

ドラを持っているかもと勘繰られると9mはなかなか出てきにくい。

単純に枚数的には8mの方が多いため、判断に迷うのではないだろうか。


42201.jpg

ほどなく上家から9mが出て1000点。

上家も安くてホッとしただろうが、ポイントは親リーチに通っているスジが少ない、ということである。

ケアする際に確実に親リーチの方が優先されること、かつ端牌は他家にとっても使いづらいことで出アガリのしやすさが増している。

なかなかこう上手くいくものでもないが、リーチの情報が少ない、リーチの河が強いケースではより有効となることがわかるだろう


42202.jpg

アガリを逃すと次に待っているのは当たり牌である。

ジリ貧になるかどうかの境目は、若い巡目の勝負判断にあるといっても過言ではない。



case5
51152.jpg

南1局1本場、29300点持ち2着目の西家。

12900点持ちラス目の上家からリーチが入っている。

こちらも超十分形のイーシャンテンだが、ここから何を切るか?





51153.jpg

4p切りとした。

現物の8pに手がかかりがちではないだろうか。

私がここで考えたのは69pの強さと受け入れの広さだ。

8pを切ってしまうとこの手の強みである9p受けが消えてしまう。この手は69p待ちでリーチをするのが最もアガリ目がありそうに見えるからだ。

受け入れは劇的には変わらないものの、23mや8p重なりも見て4p切りがやや優位だ。


51154.jpg

しかしこれが下の受けで当たり。

裏はなく2000で済んだ。


51155.jpg

8p切りでお茶を濁していると放銃はなかったが、おそらくアガリまではなかった。

69pは山に5枚と鉄板級の受けだった。

感覚のみならず、牌山的にもこの69pに寄せていくことがアガリのためには最善であることがわかるだろう

結局この半荘2着終了。しっかり打っての放銃ならば結果は悪いものにはならない。



case6
51064.jpg

南1局、21400点持ち3着目の親番。

2着目の下家からリーチが入って一発目。

テンパイから超絶危険な5sを持ってきた。

さて、どうしよう?





51065.jpg

押した。

これを押してしまうと現物待ちでも簡単にはアガれないが、オリるのも難しいためここは押した。


51066.jpg

さらに持ってきたのはこの5m。

アガリ牌の裏スジでスジトイツ牌。

非常に感触は悪いが、さてどうしよう?





51067.jpg

これも押したが、さすがにアウト。裏1の7700は痛い。

今までと違うところは通っているスジが多いという点で、58sを通してしまうとマンズの下かピンズの上ぐらいしか待ちがない。

ただ、場況から確実に9mは山にいるので、そのアガリ逃しが嫌だった。

これぐらい危険スジが限定されている状況、かつ脇が完全にオリていることがわかっているため、ここは8m切りも十分にあるだろう。

待ちをピンズの上と読んで5mを押すのは私は悪くないと思う。

こういう場面で総合的な判断力が必要になってくる、ということである。


51068.jpg

9mは山に2枚。これを多いとみるか少ないとみるか。

アガリを逃した次に深い闇が待っていることもあり、この放銃が一概に間違いとは言いきれないだろう。

放銃がなくても下家のツモアガリが濃厚だった。

この半荘は幸いにも2着で終了した。



case7
33464.jpg

東4局2本場、39000点持ち連荘中の親番。

競っている2着目対面からリーチが入っている。

中が叩けて11600のテンパイに取れたところ。

さて、どう受ける?





33465.jpg

5m勝負し、現物待ちに受けた。

前巡の3m切りからこの5m切りは並々ならぬ決意の表明。

下家が飛び寸につき、完全にアガリを拾う方向に勝負を賭けた。

8mが今出たばかりというのもストロングポイントだ。


33466.jpg

意外にも上家からロンの声で、5200。

放銃した下家が飛んで、僥倖のトップ終了となった。


33467.jpg

山にはカン6mの方が多かったが、ゼンツなら対面が8mを掴む算段となっていた。

case6と似たようなスジの持ち方だが、一度の結果で軸がぶれてはいけないということだろう。


覚悟を持った打牌には必ずや牌が呼応してくれる。

実戦例から様々な勝負の機微が見えてくるのではないだろうか。



ラベル:天鳳 攻撃
posted by はぐりん@ at 23:56 | Comment(0) | 攻撃力UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

鳳凰卓の戦略的大ミンカン

「大ミンカン」というワードに対してあなたはどのような印象を持つだろうか?


ドラが増えて場が荒れるので嫌だという人がいるだろう。

場が荒れて流れが変わるので好きだという人もいるだろう。

ネット麻雀ならピカピカ光って止まるので選びやすいだろう。

リアル麻雀なら止まってくれないので発声しづらいだろう。


余談だが、私は以前天鳳でポンするところを間違ってカンしたことがある。

可能な選択肢が全て表示されるためで、リアルならありえない誤カンが発生しやすいのもネット麻雀の特徴と言える。


ひとつ言えることは、大ミンカンは麻雀の選択の中でも最も個人の裁量に委ねられる部分が大きく、その選択に個人差が見られやすいチョイスであるということだ。

大ミンカンが確実に有効だと言える場面はオーラスなどの限られた場面に過ぎず、それゆえに道中の戦術として大ミンカンをどう用いるかというのは選択の幅が大きい。

現に、大ミンカンの有用性を体系化している戦術書やコラムというのはあまり世に出回っていない気がする。

大ミンカンは仕掛けに絡む戦術なのに、ドラが増えることでメンゼン者を有利にしてしまう、そういう側面が局収支・順位期待値の面から数値化して戦略として用いるのが困難なのだろう。

そういう観点から、自身の成績を向上させるカギ、攻略の余地が残っている分野とも言える。


私自身は大ミンカンの頻度はかなり低い方だが、天鳳でも数々の大ミンカンチャレンジを敢行してきた。

それについてのトピックは後回しにするとして、今回は鳳凰卓でどのように大ミンカンが用いられているのか、その一例を紹介したいと思う。

一見意図がわからないような仕掛けでも、フーロ者にはれっきとした策略が存在していたりするものだ。

そのへんを感じていただけたら幸いである。

それではどうぞ。



case1
30233.jpg

南3局1本場、33800点持ち2着目の西家。

トップ目とはごく僅差のラス前。

トイトイの8000テンパイを果たしているところ、4900点持ちダンラス目からリーチが入って一発目

8pという強烈な無スジを掴んでしまった。

さて、どうしよう?





30234.jpg

押した。

4pの裏スジは心底切りづらいところだが、2m南発いずれも通る保証がない。

こちらもトップを賭けた手につき、勝負に値すると踏んだ。

仮に一発で8000を放銃したとしても、オーラスはギリギリ2着で迎えられる。

ドラが見えているのもやや押しやすい要素か。


30235.jpg

どぎつい3sも気合いの押し。

さすがにこれはロンと言われてもおかしくなかったが、意外なところから声がかかる。

上家の大ミンカンだ。

そもそも、4sも通ってない牌ですやん…


30236.jpg

この局は意外な結末で幕を閉じることになる。

唐突に対面が切った7pに下家のロンの声、5200。

まさかこの巡目にリーチの出アガリがあろうとは。

残り1回のツモにテンパイの可能性を見たということだろう(直前に私から6pのポンが入っている)。


30237.jpg

上家のカンはここから。このカンの意図はなんだろうか?


おそらくは確実にテンパイしている私への牽制だ。

ドラを増やしつつ私のツモを1つ増やすことであるいはオリを誘発できるかもしれない、と。

私は明らかに押していて、浮いている発が完全に切れないため、上家はノーテンの可能性が高く、それならラス目と闘わせることで横移動の可能性を増やしたいという意図だろう。

カンすることでラス目に海底ツモが回ってしまうが、その分親のツモが減ると同時に親がチーできるチャンスが減るというのもあるだろう。

親連荘がトップ目にとっては好ましくないためだが、そこまで瞬時に計算できたかどうかは不明で、あくまで私への牽制という意味合いが強いものと思われる。

残りツモが7なので、ラス目リーチのツモ数に変化はないが、これが5〜6の場合はラス目リーチのツモを1つ減らすことができるため、より効果的となる。

結果、策が実って上家はトップ終了。私は2着だった。


この時の上家(当時七段)は、後に十段へと登りつめるSeriaさんである。

大器の片鱗はこういった発想力に潜んでいるといっても過言ではないだろう。



case2
42404.jpg

オーラス、27700点持ち2着目の親番。

トップ対面とは12200点差で、トップ捲りに望みをつないでいる。

3着目が17200点、ラス目が15200点という僅差。

私が発を切ったところ…


42405.jpg

上家にカンの声。

オーラスにつきこの意図はなんとなく読みやすい。


42406.jpg

あっという間に上家がツモアガって、700・1300。

上家は狙い通りにラス回避に成功した。


42407.jpg

上家の大ミンカンはここから。

ポイントは点差と座順だ。

上家は現状出アガリ2000の手だが、仮に脇から出アガっても同点座順でラスのままとなってしまう

この発をカンすることで点パネにより40符以上が確定、どこからでも出アガリが可能となる。

オーソドックスな大ミンカンによる点差戦略だ。


42408.jpg

カンによるツモの増加によって、即テンパイを果たしている。

ライバルよりもいち早くテンパイを果たすことの重要性は語るまでもないだろう。

カンによるツモの増加はこのように機能することがある。

しかも3着目のツモを1回邪魔しながらにつき、このテンパイは効果が大きかったと言える。


42409.jpg

さらに新ドラをご覧いただきたい。

これにより下家の満貫以上が確定となり、極めて私は前に出づらい状況となった。

下位者は積極的に場を荒らすことにより、上位者の抑止効果をもたらすことがある。

できるだけ直対に持ち込みたいラス者にとって、時にこれは有効な戦略となることがわかるだろう。



case3
51074.jpg

オーラス、17400点持ち3着目の南家。

ラス目の親とは1900点差とかなり微差となっている。

自風の南を切ったところ、前代未聞の事態に遭遇する。

親からメンゼンをぶっ壊す大ミンカンが入ったのだ。


51075.jpg

直後にこの牌姿となった。

あなたなら親の牌姿をどう読んで、何を切るだろうか?





51076.jpg

私はこの瞬間がチャンスとばかりにドラの発を切り出した。

親の大ミンカンは手牌を読む上で大きなヒントになる。

まず、こういうケースでは仕掛け者はテンパイからやや遠く、仕掛け前提かつ打点のない手形になっていることが多い。

メンゼンイーシャンテンならわざわざ大ミンカンなどしないだろう。

さらにドラを持っているなら自ら目立った仕掛けをしないだろう。

打点が伴っていないから、カンでドラと符を補い、仕掛けで匍匐前進を目指していく、こう考えるのが一般的だ。

手形がバラバラなので脅しを兼ねてブラフのカンから入る、こういった可能性も少なくない。

最もなさそうなのは、リーチの可能性を放棄する、十分形イーシャンテンからのカンではないだろうか。


51077.jpg

鳳凰卓を舐めてはいけない、策には必ず裏の裏がある。

待ってましたとばかりにドラの発をポンされ、まんまと嵌められた私の顔が苦悶に歪む。

マジかよ…と誰もが思う瞬間だろう。


しかし、気を取り直してここで読みを修正しなければならない。

最もありそうなのは、リンシャン牌で発を持ってきて重なったというケース。

遠い仕掛けなら発を1枚浮かせていたという可能性も十分につき。

しかし仮にそうであったとしても、この瞬間にテンパイしているという可能性は低いだろう。

このへんでテンパイしているぐらいの形なら、メンゼンの利を放棄する必然性に欠けるからだ。

オーソドックスな読みを継承しつつ、今後の親の手出しをしっかりと見て速度を推し量っていく。


51078.jpg

親にターツ落としが入った後、この6p勝負。

実戦心理としてはこの6pですらかなり怖い。

こちらの手はアガリが現実的ではないようにも見えるからだ。

ただ、遠い仕掛けであるという前提を踏まえると、繋がりに欠ける手であることが想定できるため、テンパイでなければ切り出したターツ周辺は現状通りやすいと推測することができる。


51079.jpg

粘った甲斐があり、テンパイが入る。

親は2つ目のターツ落とし後に3フーロ目の仕掛けが入っていて、テンパイの可能性は高い。

2mはかなり切りづらいスジだが、ここは勝負所と踏んでリーチに踏み切った。


51081.jpg

これが意外にも2着目の対面から出て、裏裏の8000。

まさかの直撃で2着捲りに成功した。

微かな手がかりを頼りに踏み込んだ結果、最良の結果を得ることができた。


51082.jpg

南カンの時点で、なんと親の発はトイツだった。

しかし、ご覧のように他の部分はバラバラ。

脇を牽制しつつ、匍匐前進を目指すという読みはある程度合致していた。

オーソドックスな読みは鳳凰卓においても汎用性があることがわかる。

この場合、親はネックのカンチャンが多く、仕掛け前提であってもテンパイまでに時間を要した。

目立たない方が上家から仕掛けやすくなる可能性もあり、この南カンは是非が別れるところだろう。


51083.jpg

この発ポンにより、親は最後まで雀頭に苦しむこととなった。

仕掛けていなければどうなっていたかは非常に興味深いところだが、これぐらいの手形でもめくり勝負に持ち込んでいるあたり、仕掛けの利点は存分に生かせていたと言えるだろう。

こういう仕掛けはサンプル自体が少ないため、損得の判定は難しいが、発想力を養う仕掛け・読みの教材としてとてもいい実例ではないだろうか



case4
54803.jpg

オーラス、31300点持ち2着目の西家。

トップ目の下家とは1000点差でアガればトップという状況。

上家が大物手狙いの仕掛けを入れているため、中張牌は鳴きやすいと考え、やや早めに仕掛け始めた。


54804.jpg

狙い通りに4pが上家から出る。

急所中の急所、いただきま〜す。


54805.jpg

えええええ?

一寸先は闇、とはこのことか。

対面の大ミンカンにより4pがこの世から消え、一転絶望の淵に立たされる。


54807.jpg

3sを引き戻して、なんとかテンパイまで漕ぎつけた。

たのむ、8m通してちょ。


54808.jpg

が、ダメ・・・

新ドラが乗って12000、3着落ちで終局となった。


54809.jpg

対面のカンはなんとテンパイからだった。

トップ捲りの条件を満たしているところからのカンは準備していないとなかなか難しい。

ラス目に新ドラが乗ってしまうというリスクも孕んでいるため、おいそれとは行けない。

いわゆる邪魔カンというやつだが、こうしたカンは全体を見通す状況判断力に優れていないと的確にはできないもの。

ズバリ決まると痛快だが、明後日のカンをしてこいつは何をやっているんだと思われることにもなりかねない。


大ミンカンはいたずらに用いると身を滅ぼすため、用法には注意が必要だが、発想力を広げることで、思いもよらない使い方を編み出すことができるかもしれない。

少なくとも、他よりも裁量が広い、開拓の可能性がある分野であることは間違いない。

あなたの麻雀の幅を広げるという意味で、試行錯誤してみてはいかがだろうか。



ラベル:槓子 天鳳 戦略 鳴き
posted by はぐりん@ at 18:51 | Comment(0) | 鳳凰卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

攻め返しは中途半端にしない

先制リーチに対して慎重に対応したらアガリを逃してしまった。


何も珍しくない、麻雀においては日常茶飯事で見られる光景である。

言葉にすればたった一行で吹けば飛ぶように軽いが、打っている者からすればチャンスをふいにしてしまったのではないかという後悔の念、判断の是非への執着など、その一局は非常に重いものとなる

プロのタイトル戦など、場合によっては人生を賭ける場面でそれが訪れるかもしれない。

それこそ、夢にまで出てきて後悔に苛まれる、きっとそういうこともあるだろう。

私においてもそれは例外ではない。


麻雀は対応のゲームである。

だからこそ、刻一刻と変化する状況に対応しながら自分にとってできるだけ損の少ない着手を模索していく。

リーチ一発で危険牌を易々と打ってくる者に強者は少ない。

対応の余地があるのだから当たり前の話だ。



しかし、である。

何事もリスクをとらなければリターンを得られない。

技術の向上はリスクを最小限に抑えることではなく、リターンを最大化させるために採られるものであるはずだ。

麻雀というのは手牌+ツモの14枚を駆使してアガリを目指していくゲームである。

1牌が押せないと有効牌が減って結局オリることになる。

そのうちにどこで攻めたらいいかわからなくなって勝負所を見失う。

典型的な天鳳病である。


ふと、思う。

AI的な正しさが叫ばれて人間の感情が封殺されている。

ロボットは呼べば答えてくれるがその分友達が減った。

的を得た個人の1批評が、誹謗中傷として警告を受ける。

知りたい情報は何でも得られるが、その分人は落ち込みやすく、孤独になった。

この世は便利になったが、なんか、無機質になった。みんなが大人しくなった。

感情が行き場を失って悲鳴を上げている。感情クライシスが起こってる。


だから、今。

ちょっとだけ冒険をしてみないか。

今日一日だけ、リーチ一発目でも手の赴くままに危険牌を勝負してみよう。

それが当たっても構わない。

上手くいったら微笑んで、ダメだったらがっかりしよう。

自分の感情を楽しく開放してみよう。

大丈夫、君の隣人もきっと微笑んでくれるさ。

人間的な麻雀を打つことで、心の靄(もや)が少しだけ晴れるかもしれない。

心のリバランスをすれば、それが何かのきっかけになるかもしれない。


おっと、途中からポエムになってしまった。

攻め返しの際は、対応を意識しすぎると有効な変化を逃してしまうことも少なくないため、行くと決めたらシンプルに全力で行くのがいい。

攻守バランスにこだわり過ぎると自分の軸がぶれやすくなるため、手牌の形で類型化しておくのがいいだろう。

相手の雀風も踏まえ、リーチのかけ得ということにならないように、多少なりとも押し返してプレッシャーをかけておくことで、後々相手のリーチ判断に影響を与えるということもある

また、リーチがかかる前に安全牌を確保しておき、リーチがかかったらむしろ全力というようなメリハリを持つことも、現代麻雀では必要なスキルと言えるだろう。

それでは、実戦例から見ていこう。



case1
42282.jpg

東3局、34400点持ちトップ目の西家。

たった今、親リーチに続いて南家の追っかけリーチが入ったところ。

このタイミングでこちらもテンパイしたが、赤5pが浮いている。

さて、どうしよう?





42283.jpg

8p切ってお茶を濁した。

場況的に9pは狙い目だが、ラス目の親リーチに対して一発で赤5pは切りきれず。

宣言牌が3pということもあり通常手はかかりづらいだろう。

この仮テンにとってしまうとアガリ目が大変厳しいのが難で、テンパイに取っただけという感じになってしまう。


42284.jpg

次巡、持ってきたのは痛恨の9p。

やっちまった感満載だが、それはそれ。

さて、ここからどうするか?





42285.jpg

9pをツモ切ったところ、これが当たり。

裏が1枚乗って痛恨としか言いようのない11600の放銃と相成った。

たまたま8pがワンチャンスになったのでテンパイ維持としたが、これが甘かった。

アガリ逃しにつき繊細に注意を払うべきところだが、共通安牌が乏しく、このぐらいはという判断になってしまった。


かわし手のためにラス目の親リーチ一発目に赤を勝負できないと考えるのであれば、この9pでしっかりと撤退するべきだったか。

ただ、やはり安牌が続かない懸念というのもテンパイ維持の根拠としてはあり、難しいところだ。

何も考えずに赤を切って追っかけていれば、逆に一発ツモで裏1の2000・4000となっていたわけで、上記の議論は一切必要なかった。

無条件に赤切りリーチがいいということではないが、赤を切って放銃するよりもこの9pで放銃する方が圧倒的に悪いというのは理解していただけるだろう。

方針に一貫性が必要という意味で、受けにはかなりの技術が求められる、という事例である。


42286.jpg

対面の入り目はカン4pだった。

論点として、赤を先に払っておくべきというのも一理あるだろう。

このケースでは、赤の受け入れが2種であることと、仕掛けの下家へのケアという点も考慮したが、仮にピンズの赤受けが1種の場合はとっとと払っておくべきかもしれない。



case2
tenhou.29335.jpg

南3局、9700点持ちラス目の西家。

3着目まで8000差であと2局という苦境に立たされている。

ラス目につき、一発目の9sはブンと押したが、次に掴まされたのはこの8s。

さて、どうしよう?





tenhou.29336.jpg

ここで3p切りとした。

上家はドラを切っていて、ペン3pはなさそう。河からもピンズはまだマシに見える。

1sと5sがかなり切りづらいのでそれを使い切れる最終形を目指して。


tenhou.29337.jpg

ここで待望の雀頭ができ、8s勝負とした。

456の三色になれば十分な勝負となる。


tenhou.29339.jpg

1sが現物となり、1mと7mを振り替えて、さらにこのくっつき。

出来た!とばかりに追っかけに踏み切った。


tenhou.29340.jpg

も、上家にツモられ1300・2600。

満を持しての追っかけだけにがっかり感もひとしお。

この局の結果が響いて、ラスで終了した。


tenhou.29341.jpg

みなさんお気づきだろうか?実は本局、私に痛恨のアガリ逃しがある。

原因は、この場面で選んだ3p切りだ。

8sは重なりにくく、ターツとしても使えない、最も機能しにくい牌につき、ここではツモ切るべきだった。

一発で押した9sにくっついた牌だったため、感触が悪いとして押しを躊躇ってしまった。


tenhou.29342.jpg

8sを押していれば、手順で258p待ちのテンパイが入る。

ここで赤5s切りの追っかけに踏み切るだろう。


tenhou.29343.jpg

すると、一発で赤5を討ち取り、裏がズバリ5pでハネ満のアガリを得られていた。

ラスどころか2着終了も現実的だったというわけだ。


このように、リーチに対して中途半端に受けてしまうとアガリの効率を損ねることが多く、一牌の後先でアガリを逃してしまいやすい。

連続形を放棄してしまうことは変化の上で損が大きいことがわかるだろう。

受けるにしても効率を損なわないように受ける、なんとなく受けない、ということの大切さが分かる事例だ。



case3
38018.jpg

東2局、16700点持ちラス目の北家。

トップ目の対面からリーチが入っている。

こちらもタンピン三色のイーシャンテンだが、持ってきたのは1個ずれた4p。

さて、どうしよう?





38019.jpg

これを押した。

タンピンで仕上げるためには、4pと6pの無スジを2種通す必要があり、このへんで回りたくなるところ。

8s切りも考えたが、こちらはビハインドの身であるため、真っすぐに勝負とした。


38020.jpg

巡目が進んで7pが通り、上家から5mが出たところ。

チーテンに取れるチャンスだが、これを鳴く?





38021.jpg

これをガンと跳ねつけると、持ってきたのは最良とも思しき6pだった。

満を持して、アムロ、行きま〜す!


38022.jpg

一発で出たのは対面の悲鳴が聞こえる赤5mで、8000ゲット。

真っすぐ押し、かつツモを信じて突き進んだその判断が噛み合った瞬間だった。

仮に6pが飛び出ていてもセーフだった。


38023.jpg

この時点で、対面の待ちは既に山にない。

こういうこともあるから、攻めは真っすぐ、全力がいい。



case4
41850.jpg

南1局、20300点持ち微差ラス目の親番。

大物手狙いをしていたところ、2着目南家からリーチが入って一発目

有効牌とも安全牌ともなる南が重なった。

さて、何を切る?





41851.jpg

手広く、危険な9sを押した。

6sが切りづらいだけに、一発目に押すのはやや抵抗があるところ。

ただ、南が現物であることも踏まえると、仕掛け含めてテンパイの有効牌が段違いとなる。

下家のツモ切りリーチ、これも端牌の9sが押しやすくなる要素となる。


41852.jpg

5sツモでテンパイ。3sが通って6sが切りやすい状況となっている。

日和って南を切っているとテンパイが入らない。

勢い、リーチと行きたくなるが…


41853.jpg

この変化があるのでダマが正解だ。

リーチによる打点上昇効果がそれほど見込めない場合は、変化を重視する。


41855.jpg

これをさくっと引きアガって4000オール。

この最終形ならリーチで良かったかもしれない。

選択で南を切っていた場合は、8sが現れずにアガれていないばかりか、25sで放銃まであったかもしれない。

下家の待ちが47sにつき、勇んでカン2sリーチなら4sが捕まっていた。

このぐらいのチャンス手なら「自身の都合で」打つことが大事であると同時に、最後の最後まで気が抜けないこともわかるだろう。



case5
57951.jpg

南1局1本場、22600点持ち3着目の西家。

親からリーチが入っているが、こちらも赤赤とかなりのチャンス手となっている。

1mを引き入れ、テンパイとなったところ。

さて、どうしよう?





57952.jpg

ツモ切りとした。

シャンポンでリーチするのは5s勝負にやや見合わないと判断した。

安全な9pを切るのはマンズのくっつきテンパイを逃してしまうので有効牌がかなり減ってしまう。

攻めのテンパイ取らず、だ。


57953.jpg

狙い通りに5mを引き込みテンパイ。

5sは目立つが、36mはいずれも現物につき、ここはダマテンとした。


57955.jpg

リーチの親から出て、3900。

即リーチでも9p切りでもアガれていないため、積極的なテンパイ取らずが奏功した。


57956.jpg

4m9pも山にいたため紙一重ではあるが、アガリを拾えていないと7sで親のツモアガリがあった

場面を切り取れば正解は難しくないかもしれないが、選択肢が多いと難易度はぐっと上がるという事例ではないだろうか。



case6
66640.jpg

東1局、前局4000オールを親にアガられて迎えた1本場。

勢いに乗った親から先制リーチが入っている。

こちらはネックの急所が埋まって大チャンス手のイーシャンテン。

さて、ここから何を切る?





66641.jpg

現物を切らずに赤5m勝負とした。

場況的にも打点的にもソーズの4連形はぜひ生かしたいところ。

くっつきの広さで赤に手がかかるのは必然とも言えるだろう。


66642.jpg

狙い通りにピンズで好形ができ、現物待ちのダマテンに。

手出しが現物につき、これは拾えるかも?


66643.jpg

しかし、まさかのラス牌をツモられ、裏8sの3900オール。

勢いのまま押し切られてしまった。

2s切りでも最終形に違いはなかったわけだが、長い目で見れば受け入れの差が結果となって表れるだろう。

このぐらいはっきりとした攻めの牌姿の場合は腹を括りやすいか。



いずれにせよ、攻め返しには強い意志と精神力が必要なため、時に感情を解き放ち、心をリバランスして、攻め返すためのメンタルを準備しておくことが手掛かりとなるかもしれない。



ラベル:天鳳 攻撃
posted by はぐりん@ at 11:38 | Comment(0) | 攻撃力UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

目の前の手役より一手先の変化を見据える

麻雀において、手役は狙えるけれども、様々な要素との兼ね合いで、その手役を見切るかどうか迷う

こういう状況はわりと多いのではないだろうか。


特に今の時代は、スピードが求められるだけに、受け入れの狭い手役狙いを悠長にしていると、アガリがなかなか得られないということにもなりかねない。

手役狙いの際に重要なことは、その実現可能性はどのくらいあるか、そして仕掛け含めた期待値がどのくらいあるか、ということを感覚的に掴むことで、その手役を見切ることで得られるスピードやアガリ率の向上、守備力や将来変化などを総合的に秤にかける必要がある。

これについては、ある程度経験を積んでいても選択に迷うケースも多い。


Mリーグを見ている方はおわかりだろうが、赤あり麻雀であってもただスピード重視の手組みにすればいいというわけではなく、勝ち切るためにはどこかでしっかりと打点を得ることが重要となってくる。

そういう意味では、平成後期の鳴き麻雀ブームの頃よりは今の方が打点の価値は高まっており、手役を大事にするべき局面は増えたと言えるかもしれない。

このあたりは、時代時代のブームによっても変わってくるものであろう。


天鳳の場合は、守備力を重視するあまりに手役をおろそかにしてしまいがちだが、私も例に漏れず慎重に打ち過ぎてアガリを逃したり、打点をいたずらに下げてしまうこともままあった。

赤入りかつ守備力が求められる天鳳などの土壌では、特にこのへんのバランスにセンスが求められると言えるだろう。

それでは、実戦例から見ていこう。



case1
tenhou.26458.jpg

東1局1本場、前局2900をアガって連荘中の親番。

二者が2フーロしていてこちらもドラドラのチャンス手となっている。

123の三色イーシャンテンだが、さてここから何を切る?





tenhou.26459.jpg

2p切りとした。

確かにドラトイツ固定はしているものの、三色を放棄し、現状3トイツで受け入れがやや少ない選択だ。

ここで私が考えたのは、仕掛けによる三色の打点と、マンズの横伸びの変化だ。

ペンチャン2種が残る三色狙いは、受け入れ的にアガリの見込みはそれほどでもなく、メリットとして大きいのは仕掛けられる点

ただ、仕掛けてしまうと2000点に過ぎず打点的な魅力がない上、ドラを切り出さなければならない。

場況を見るとマンズの中ほどはかなり優秀で、5m周りのくっつきは一通変化も含めて魅力的に映る。

マンズが伸びた場合は一通で仕掛けることができ、ドラポン含めて機動力が増す。

この点からドラ固定することは攻守の面からメリットがありそうと判断した。

マンズとソーズをこの形にしておくことは、マンズが変化した際にその恩恵を最大限享受できるというわけだ。


tenhou.26461.jpg

裏目となった3pを対面にポンされるも、急所の3sを引き込みテンパイ。

下家にドラを切られた直後ということもあって、1巡だけダマでマンズの変化を待つ。

次巡、対面に5mが切れないことを踏まえて、シャンポンのままリーチに踏み切った。


tenhou.26463.jpg

僥倖にもツモれて、裏はなしの4000オール。

三色にこだわった場合、3pツモでペン3sテンパイを入れられるが、対面が3sを暗刻で吸収するため、アガリは厳しい状況となる。

5mが最終的に対面に当たりのため、変化待ちは微妙となったが、結果的にはこちらのアガリが早かった。

ペンチャン2種に優位性は低いとみて、柔軟に手役を見切った例。

結果はたまたまだが、こういう場面に選択の余地があることがわかるだろう。



case2
tenhou.26788.jpg

東2局、23700点持ち3着目の親番。

好牌姿からメンツが一つ完成したところ。

456の三色も見えるが、ここから何を切る?





tenhou.26789.jpg

ドラ受けを重視して、6m切りとした。

ズバリ5sが入ったら三色確定のテンパイに受けられるのは魅力だが、5sツモなら三面張リーチで問題なさそう。

2sツモならなおさら。

456三色のハードルがやや高く、8sが場況的に魅力的なので、ここは三色にこだわる必要がないと判断した。

これはわりとパッと見で判断できるが、似たような牌姿で難しい選択となる局面も山ほどあるだろう。


tenhou.26790.jpg

テンパイが入らないまま、対面が7700のアガリとなった。

仮にソーズの両面ターツが三色部分を構成する場合は、4s切りの両面ターツ固定でお茶を濁すという選択もあるだろう。



case3
30148.jpg

オーラス、23300点持ち3着目の親番。

点棒状況は私から順に、23300、29800、37100、9800となっている。

絶好の3p引きで345三色のイーシャンテンとなった。

さて、ここから何を切る?





30149.jpg

3s切りとした。

これは6s切りが普通かとは思うが、6s切りだとソーズがあまりにも不自由な形になってしまう。

マンズが不安定なため、3mや5mの縦引きの際に、3s切りならかなり有利な変化を見込める。

34pにより三色が不確定なことと、ズバリ4mが埋まっても自身にとってそこまでのデメリットではない、というのが大きいだろう。

仕掛けによる打点の減少は少々痛いが。


30150.jpg

嬉しい2mが埋まって、結果打点に差のないテンパイ。

ダマなら2pが拾えることと、リーチで上家から出ると飛んでしまって2着終了のため、ここではダマとした

リーチツモなら問答無用でトップにつき、リアルなら鉄リーチ。

天鳳でもリーチで良さそうだが、脇を止めてしまうと上家との点差的に油断できない。


30151.jpg

意に反して25pは一向に場に現れず、そうこうしているうちにラス目からリーチが入った。

河からも逆転手の匂いがプンプンしている。

一発目に持ってきたのは、無スジの1s。さて、どうするか?





30152.jpg

腹を括って押したところ、予想外のところからロンの声が。

トップ目対面に1000点で救われた格好となった。

上家のリーチは直観的にツモで捲られると思ったので、ここは勝負すべきだと判断した。

案の定、高目三色のツモでハネ満あった。

ちなみに1sはワンチャンスでなければ押さない。

ダマに構えているから全部オリというわけではなく、戦うことでこのように救われることもあるというわけだ。

場を見てもらえばわかるように、7sはまだ2枚山にいて、変化期待は有効だったことがわかる



case4
51005.jpg

東4局1本場、22100点持ちラス目の南家。

8sをツモって3s待ちのテンパイが入ったところ。

1sはドラだが、3sは場に2枚切れている。

さて、どうしよう?





51006.jpg

ドラを切ってダマとした。

ダマなら4s切りで良さそうに見えるが、3s待ちに永久固定してしまうのは窮屈で苦しい。

こういう横伸びのカンチャン形は、内に寄せることで変化を見込むことができる。

この場合は258sツモでピンフへと変化する。


51007.jpg

結果は1mで下家に2600の放銃となった。

この1mはさすがに止まらない。


51008.jpg

この局面で、なんとなく258sが強そうというイメージを持てれば、自然とドラに手がかかるだろう。

特に25sツモの変化なら三面張以上の最終形でリーチと行けるため、アガりにくいドラの1ハンより価値のある変化となる。

4s切るなら思いきってリーチが良く、それはそれで下家のオリを誘発できたりして悪くなさそうだ。


手役狙いには打点が上昇するというメリットがある一方、手牌を固定化させてしまうことで柔軟性に欠けるというデメリットがある。

手役を十分に尊重しつつ、牌姿や状況によっては手役を見切って手牌の流動性を高めることで、アガリへの道筋を開拓できるかもしれない

自身の中で手役についてどの程度の比重を置くか、あらかじめ考えておくことで、バランスのいい打牌選択ができるだろう。



ラベル:天鳳 変化
posted by はぐりん@ at 23:43 | Comment(0) | 成績UPに直結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする